夢の島熱帯植物館にて(5) 温室ドーム以外の花など(1)

 12月7日に行った夢の島熱帯植物館の温室で見た花たちの続きです。
 温室を出て、屋上に出ました。


エパクリス・ロンギフロラ
ツツジ科エパクリス属の常緑小低木。オーストラリア東部原産
エパクリスは400種類もあり、ここにはそのうちの3種がある(他は未開花)
IMG_9482.JPG
クリスマス飾りみたいな花ですね
IMG_9481.JPG

バンクシア・インテグリフォリア
ヤマモガシ科バンクシア属の常緑小高木。原産はオーストラリア東部
英名はコースト・バンクシアなど。別名:イエロー・バンクシア
オーストラリア大陸には変わった花が咲く植物が多いです
IMG_9484.JPG
IMG_9485.JPG

ウエストリンギア・フルティコサ
シソ科ウエストリンギア属の常緑小低木。原産はオーストラリア
別名:オーストラリアン・ローズマリー
IMG_9490.JPG
クリスマスを彩る植物として紹介しましたね

屋上の反対側は「食虫植物温室」ですが、今回は観葉植物を紹介します

ハカタシダ(博多羊歯)
オシダ科カナワラビ属の常緑性シダ植物。新潟、福島県以西〜九州に分布
IMG_9474.JPG

オオヘツカシダ(大辺塚羊歯)
オシダ科 ヘツカシダ属の常緑性シダ植物。日本では、八重山列島に分布
IMG_9476.JPG

タチシノブ(立忍)
イノモトソウ科タチシノブ属の常緑性シダ植物。関東地方以西〜九州に分布
IMG_9478.JPG

プテリス・クレティカ ‘アルボリネアタ’
イノモトソウ科イノモトソウ属の常緑シダ植物。和名は大葉井口辺草
世界各地の熱帯~亜熱帯に広く分布し、日本では関東より西に自生
主脈に白色の斑が大きく入る園芸種で、ウォーキングでも見かけます
IMG_9480.JPG

屋上から螺旋階段を降りて、1階のイベントホールに降りてきました
IMG_9519.JPG

ユーフォルビア・レウコケファラ
トウダイグサ科ユーフォルビア属の常緑低木。中米原産。別名:白雪姫
白く細長い花弁のように見えるのは苞葉で、本物の花はその中心にある
IMG_9522.JPG

バンダ ‘サンサイブルー’
IMG_9524.JPG

 喫茶室で持参のサンドイッチを食べようとしたら、中学生と思われる女学生が10人位いたので、植物館周囲の花を先に撮ることにしました。この学生たちは修学旅行ではないかと思います。最近はグループで希望の所に行くようなシステムが組み込まれているようです。


キダチアロエ(木立アロエ)
アロエ科(←ススキノキ科)アロエ属の多肉植物。南アフリカ原産
和名はキダチロカイ(木立蘆薈)
IMG_9527.JPG

シチヘンゲ(七変化、ランタナ)に実が出来ていた
IMG_9528_1.jpg

3種類の花が写っています
IMG_9536.JPG

ブーゲンビリア(オシロイバナ科ブーゲンビリア属)
IMG_9531.JPG

ヒメノウゼンカズラ(ノウゼンカズラ科ヒメノウゼンカズラ属)
IMG_9534.JPG

ルリマツリ(イソマツ科ルリマツリ属)
IMG_9533.JPG
 12月7日撮影。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 127

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • river

    オーストラリアの植物は総称してオージープランツと言いますね。以前は切り花が多かったようですが今はいろいろな苗が輸入されているようです。乾燥地帯の植物も多く独特な植生から日本の過湿や低温には適さないものもありますが温室なら安全に育ちますね。花かんざし、ヘリクリサム、フランネルフラワー、初恋草、コルディリネなどもオージープランツですが育てたことがあります。
    2021年12月20日 17:45
  • なおさん

     オージープランツを撮るオジさん、ということでいろいろご覧になったのですね。オーストラリア・ニュージーランドの方は、いろいろ珍しく奇妙な動植物が多く、興味深いですよね。

     冬はシダ類の観察にふさわしい季節ですが、温室で南国のシダがいろいろ見られるようなところは楽しいですね。
    2021年12月20日 18:06
  • イッシー

    エパクリス・ロンギフロラはあまり見た記憶がないですが、
    綺麗な色合いの花ですね。修学旅行は私の時もそういうシステムでしたよ。全部の工程じゃないけれどグループ行動の日みたいなのがあって。。
    2021年12月20日 19:06
  • eko

    エパクリス・ロンギフロラはクリスマス飾りのようで可愛いですね。
    オーストラリア原産の植物は変わった花の咲く植物が多いですね。
    キダチアロエがたくさん咲いて、戸外で咲いているんですか?ブーゲンビリアやヒメノウゼンカズラにルリマツリもまだ咲いているんですね。
    2021年12月20日 19:24
  • nobara

    エパクリス、可愛いですね。
    マネッキアの色違いみたい(^o^)丿
    オーストラリアの植物、変わり種がおおいですね。
    ウェストリンギアは大好きなお花です。
    一昨年だったかこれと間違って
    ツリージャーマンダーを取り寄せてしまって
    がっくり来てしまいました。ツリーは大暴れします
    ハカタシダってあるんですね。
    キダチアロエもXmas🎄っぽいですね。
    ルリマツリ、我が家もまだ咲いています。
    2021年12月20日 19:48
  • 信徳

    戸外でも暖かい所で咲く草花が咲いていますね。
    温室が暖かいので外部も暖かいのでしょうか?
    ブーゲンビリア、木立アロエ、バンダ、ルリマツリなど
    こちらでは皆温室ですよ。
    2021年12月20日 20:26
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    最近、オージープランツは人気が上がっているようですね。パンゲア大陸から分かれ、南極大陸からも分離されて、現在の位置まで北上したわけで、周囲の植生となかなり異なっていますよね。グレビレアなんかは日本でも耐寒性がありますね。
    2021年12月20日 21:31
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    オージープランツ、最近人気が上がっているよさんより、さんより、オバさんや若い人が好んでいるのだとか。植物以外にも、コアラ、カンガルー、エミューなどなど変わった動物も多いですよね。
    ウォーキングで見かけるシダ類もあって面白かったです。
    2021年12月20日 21:37
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    エパクリスは、日本では珍しい部類の植物です。私はここ以外では見たことがありません。
    へー!イッシーさんの修学旅行では、もうグループ行動があったのですか。
    2021年12月20日 21:43
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    オーストラリアの植物は変わったものが多いです。今回はエパクリスもパンクシアも1種類ずつしか開花しておらず、ちょっと残念。
    建物は南向きで、温室からの輻射熱もあるかもしれず、割合、花が遅くまで咲いています。
    2021年12月20日 21:48
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    このエパクリスは赤に白ですが、マネッチアはオレンジに黄色でしたね。
    ウェストリンギアは行く度に咲いているので、日本では花期が長いらしいです。ツリージャーマンダーとはかなり雰囲気が違いますよね。
    ハカタシダの名は博多帯の柄に似るというのが由来だそうです。
    ルリマツリも花期が長いですね。
    2021年12月20日 21:55
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    建物が南向きで、建物や温室からの輻射熱もあるので、花期が長くなるのでは、という感じです。もしかしたら、建物周りの,地下に温水パイプが走っているのかも。
    2021年12月20日 21:59
  • うふふ

    オーストラリアのお花たち、ちょっと変わっていますね。
    なんとなく面白いです。
    アロエの花が立派ですね。
    こちらでもよそ様のお庭で見かけますが、場所をとって大変そうです。
    最近の修学旅行はグループで行動するようですね。
    班長さんがスマホをもって、先生と連絡を取り合っているようでした。
    これも時代ですね。
    2021年12月20日 22:16
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    オーストラリアはパンゲア大陸から分離したので、大昔の植物が他の大陸とは異なる進化をしたのだそうです。
    アロエは放っておくとかなり増えますね。
    4、5年前に修学旅行生らしきグループに聞いたら、希望の場所をグループで申告すると行っていました。今回のグループには大人の男性が1人ついていました。先生か添乗員かは分りませんが・・・。
    2021年12月20日 22:34
  • 月奏曲

    バンクシアちょっとキモいwヘチマタワシみたいw
    シダもじっくり見ると結構綺麗なんですよねぇ…癒やし系だしw

    ランタナの実ってこんななんだ

    2021年12月20日 22:38
  • すーちん

    おはようございます
    ブーゲンビリアの
    大木ですね
    見事ですー
    2021年12月21日 09:15
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    シダ植物は地味ですが、室内の鑑賞用として結構人気があります。
    そう言えば、街中ではランタナの実をあまり見かけませんね。鳥にとっては美味しいらしいです。
    2021年12月21日 09:30
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    ブーゲンビリアは南向きで、植物館からの輻射熱も有り、北風も防いでくれる、良い環境なんです。
    2021年12月21日 09:32
  • ロシアンブルー

    エパクリス・ロンギフロラ、クリスマスツリーに赤い花
    サンタクロースが飾られたように見えます。
    シダ類も普段あまり気にしないですが、インテリアにし
    ても素敵な植物ですね。
    白雪姫という名前に若干??です(笑)
    2021年12月21日 10:05
  • 秋月夕香

    おはようございます。エパクリス・ロンギフロラ~ほんとに沢山咲いているとクリスマスツリーのようにかわいいですね。にぎやかで可愛いお花です。
    バンクシア・インテグリフォリア、これもお花なのですね。
    シダにもいろいろありますねえ。
    一番下のシダ、私はみたことがありません。
    2021年12月21日 10:26
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    昔のクリスマスツリーには、エパクリス・ロンギフロラの花のような、細長い電飾がついていましたよね。
    シダ類はあまり大きくならず、育て易いものが多いですね。
    2021年12月21日 10:46
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    エパクリス・ロンギフロラの花は冬に咲くので、クリスマスツリーを連想させます。
    パンクシアは品種が多い植物で、細長いものは雄しべです。
    シダ植物は観葉植物としても人気がありますね。
    2021年12月21日 10:50