オリエンタルユリ、ツタ、オシロイバナ、ホサキナナカマド ‘セム’、オミナエシ、キンロバイ、ペチュニア、ルドベキア・タカオ

 ウォーキング中に見た花です。
 近所で、良く通りがかるお宅ですが、6月末に大輪のユリが何輪も一斉に咲きました。オリエンタルハイブリットでしょう。
 その斜め向かいのお宅では、アイビーの地味な花が大きな葉に隠れるように咲いています。


ピンクのオリエンタルユリ
ヤマユリやカノコユリなど日本産の原種をもとに交配された
F2007_02.jpg
F2007_01.jpg

ツタ(蔦)
ブドウ科ツタ属の落葉つる性木本。本州から九州に自生
別名:アマヅラ、ナツヅタ、モミジヅタ
アイビーと呼ばれるのはウコギ科キヅタ属の植物を指すことが多い
F2007_05.jpg
F2007_06.jpg
F2007_07.jpg

オシロイバナ(白粉花、白粧花)
オシロイバナ科オシロイバナ属の多年草または一年草。南アメリカ原産
赤と白の絞りで、自然交雑種。  ユリやツタを見たのと同じ路地で
F2007_10.jpg
 以上、7月1日撮影。

 翌日、初めて見る穂咲きの花を見つけました。調べて見たら、ホザキナナカマドの園芸種でした。


ホサキナナカマド ‘セム’ (穂咲七竈)
バラ科ホザキナナカマド属の落葉低木。本州以北~東北アジアに分布
ホザキナナカマド(こちら)の花序は枝垂れますが、これは直立している
F2007_13.JPG
F2007_15.JPG
F2007_16.JPG
矮性で、新芽が赤→オレンジ→黄色→ライムグリーンに変化する

オミナエシ(女郎花)
オミナエシ科オミナエシ属 の多年草。秋の七草の一つ
別名:チメグサ(血目草)、粟花、思い草、敗醤(はいしょう)
F2007_17.JPG
F2007_18.JPG
風で揺れてピントが合わないので、引いて撮った写真をトリミング
F2007_22.JPG

キンロバイ(金露梅)
バラ科キンロバイ属の落葉小低木
日本では、北海道、本州、四国の亜高山帯から高山帯に分布
5月末に撮ったものを投稿しましたが、まだ元気に咲き続けています
F2007_23.JPG
F2007_25.JPG

ペチュニア
ナス科ツクバネアサガオ属の多年草(一年草扱い)。南米原産
やや大輪の、覆輪タイプですが、始めからこんな咲き方?
F2007_27.JPG
F2007_28.JPG

ルドベキア・トリロバ ‘タカオ’
キク科ルドベキア属の多年草(または1,2年草)。北米原産
和名はオオミツバハンゴンソウ
F2007_33.jpg
F2007_32.jpg
 以上、7月2日撮影。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 158

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    ユリが見事ですね~!豪華な感じがします。
    ツタは我が家にも隣地(空地)から這い上がってきて、
    コンクリートかを侵食されるのも嫌なので、根こそぎ切りましたが見る分には嫌いじゃないです(笑)
    え!女郎花って秋じゃないの~。。
    2020年07月07日 12:32
  • river

    今日は雨の予報でしたがまだ降ってはいません。優しい色のユリですね。ルドベキアは咲いていますがオシロイバナやオミナエシはまだ咲きません。オミナエシはまだ花茎も上がってきません。ずいぶん早いです。
    2020年07月07日 13:32
  • なおさん

     オリエンタルハイブリッドのユリは、いろいろなものがあり、それぞれに良いですね。 関東屈指のヤマユリの自生地という、国営武蔵丘陵森林公園のヤマユリもぼちぼち咲き出してきたそうです。

     ナツヅタも壁面緑化には良いのでしょうね。

    オミナエシは秋の七草ですが、キキョウやナデシコ同様に6~7月にはもう咲いているのがあるほどで、早咲き種もあるのでしょうね。
    2020年07月07日 15:50
  • コスモス

    優しい色合いのユリですね。
    ツタはよく見かけますが、花を見たことはありません。
    今頃咲いていますか。今度探してみないと・・・。
    オミナエシは先日見かけました。
    風があると撮りにくいですね。
    ペチュニアの花弁が珍しい形をしてますね。
    2020年07月07日 16:32
  • nobara

    ピンクのオリエンタルユリ、立派ですね~
    私もピンクカサブランカを撮りました。凄いボリュームでした
    ツタの花、渋いですね~グリーンで。
    オシロイバナ、もう、咲く時期なんですね。
    今年はほったらかし園が舗装に成りましたので根こそぎ無くなりました
    今となっては懐かしい気がします。
    ホサキナナカマド ‘セム’、花の一つ一つはギンバイカみたいです。
    ペチュニアも多彩になりましたね。色も形も。
    2020年07月07日 17:04
  • 信徳

    オシロイバナ、この絞りの花はアサガオの様に綺麗に
    パターンが出ていますね。
    このような絞りのオシロイバナは初見です。
    今度探して見ましょう。
    2020年07月07日 17:20
  • eko

    オリエンタル系のユリは背丈も高く花も大きくて豪華ですね。素敵な花色で綺麗ですね。
    ツタの花は初めて見ました。本当に地味な花ですね。
    ホザキナナカマドの花、矮性種は直立するのですか。沢山の花に長いシベが綺麗です。
    もうオモナエシも咲きだしているんですね。
    ペチュニアも色々な種類がありますね。花びらが波打ってユニークな花ですね。
    ルドベキアも種類が多いですが、タカオは他の花より小さいですね。
    2020年07月07日 18:24
  • 無門

    こんにちは

    夏至が過ぎれば
    秋の声でしょうか
    女郎花がもう咲き出しました
    2020年07月07日 18:53
  • はるる

    ホサキナナカマド、きれいですね。
    オミナエシ、今日見かけましたが、あまりにそのお宅の窓近くなので、撮れませんでした。
    ツタ、花がさくんですね。
    見たことありません。ぜひ見てみたいです。
    2020年07月07日 19:08
  • 降魔成道

    美しいユリですね。大輪のは特に素晴らしい。
    キンロバイは岩手県の早池峰山をお散歩した時に初めて見ました。平地でも咲いているのですね。時間が作れれば、来月にでもまた早池峰のお花畑を歩いてきます。
    2020年07月07日 20:41
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    大輪のユリは良いです、特にピンクは(笑)。
    ツタは吸盤でくっついて這い上りますから、剥がした後も汚いですよね。
    オミナエシ、秋の七草ですが、初夏から咲くんですよ。
    2020年07月07日 20:58
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    こんなに大輪のユリが翌日こんなに咲いたらビックリしますよ。
    オシロイバナやオミナエシはまだ咲きそうもありませんか。かなり地域差があるものですね。
    2020年07月07日 21:04
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    オリエンタルユリ、咲かせているお宅が多いのでウォーキングも楽しいです。武蔵丘陵森林公園はヤマユリで有名なんですね。
    このツタはコンクリートブロックに張り付いています。ご主人の好みだそうですが、奥様は嫌がっています。
    このお宅のオミナエシ、種を蒔くのが早いようです。
    2020年07月07日 21:08
  • 長さん

    コスモスさん、コメントありがとうございます。
    このユリは良い色ですね。
    ツタに花が咲くとは知らない人も多いようです。葉の陰で咲いているので、見えないことが多いです。
    オミナエシ、茎が細いので写真を撮る場合は困ります。
    ペチュニアは園芸種が多いです。次は黒いペチュニアをアップしましょう。
    2020年07月07日 21:12
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    大輪のユリなのに、こんなにいっぺんに咲くものなんですね。
    ツタの花、うっかりすると花が散る頃に気付いたりするんです。
    オシロイバナ、先々週から咲き始めました。私道が舗装されたのですか。
    ホザキナナカマドに矮性の園芸種があるなんて、初めて知りました。
    2020年07月07日 21:18
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    オシロイバナは自然交雑で変化が出やすい植物です。ピンクの絞りに赤い縦縞が入ったりもしますよ。珍しいのは白と黄色の交雑種です。
    2020年07月07日 21:22
  • mori-sanpo

     優雅な感じのするオリエンタルユリですね。
     ツタの花にはめったに出会いませんが、江戸川沿いのエノキの大木に這い上がっているキズタが、ぼつぼつ咲く頃だと思いますので、出かけて見ようと思います。
     オミナエシがもう咲き始めたとは驚きです。
    2020年07月07日 21:24
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    ピンクのユリ、ブロック塀から完全に頭が出ていますから、茎が長いですね。
    ツタに花が咲くとは思っていない人が多いのではないかと思います。
    ホザキナナカマドの園芸種、花が直立するのが変わっていますね。
    ルドベキアの中で、タカオが一番花が小さいですね・
    2020年07月07日 21:27
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    オミナエシの花、咲くのは意外に早いです。秋の七草になるくらいですから、花期が長いのです。
    2020年07月07日 21:29
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    ホザキナナカマドに花穂が直利する園芸種があるとは思いませんでしたよ。好きな花なんですが、イメージが変わりそう(笑)。
    オミナエシは茎が長くなるので、窓にかかることがありますよね。
    意外に思う人もいますが、ツタに花が咲くのですよ。
    2020年07月07日 21:32
  • 長さん

    降魔成道さん、コメントありがとうございます。
    ユリは大輪が良いですね。特にピンクはね(笑)。
    キンロバイは、岩手県内では早池峰山と焼石岳にしか自生がないそうね。自生種は土を選びますが、街中で見るのは栽培種です。
    2020年07月07日 21:40
  • 長さん

    mori-sanpoさん、コメントありがとうございます。
    このユリの色は優しい感じですよね。
    ツタの花は初めてでしたか。キヅタはウコギ科の別種で、花期は秋です。
    オミナエシ、先月には黄色いつぼみが出来ていましたから、そちらでも咲いていてもおかしくないですよ。
    2020年07月07日 21:49
  • 月奏曲

    ツタ…母が家にはわせようとして父が全滅させて激怒されてましたっけ…(´・ω:;.:...

    うちの父は去年も『肥料あげ過ぎちゃうとかえって枯れるからやめて』といってるのに朝顔に肥料ぶち込みまくってからして母に激怒されてましたが…こういう人の話聞かない人どうすればいいんでしょうねぇ…(´・ω:;.:...

    一応私のトマトと弟のナスはいじると殴られると思ってるのか手を出さないのでいいのですが…母のが(/ー ̄;)シクシク
    2020年07月07日 21:58
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    ツタを家に這わせると家が傷むので、それはお父さんが正解です。アサガオはお母さんが正解ですねが、人の話を聞かない人は困りますね。
    2020年07月07日 22:20
  • 目黒のおじいちゃん

    長さん
    オミナエシがもう咲いていましたか。
    早い開花ですね。
    2020年07月08日 07:38
  • すーちん

    おはようございます
    素敵なピンクのゆりですね
    ツタ、繫殖力旺盛で苦労してます^^
    2020年07月08日 08:11
  • 長さん

    目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
    我が家の辺りではオミナエシが今頃咲き始めるのは普通です。都内でも咲いていると思いますよ。
    2020年07月08日 09:28
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    優しい花色のユリですよね。
    ツタは塀でも外壁でも這い上りますね。町内の空き家でもかなり伸びています。
    2020年07月08日 09:31
  • ロシアンブルー

    おはようございます。
    オリエンタルユリ園芸種は見事な花を咲かせますね。
    ツタの葉、光沢があってシッカリした葉ですね。
    ホサキナナカマドの蕾状態が好きでした。
    早くもオミナエシの花が見られたのですね。
    2020年07月08日 10:35
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    オリエンタルユリはヤマユリの血筋も引いているので大輪になりますね。
    ツタの花は地味で目立ちませんが、真っ赤に紅葉すると綺麗です。
    矮性ホザキナナカマドの園芸種は花穂が直立して、ホザキナナカマドのイメージとはかなり違いますね。
    オミナエシは秋の七草の一つですが、実際は初夏から咲き始めます。
    2020年07月08日 13:55