サラサモクレン、モッコウバラ、ベニカナメモチ、カエデの新葉、柿若葉 & 早春のつくば植物園にて(11)

 ウォーキング中に見た花などです。  サラサモクレンが満開で、早くもモッコウバラが咲き始めていました。 サラサモクレン(更紗木蓮) モクレン科モクレン属の落葉高木(中木) ちょっと見に行くのが遅くなり、既に満開でした  1826年、フランスで、シモクレン(♂) とハクモクレン(♀)の交配による実生から得られたもの。以来各地で同様の実生系統がつくりだされた。交雑種であるため花色、…

続きを読む