くらしの植物苑特別企画「伝統の古典菊」(その1) 肥後菊の色々

 11月24日、京成バラ園を訪ねた後、佐倉市にある国立民族博物館・くらしの植物苑に「伝統の古典菊」(開催期間は11月の2日から28日)という特別企画を見に行ってきました。
 古典菊は、嵯峨菊、江戸菊、伊勢菊、奥州菊、肥後菊、丁字菊の6種類で、今回は肥後菊を取り上げます。


くらしの植物苑の入口です
IMG_8889.JPG
冠木門の前にも、2種類の肥後菊が飾られていました
IMG_9200_1.jpg

肥後菊とは(頂戴したリーフレットから引用)
 宝暦年間(1751~1764)、肥後藩主が文化政策の一つとして栽培を奨励したことに始まります。一つの花序(偽花)を構成する花数(花弁)の数が極めて少なく、一見すると一重に見えるシンプルな花容となるのが特徴です。肥後朝顔などとともに「肥後六花」に数えられています。
 「肥後六花」は、肥後菊の他に、肥後椿、肥後芍薬、肥後花菖蒲、肥後朝顔、肥後山茶花


肥後菊は、主として、受付を抜けてすぐ右手ののスペース出の展示でした
IMG_9180.JPG

草の庵(くさのいおり)
IMG_8895.JPG

宝珠(ほうじゅ)
IMG_8897.JPG

晩秋(ばんしゅう)
IMG_8901.JPG

隠君子(いんくんし)
IMG_8903.JPG

旭光(きょっこう)
IMG_8909.JPG

瑞雪(ずいせつ)
IMG_8911.JPG

御所車(ごしょぐるま)
IMG_8913.JPG

紅不動(べにふどう)
IMG_8915.JPG

天女の舞(てんにょのまい)
IMG_8917.JPG

千代の寿(ちよのことぶき)
IMG_8921.JPG

千代の寿(ちよのことぶき) 上と同名(色違い?)
IMG_8919.JPG

松風(まつかぜ)
IMG_8925.JPG

佐倉の淑女(さくらのしゅくじょ)歴博オリジナル
IMG_8929.JPG

窓の月(まどのつき)
IMG_8927.JPG

金星(きんせい)
IMG_8931.JPG

乙女のほほえみ(おとめのほほえみ)歴博オリジナル
IMG_8905.JPG
 11月24日撮影。
 次回は、嵯峨菊を紹介します。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 141

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 信徳

    肥後菊だけでも色々な種類があるんですね。
    菊は奥が深いです。
    佐倉の淑女ってのが名前も良いし花も好きです。
    2021年12月02日 12:39
  • イッシー

    天女の舞って本当に舞っているかのようですね。
    肥後菊は繊細な感じの菊なんですね~
    2021年12月02日 12:52
  • river

    家には古典菊は伊勢菊、肥後菊、嵯峨菊、江戸菊がそれぞれ1種類ずつあるのですが今年は途中で放棄してしまい肥後菊の「松の雪」だけが良く咲いています。
    2021年12月02日 14:09
  • mina

    こんにちわ
    色々な種類があるんですね
    天女の舞、名前の通り、踊っているようです
    どれも素敵ですね
    2021年12月02日 14:13
  • nobara

    肥後菊は熊本城の展示で見た事があります。
    熊本は赴任して1年間はwelcome熊本で
    市の施設を無料のチケットを下さいましたので(太っ腹~)
    何かにつけて出かけた思い出があります。
    肥後菊の宝珠、旭光、御所車、スプーン咲きなんですね~
    晩秋もかなり細い管咲きになっていますね。
    色目も渋くて~粋ですよね。
    他の種と掛け合わせたようなのもあるんですね。
    熊本も文化的にいろいろ盛んだったと思いました。

    2021年12月02日 16:59
  • なおさん

     肥後菊は肥後の細川のお殿様が庇護して栽培したのですよねえ。昔は門外不出だったのが改まり、こうして展示も見られるようになったのは良いですね。

     御所車というのは、オビトケノコンギクと咲き方が似ていますよね。
    2021年12月02日 18:11
  • はるる

    その辺では見たこともないような菊、肥後菊というのですか。
    どれもきれいなものですね。
    昔の菊とは大違いです。
    ふだん見られない菊を見せていただけて、本当にきれいですね。
    2021年12月02日 18:50
  • コスモス

    肥後菊は花弁が細いものが多いようですね。
    晩秋は名前にぴったりな雰囲気ですね。
    御所車は外側が幅が広くて、マッチ棒のようですが、
    派手さがありますね。
    2021年12月02日 19:32
  • 秋月夕香

    こんばんは。このような菊もとても綺麗です。趣がありますね。
    こんなに沢山は見たことがありません。つまり古典的な昔からある菊なのですね。名前もすごいですね。
    2021年12月02日 20:34
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    肥後菊は一重が多いようですが、花弁の形に違いがあり、そのルーツは一種類ではないようです。
    佐倉市にお住まいの淑女はほっそりした人が多いのでしょうか(笑)。
    2021年12月02日 20:43
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    肥後菊は細い花弁のものが多いようです。天女の舞は花弁が様々に変形し、名のように、舞っているように見えます。
    2021年12月02日 20:46
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    お宅の古典菊、肥後菊だけ多欲咲いているそうですが、今年は育ちが良くなかったのでしょうか。復活は可能でしょうか。
    2021年12月02日 20:48
  • 長さん

    minaさん、コメントありがとうございます。
    肥後菊は長い間門外不出とされていたので、こうして多くの種類が見られるのはありがたいことです。
    2021年12月02日 20:55
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    肥後菊は熊本藩外には門外不出とされてきたので、きくルーツは分りませんが、花弁の形の子となるものがあるので、色々が菊がかかわっているように思います。
    熊本県も人口が減少しているのでしょうか。転入者への特典を色々用意しているのですね。
    2021年12月02日 21:00
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    肥後菊は熊本藩の庇護の元に発展したそうです。今はどうか分りませんが、保存会に入って、役員会の審査をパスしないと苗木を分けてもらえないそうですよ。
    御所車はオビトケノコンギクと同様、筒弁ですね。
    2021年12月02日 21:07
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    肥後菊は熊本藩により門外不出とされてきたので、あちこちで見られるというような品種ではないそうです。ですから、こうしてみる機会があるのは嬉しいですね。
    2021年12月02日 21:10
  • 長さん

    コスモスさん、コメントありがとうございます。
    肥後菊は花弁数が少ないのが特徴で、中でも細い花弁の品種が多いようです。
    御所車は花弁の先端がスプーンのようになった筒弁です。
    2021年12月02日 21:19
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    古典菊は6種類ほどに区別できます。どれも昔からの伝統を引継いでその品種が守られてきました。ですから、昔風な銘のものが多いわけです。
    2021年12月02日 21:22
  • うふふ

    菊もいろいろな種類があるのですね。
    お花もきれいですが、名前にくぎ付けです。
    なるほどと思うのは「御所車」でしょうか。
    「佐倉の淑女」「窓の月」となると?ですね。
    2021年12月02日 22:16
  • 月奏曲

    これが全部肥後菊なんですか?

    どれも綺麗ですが個人的には宝珠と松風がいいのかなぁ?
    千代の寿と天女の舞もなかなか
    2021年12月02日 22:40
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    古典菊6種類の初回ですから、あと5種類登場します。
    菊の銘というのはどのようにして付けるのでしょうね。
    2021年12月02日 23:00
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    肥後菊の中でも色々な種類があると言うことなのでしょうね。多分、ルーツが異なる品種を総称して肥後菊としたのでしょう。
    2021年12月02日 23:02
  • ジュン

    いろいろな種類があるのですね
    全然知りませんでした
    名前も素敵ですね
    2021年12月03日 06:36
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    古典菊はあまり目にする機会がありませんので、今後紹介する品種も含めて、お楽しみ頂ければ幸いです。
    2021年12月03日 09:18
  • すーちん

    おはようございます
    大輪も見ごたえありますが
    肥後菊ですか素朴で良いですねー
    2021年12月03日 09:27
  • ロシアンブルー

    肥後菊、種類がたくさんあるんですね。
    赤系の種類が気になります、鮮やかな色ですが花弁が細く
    放射状になって一重なのが印象深いです。
    千代の寿は白と赤では雰囲気が全然違いますね。
    面白いですね。
    2021年12月03日 10:33
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    熊本藩の藩主が代々、肥後菊を絶やさないように力を入れてきたのだそうですよ。
    2021年12月03日 10:41
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    肥後菊は様々な品種から選別されたような感じで、花弁にもその違いが表れています。
    千代の寿は白だと思うのです。赤は、もしかすると、名札の付け間違いかも知れません。
    2021年12月03日 10:44
  • 寿々木

    筒状の花弁を持つ菊が沢山あって吃驚しました。
    2021年12月03日 11:23
  • 秋月夕香

    昨日確かにコメントしましたが、私のPCが少しあとでネットにつながっていません、と出たのできっとその時にきれたのかもしれません、失礼しました。
    2021年12月03日 17:43
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    この中では少なくとも6種類が筒弁です。
    2021年12月03日 20:43
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    コメントを入力した後、書き込みボタンをクリックしますよね。ネットに繋がっていなければ、その時にエラー表示が出たのではないでしょうか。
    2021年12月03日 21:00