くらしの植物苑にて(1) 特別企画「冬の華サザンカ」展(1) & 苑内の花や紅葉

 12月16日、千葉県佐倉市にある「くらしの植物苑」(国立歴史民俗博物館)にサザンカの色々を見に行ってきました。朝日新聞の12月12日付千葉版に、特別企画「冬の華サザンカ」の紹介記事が載っているのを見たからです。

くらしの植物苑の門前にサザンカの鉢植えが置いてあります
IMG_5188.JPG

朝日新聞の12月12日付千葉版の記事(画像クリックでPDFが表示されます)
ASA201212.JPG

門前やその内側に展示されたサザンカです

宝塚(たからづか) ハルサザンカ群
白に近い淡桃地に外弁が紅桃色、八重、大輪、11~4月
IMG_5178.JPG

ベティパトリシア カンツバキ群
米国ジョージア州生まれの偶発実生。咲き始めの花はバラに似た華やかな品種
桃色、千重、中輪、11~12月。1952年に初めて開花したという
IMG_5184.JPG

ミスエド カンツバキ群
IMG_5182.JPG

紅司(べにつかさ) カンツバキ群
紅色、八重、中輪、11~2月
IMG_5180.JPG

群小蝶(むれこちょう) カンツバキ群
濃桃色、弁数の少ない八重、小中輪、11~12月
IMG_5187.JPG

獅子頭(ししがしら) カンツバキ群
別名:寒椿、紅色、八重、中輪、12~2月、樹は横張り性
IMG_5175.JPG

勘次郎(かんじろう) カンツバキ群
紅色、八重、中大輪、12~2月
IMG_5166.JPG

以上は、サザンカ紹介のプロローグとして、苑内の花や紅葉を先に投稿します

ボケ(木瓜)
バラ科ボケ属の落葉低木。原産は中国大陸で、日本へは平安時代に渡来
IMG_5146_1.jpg

ヒイラギナンテン(柊南天)‘チャリティー’
メギ科メギ属の常緑低木。原産は中国南部、台湾、ヒマラヤ
‘チャリティー’は、ニイタカヒイラギナンテンとヒイラギナンテンの交配種
IMG_5150.JPG
IMG_5152.JPG

イロハモミジ(伊呂波紅葉)の紅葉
ムクロジ科カエデ属の落葉高木。別名:高尾楓
IMG_5154.JPG
IMG_5157.JPG
IMG_5156.JPG
IMG_5155.JPG

シュウメイギク(秋明菊)の綿毛
キンポウゲ科イチリンソウ属(アネモネ属)の多年草。原産は中国、台湾
IMG_5160.JPG
IMG_5159.JPG
 12月16日撮影。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 184

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    いろんな色の山茶花の花が咲いているんですね!
    紅葉だってまだ綺麗ですしシュウメイギクの綿毛って
    初めて見ました!
    2020年12月26日 13:05
  • 寿々木

    サザンカに寒椿ですか、そろそろ散り始めましたね。シュウメイギクの綿毛が見事です。当方庭にも白花のシュウメイギクがあるのですが、こんな姿は見せません。ボケ、柊南天が咲き出しましたね。私も撮りました。
    2020年12月26日 13:37
  • nobara

    ハルサザンカの"たからづか"綺麗ですね~
    カーネーション咲き?みたいなんですね。
    紅司(べにつかさ)は我が家の子と一緒?かしらん。
    群小蝶(むれこちょう)、花弁が細く先が凹んでる? 
    面白いですね。
    獅子頭(ししがしら)だけは、わかります
    シュウメイギクの冠毛、ふわふわですね。

    2020年12月26日 14:47
  • なおさん

     くらしの植物苑というのなら、あまり希少なものや珍品というより、身近な草木をあれこれ掘り下げて収集したり、展示したりというものなのでしょうから、好ましいですよねえ。

     山茶花も晩秋から冬にかけて、垣根や植え込みで暖かそうな花を咲かせますね。
     まだまだ紅葉も残っているのがあったり、ボケやホソバヒイラギナンテンやシュウメイギクの綿毛などいろいろ観るべきものもありますね。
    2020年12月26日 15:21
  • 秋月夕香

    こんにちは。山茶花もたくさん種類がありますねえ。お花の少ない今は貴重なお花です。やわらかなピンクはばらのようです。
    ボケのピンクもかわいいです。あまりピンクはみかけませんが。どちらかといえば、朱色系が多くみられます。
    2020年12月26日 16:27
  • eko

    サザンカも色々ありますね。寒い季節を彩ってくれる花のイメージです。宝塚が素敵です。
    ヒボケは冬に見ますがピンクの花も咲くんですね。ヒイラギナンテン・チャリティーは花がたくさん咲きますね。
    まだ紅葉も綺麗ですね。
    シュウメイギクの綿毛は初めて見ました。
    2020年12月26日 17:14
  • 目黒のおじいちゃん

    長さん
    シュウメイギクは花後に綿毛が出来るのですね(゚ω゚)
    2020年12月26日 17:16
  • はるる

    サザンカも種類がありますね。
    ボケの花色が優しいです。
    ヒイラギナンテンも交配種、いろいろ新しいものが出てきますね。
    2020年12月26日 18:18
  • 月奏曲

    宝塚がいい感じ。

    そういやうちの近所もボケがそろそろって感じでしたね、撮ってないけどw

    シュウメイギクってこんな綿毛できるんだ?(-。-;)
    なんのために???
    2020年12月26日 19:18
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    ここにはサザンカが140種類も育てられているそうですが、展示されていたのはその一部でした。
    イロハモミジ、ちょっと遅い紅葉でした。
    シュウメイギクは種に綿毛が付いて飛んでいきます。
    2020年12月26日 19:30
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    早く咲くサザンカはもう散っているのもありますが、次々に咲いていますね。
    シュウメイギク、種が出来た後に綿毛が伸びてきます。
    2020年12月26日 20:54
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    宝塚はやはり宝塚市で作られたそうです。
    お宅のサザンカは紅司に似ていますか。
    群小蝶は花弁の先端に切れ込みがあるタイプです。
    獅子頭や勘次郎は良く植えられている品種だそうですね。
    シュウメイギクの綿毛、吹いたら飛んでいくでしょう。
    2020年12月26日 21:01
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    ここは「くらしの」と付くように、生活に身近な庭木とか草花を集めています。
    ツバキがちらほら咲き出したようですが、もうしばらくはサザンカが全盛でしょう。
    前回行ったときには紅葉が遅れていたイロハモミジが見頃でした。
    2020年12月26日 21:04
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    ここには140種が集められていますが、サザンカの品種はもっと多いです。
    ボケは赤いものが多いようです。緋ボケなんて行ったりしますね。
    2020年12月26日 21:06
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    サザンカの栽培は歴史があるので、園芸種がたくさん作られています。今回掲載の中では宝塚が人気ですね。
    ヒイラギナンテンのチャリティーは多花性ですね。おまけに、これは大きな木なので尚更です。
    シュウメイギクの綿毛、初めてでしたか。
    2020年12月26日 21:17
  • 長さん

    目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
    シュウメイギクは種が出来ると冠毛が伸びてきます。多くは花後に茎が切り取られるので冠毛を見ないことが多いようです。
    2020年12月26日 21:21
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    サザンカは今でも300種類近くの品種があるそうですよ。
    真っ赤なボケより、この色の方が優しい感じはしますね。
    ヒイラギナンテン属の植物は世界に60種もあるそうですよ。
    2020年12月26日 21:28
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    寒ボケが咲き出していますね。
    シュウメイギクは花が終わると茎ごと剪定されてしまう場合が多いですね。綿毛は種に付いていて、風に吹かれて飛んでいった先で子孫を残すのです。
    2020年12月26日 21:30
  • river

    サザンカは以前ぐんまフラワーパークのコレクションを紹介しました。ここには280種のサザンカが集められています。
    我が家にも獅子頭、勘次郎、富士の峰などがあります。
    シュウメイギクの綿毛は家でも見られます。
    2020年12月26日 22:22
  • うふふ

    新聞の見出し通り、サザンカは冬を彩る花ですね。
    300鉢も出ているのですか。
    それぞれに美しいですね。
    宝塚はバラのような雰囲気がありますね。
    シュウメイギクの綿毛、珍しくないですか?
    偶然ですが、今日こちらでもシュウメイギクの綿毛を見ました。
    初めてでしたのでちょっと驚きましたよ。
    2020年12月26日 22:25
  • すーちん

    おはようございます
    サザンカも種類多いん
    ですよねー
    何十年もたつ
    ボケがありますが
    見事だったのは1回だけ
    通りかかる方も褒めてくれましたー^^
    2020年12月27日 08:42
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    サザンカの収集ではぐんまフラワーパークが有名ですね。ここでは移動しやすいように全て鉢植えで、大きなものは少ないです。
    お宅の獅子頭や、勘次郎、富士の峰などは年明けも咲き続けますね。
    シュウメイギク、綿毛が飛ぶでしょうから、実生が増えていますか。
    2020年12月27日 10:20
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    展示する場所が狭いので、300鉢は無理です。期間中に入れ替えがあると思います。
    宝塚は皆さんからの人気が高いですね。
    シュウメイギクは花が終わると切られてしまうので、綿毛を見る機会が少ないかも。
    2020年12月27日 10:22
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    サザンカは種類が多いですが、こうして保存する施設がないと少なくなってしまう恐れがあります。
    年数もののボケがまだ咲いているのですね。
    2020年12月27日 10:24