くらしの植物苑「伝統の朝顔」展にて(7) 出物牡丹の色々

 8月18日に見に行った「くらしの植物苑」で開催中の「伝統の朝顔」展で見たアサガオを紹介しています。
 今回は、変化朝顔の牡丹出物の紹介です。順番は、花にかかわる要素が少ないものから並べてあります。つまり、後の方に行くにしたがって変化が大きくなっているとも言えるでしょう。


牡丹出物1
葉:青/斑入/州浜葉 花:淡黄/丸咲/牡丹
IMG_4929.jpg

牡丹出物2
葉:青/打込/弱渦/柳葉 花:白/采咲/牡丹
IMG_4874.JPG

牡丹出物3
葉:青/打込/弱渦/柳葉 花:青/采咲/牡丹
IMG_4861.JPG

牡丹出物4
葉:萌黄/縮緬葉 花:白/筒紅/台咲/牡丹
IMG_4901.JPG

牡丹出物5
葉:青/縮緬/立田葉 花:白/筒紅/車咲/牡丹
IMG_4907.JPG

牡丹出物6
葉:黄/斑入/州浜葉 花:紅/吹掛絞/丸咲/牡丹
IMG_4927.JPG

牡丹出物7
葉:黄/糸柳葉 花:紅/細切/采咲/牡丹
IMG_4878.JPG

牡丹出物8
葉:黄/斑入/糸柳葉 花:紺/細切/采咲/牡丹
IMG_4948.JPG

牡丹出物9
葉:青/水晶斑入/弱渦/柳葉 花:淡藤/爪覆輪/采咲/牡丹
IMG_4866.JPG

牡丹出物10
葉:黄/抱/柳葉 花:紅/吹雪/撫子/采咲/牡丹
IMG_4944.JPG

牡丹出物11
葉:黄/握爪龍葉 花:葡萄鼠/覆輪/風鈴/獅子咲/牡丹
IMG_4444.JPG

牡丹出物12
葉:黄/握爪龍葉 花:紺/吹雪/風鈴/獅子咲/牡丹
IMG_4853.JPG

牡丹出物13
葉:黄/縮緬葉 花:銀鼠/筒白/総鳥甲/吹上/台咲
IMG_4493.JPG

牡丹出物14
葉:黄/縮緬葉 花:瑠璃/総鳥甲/吹上/台咲/牡丹
IMG_4498.JPG
上と同名の別個体
IMG_4919.JPG

牡丹出物15
葉:黄/縮緬葉 花:瑠璃/筒白/総鳥甲/吹上/台咲/牡丹
IMG_4923.JPG
上と同名の別個体
IMG_4925.JPG

変化朝顔のフロート。ここでは陶器の水盤だった
IMG_4988.JPG
 8月18日撮影。
 以上で、変化朝顔の紹介は終了です。
 次回は、アサガオの仲間のつづきを紹介します。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 212

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • nobara

    変化アサガオの度合いが違うんですね~
    だんだんに裂が大きくなっているんですね。
    凄い裂けかたのなど、もはやアサガオなのか?
    素人にはそう思ってしまいます。
    ピンクオクトバスいうかなり裂けた
    ベニイトホタルブクロを見た事がありますが?
    いずれも名前が表示されてないと
    元々のモノがわかりませんよね。
    好事家はかなり研究なさっているんでしょうね。
    おしまいの等はキキョウ?かと思うほどです。
    フローティング、陶器で佳かったです(プラではね(^o^)丿
    2021年09月02日 12:20
  • イッシー

    面白いですね~!!
    なぜか花火を連想しちゃいました。
    作るのはやはり職人技かなと。
    2021年09月02日 12:48
  • river

    ついに出物牡丹の登場ですね。
    采咲牡丹や獅子咲牡丹となるともはや朝顔とは思えないように変化してしまいました。これぞ究極の変化朝顔と言えるでしょう。
    2021年09月02日 13:59
  • もこ

    変化朝顔
    黙って見せられたら朝顔とは思えない物もありますね
    容姿は兎も角これだけ変化させてきた技術?に脱帽です
    2021年09月02日 16:54
  • eko

    変化朝顔の究極の花姿ですね。牡丹のようなぼってりとした花や、これ以上裂けないというような花まで、もう朝顔とはいえないような花ばかりです。
    陶器の水盤のフロート涼しげで素敵です。
    2021年09月02日 18:16
  • はるる

    アサガオ見えないアサガオ、よくこんなふうに変化するものですね。とってもきれいです。変化過ぎてインパクトあります。
    フロート、これもいいものですね。
    2021年09月02日 18:46
  • なおさん

     奇をてらうというのは、インパクトはあるでしょうが、これを美しいと感じるかどうかは、かなり差があることでしょうね。こんなにもアサガオらしからぬものが生まれるんだ、というのもマニアにはタマラナイのかも知れませんが、奇形のものを集めた見世物小屋的グロの世界にも通じるものがあるような気もしてしまいますねえ。

     最後に花手水のような普通のものがあると安心できますね。
    2021年09月02日 19:41
  • 信徳

    葉が普通の朝顔の様なこのもありますが細葉で
    モニャモニャしている花はとてもアサガオに見えません。
    改良品種でこのような花弁になってしまったのでしょうか?
    不思議ですね。
    2021年09月02日 20:02
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    アサガオの持つ遺伝子の中でどれが発現するのか、人間がコントロールすることは出来ないので、この形からこの形に変化するということは予測が出来ないようです。変化の学術的研究は九州大学が有名です。
    ベニイトホタルブクロ、画像検索してみましたが、確かに花弁が根元まで裂けていますね。
    2021年09月02日 21:16
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    花火を連想されましたか。面白い。
    変化は偶然に期待するものですから、職人技は発芽させるまででしょうね。
    2021年09月02日 21:18
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    今回紹介したものはまさに究極の変化朝顔ですね。翌年も同じものを咲かせろと言われても、出来ないのが残念というか、面白いというか・・・。
    2021年09月02日 21:20
  • 長さん

    もこさん、コメントありがとうございます。
    何の説明もなく、初めて変化朝顔を見せられたら、朝顔とは思わない人が沢山おられるでしょうね。
    この変化は遺伝子が関係しているので、人間がこのように咲かせようと思っても無理でしょう。
    2021年09月02日 21:23
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    牡丹咲きの出物ですから、最高に変化した姿と言えるでしょうね。
    朝顔のフロート、やはりプラスチックの水盤なんかでは似合いませんよね。
    2021年09月02日 21:28
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    どの遺伝子が発現するか、人間はコントロールできませんから、偶然の産物と言えましょう。
    >変化過ぎてインパクトあります・・・仰る通りです。
    花のフロートは和風の花が似合いますね。
    2021年09月02日 21:32
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    自然派のなおさんとしては、こんなに変化した朝顔はお気に召さないでしょうね。
    確かにごく一部の愛好家が楽しむ世界ですが、九州大学では学術的な研究が進められています。
    コロナ禍で花を浮かせた手水舎が増えたそうですね。
    2021年09月02日 21:37
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    変化朝顔は花だけでなく葉の形にも変化が現れます。
    いずれも遺伝子の発現具合の関係ですから、人間が変化をコントロールすることは不可能です。
    2021年09月02日 21:42
  • うふふ

    もう驚くしかありません。
    これが朝顔かと、何度も見直しましたよ。
    何年もかけて作られたのでしょうね。
    本当に驚きました。
    2021年09月02日 22:17
  • 月奏曲

    もう朝顔じゃない別のナニカw

    あ~陶器でフロートはいいですね、なんか味わいあります
    2021年09月02日 22:18
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    出物というのは親木とは異なる形質が出たものですから、偶然の産物とも言えます。何年も同じ親木の種を蒔いても、発現するかどうかは運任せなんです。
    2021年09月02日 22:29
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    ゲテモノと紙一重という意見もあるでしょうね。
    和の花はフローティングが似合うような気がします。特に花弁が薄いものが良いです。
    2021年09月02日 22:32
  • ジュン

    驚きましたこれが朝顔
    多分一生見ることがないと思います
    拝見出来て良かったです
    2021年09月03日 06:40
  • 秋月夕香

    おはようございます。本当にこれが朝顔^といいたくなりますね。すごいです。でも細長い花びら?きれいですね。花弁の形も色々~色も色々こういう世界は驚きです。
    2021年09月03日 06:54
  • すーちん

    おはようございます
    とてもアサガオと
    思えないようなのありですねー
    花弁も厚めのものも
    2021年09月03日 09:21
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    変化朝顔、親とは全く違う花が咲いたりして、不思議ですね。来年も、取材に行く予定ですから、お楽しみに。
    2021年09月03日 09:31
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    変化朝顔の出物は、どのような葉や花ができるのか、予測の範囲から出てしまうものもあり、そこが面白くて江戸時代から流行ったのでしょうね。
    2021年09月03日 09:35
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    ここまで変化すると、最早、これでもアサガオ?と思えるようなものが色々出てきますね。花だけではなく、葉にも様々な変化が出てきます。
    2021年09月03日 09:38
  • ロシアンブルー

    おはようございます。
    「伝統の朝顔展」面白い展示ですね。
    変化朝顔の面白さ、不思議さ、引き込まれますね。
    似たような感じですが色が違うと雰囲気も違う面白さを味わうことができました。
    2021年09月03日 10:34
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    変化朝顔の色々をお楽しみ頂けたようで幸いです。
    面白い企画展なので、来年も行ってみようかと思っています。
    2021年09月03日 12:18