初冬の新宿御苑にて(2) 温室の花たち(1)

 12月15日、昼食後、思い立って新宿御苑まで出かけてきました。
 午後2時半頃、温室に到着しました。洋蘭展は12月5日に終了していますが、ここで栽培されているランが展示されているのではないかとの期待して入りました。


温室に入ると、白い苞のブーゲンビリアがお出迎え
IMG_9680.JPG

ウナヅキヒメフヨウは定番展示
IMG_9718.JPG

アシスタシア・ガンゲティカ
キツネノマゴ科アシスタシア属の常緑小低木
マレー半島からインド、アフリカに分布。別名:セキドウサクラソウ
花弁は白~淡い黄色(下側の花弁に紫の斑が入るものもある)、藤色~紫色
IMG_9719.JPG

このコエビソウの花は赤茶色の斑が先端まである
IMG_9720.JPG

オスモキシロン・リネアレ
ウコギ科オスモキシロン属の常緑小低木。マレーシア原産
雌雄異花同株(一つの花序に雄花と雌花が咲く)で、雌性先熟型。つまり、
雌花が先に咲いて、ほかの株の花粉をもらい、実になり始めるころ雄花が咲く
という面白い性質で、オ・モ・シ・ロの文字が属名の中に隠れている
IMG_9722.JPG
↑ 白いのは雄花のつぼみ、黒いのは実   ↓ 開花した雄花を初めて見た
IMG_9723.JPG

ストレプトカーパス・パリティフロルス
イワタバコ 科ストレプトカーパス属の多年草。アフリカ原産
ストレプトカーパスの原種。花径は1cmほど
IMG_9726.JPG

木立チョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔)
IMG_9729.JPG

ツンベルギア・フォーゲリアナ
キツネノマゴ科ツンベルギア属のつる性常緑小低木。熱帯アフリカ西部原産
花径は5cm位。コダチヤハズカズラ(木立矢筈葛)に良く似ている
IMG_9730.JPG

新宿御苑のランコレクションから

パフィオペディルム・インシグネ
Paphiopedilum insigne
インド・アッサムに分布する、パフィオペディルムの代表的な原種
この個体はリップが上に反っている
IMG_9687.JPG

パフィオペディルム・インシグネ ‘コマンダー イン チーフ’
Paphiopedilum insigne 'Commander in Chief'
IMG_9692.JPG

パフィオペディルム・インシグネ・サンデレー
Paphiopedilum insigne var. sandera。 インシグネの変種
インド北東部、バングラデシュ、ヒマラヤの標高1000m~2000mの
石灰岩地帯に生える。1914年の同苑の栽培植物目録に掲載されている
IMG_9683.JPG

バルボフィラム・ロンギフロラム
Bulbophyllum longiflorum
アメリカを除く熱帯地方に広く自生する着生種
バルボフィラムの中では見てくれが良い方
IMG_9775.JPG

デンドロキラム・フォルモサヌム
Dendrochilum formosanum 台湾の高地(500~800m)に分布する
和名はホザキヒトツバラン(穂咲一つ葉蘭)
IMG_9777.JPG
IMG_9778.JPG

マキシラリア・ルフェセンス
Maxillaria rufescens
南米の標高200~2000mの熱帯林に着生する。花径は3~4cm
IMG_9782.JPG

デンドロビウム・クレピディフェルム
Dendrobium crepidiferum
原産はインドネシアのスラウェシ島。花径は4.5cm位
IMG_9784.JPG
 12月15日撮影。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 164

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    面白い性質のオモシロ属の花?アッ違ったっけ。笑
    初めて見るような気がします。
    11月14日行ったときにもあったのかな?。
    2021年12月23日 10:52
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    面白い植物がありますね。これは、通路から温室に入って、右手奥に伸びる観賞路の一番奥、左手に展示してあります。草丈がまだ低いです。
    2021年12月23日 11:39
  • 無門

    こんにちは

    オスモキシロン・リネアレ
    おもしろ草の本質は
    熱帯ならではの性質ですね
    四季のある所では
    咲き遅れてしまいますね
    2021年12月23日 13:15
  • なおさん

     改築後はなんてつまらなくなってしまったんだ、と心底がっかりした新宿御苑の温室ですが、年数も経って少しは落ち着いてきたのですかねえ。
     新宿駅の混雑ぶりには、コロナが騒ぎになる前からあまり寄りつきたくない雰囲気ですが、そこをガマンして御苑までくるとほっとひと息つけますね。

     ラン栽培の歴史は御苑はスゴイですから、いろいろなものが見られて良いですね。
    2021年12月23日 18:49
  • river

    オスモキシロン・リネアレは実と雄花の開花が一緒に見られるのが面白いです。
    展示会とは違う雰囲気の自然な雰囲気のランが見られますね。
    2021年12月23日 19:31
  • eko

    オスモキシロン・リネアレは面白い性質を持っていますね。それで属名にオ・モ・シ・ロが入っているとは遊び心がありますね。初めて見ました。
    ランの花も様々な種類が咲いて見応えがありますね。
    2021年12月23日 20:09
  • nobara

    ブーゲンビレア、白い花、いいですね。
    アシスタシアも可愛いですね☆彡
    オスモキシロン・リネアレ、面白いです。
    こんな?ストレプトカーパス、初めてみました\(◎o◎)/
    ランがバックヤードからお出まし@@でしたか。
    みんな、新鮮で美しいですね。
    2021年12月23日 20:20
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    オスモキシロンの様な雌性先熟型の植物は熱帯に限ったことではなく、日本でもイネ科、カヤツリグサ科、サトイモ科、モクレン、ハスなどの例があります。
    2021年12月23日 21:12
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    いかんせん、ここは展示スペースが少ないのが難点ですね。それでも、展示替えなどの努力がされているようです。北側のバックヤードスペースを展示室に帰れば良いのに、と思います。
    平日の午後、人出が少ない時間帯を狙って見に行きました。
    ここは明治16年からラン栽培が始まっているので、日本では先駆者ですね。
    2021年12月23日 21:17
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    オスモキシロン・リネアレはいつも1枚目のような姿しか見たことがなかったのですが、今回は雄花が咲いていて良かったです。
    ここは明治時代からラン栽培が行われているので、割合古い品種も見る事が出来ます。
    2021年12月23日 21:19
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    オスモキシロンの学名はラテン語ですから、オ・モ・シ・ロが入っているのは偶然の一致ですが、面白いですよね。
    ここにはランが多数栽培されているのですが、展示スペースが少ないのが難点です。
    2021年12月23日 21:21
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    ブーゲンビリアの白は苞も花も白なので、清楚な感じがします。
    オスモキシロン、学名にも偶然オ・モ・シ・ロが入っているなんて奇跡みたいなものです。
    ストレプトカーパス・パリティフロルス、私も初めて見ました。国内で展示しているのは多分ここだけだと思います。
    ランは多くの種類が栽培されているのですが、ここは展示スペースが少ないのが残念です。
    2021年12月23日 21:29
  • 月奏曲

    新宿御苑の温室はなんだかんだで立派ですよねぇ…
    ランも結構種類あって…と思ったら昔はここで盛んだったのか…
    2021年12月23日 22:57
  • うふふ

    新宿御苑の温室はそばまでは行くのに、まだ入ったことがありません。
    楽しそうですね。
    オスモキシロン・リネアレの面白い性格を見て、日本人が付けた
    名前ではないのでしょう?
    名前の中にオモシロを見つけた方、すごいですよね。
    2021年12月23日 23:03
  • すーちん

    おはようございます
    白のブーゲンビリアすてきですねー
    コエビソウも妙味ある色合いですね
    2021年12月24日 08:11
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    温室は新しいですが、展示スペースがそれほどでもないのが難点ですかね。
    ラン栽培は、日本では先駆者的な役割で、収集品種も多いです。
    2021年12月24日 09:30
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    ここの温室に入ったことはないですか。それは勿体ない。
    オスモキシロンの学名は、ギリシャ語のosme(香り匂い)とxylon(木材)の合成語だそうです。オモシロがその順番に入っているなんて、全くの偶然で、奇跡みたい(笑)。
    2021年12月24日 09:38
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    白のブーゲンビリアは爽やかな感じがしますよね。
    コエビソウの苞の色は濃淡があるのですが、下の花弁の全てに斑が入っているのは初めて見ました。
    2021年12月24日 09:41
  • ロシアンブルー

    白い花のブーゲンビリア、素敵ですね。
    新宿御苑の温室はランが必ず展示されているので魅力で
    すよね。
    オスモキシロン・リネアル、始めて見ました、黒い実
    と一緒に花が咲いて珍しい、面白いですね。
    2021年12月24日 09:49
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    白い苞のブーゲンビリアも良いものですね。
    新宿御苑はラン栽培では日本の魁となった歴史があります。
    オスモキシロン、たくさん生えていないと、この戦略は成り立ちませんね。
    2021年12月24日 10:50
  • はるる

    新宿御苑、いろいろ見るところあります。
    温室は花盛りですね。
    普段、見られないような植物があり、楽しいです。
    ブーゲンビリア、白は見てみたいです。
    2021年12月24日 19:22
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    温室はイルでも花を見る事が出来るので、ありがたい存在です。ブーゲンビリアの白は、ウォーキングでは見つかりそうで見つからない品種です。
    2021年12月24日 21:20