日光植物園にて_2021年7月(5) ワスレナグサ、エゾミソハギ、ワレモコウ、ナガボノシロワレモコウ、トリアシショウマ、キキョウ、ニガナ、ヌスビトハギなど

 7月25日に訪れた日光植物園で見た花などを紹介しています。今回はその5回目です。
 帰宅後、植物園のHPで最新の開花情報(7/25付)をチェックしたところ、見つからなかった植物が多かったです。広い園内を2時間程度の散策ではやむを得ないですかね。


ミズバショウ池の周辺(白い花穂はチダケサシ)
IMG_3668.JPG

ワスレナグサ(勿忘草)
ムラサキ科ワスレナグサ属の多年草。ヨーロッパ原産
日本全国で野生化している
IMG_3680.JPG
IMG_3679.JPG

エゾミソハギ(蝦夷禊萩)
ミソハギ科ミソハギ属の多年草。蝦夷とつくが、九州以北の各地に分布
花期は7〜8月。花期は3月下旬~6月上旬
IMG_3681.JPG
IMG_3682.JPG

これが分らない(植物園の開花リストにも無い)
→ ヤマアワ(山粟)
イネ科ノガリヤス属の多年草。日本各地の河原、草原、海岸などに分布
nobaraさんからご教示があり、植物園に確かめました
IMG_3684.JPG
IMG_3688.JPG

アブラガヤ(油萱)
カヤツリグサ科アブラガヤ属の多年草。北海道〜九州に分布
花期は8〜10月で、まだつぼみ
IMG_3686.JPG

ワレモコウ(吾亦紅)
バラ科ワレモコウ属の多年草。日本では、北海道から九州に分布
花期は7~10月。花は花序の先端から咲く
IMG_3669.JPG

ナガボノシロワレモコウ(長穂白吾木香)
バラ科ワレモコウ属の多年草。日本では、北海道と関東以北の本州に分布
花期は8~10月
IMG_3722.JPG

トリアシショウマ(鳥足升麻)
ユキノシタ科チダケサシ属の多年。日本固有種
北海道、本州の中部地方以北の主に日本海側に分布
花期は7-8月。既に実が出来始めていた
IMG_3730.JPG
IMG_3729.JPG

キキョウ(桔梗)
キキョウ科キキョウ属の多年草。日本を含む東アジアに分布
花期は6月~10月。実が出来始めていた
IMG_3747.JPG

ニガナ(苦菜、黄瓜菜)
キク科ニガナ属の多年草。日本全土に分布
花期は5〜7月。花径は1.5cmくらい
IMG_3739.JPG

ヌスビトハギ(盗人萩)
マメ科ヌスビトハギ属の多年草。日本全土の平地から山地の草地などに生える
花期は7〜9月。花の長さは3~4mm。アップは風に揺れて後ピン
IMG_3566.JPG
IMG_3567.JPG

植物園の南側を流れる大谷川の水量は少ない( 憾満ヶ淵)
IMG_3713.JPG

対岸の化け地蔵(慈雲寺の境内で70体あるお地蔵さんは
数える度に数が違うということで化け地蔵と言われている
IMG_3714.JPG

大谷川沿い遊歩道で、蝉の声と川の流れの音です(23秒)

ご覧になれない場合はこちら → https://youtu.be/6R21N6tkMyg 
 7月25日撮影。
(シリーズ終了)
 この日は早めに鬼怒川温泉のホテルに向かいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 198

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 寿々木

    ワスレナグサとエゾムラサキ、花がそっくりですね。上高地の梓川堤防にエゾムラサキがアチコチで咲いています。見分け方はエゾムラサキの萼は付け根まで割れてますが、わすれな草は上1/3程の切れ込みです。ホテルのお兄さんに教えて貰いました。
    2021年08月02日 13:54
  • river

    ワスレナグサは中世ドイツの悲しい恋の伝説に由来していますね。原種と園芸種がありどちらもワスレナグサとして売られていますのでかなり混乱しています。
    不明の花はノガリヤスかと思ったのですが少し違うような気もして自信がありません。
    アブラガヤは尾瀬でたくさん見ました。
    2021年08月02日 14:21
  • nobara

    ミズバショウの湿地にワスレナグサが群生していましたよね(*^-゚)⌒☆
    そこら一面、蔓延っていたと記憶しています。
    エゾミソハギもたくさん咲いていましたね。
    ヤマアワ(山粟)イネ科のような感じですね。
    シラゲガヤ(白毛茅)とも迷いますが、検索してみてください。
    ワレモコウがもうこんなに咲いてるんですね(*^-゚)⌒☆
    対岸の化け地蔵?一人で見たら、怖いかも(^o^)丿
    憾満ヶ淵、もっと水量がありますよね。
    ちょっと思い出しています。

    2021年08月02日 17:09
  • イッシー

    自然のままの園内は植物探すだけでも結構時間がかかりそうなんですね。都会よりは涼しいのだろうけれど、セミの声は結構賑やかでしたね。
    2021年08月02日 18:49
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    ワスレナグサとエゾムラサキ、見分け方は萼は付け根の割れ方ですか。覚えておこう。
    ここでは増えすぎて処分の対象になっているそうです。
    2021年08月02日 18:55
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    ワスレナグサとして一般に流通しているものは、ノハラワスレナグサ 、エゾムラサキ 、あるいはそれらの種間交配種だそうですね。
    不明の花、ノガリヤスに似ているところもありますね。
    アブラガヤは初めて見ました。
    2021年08月02日 18:59
  • はるる

    ワスレナグサの可愛いそしていい色です。
    池の周辺、こういうところを歩いてこられたのですか。
    よかったですね。
    川があったのですか。このくらいの流れは景色もいいし、見ていたい気分です。
    化け地蔵、数えてきたのですか。こういう言われはおもしろいですね。
    2021年08月02日 19:14
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    ワスレナグサ、増えすぎて少なくしたらしいのですが、また増えてきました。
    不明の花、情報をいただき、ありがとうございます。どちらも似ているところがありますが、植物園の収録リストには載っていませんでした。植物園の質問先メルアドが分ったので、写真を添えて質問してみます。
    ナガボノアカワレモコウも咲いていたようですが、見つかりませんでした。
    化け地蔵、数を数えてみたいのですが、対岸に行くのは大変らしい。
    水量は少ないです。五十里湖も水位が下がっていました。
    2021年08月02日 19:26
  • 信徳

    化け地蔵、今数えたら5体でしたが右の木の陰に何やら1体
    隠れているようです。明日の朝数えたら6体あるかも知れません。
    動画、ヒグラシの声が良く入っています。ジージーと聞えるのは川の流れですか?動画はyoutubeでないと挿入出来ないのでしょうか?
    2021年08月02日 19:44
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    ここはかなり広く、自然に見えるように植えてあるので、花を探すだけでも時間が掛かります。標高は650mほどですが、木陰が多いので、涼しさを感じます。
    2021年08月02日 21:01
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    ワスレナグサ、たくさん増えていました。ここには2つの池がありますが、その周りは開けています。その他は林間コースが多いです。
    この川は東照宮の南側に流れていきます。神橋がかかっていますよ。
    化け地蔵の並ぶ対岸には川下から遡る道があるようです。
    2021年08月02日 21:06
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    化け地蔵は全部で70あるそうで、植物園側からはその一部が見えるだけです。
    動画は手持ちで360度回転して撮りましたが、ブレブレですね。蝉の声と一緒に聞こえるのは大谷川の流れの音です。
    動画はYouTubeにして埋め込みコードを貼り付けるのが一番簡単です。他に、にこにこ動画も貼り付けられるようですが、試してみたことはありません。
    2021年08月02日 21:13
  • 月奏曲

    今回も小っちゃいお花いっぱいw
    分からない奴は謎ですねwこれがお花なのかな?
    アブラガヤは実かと思ったら蕾だったのかw

    お地蔵さんは数が変わるんじゃなくて単に陰に隠れたりしてて数えにく…ゲフン

    2021年08月02日 21:34
  • うふふ

    大谷川の音が響く植物園なのですね。
    小さなワスレナグサがたくさん咲いているのがきれいです。
    広い園内を2時間で回るのは大変だったでしょう。
    見逃したものがあると分かると残念でしょうけれど、これだけ撮れたら十分ですよ。
    ヒグラシがもう鳴いているのですか。
    やはり少しだけ涼しいのですね。
    2021年08月02日 21:57
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    総出ですね。一番大きいのがキキョウだし。
    アブラガヤはもやもやっとした花が咲きます。
    お地蔵さんの数、昔からの言い伝えですから。
    2021年08月02日 22:33
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    この植物園は大谷川の北側で、東西に長い敷地です。ワスレナグサ、増えすぎると、たまに処分されるようです。
    全部見てきてしまうと、またいつか行くときに楽しみがなくなる(笑)。
    標高は650mですが、緯度が高いとヒグラシも早く出てくるのでしょうね。
    2021年08月02日 22:37
  • なおさん

     此処は2時間ではもったいないですよねえ。制限のあるツアー旅行なら分かりますが、きままな個人旅行なら、ここだけで半日じっくり見て歩きたいですよね。昭和記念公園の花みどり文化センターの屋上庭園の浮遊の庭の池のほとりには、エゾミソハギがあるのですが、ミソハギよりみごたえがあり、良いですよね。
     ヌスビトハギは武蔵丘陵森林公園の林にも沢山あるのですが、あまりに花が小さく、なかなか撮ろうするとナンギしますよねえ。
    2021年08月02日 22:55
  • eko

    広い園内、自然の中に咲く花を探すのは大変ですね。これだけ見られればいいと思います。またの機会の楽しみにしてください。
    ワスレナグサは可愛いですね。よく似た花がいろいろあって見分けるのに困ります。
    もうワレモコウが咲いているんですね。標高が少し高いと早いのでしょうね。
    ナガバノシロワレモコウは見たことがありません。分布が北海道と関東以北の本州とのこと、こちらでは見られませんね。
    セミの声と大谷川の音には癒されますね。
    2021年08月02日 23:03
  • 秋月夕香

    おはようございます。ワスレナグサ~かわいいですね。たまにみかけます。
    お地蔵さん、不思議ですね。数えるごとに数が違うとは。
    蝉もそばで啼いているとかなりやかましいですね。谷川の音とセミしぐれ~絵になりますね。
    2021年08月03日 06:53
  • すーちん

    おはようございます
    吾亦紅が咲いてましたか
    ワスレナグサ普通に庭植えしてますが
    湿地帯を好むようですね
    2021年08月03日 08:02
  • 目黒のおじいちゃん

    長さん
    日光植物園の花シリーズ、連日拝見しました。
    以前6月下旬に寄ったときの様子を懐かしく思いだしています。ナガボノシロワレモコウ、自然教育園でも今咲いています。
    翌日上三依に向かわれるのですか。わくわくします(O_O)
    2021年08月03日 08:37
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    一人なら3~4時間は粘るのですが、今回も妻連れ旅行なので、そうも行きません。
    花みどり文化センターの屋上に庭園があるのですか。まだ上がってみたことがないのです。
    爽やかな風が吹いているのは良いのですが、細い茎の植物は撮影するのに一苦労です。
    2021年08月03日 09:27
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    また、ナツに行く機会もあると思いますので、その時は今回歩かなかった遊歩道を優先して回ることにします。
    ワスレナグサ、素人では見分けるのが困難です。
    ワレモコウ、伊吹山ならもう咲いているでしょうが、ナガボノシロワレモコウはやはりありませんか。
    蝉の声、かなり大きく聞こえましたよ。
    2021年08月03日 09:32
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    ワスレナグサは可愛いので、園芸種がかなり出回っていますね。
    お地蔵さんを数える度に数が違うというのは、昔からの言い伝えで、実際に見えたり見えなかったりすると言うわけではありません。
    蝉の声は四方八方から聞こえるので、妻の声がかき消されてしまいました。
    2021年08月03日 09:36
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    ワレモコウは緯度・高度とも高いので、平地より早く咲くようです。
    ワスレナグサは湿地帯や水際を好む植物です。
    2021年08月03日 09:38
  • 長さん

    目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
    日光植物園にいらしたことがおありですか。また是非いらして下さい。紅葉の頃も良いですよ。
    上三依では、ここで咲いていなかったキレンゲショウマが咲いていました。
    2021年08月03日 09:40
  • ロシアンブルー

    おはようございます。
    ワスレナグサの花がたくさん咲いている風景がいいですね。
    林の中の川の流れる音、木漏れ日、都会の鬱陶しさや暑
    苦しい蝉の鳴き声から逃れここで聞こえてくる蝉の名前
    は解りませんが清涼感を感じますね。
    2021年08月03日 09:41
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    ワスレナグサ、たくさん咲いているのは良いのですが、増えすぎるのには困るそうです。
    下界の暑さを逃れて、たまにはこういう木陰が多く、爽やかな風に乗って聞こえてくる蝉(ヒグラシ)の声を聞きながら散策するのも良いものです。
    2021年08月03日 09:51
  • ジュン

    蝉の声と流れ
    いいもんですね
    お花を見つけながら・・・
    楽しそうです
    数える度に数が違うという
    化け地蔵ちょっと怖いです
    2021年08月03日 11:23
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    蝉(ヒグラシ)がたくさんいて、周囲から声が降ってきました。
    お地蔵さんの数が多いので、昔の人が作り出した逸話でしょうね。
    2021年08月03日 12:27