タイタンビカス、ハマナデシコ、白花アポイキキョウ、モントブレチア(黄花)、ハナトラノオ、オニユリ、カサブランカ、ルリヤナギ、アケボノフウロ、ウズアジサイ

 ウォーキング中に見た花です。
 小学生の交通安全見守り活動をする交差点からすぐのお宅で純白のタイタンビカスが咲いています。


タイタンビカス ‘エルフ’
アオイ科フヨウ属の多年草。(株)赤塚植物園が開発した園芸種
アメリカフヨウとモミジアオイを交雑し、更にアメリカフヨウ
を戻し交雑して育成された品種。1日花だが、秋まで咲き続ける
花径は15cm~30cm、草丈は2mほどで、3mになるものもある
F2107_111.JPG
F2107_109.JPG
これは別の場所で。アメリカフヨウです
薄いピンクの花弁で、底赤
F2107_88.JPG

ハマナデシコ(浜撫子)
ナデシコ科ナデシコ属の多年草。本州中南部、沖縄に分布
別名:フジナデシコ(藤撫子)、ベニナデシコ(紅撫子)
F2107_106.JPG
F2107_107.JPG

白花アポイキキョウ(白花アポイ桔梗)
キキョウ科キキョウ属の耐寒性多年草。北海道アポイ岳特産
草丈5~20cmの矮性キキョウで、アポイキキョウという名は俗称
F2107_104.JPG
F2107_105.JPG

モントブレチア(クロコスミア)
アヤメ科クロコスミア属の多年草(球根)。南アフリカ原産
和名はヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)。黄色い花が咲く園芸種
F2107_101.JPG
F2107_102.JPG

ハナトラノオ(花虎の尾)
シソ科ハナトラノオ属の多年草。原産は北米東部
別名:カクトラノオ(角虎の尾)
F2107_115.JPG
角張った雄しべの先が黒くなっていて、お年寄りの歯みたい
F2107_116.JPG

オニユリ(鬼百合)
ユリ科ユリ属の多年草。日本各地に分布。原産は朝鮮南部と推定
日本に自生するユリの中で、ムカゴが出来るのは本種のみ
F2107_112.JPG
F2107_113.JPG

カサブランカ
オリエンタル・ハイブリッド系の白いユリ
F2107_119.JPG
F2107_119.JPG

ルリヤナギ(瑠璃柳)
ナス科ナス属の常緑小低木。原産はブラジル、ウルグアイ、ペルー
別名:リュウキュウヤナギ、スズカケヤナギ、ハナヤナギ
F2107_121.JPG
花は確かにナス科の顔をしています
F2107_124.JPG

アケボノフウロ(曙風露)
フウロソウ科フウロソウ属の多年草。原産はヨーロッパ~コーカサス
別名:ゲラニウム・サングイネウム
F2107_127.JPG
F2107_128.JPG

ウズアジサイ (渦紫陽花)
アジサイ科アジサイ属の落葉小低木。園芸品種。別名:お多福アジサイ
ピンクの花は関西に多いそうで、おかめとか梅花咲きとも呼ばれる
F2107_129.JPG
F2107_132.JPG
 7月7日、9日、10日撮影。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 127

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    タイタンビカス ‘エルフ’はでっかいですね~!
    これだけの花だと目立ちますよね。
    2021年07月12日 12:52
  • eko

    もうタイタンビカスが咲いているんですね。真っ白の花は綺麗です。大きな花が咲くので目立ちますね。
    モントブレチアの黄色の花はあまり見かけません。
    オカトラノオももう咲いているんですね。
    カサブランカは香り高くて美しいですね。
    ルリヤナギにアケボノフウロは好きな花です。
    ウズアジサイは中心の花も咲いてもうそろそろお終いですね。
    2021年07月12日 18:08
  • 寿々木

    タイタンビカス、大きくて迫力があります。オニユリが満開ですか、当方庭でも数株咲いてます。カノコ百合やシンテッポウユリはまだ咲いていませんが・・
    2021年07月12日 18:21
  • はるる

    タイタンビカス、咲いているんですね。
    見ごたえある花ですね。
    カサブランカも立派な美しい花です。
    花も追いかけないと、次から次へと咲いてきます。
    ハマナデシコも見たい、出会いたいです。
    2021年07月12日 18:46
  • river

    アメリカフヨウは作ったことがありますがタイタンビカスはありません。生長が早く大きくなりますね。
    カサブランカと名の付くユリは数種類あるのですが肝心の純白のカサブランカが枯れてしまいました。
    ルリヤナギは植えたことがあります。地下茎が伸びて離れたところにも芽を出す植物です。
    家のウズアジサイは青に咲かせています。ピンクに咲かせることもできます。
    2021年07月12日 18:55
  • 秋月夕香

    こんばんは。タイタンビカスはみたことがありますが、おおきいですね。ハマナデシコってかわいいですね~♫そして白い桔梗はあまりみかけませんが、一度みたいなあ~とおもっていました。
    こちらでもカサブランカは今とても美しく咲いています。
    瑠璃ヤナギ~茄子の花ですね~すごいです。
    ウズアジサイ、こちらではたくさん見ます。不思議な形と、色がまじっていてかわっていますね。
    2021年07月12日 20:23
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    こんなに大きな花が毎日のように咲きますから、目立ちます。赤い花も植えられているのですが、まだ咲きません。
    2021年07月12日 21:00
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    このタイタンビカス、昨年は7月10日に撮っているので、ほぼ同じくらいの開花です。
    モントブレチアの黄花を探していたら、何と、町内で咲いていました。
    カサブランカ、香りもよかったですよ。
    ルリヤナギやアケボノフウロ、お好きな花ですか、それはよかった。
    アジサイは全般的に終盤です。アナベルはまだ黄緑色の花があります。
    2021年07月12日 21:04
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    タイタンビカス、大輪ですね。アメリカフヨウも咲き出しているので、そのうち撮ってきましょう。
    オニユリやコオニユリは今が盛りのようです。カノコユリやシンテッポウユリはまだ見ませんね。
    2021年07月12日 21:07
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    タイタンビカスやカサブランカは大輪ですから、見応えがあります。カサブランカは花保ちが良い方ですが、タイタンビカスは残念ながら翌日萎れています。
    ハマナデシコは塀と側溝の僅かな隙間に根を下ろし、毎年咲いています。
    2021年07月12日 21:09
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    亜米利加芙蓉も咲き出しているのですが、見に行った日は新しい花が咲いていませんでした。タイタンビカスは草丈が伸びますが、矮性のものも出ています。
    純白のカサブランカが枯れてしまったとは、残念ですね。
    ルリヤナギは地下茎が伸びますか。このルリヤナギは門の前の花壇ですから、伸びる先がない(笑)。
    2021年07月12日 21:14
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    タイタンビカスは花も大きいし、草丈も高くなりますね。所が、矮性の品種も作られているのです。
    ハマナデシコが何故道路脇で咲いているのか、疑問なのです。どこかから逸失したものでしょう。
    白いキキョウは時々見ます。白と紫の斑入りもあります。どちらも茎が伸びますが、写真のキキョウは矮性です。
    ナス科の花はしべの部分に特徴が表れますね。
    やはり関西はウズアジサイが多いですか。
    2021年07月12日 21:18
  • nobara

    タイタンビカス‘エルフ’、美しいですね。
    TOPのはアブチロンの雰囲気ですよね。
    これはポールで縦横、サポートしてるんでしょうか?
    バックに壁があるので、少しは強風に対応できてるんでしょうね。
    底赤のはいろんな場所でみかけます
    黄色のモントブレチア、園芸種なんですね。
    モントブレチアは要注意外来植物なんですよね。
    オニユリ、凄い事になっていますね\(◎o◎)/
    我が家のルリヤナギ、咲くそぶりもありません。
    ゆっくりでいいから咲いて欲しいです。
    ゲラニウム・ロザンネイがいつの間にか咲いていました(^o^)丿
    他の陰で咲いていて気付くのが遅れました。
    2021年07月12日 21:39
  • なおさん

     タイタンビカスは巨大輪ですよねえ。株立ちで咲くと見応えが
     ありますね。
     アポイギキョウの青紫と白は、種子をいただいて播いて育てたことがあります。冬に種子を播くと次の夏には咲くものが出たりするものです。20センチ以下でも咲くものですね。
     オニユリやヤブカンゾウは種子が出来ないのになぜこんなにあちこちで見られるのか、というのは食用になるからという以外にもいろいろ訳があるのでしょうね。

     清楚な白いユリも沢山咲くと、カサバランカ??という見事さですよねえ、
    2021年07月12日 22:16
  • 月奏曲

    タイタンビスカスは大きくて雄壮で夏に似合った花ですよねぇ…
    カサブランカ綺麗

    そういや最近ウズアジサイもよく見かけるようになって手毬がどんどん減ってる気が…
    2021年07月12日 22:29
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    タイタンビカスはある種のアブチロンを巨大化したら似てくるかも。道路と建物の間の細い土地なので、倒れないように支柱と横桟で固定されています。
    モントブレチアの黄花は園芸種だそうです。
    現在流通しているヒメヒオウギズイセンは19世紀にフランスで改良されたものが大半で、要注意外来植物には指定されていないようですよ。
    オニユリは4~5本が鉢植えになっています。
    ルリヤナギ、まだつぼみも見えませんか。
    ゲラニウム・ロザンネイは赤紫の花でしたっけ。
    2021年07月12日 22:43
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    純白のタイタンビカスの右側には赤の品種が植えられていて、あと1か月もすると、紅白そろい踏みです。
    アポイキキョウは種でも増やせるのですね。
    オニユリやヤブカンゾウ、好きな方が多いのでしょうね。
    白いカサブランカも、タイタンビカス同様、見応えがありますね。
    2021年07月12日 22:50
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    このタイタンビカス、10月頃まで次々と咲いてくれますよ。
    カサブランカはヤマユリなどを交配して作出されたので、大輪で見事です。
    そう言われると、ウズアジサイ増えているような気がします。
    2021年07月12日 22:53
  • ロシアンブルー

    タイタンピカスの花は大きいですね~、真っ白も素敵ですね。
    ハナトラノウがもう咲いているんですね。
    オニユリの花付きが凄いです。
    ウズアジサイは可愛い印象ですね。
    2021年07月13日 09:55
  • すーちん

    こんにちは
    ハナトラノオが咲いてきましたね
    オカトラノオ蕾付けてますー
    2021年07月13日 10:10
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    タイタンビカス、大きな花が毎日のように咲きます。かなり水分が必要でしょうね。
    ハナトラノオ、昨年は7月14日に撮影したので、4日早い開花でした。
    オニユリ、本数の割には鉢が小さかったのです。
    ウズアジサイ、最近はよく見かけるようになりました。
    2021年07月13日 10:22
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    ハナトラノオ、隣のブロックにある駐車場ですが。昨年より4日早く咲きました。
    オカトラノオ、開花が楽しみですね。
    2021年07月13日 10:24
  • コスモス

    タイタンビスカスはまだ見たことないようです。
    でももしかしたら、今朝見たのはタイタンビスカスのような気がしてきました。
    底赤の花とそっくりです。
    ハナトラノオも咲いてきましたか。
    オニユリは少し前にバスの中から見ました。
    昨年暑い日に撮りに行ったところです。
    ルリヤナギは可愛くて好きなんですけど、
    ずーと昔に見たきりで、最近は見ないです。
    2021年07月13日 16:41
  • 長さん

    コスモスさん、コメントありがとうございます。
    大体の目安ですが、花径が15cmまでならアメリカフヨウ、20cmを越えるならタイタンビカスでしょう。
    ハナトラノオは近所で咲いているもので、昨年より4日ほど早く咲き始めました。
    オニユリはよく見かけますが、ルリヤナギはここと、もう一ヵ所くらいです。
    2021年07月13日 21:29
  • うふふ

    直径30㎝の花ってどんなでしょう。
    タイタンビカスにまだ出会ったことがありません。
    昨日おっしゃっていた黄色のヒメヒオウギズイセンてすね。
    園芸種でしたか。
    赤い色のとはずいぶん印象が違いますね。
    ウズアジサイ、まだ咲いていましたか。
    こちらではもう終わってしまいました。
    2021年07月13日 22:05
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    タイタンビカス、これは直径20cmくらいですが、30cmと言うと人の顔くらいの大きさですからね。
    黄色のヒメヒオウギズイセン、案外近くで見つかりました。緋色の品種もフランスで改良されたものが殆どだそうです。
    ウズアジサイ、両性花が咲いているので、もう終盤ですね。
    2021年07月13日 22:18