つくば 夏の洋蘭展にて(2) 優秀作品=各カテゴリー部門1位(後半)など

 6月22日につくば植物園を訪れ、「つくば 夏の洋蘭展」(6月20~6月27日)を鑑賞しました。出展者は、ランの育成では日本トップクラスの実力を誇る「つくば洋蘭会」(斉藤正博会長)の皆さんです。
 今回、書くカテゴリー部門で1位となった優秀作品の後半を紹介します


展示の様子です。優秀作品は左奥ですが、夏に咲くランも多いですね
IMG_2495.JPG

今回紹介する優秀作品です
IMG_2494_1.jpg

カトレヤ・テネブロッサ ‘ワルトン・グランジェ’
C. tenebrosa 'Waktn Grange'
ブラジルの標高100~400mの熱帯雨林に着生する
斉藤正博さん
IMG_2246.JPG
IMG_2247.JPG

リンコブラッソレア・サンヨー・コンベックス
Rhynchobrassoleya Sanyo Convex  ミディカトレア(3属交配種)
稲葉茂子さん。ブルーリボン
IMG_2249.JPG

シノルキス・パープラッセンス
Cynorkis purpurascens マダガスカル島に分布する地生ラン
倉持見永子さん。ブルーリボン
IMG_2251.JPG
IMG_2252.JPG

ブラソカトレア・オーグレイズ・コミック・ページ
Bc. Orgkade's Comic Page (C. Penny Kuroda × B.nodosa)
南村昌義さん。ブルーリボン
IMG_2254.JPG

カトレヤ・チグリナ
C. tigrina ブラジル原産の多花性カトレア原種
斉藤正博さん。ブルーリボン
IMG_2257.JPG
IMG_2258.JPG

エピデンドラム・パーキンソニアナム
Epi. parkinsonianum メキシコ~パナマに分布する
鈴木敏克さん、レッドリポン
IMG_2260.JPG
IMG_2261.JPG

エリデス・ホーレティアナ・アルバ
Aerides houlletiana fma. alba 
タイ・ベトナム・カンボジアに分布する着生ラン
加藤かほるさん。ブルーリボン
IMG_2263.JPG
IMG_2264.JPG

以下は、各カテゴリー部門の2~3位になった優秀作品の中からです

バルボフィラム・フロスティ
Balb. frostii ベトナムに分布する着生ラン 別名:オランダの木靴
ハエを媒介者にしているので、香りは良くないです
稲葉茂子さん。レッドリボン
IMG_2172.JPG
IMG_2173.JPG

チシス・ラングレインシス ‘ピンク・ファンタジー’
Chysis Langleyensis 'Pink Famtasy' (bractescens x Chelsonii)
大塚初枝さん。レッドリボン
IMG_2206.JPG
IMG_2207.JPG

プロステケア・プリズマトカーパ
Psh. prismatocarpa メキシコから中米の標高 1200~2500mに自生
藤沼貴司さん。ホワイトリボン
IMG_2330.JPG
IMG_2331.JPG
 6月22日撮影。
 次回は、その他の作品の中から投稿します。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 131

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    背景が白いパーテーションなのはいいですね。
    みんな立派なお花で、日本ラン展じゃないけど、
    もっと豪華な台に乗せてあげたくなります。
    2021年07月06日 12:53
  • 寿々木

    花を見て名前が判る物は一つもありません。これがカトレアかってね。
    2021年07月06日 13:25
  • river

    流石に「つくば洋蘭会」の皆さんの栽培レベルは高いです。会長はじめ「世界らん展」の常連が勢ぞろいですね。各地の蘭展が冬に開かれているので冬の花と思われていますがランは1年中咲いています。しかし夏の洋蘭展は少ないようです。
    2021年07月06日 17:36
  • 信徳

    夏エビネも秋のエビネに比べると色が明るくて涼しい感じですがこの時期のランは皆明るい色をしていますね。
    ランは見るのは楽しいでしょうが育成となると温室やら加湿やら仕掛けが大変なんでしょうね。
    2021年07月06日 19:20
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    いつもは熱帯資源植物温室で開催されるのですが、蜜になるからとこの場所に変更になりました。普段から展示スペースとして使われているので、壁側は白っぽいパネルが設置されています。昨年秋は研修展示館が使われましたが、現在はトイレを除いて閉鎖されてしまいました。
    2021年07月06日 21:06
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    ランは種類が多すぎて、素人では名前が分るのはほんの僅かです。幸い、全部に名札が付いているので助かります。
    2021年07月06日 21:08
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    ラン展お見かけする名前が多いですね。
    冬の方が花が咲くランが多いのかもしれませんが、夏でも品種は豊富でした。夏のラン展もないことはないですが、5月か6月だと池袋サンシャインで開催される蘭友会のラン展が大きい方でしょう。
    2021年07月06日 21:16
  • nobara

    シノルキス・パープラッセンス、これも蘭なのですか?
    プラテアみたいなお花に見えますね。
    ブラソカトレア・オーグレイズ・コミック・ページ
    はぁ~ 長い名前で舌を噛みそう(^o^)丿
    これも変わっていますね~
    蘭の中でもエピデンドラムは好きな花です。
    プロステケア・プリズマトカーパ
    ドットの模様がかわいいですね。
    こんな風になるんですね。自然の不思議ですね。

    2021年07月06日 21:17
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    ランの花は黒以外は全ての色があると言っても良いくらいです。しかし、愛好家が育てるものとなると、好みの門外がありますから、明るい花色が多くなるのではないでしょうか。
    ここの会員の場合は、自前で温室を持っておられる方が殆どではないかと思います。
    2021年07月06日 21:21
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    シノルキスは人の形のような花が咲くのが特徴です。大入り袋のデザインみたい?
    ランの場合、交配種は作出者が登録すればOKなので、長くなる場合がありますよ。それに個体名が続いたりするともっと長くなる。
    プロステケア・プリズマトカーパは丸い黒斑が特徴ですが、その位置に規則性がないみたいです。
    2021年07月06日 21:29
  • なおさん

     この時期でもいろいろ見応えのある優品ぞろいの洋蘭があれこれ咲いて、愛好家にはタマラナイものがあるのでしょうね。長さんも目がランランとして気分もらんらん♪となってしまったことでしょう。良いですねえ。
    2021年07月06日 21:52
  • 月奏曲

    プロステケア・プリズマトカーパ、これ面白いですね

    前回今回で目をひいたのは加藤かほるさんの作品でしたねぇ…
    一応再確認したけどやっぱそうだったw

    2021年07月06日 22:12
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    出展数が多かったので、花と名札をほぼ全部撮ったら小一時間かかりましたよ。久しぶりのラン展だったので、楽しかったですが、250枚も撮ると、目はランランどころがしょぼしょぼ(笑)。
    2021年07月06日 22:22
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    プロステケア・プリズマトカーパ、黒丸の位置が一定しないという、自由な咲き方で面白いです。
    加藤かほるさんの作品に目が引かれましたか。
    2021年07月06日 22:26
  • eko

    今回も優秀作品、どれも素敵ですね。この中ではカトレヤ・テネブロッサ ‘ワルトン・グランジェ’が一番です。
    バルボフィラム・フロスティ、何とも言い難い花ですね。通好みなんでしょうね。
    プロステケア・プリズマトカーパのドット柄がユニークですね。
    2021年07月06日 22:28
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    カトレヤ・テネブロッサがお気に召しましたか。出展者の名前が記載漏れでしたが、会長の斉藤正博さんの作品です。
    バルボフィラム・フロスティ、色も臭いもよくないですが、花は「オランダの木靴」みたいで面白いです。
    プロステケア・プリズマトカーパ、ドットの位置が一定しないという、不思議な花です。
    2021年07月06日 22:33
  • すーちん

    おはようございます
    最後の写真の蘭
    初めて見たような
    探せば
    品種あるんでしょうねー
    2021年07月07日 07:58
  • mina

    こんにちわ
    優秀作品だけあってどれも素敵ですね
    種類が多いですね
    バルボフィラム・フロスティは
    ハエを媒介してですか。
    地味な色ですね
    でも味がある色ですね
    2021年07月07日 09:10
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    最期のプロステケア・プリズマトカーパは初めて見ました。日本にもラン愛好家が多いので、大抵の品種はラン専門のネットショップで入手可能です。
    2021年07月07日 09:20
  • 長さん

    minaさん、コメントありがとうございます。
    ランはそれぞれ特定の送粉者が存在します。花の色で誘ったり、臭いで誘ったり・・・、バルボフィラム・フロスティは後者で、花の美しさは二の次ですね。
    2021年07月07日 09:23
  • ロシアンブルー

    流石優秀作品、見事なランの展示にため息がでます。
    どのランも初めて見るものばかり、素晴らしいです。
    カトレア ワルトン・グランジェ気になります。
    とても素敵なランですね。
    2021年07月07日 10:24
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    夏の行われるラン展は少ないので、初めて見るランが多かったです。
    カトレヤ・テネブロッサは斉藤正博さんの作品です。この方は世界ラン展日本大賞を何度も受賞されている、アマチュアでは最高クラスのかたです。
    2021年07月07日 12:11
  • 秋月夕香

    おはようございます。さすが優秀作品ですね。色、形、すばらいしいです。どうしたらこういう形になるのか、不思議ですね。

    エピデンドラム・パーキンソニアナムやエリデス・ホーレティアナ・アルバなどが優雅ですね、すきです。
    2021年07月08日 06:58
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    ランの育成のベテランでも、交配をしない限り、花の色や形を変えることは出来ませんから、これは植物の本来の姿でしょう。
    2021年07月08日 09:23