フサフジウツギ、モントブレチア、アンゲロニア、アブチロン、黒いペチュニア、矮性センニチコウ、ユリなど

 ウォーキング中に見た花です。
 クリーニング屋さんの玄関前に植えられた白花のフサフジウツギが咲きました。モントブレチアの黄花を探していますが、それに近い色の花が見つかりました。

フサフジウツギ(房藤空木)
ゴマノハグサ科フジウツギ属の落葉低木。原産は中国とも、本州中部とも
別名:ブッドレア、バタフライブッシュ。これは白花の園芸種
F2007_55_1.jpg
横に伸びた花穂を上から写した
F2007_50.JPG

モントブレチア(クロコスミア)
アヤメ科クロコスミア属の多年草(球根)。南アフリカ原産
和名はヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)
黄花の園芸種があるそうで、探しているのですが・・・
F2007_62.JPG
これはかなり黄色に近いのではないだろうか
F2007_59.JPG
こちらはよく見かける色のタイプ
F2007_127.jpg
すーちんさんのブログにもっと黄色い品種が投稿されていました(こちら

アンゲロニア
オオバコ科アンゲロニア属の多年草(一年草扱い)
原産は中央アメリカ~南アメリカの熱帯~亜熱帯。6月~10月と花期が長い
F2007_38.jpg
5種類の色の品種が寄せ植えになっていました(下の4種の他に紫)
良く見ると不気味な顔つき
F2007_40_1.jpg

キキョウ(桔梗)
キキョウ科キキョウ属の耐寒性多年草。原産は日本、中国北部、朝鮮半島
綺麗に咲いている白花種が見つかった
F2007_64.JPG
F2007_65.JPG

アブチロン
アオイ科イチビ属の常緑熱帯性低木。中南米~熱帯アジア原産
半つる性のメガポタミクムと低木のストリアツムを交配した品種
先月、白いアブチロン(こちら)を紹介したお宅です
F2007_68.jpgF2007_69.jpg

黒いペチュニア
ナス科ペチュニア属の多年草(一年草扱い)。南米原産
和名:ツクバネアサガオ、衝羽根朝顔)
‘ブラックベルベット’という園芸種らしい
F2007_77.jpg
明るく露出補正したら、濃い赤紫だった(+0.91EV)
F2007_79.jpg

矮性センニチコウ(千日紅)
ヒユ科センニチコウ属の一年草。熱帯アメリカ原産の園芸種
花色は赤紫、ピンク、白がある
F2006_1184_1.jpg

ユリ
トライアンフェータ(テッポウユリの交配種)
F2007_84.jpg
カサブランカ?
F2007_85.jpg
 7月2日撮影。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 132

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    ヒメヒオウギズイセンの黄色があるんですか!
    爽やかな色なんでしょうね~。
    アブチロンの花の黄色もいいですね~!
    輝いてます。
    2020年07月08日 12:14
  • 信徳

    黒いペチュニアは初見です。
    色々と改良が進み園芸品種は多彩ですね。
    黄色いモントブレチアも見たことが有りません。
    2020年07月08日 13:15
  • 寿々木

    ブッドレアの白花、鉢植えなのでしょうが随分立ち上がってますね。風が吹いたら倒れないのかな。モントブレチア、当方庭でも花盛りです。
    2020年07月08日 14:05
  • river

    きょう午前中1時雨風が大変ひどくヒマワリやダリアがすべて倒れてしまいました。激しい雨風で道路も冠水してしまいました。午後は倒れたトウモロコシなどを起こすのに汗を流しました。
    ヒメヒオウギズイセンはこちらでも咲いていますが橙色で黄色はありません。
    2020年07月08日 15:12
  • nobara

    フサフジウツギ、かなり大きな木ですね。
    この頃、低い矮性のもあって(膝丈くらいの)
    家の前に植えてるのを見ます。
    モントブレチア、この色は薄いオレンジ色?
    濃いオレンジ色と比べると?黄色で通りそうです(^o^)丿
    アンゲロニアも花期が長くて花色も多いのでいいですね。
    お花屋さんで多色の寄せ植えで売られたりしています。
    このお宅、アブチロンがお好きなのかしら?
    私も欲しいのですが、もう咲かせる場所がありません。
    南庭はいっぱい空いてますが、育たないので
    ‘ブラックベルベット’ほんと~ビロードみたいですね。

    2020年07月08日 16:07
  • eko

    フサフジウツギの白花も良いですね。長い間咲きますね。
    モントブレチアの黄色い花もあるんですね。見たことがありません。
    アブチロンの白花も綺麗ですね。写真の黄色い花も素敵です。
    黒いペチュニアもありますね。黒い様々な花が作りだされて、黒花には魅力があるということでしょうか。どの花も真っ黒というより、赤紫に近い気がします。黒花のペチュニアは「なばなの里のベゴニアガーデン」に大きなハンギングがぶら下がっています。
    ユリも種類が多くて見るのも楽しいですね。

    2020年07月08日 17:37
  • 無門

    こんにちは

    白いキキョウ
    潔い純白が
    見事ですね
    2020年07月08日 18:59
  • はるる

    どこのお宅も立派に花を育てていますね。
    驚いています。
    ヒメオウギズイセンの花が黄色、あるんですか。
    これも驚きました。
    ペチュニア、これは黒に見えてしまいます。濃い赤紫、でもいい色ですね。
    2020年07月08日 19:03
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    ヒメヒオウギズイセンに黄色があるそうなので探していたんですよ。これは真の黄色じゃないですが、かなり黄色に近いですよね。
    アブチロンは黄色と青空を対比させたかったので、ローアングルで見上げるように撮りました。
    2020年07月08日 20:37
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    黒いペチュニア、珍しいかも。ペチュニアは需要が多いので、園芸種作りが盛んなのでしょうね。
    我が家の辺りではこれ以上黄色いモントブレチアは見つかりそうもありません。
    2020年07月08日 20:39
  • もこ

    黒いペチュニア珍しいですね
    最近では品種改良で様々な色や形&性質等々びっくりしますね
    2020年07月08日 20:54
  • 月奏曲

    黒いペチュニア、しっとりと落ち着いていて良いですね。
    赤紫ですか、濃い赤紫はまさにベルベットといった感じで名前の通りですね。これいいなぁ…
    2020年07月08日 21:03
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    ブッドレアは地植えなので、それが分るような写真を添えたつもりなんですが・・・。
    モントブレチア、増えますよね。
    2020年07月08日 21:13
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    午前中、そんなに風雨が強かったですか。こちらは風が強くてアジサイの鉢が倒れましたが、雨はパラパラ程度でした。午後4時頃には日が差しました。
    ヒメヒオウギズイセン、朱色が普通ですよね。黄色い品種があるということで探したのですが、これ以上黄色いものは見つかりません。
    2020年07月08日 21:16
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    フサフジウツギ、先端までは3m以上ありそうです。毎年剪定はされているようですが、花茎は長く伸びますからね。
    モントブレチア、花弁の外側は薄いオレンジ色に見えますから、純粋な黄花種とは言えませんね。
    アンゲロニアは全部の花色を寄せ植えしたようです。
    アブチロンのお宅、好きみたいですよ。例年、橙色も見られるのですが、今年は咲かないみたいです。
    黒いペチュニア、花弁に細毛が生えているのでは?と見えますね。
    2020年07月08日 21:22
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    フサフジウツギ、長い花茎が次々に伸びてくるようですね。
    モントブレチアの黄花、探しても見つかりません。この色が一番黄色に近いです。
    本当に黒い花は自然界にはないので、それに近づけたいという願望があるのでしょうね。
    2020年07月08日 21:25
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    白いキキョウ、清々しいですよね。次回はピンクのキキョウを紹介しましょうか。
    2020年07月08日 21:26
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    歩く範囲が広いと、立派に花を育てているお宅はそれほど多くないことが分ります。でも、確実にありますので、紹介してあげないとね。
    このヒメヒオウギズイセンは完全な黄色ではないですが、かなり黄色に近いです。
    ペチュニアは見た目には黒いですが、カメラはごまかされませんでした(笑)。
    2020年07月08日 21:30
  • 長さん

    もこさん、コメントありがとうございます。
    ペチュニアは需要が多いので、園芸種作りが盛んなのでしょうね。色だけではなく、花の大小、斑の入り方も多彩ですね。
    2020年07月08日 21:31
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    黒いペチュニア、気に入っていただけましたか。御自宅用に、一鉢如何ですか(笑)。1ポット買っても、株分けや、挿し木、葉挿しで増やせますし、種を蒔いて育てるのも簡単だそうですよ。
    2020年07月08日 21:36
  • うふふ

    ヒメヒオウギズイセンに黄色があるのですか。
    すーちんさんのブログに行ってきました。
    確かに黄色ですね。
    ペチュニアもいろいろな色があって驚きます。
    ブラックベルベットですか。
    園芸店に行ったら、探してみますね。
    2020年07月08日 21:54
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    ヒメヒオウギズイセン、黄花種があるので、一度見たいと思って探していたら、それに近い花が見つかりました。スーチンさんのブログのものは完全に黄色ですね。
    ペチュニアには実に様々な園芸種があります。ブラックベルベット、売られていると良いですね。
    2020年07月08日 22:35
  • なおさん

     ブッドレアはチョウの好む花として、バタフライガーデンにはなくてはならないもの、ということですね。白いのは涼しげです。

     うちのヒメヒオウギズイセンは、やはり標準的なオレンジ色です。黄色いのもあるのですか。

     黒い花、と言われるのも濃い紫か濃い茶色のものがありますねえ。
    2020年07月08日 23:16
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    ブッドレアは蝶が好むのですね。この日は残念ながら蝶は飛んできませんでした。長さんが行ったから良いか(笑)。
    ヒメヒオウギズイセン、これは黄色に近いものですが、実際に黄花があるのですね。
    花には黒い色素がないから、実際にはそれに近い色と言うことになりますね。
    2020年07月08日 23:26
  • すーちん

    おはようございます
    ヒメヒオウギズイセン
    同じ店で2株購入したんですが
    違った色合い楽しめて良かったです^^
    ペチュニア変わってますねー
    2020年07月09日 07:03
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    購入されたヒメヒオウギズイセンは朱色と黄色の2株だったのですね。
    黒いペチュニア、ビロードのような感じでした。
    2020年07月09日 09:14