夢の島熱帯植物館にて(6) 温室ドーム以外の花など(2)

 12月7日に行った夢の島熱帯植物館の温室で見た花たちの続きです。
 植物館の周囲で撮った花などの続きです。

 この記事、手違いで一日早く、20日に投稿されてしまったので、一旦削除しました。一部の方にご迷惑をお掛けしました。申し訳ありません。


ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花)
アオイ科フヨウ属の常緑草本状低木。南米原産
和名は、葉の形が鏃状で、花が梵天花に似ているから
別名:高砂芙蓉、ミニ芙蓉。   まだ1輪咲いていました
IMG_9538.JPG

ザクロ(石榴)の黄葉
ザクロ科ザクロ属の落葉小高木。原産はイランのザクロス山脈
転居前の我が家にありましたが、こんなに綺麗に紅葉しませんでした
IMG_9540.JPG

アコウ(榕、赤榕、赤秀、雀榕)の実
 クワ科イチジク属の半常緑高木。日本では、紀伊半島及び山口県、四国南部、九州、南西諸島などの温暖な地方に自生。幹に直接、イチジクと同じ形の隠頭花序をつけ、熟すと食用になる
IMG_9542.JPG
↑ 葉は細長い楕円形で、長さ10~15cm     ↓ 隠頭花序が鈴なり
IMG_9541.JPG

ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)
バショウ科ゴクラクチョウカ属の常緑多年草、原産は南アフリカ
別名:ストレリチア。この地下に高温水のパイプが通っているようだ
IMG_9544.JPG

クロガネモチ(黒金黐)の実
モチノキ科モチノキ属の常緑高木(雌雄異株)。日本では関東地方以西に分布
IMG_9546.JPG

カミヤツデ(紙八手)
ウコギ科カミヤツデ属の常緑低木。中国・台湾原産
和名は、茎の髄からから「通草紙」という紙を作ったことに由来
IMG_9550.JPG
葉は巨大な掌状深裂の形(幅70cm位、ヤツデより薄い。屋上から撮影)
IMG_9489.JPG

IMG_9488.JPG

イソギク(磯菊)
キク科キク属の多年草。千葉県~ 静岡県、伊豆諸島の海岸に自生
花期は10~11月。筒状花のみで舌状花はない
IMG_9552.JPG

ヒネム(緋合歓)
マメ科ベニゴウカン属の常緑低木。別名:ベニゴウカン
原産はテキサス州、カリフォルニア州、メキシコ。花期は4~11月
IMG_9554.JPG
IMG_9555.JPG

ギョリュウバイ(檉柳梅)
フトモモ科ギョリュウバイ属の常緑低木。原産はニュージーランドと
オーストラリア南東部。花期は11~5月と長い
IMG_9556.JPG
IMG_9561.JPG

クティノツス・ヘイアンティ
セリ科アクティノツス属の常緑多年草。原産はオーストラリア東南部
流通名のフランネルフラワーの方が有名ですね
IMG_9564.JPG

ナンキンハゼ(南京櫨、南京黄櫨)
トウダイグサ科ナンキンハゼ属の落葉高木。中国原産
紅葉の見頃には間がありそうだが、実の外皮が割れて白い種が見えた
IMG_9568.JPG
IMG_9569.JPG

 館内に戻り、喫茶室で持参のサンドイッチとサラダで昼食を済ませ、新木場駅へと向かいました。途中で、ヒイラギナンテンが咲き始めていました。

IMG_9566.JPG
 12月7日撮影。
(シリーズ終了)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 140

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    温室の外でもここにはお花が有りますね?。
    なかなか遠くて行けないけれど、そちら方面に行く機会にでも、寄ってみたくなりました。
    2021年12月21日 10:52
  • river

    今日は風もなく穏やかな1日でした。こんな日が続くと良いのですがここは上州ですからそんなわけには行きません。
    カミヤツデは以前湯河原で繁殖して問題になったことがありますね。クロガネモチは庭木にしてあるのは実がなりませんが自然に生えた木が大きくなり実を付けています。
    イソギクは以前あったのですが株が古くなり枯れてしまいました。
    ナンキンハゼがまだ葉をつけていますか。こちらではすでに落葉して白い実だけが目立っています。
    2021年12月21日 16:04
  • 信徳

    クロガネモチ、ピラカンサの赤い実はまだついていますが
    今はカラス、ムクドリ、キジバト、スズメなどが寄って集って
    ナンキンハゼの実を食べています。この勢いだと年内に白い実は
    無くなるでしょう。
    2021年12月21日 16:25
  • eko

    一輪残ったヤノネボンテンカの花が健気ですね。
    ザクロの葉が黄葉になるんですね。今まで見たことがありません。
    ゴクラクチョウカがまだ咲いているんですか。地下に高温水のパイプが通っていれば安心ですね。
    クロガネモチの赤い実がこちらでもたくさん残っています。鳥たちは食べないのかしら。
    ギョリュウバイが紅白で見られて良いですね。
    ナンキンハゼの葉がまだ残っているんですね。こちらはすっかり散ってしまいました。白い実も食べられてほとんど残っていません。
    ヒイラギナンテンの花が咲きだしましたね。黄色の花は寒くても元気を貰えます。
    2021年12月21日 18:03
  • はるる

    カミヤツデ、花はヤツデのようですね。
    花がいっぱいで、こういうところは楽しいです。
    ザクロの黄葉ですか。葉が残って黄葉とはきれいなものですね。
    2021年12月21日 18:42
  • なおさん

     川越から新木場までは乗り換えなしで行けるのですが、デブ性・・・というか腰が重いのでそちらにはなかなか足が向きません。

     ヤノネボンテンカがまだ咲き残っていましたか。けっこう遅くまで咲いているものですねえ。
     ザクロス山脈の産だからザクロなんですねえ。名の由来は考えたことがありませんでした。
     南国の果樹は幹生果になるものがいろいろありますが、アコウもそうなのですね。

     南房総や湘南の海辺でイソギクの自生のさまを見るのも良いですね。
    2021年12月21日 19:42
  • 秋月夕香

    こんばんは。ヤノネボンテンカは寒さに強いのですね。アコウ
    イチジクの実ににていますね。見た事もありませんが、食用ですか。
    ゴクラクチョウカ~この前この寒空に街に咲いていましたので私も撮影しました。(まだアップはしていません)
    ヒネム~かわいいですね。11月まで寒くてもさくのですね。ナンキンハゼは奈良県の平群(へぐり)というところに中央公園がありたくさんあります、今頃色づいて紅葉しているはずです、遠くなり今はいけません。
    この黄色い花はヒイラギナンテンというのですか、あちこちでみかけます。
    2021年12月21日 20:06
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    青梅からだとかなり時間が掛かりますね。ついでがあったら寄ってみてください。ちょっと離れていますが、駐車場もあります。但し、有料。
    2021年12月21日 21:01
  • うふふ

    ゴクラクチョウカは寒さに強いですね。
    家の近くでも、日の当たらないビルの玄関先で咲いています。
    こちらのクロガネモチの実はまだ無事のようですね。
    いつも通る小さな公園のはヒヨドリにすっかり食べられてしまいました。
    ナンキンハゼの紅葉がきれいですね。
    先日、アオゲラを撮った公園にあったのですが、一昨年の台風19号で根から倒れてしまい、取り払われてしまいました。
    小さな鳥たちが実を食べている写真が撮れたのに、残念でたまりません。
    2021年12月21日 21:06
  • nobara

    タカサゴフヨウがまだ咲いていましたか?
    しかも綺麗ですね。後方に花の終わった殻が見えていますね。
    ザクロは綺麗に黄葉しますよね。りっぱな樹ですね。
    アコウはイヌビワみたいに見えますね。イチジクというより、
    カミヤツデ、花はヤツデに似ていますね。
    ヒネムは蕾がまだまだありますね。
    ギョリュウバイに白花があるんですね。
    ナンキンハゼの白い実、飾りに使っていますが
    20年、衰えていませんよ。可愛いです。

    2021年12月21日 21:08
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    カミヤツデ、かなり増えそうです。11年前にここで見たときには、写真右下の一番低い花くらいしかなかったですから、今では樹高が5倍以上になっています。枝を剪定してもこの姿ですからね。
    ここは暖かいせいか、ナンキンハゼも紅葉の色が良くないです。
    2021年12月21日 21:11
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    ナンキンハゼは紅葉が遅れていますが、白い実は少なかったです。鳥は紅葉など関係がないので、殆どが食べられてしまったようです。
    2021年12月21日 21:15
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    ヤノネボンテンカの花期は8~9月ですが、ここは暖かいと見えて、まだつぼみがありました。ヤノネボンテンカに限らず、日当たりの良さと建物からの輻射熱が影響しているのでしょう。
    クロガネモチはあまり美味しくないのかも知れません。鳥たちにとって、ピラカンサ同様、保存食になっているのかも。
    ナンキンハゼの実は少なかったですが、葉はまだしっかり残っています。紅葉が遅れていているのですね。
    2021年12月21日 21:22
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    カミヤツデ、葉が大きく、成長が早い木です。増えすぎて駆除が必要なところもあるそうです。
    ザクロの黄葉、意外でしたよ。
    2021年12月21日 21:24
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    ここは比較的小さな温室なので、時間をかけて行っても写真が少ないという結果になりかねませんね。
    ヤノネボンテンカ、早く咲いたり、遅くまで咲いていたりするようですね。日当たりが良く、温室からの輻射熱も関係していそうです。
    ザクロの名の由来、てっきり中国語からだと思っていましたよ。
    アコウの幹生果は熟すと食用になるようですが、この大きさですから、美味しそうではないですね。
    2021年12月21日 21:30
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    ヤノネボンテンカは季節外れに咲いていることがあります。
    アコウの実は食べられますが、小さいですから美味しくはないようです。
    コクラクチョウカは花保ちが良いですが、大株になると耐寒性が増すのかもね。
    ヒイラギナンテンの他に、ホソバヒイラギナンテンと言うのもありますよ。
    2021年12月21日 21:35
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    ゴクラクチョウカは株が大きくなると耐寒性が増すのかも知れませんね。
    クロガネモチの実、ピラカンサ同様、鳥たちにとってはあまり美味しくないようで、後回しにされているのでしょう。
    ナンキンハゼの葉はもっと紅くなる筈なんです。台風の被害に遭ったとは残念ですね。
    2021年12月21日 21:39
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    タカサゴフヨウの花の直ぐ右下には実があって、右端のものはそれが弾けた後のようです。他ではつぼみもありました。
    ザクロの黄葉、こんなに綺麗なのは初めて見たかも。
    イヌビワもイチジク属ですが、実柄がありますよね。
    カミヤツデの花はヤツデと同じですね。ヤツデより数倍成長が早く、増えすぎて困っているところもあるそうです。
    ヒネム、まだまだ咲きそうでした。
    ギョリュウバイの白花、もしかして初めて?
    ナンキンハゼの種は白いロウ質の仮果皮をまとっているので、長持ちしそうですね。
    2021年12月21日 21:50
  • 月奏曲

    ギョリュウバイは初めて見たかな?これ結構派手で綺麗ですねぇ

    ナンキンハゼの葉っぱ鮮やかでいいですね
    種が見えてるのもなかなかポイント高いw

    2021年12月21日 22:31
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    ギョリュウバイは小さな花ですが、たくさん咲きます。普通は赤で、白花は珍しい方です。
    ナンキンハゼの葉はもっと綺麗に紅葉するのですが、ちょっと遅れていました。
    2021年12月21日 22:45
  • すーちん

    おはようございます
    ギョリュウバイ
    何回も育ててますがー
    失敗、難しいですー
    2021年12月22日 06:42
  • mina

    こんにちわ
    ザクロも黄葉するんですね
    気が付きませんでした
    可愛いお花が色々咲いていて
    素敵です
    ヒイラギナンテンがあちこちで咲いていて
    黄色いお花が目立ちますね
    2021年12月22日 08:40
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    ギョリュウバイ、育てるのが難しいですか。寒さにはやや弱いようですね。
    2021年12月22日 09:42
  • 長さん

    minaさん、コメントありがとうございます。
    転居前の我が家にあったザクロはこんなに黄葉しませんでしたよ。
    ヒイラギナンテン、冬に咲くからありがたい花です。
    2021年12月22日 09:43
  • コスモス

    何かと雑用に追われ、訪問が遅れてしまいました。
    夢の島熱帯植物館に行かれましたか。
    私は神代植物公園の温室に入ったので、
    同じ花があるかと思いましたが、あまりなさそうです。
    タカサゴフヨウがまだ咲いていましたか。
    可愛い花ですね。
    カミヤツデは初めてです。花はヤツデに似てますね。
    ギョリュウバイの花期は随分長いのですね。
    ナンキンハゼの葉の色と白い実が綺麗ですね。
    紅葉の見頃前でも楽しめますね。
    2021年12月22日 20:19
  • 長さん

    コスモスさん、コメントありがとうございます。
    夢の島熱帯植物館は今の時期、温室の花は少ないです。種類から言えば建物の周りの方が多いようななっ時です。
    カミヤツデは建物の左手(西)に回り込まないと見る事が出来ません。ヤツデより遙かに大きくなり、かつ、成長も早いので、駆除対象になっているほどです。
    ギョリュウバイの花期は11月から5月ですから半年以上咲いている計算になりますね。
    ナンキンハゼの紅葉はもっと明るい赤になるはずなのですが・・・。
    2021年12月22日 22:00