つくば植物園にて(9) 熱帯資源植物温室の花など① アマゾンユリ、ルリハナガサ、メキシコスイカズラ、ブルーキャッツアイ、ルリイロツルナスなど

 2月10日に訪れたつくば植物園の温室で見た花を紹介しています。
 今回はサバンナ温室から続く熱帯資源植物温室に入りました。湿度が64%と高くなり、室温も24℃に上がりましたが、レンズが曇ることはありませんでした。
 冒頭は好きな花の一つ、アマゾンユリですが、2輪が咲き残っているだけでした

アマゾンユリ(アマゾンリリー)
ヒガンバナ科アマゾンユリ属の多年草(球根植物)
原産はアンデス山地(コロンビア~ペルー)。花径6~8cm
別名:ギボウシスイセン(擬宝珠水仙)。花は良い香りがする
IMG_6308.JPG
IMG_6309.JPG

シコンノボタン属の一種
ノボタン科シコンノボタン属の常緑低木。ブラジル原産
これも、冬は花が少ないです
IMG_6312.JPG

ルリハナガサ(瑠璃花笠)
キツネノマゴ科エランテムム属の常緑小低木または多年草
原産はインド。別名:ブルーセージ、エランテムム・プルケルム
IMG_6314.JPG
IMG_6315.JPG

ジャスティシア・スピキゲラ  初めて見ました
キツネノマゴ科キツネノマゴ属の常緑小低木。原産はメキシコ、南アメリカ
緋色の筒花で、メキシコスイカズラとも。サンゴバナの仲間です
IMG_6317.JPG
IMG_6318.JPG

イクソラ ‘サマーフレッシュ’
アカネ科サンタンカ属の常緑低木。サンタンカ(山丹花)の園芸品種です
IMG_6320.JPG

オタカンサス・カエルレウス
ゴマノハグサ科オタカンサス属の非耐寒性宿根草。ブラジル原産
花径は2~3cm。流通名:ブルーキャッツアイ。別名:ブラジリアン
スナップドラゴン(スナップドラゴンはキンギョソウの英名)
IMG_6322.JPG
IMG_6323.JPG

ベニヒモノキ(紅紐の木)
トウダイグサ科エノキグサ属の常緑低木。原産はインド~マレー
IMG_6327.JPG

メガスケパスマ・エリトロクラミス
キツネノマゴ科メガスケパスマ属の常緑小低木。一属一種
コスタリカ~ニカラグア、及び、ベネズエラに分布
赤桃色の苞葉の中から白~ピンクの花が咲く
IMG_6329.JPG
IMG_6330.JPG

ルリイロツルナス(瑠璃色蔓茄子) 初めて見ました
ナス科ナス属の常緑蔓性低木。西インド諸島原産
別名:ソラヌム・シーフォーシアヌム、フサナリツルナスビ(房成蔓茄子)
IMG_6336.JPG
IMG_6337.JPG

アフェランドラ・シンクライリアナ
キツネノマゴ科キンヨウボク属の常緑小低木
原産はコスタリカ、ニカラグア、パナマ
橙色の丸っこい苞の間からピンクの花が咲く
IMG_6351.JPG
IMG_6352.JPG
 2月10日撮影。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 189

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 寿々木

    綺麗な花が並びましたね。ルリハナガサ、綺麗な花です。今年は2月に沖縄へ行けないので、憂鬱だったのですが、ルリハナガサの画像に出会えてラッキーでした。沖縄本部半島先端の海洋博公園熱帯ドリームセンターのトックリキワタの庭と東南植物落園の北側周遊道で翡翠カズラの棚を見ながら反対側に畑状花壇に密植され咲いているのを思い出して、お陰様で少し気分が晴れました。
    2021年02月28日 12:12
  • イッシー

    今朝行ってきました~!お昼ごろ帰ってきたところです。
    いいところですね~。私の廻り方はかなり雑なんでしょう、
    見逃しているのもあります。実は埼玉の花とみどり・・・にも帰りに寄ろうかと思ったんですが。午後は編集に回すことにしました。
    2021年02月28日 13:14
  • なおさん

     アマゾンユリは、改築前の新宿御苑の温室で見たのが最初です。うつむいて咲くさまが面白いですよね。
     シコンノボタンも寒さにはあまり強くないですよね。うちでも以前育てていたのですが、もう今はありません。
     ルリイロツルナスの色が良いですねえ。爽やかです。
    2021年02月28日 14:04
  • eko

    温室の花々が綺麗ですね。アマゾンユリは少し下向きに綺麗な花が咲きますね。毎年なばなの里で見ていますが、昨年暮れは行けなくて残念でした。
    お馴染みの花、初めての花と色々ありますが、ジャスティシア・スピキゲラ、オタカンサス・カエルレウスは初見です。オタカンサス・カエルレウスの花色が本当に美しいですね。
    ルリイロツルナスは別名のフサナリツルナスビそのままに房のように花が咲いていますね。
    2021年02月28日 16:36
  • 信徳

    初見の花ばかりです。
    シコンノボタンはシベがスパイダーの様で面白く数年咲かせて
    いましたが冬場は家の中に取り込まなければならず止めました。
    2021年02月28日 16:55
  • nobara

    アマゾンユリ、2輪、辛うじて咲き残ってて良かったですね。
    香りもいいなんて最高<<<<ですね。
    中心部、スカラップになってるんですか?
    ルリハナガサ、花の苞が珍しい柄になっていますね。
    水滴がついてる姿が美しすぎます。
    ジャスティシア・スピキゲラ、サンゴバナの仲間?
    かなりダイエットしたお花ですね(*^-゚)⌒☆
    オタカンサス・カエルレウスは北大の植物館でみました。
    名前が、一度聞いたら忘れられません(^o^)丿
    ルリイロツルナス?ツルハナナスとそっくり?ですね。

    2021年02月28日 17:12
  • river

    珍しい花が並びましたね。
    アマゾンユリ、シコンノボタン、ベニヒモノキ以外は見たことがありません。ルリイロツルナスの花が印象的です。
    2021年02月28日 17:23
  • 月奏曲

    お水撒いた直後なのかな?水滴がいいアクセントになってますね
    特にルリハナガサがいい感じに水滴ついて奇麗ですね

    アマゾンリリーは結構好きですw
    2021年02月28日 20:13
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    ルリハナガサ、熱帯ドリームセンターの果樹温室を出たところで沢山咲いていたように記憶しています。調べたら、丁度4年前でした。その年は東南植物楽園には行っておらず、南部戦跡巡りをしていました。
    2021年02月28日 21:04
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    つくば植物園に行ってこられましたか。相変わらずフットワークが軽いですね。そうか、圏央道を使うと2時間かかりませんね。写真はたくさん撮れたのではないですか?我が家は、屋外で咲いている早春の花狙いで、3日に行こうかと思っています。
    2021年02月28日 21:07
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    アマゾンユリは新宿御苑の温室にもありましたか。新しきなってからは見ないですねー。
    シコンノボタン、我が家は外に置いた鉢植えでしたが2回冬を越しました。3年目、雪が2回積もった年に枯れました。
    ルリイロツルナス、しべがいかにもナス科ですね。
    2021年02月28日 21:11
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    アマゾンユリは下向きに咲くので、通路ぎりぎりにカメラを構えて、バリアングルモニタで撮りました。
    私もジャスティシアは初めてですが、オタカンサスはここと、沖縄の地植えを見たことがあります。
    フサナリツルナスビは、赤い実がそれこそ房なりするそうです。
    2021年02月28日 21:18
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    シコンノボタンは耐寒性に問題ありですね。我が家では2回冬越ししましたが、3年目に雪を2回被って、その年に枯れました。
    2021年02月28日 21:19
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    アマゾンユリ、俯いて咲くので鼻を近づけることが出来ません。副花冠が発達しているので、別名のギボウシスイセンの方がピッタリかも。
    ルリハナガサの苞、良く気付かれましたね。市松模様みたいな白い斑が入っていて、面白いです。
    ジャスティシアは花が細いので、サンゴバナとはイメージが違いますよね。
    オタカンサスを北海道でご覧になりましたか。沖縄では地植えで咲いていましたよ。
    ツルハナナスの花は淡い青紫から白く変わりますが、ルリイロツルナスの花色は淡い赤紫です。どちらも、しべの形はいかにもナス科ですね。
    2021年02月28日 21:31
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    アマゾンユリやシコンノボタン、ベニヒモノキなどは温室展示の定番ですね。2月の温室は久しぶりなので、初めて見る花が何種類もありました。ルリイロツルナスもそのひとつです。小さな赤い実が、別名のように、房状になるそうです。
    2021年02月28日 21:36
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    見学路が濡れていましたから、朝、散水したようです。ルリハナガサの花は上向きに咲くので、水滴が落ちにくい。
    アマゾンリリーは枯れた花がちょっと邪魔ですね。
    2021年02月28日 21:39
  • うふふ

    またまた珍しいお花の登場ですね。
    それぞれに美しい色の上に雫がついてますますきれいです。
    オタカンサス・カエルレウスの流通名がブルーキャッツアイとは恐れ入りました。
    ルリイロツルナスの花の形をどこかで見たようなと思いましたら、なんとなくワルナスビの花に似ていませんか?
    2021年02月28日 22:15
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    ブルーキャッツアイという別名ですが、ブルーというより赤紫ですよね。
    ルリイロツルナスはシベの形に特徴がありますね。ワルナスビもそうですが、ナス科の殆どの花はこのシベの形が共通しています。
    2021年02月28日 23:07
  • すーちん

    おはようございます
    ルリイロツルナスは
    花を見ればナスと
    納得ですね^^
    2021年03月01日 08:42
  • はるる

    アマゾンユリ、普通に思い浮かぶユリの姿とは全然違いますね。
    ルリイロツルナス、ナスの花に似ています。でもすごくきれいです。初めてご覧になるものもあるんですか。なおさら、時々は足をを運びたいですね。
    2021年03月01日 09:25
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    ルリイロツルナスの花柱やシベの形はナス科の特徴ですね。
    2021年03月01日 09:46
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    アマゾンユリという名はこの花にしっくり来ませんね。ギボウシスイセンという別名のほうが良いかも。
    ルリイロツルナス、ナス科の花そのものですね。ナスの花も、形は違いますが、こんな色ですよね。
    植物園は季節を変えていってみると、新しい出会いがあったりします。
    2021年03月01日 09:50
  • ロシアンブルー

    アマゾンユリは初めて見ましたがうつむきで純白ですてきですね。
    葉はハランに似た感じ幅が広いですね。
    ルリハナガサ、ルリイロツルナス水滴がついてさわやかさを感じます。
    2021年03月01日 10:03
  • ジュン

    綺麗なお花ばかりですね
    葉が綺麗でお花が小さいと感じました
    2021年03月01日 10:36
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    アマゾンユリ、初めてでしたか。副花冠がある花はユリというより、スイセンみたいです。
    朝は係員が散水するので、水滴が花につきます。朝イチだと、こういう水滴写真が撮れます。
    2021年03月01日 12:16
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    葉が大きい植物は熱帯に多いようです。雨期に備えることと、木漏れ日を有効に集めたいのでしょうね。
    2021年03月01日 12:20
  • 秋月夕香

    おはようございます。アマゾンユリ、ルリハナガサ、、かわいいですね。キツネのゴマ科、はあまりしらないのですが、きっと何げなく見ているのだと思います、よく見ればとてもかわいいですね。ルリイロツルナスは茄子科ですか、やはり紫ですね。葉っぱがものすごく大きいみたいですね。
    2021年03月02日 06:28
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    キツネノマゴ科でご存知かと思われる植物は、コエビソウ、ヤナギバルイラソウ、ルエリア、コダチヤハズカズラ、サンゴバナなどがありますから、ご存知のものがあったかも。
    ナス科には紫色の花が多く、シベに特徴がありますね。
    2021年03月02日 09:25