シマトネリコ、オオケタデ、ムラサキツユクサ、タカノハススキ、コキア、宿根フロックス、セリ、シュロガヤツリ、ヒメガマなど

 ウォーキング中に見た花です。
 シマトネリコをシンボルツリーに採用しているお宅が増えており、今は白い花がたくさんついています。しかし、つぼみの時期が長く、これまで開花した状況が撮れずにいました。今回、やっと撮れたのですが、風で揺れるので何とかピントがあったものを投稿しました。


シマトネリコ(漢字表記は不明)
モクセイ科トネリコ属の常緑~半落葉中高木。雌雄異株
原産は沖縄、台湾からインド。別名:タイワンシオジ
F2006_1115.JPG
F2006_1116.JPG
この木(上とは別のお宅)には花が咲いていた
F2007_107.jpg
実がなるから雌株でしょうが、雄しべもあるから、両性花ですね
F2007_109_1.JPG

オオケタデ(大毛蓼)
タデ科イヌタデ属の一年草。中国、インド等が原産の帰化植物
別名:オオベニタデ(大紅蓼)
F2006_1121.JPG
F2006_1122.JPG

ムラサキツユクサ(紫露草)
ツユクサ科ムラサキツユクサ属の一年草。北アメリカ東部原産
F2006_1119_1.jpg

タカノハススキ(鷹の羽薄)
イネ科ススキ属の耐寒性多年草。ススキの園芸種
別名:ヤハズススキ、トラフススキ、ヤバネススキ
F2006_1131.JPG

オオコキア、チュウコキア、ココキア
コキア(アカザ科ホウキギ属の一年草、西アジア~中央アジア原産)
F2006_1149.jpg

クサキョウチクトウ(草夾竹桃)
ハナシノブ科フロックス属の多年草。アメリカ合衆国北東部原産
別名:フロックス・パニキュラータ、宿根フロックス、オイランソウ
F2006_1150.jpg
F2006_1151.jpg

宿根バーベナ
クマツヅラ科ビジョザクラ属の多年草。原産は南北アメリカの熱帯~亜熱帯
和名:ヒメビジョザクラ、別名:バーベナ・テネラ
F2006_1164_1.jpg

セリ(芹、水芹、芹子)
セリ科セリ属の多年草。日本では北海道・本州・四国・九州に分布
春の七草の一つだが、花期は7月~8月。別名:シロネグサ(白根草)
F2006_1174.JPG
F2006_1171.JPG

シュロガヤツリ(棕櫚蚊帳吊)
カヤツリグサ科カヤツリグサ属の多年草。マダガスカル島原産
観葉植物として持ち込まれ、本州南部以南で帰化状態にある
カミガヤツリ(パピルス)に似ている
F2006_1175.jpg
F2006_1176.jpg

ヒメガマ(姫蒲)
ガマ科ガマ属の多年草。抽水植物
江戸川近くの住宅街に、江戸時代の湿地を再現した一角があります
F2006_1181.jpg
花茎の上側に雌花群がつき、その下に、それよりやや太い雄花群がつく
雌花群と雄花郡の間に隙間があるのが、ガマやコガマとの違い
F2006_1177.jpg
 6月30日撮影。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 135

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • mina

    こんにちわ
    シマトネリコはお花が咲くんですね
    息子の家に植えてありますが
    お花はまだ見た事ありませんでした
    ムラサキツユクサは涼しそうな色で
    気持ちも清々しくなりますね
    2020年07月05日 13:09
  • イッシー

    シンボルツリーとして植えられているんですか。
    たまに見かけます。
    大きなタデの花って見事ですよね。花も綺麗だし。
    セリの群生もすごいな。
    2020年07月05日 14:03
  • 寿々木

    シマトネリコ、沢山花がつきました、これだけあると沢山の翼果が飛ぶでしょう。オオケタデは大きな葉です。吃驚しました。
    シュロガヤツリですか、カミガヤツリによく似ています。戸外で咲くとは耐寒性があるんでしょうね。
    2020年07月05日 14:26
  • 長さん

    minaさん、コメントありがとうございます。
    シマトネリコはシンボルツリーとして人気ですが、当たり外れがあります。雌雄異株ですから、雄株だと花が咲かないし、雌株でも樹高が2m~3mになるまで咲かない木もあるようです。
    ムラサキツユクサ、お気に召しましたか。もう少し淡い色の花もありますよ。
    2020年07月05日 14:49
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    シマトネリコは近年、シンボルツリーとして人気があります。雌株だとマメ科のような実もたくさん出来ます。
    オオケダテは草丈が高くなるから目立ちます。
    セリは農家の裏手、湿っぽいところで群生していました。
    2020年07月05日 15:09
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    シマトネリコは花がたくさん咲きますから、翼果もたくさん出来ますね。でも飛んでいくような感じはしないです。
    オオケタデ、名のように大きくなりますね。
    カミガヤツリは温室展示の定番ですが、シュロガヤツリは帰化状態にあるそうです。
    2020年07月05日 15:12
  • eko

    シマトネリコはシンボルツリーとしているお家が多く、こちらでもよく見かけます。花は小さいというより細かいので風があるとピンボケばかりでうまく撮れません。さすが綺麗に撮れていますね。
    オオケダテ久しぶりに見ました。1か所だけあった場所が処分されたのかもう無くなってしまって残念です。
    ムラサキツユクサは綺麗な花色ですね。白花をまだ見ていないのでどこかで探さないと…(苦笑)
    大小で並んだコキア、真っ赤な紅葉が楽しみです。
    セリの群生凄いですね。
    2020年07月05日 16:38
  • なおさん

     この頃庭先でシマトネリコをずいぶん見るようになりました。以前はそんなこともなかったのに、やはり流行りがあるのですかねえ。
     オオケタデやオオベニタデは大きくなり見事ですね。ハブテコブラなどとも呼ばれますが、いくらなんでも猛毒の蛇毒は消せませんよねえ。
     もこもこのコキアも面白いですね。緑の頃も紅葉の頃も面白いです。セリもずいぶん群生していますね。

     クサキョウチクトウや、ヒメガマは僕も6月28日に見てきました。
    2020年07月05日 16:42
  • 目黒のおじいちゃん

    長さん
    オオケタデがもう咲いていましたか。
    新型コロナウイルスの罹患者が連日3桁台になり
    東京では都外への外出自粛要請が出ました。
    2020年07月05日 17:04
  • nobara

    シマトネリコ、どっこも花盛りですね。
    だけど?こうやって花をまじまじと見た事ありません。
    数年前の新しい住宅のシンボルツリーでしたね。
    今は常緑ヤマボウシがじわじわと増えています。
    交通事故で旅立った友人が女の人の名前みたいね~と
    すごく喜んでいたのを思い出します。
    だからシマトネリコは彼女を思い出すのです。
    ムラサキツユクサ、この色とピンクっぽいのと白と見かけますね。
    コキア、今年もひたち海浜公園は植えられたのかしら?
    シュロガヤツリ、熊本、水前寺駅前を思い出します。
    いっぱいあったのですよ。
    ヒメガマもこれだけあると、楽しみ~ですね。
    2020年07月05日 17:32
  • river

    オオケタデ、ヒメガマ、セリは家にもあるのですがまだ咲きません。ムラサキツユクサ、フロックスはたくさん咲いています。
    先日走った高速道路の脇に咲いていたのがシマトネリコのような気がするのですが車を止めて確認するわけにはいきませんね。
    2020年07月05日 18:44
  • はるる

    シマトネリコちゃんと花があるんですね。遠くからですと、もやっとした感じに見えますが。私などには同じように見えるものがたくさんあります。もう難しくて。
    コキアも大、中、小とありますね。間近で見ても葉がきれいですね。
    セリはこういう花でしたか。たくさんありますね。
    シュロガヤツリ、おもしろいです。
    2020年07月05日 18:45
  • 無門

    こんにちは

    シマトネリコ
    わが公園に植えられましたが
    まだ植えたばかりで
    その特性がよくわからない
    2020年07月05日 19:48
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    シマトネリコ、お近くにも多いですか。花を撮ったのは低い枝が伸びているお宅でしたが、それでも揺れてしまって撮るのが大変でした。
    オオケタデ、なくなって残念ですね。
    ムラサキツユクサの白花、こちらでも見つかりません。
    コキアは紅葉した頃また撮りに行きます。
    2020年07月05日 21:01
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    新しい住宅の場合、シンボルツリーとしてはシマトネリコ、トキワヤマボウシ、ヒメシャラ、ナツツバキなどが人気のようです。
    オオケタデの別名にハブテコブラがあるのですか。
    ここのコキアはこぼれ種で毎年出てきます。発芽する時期に差があるようで、大きいのや小さいのが混在しています。
    セリは湿り気があるところです。昨年はこんなに蔓延っていませんでした。
    2020年07月05日 21:08
  • 長さん

    目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
    オオケタデは夏の花ですから、ちょっと早いですね。
    新型コロナ、東京都の感染者の数字は第2波を予感させますね。
    2020年07月05日 21:15
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    シマトネリコに白いつぼみがついて、何時咲くのかと1週間に2~3回、気にしていました。たしかに、トキワヤマボウシもシンボルツリーとして増えてきましたね。亡くなったお友達、島戸練子さんの様な名前を連想したんですかねー。
    ムラサキツユクサの白花、探しているのですが、見つかりません。
    ひたち海浜公園の秋はコキアの紅葉が売りですから、きっともう植えてあるのでは。
    シュロガヤツリ、帰化しているのは西日本や九州が多いそうですね。
    ヒメガマの他にガマもあったのですが、今年はまだ花穂が見られませんでした。

    2020年07月05日 21:29
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    オオケタデやセリが咲いているのは分かりますが、ヒメガマまで咲いていますか。驚きました。
    シマトネリコは遠目で見るとトウネズミモチに似ていますね。
    2020年07月05日 21:33
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    シマトネリコのつぼみはとても小さいですが、たくさんつくので、もやっとした感じにも見えるでしょうね。
    コキアは紅葉することが綺麗なので、その頃また投稿します。
    セリの花はとても小さいです。
    シュロガヤツリの花は線香花火みたいに見えませんか?
    2020年07月05日 21:38
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    シマトネリコはこのような白い花が咲きますが、植えてから樹高が2~3m位になるまでは咲かないことがあります。秋には翼果がたくさんつきます。雌雄異株で、運が悪いと、花が咲かない雄株のことがあるそうです。
    2020年07月05日 21:43
  • 月奏曲

    湿地帯再現してると虫とかどうなんだろ?
    なんかいっぱいいそう…(-_-;)

    あ~私鉄は不動産事業とかもありましたねw
    やっぱ本業はきついのかぁ…
    2020年07月05日 22:05
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    この再現湿地帯、水が入るのは半年ほどで、虫がわいたというような話はなさそうです。
    流山線は流山市からの補助も無しで頑張っています。車両は西武電車の中古です。
    2020年07月05日 22:16
  • mori-sanpo

     シマトネリコ、洋風の新しい住宅が建つとともに増加してきて、今がちょうど花盛りですね。
     オオケダケが咲きましたか。近所のオオケダケが消滅してからまだ見ていません。数年前に、カマキリがオオケダケの葉陰に居て、吸蜜に来た蝶を捕獲しているところを見たことがありました。
    2020年07月05日 22:55
  • 長さん

    mori-sanpoさん、コメントありがとうございます。
    シマトネリコは増えてきましたね。最近はトキワヤマボウシも増えてきました。
    オオケタデ、昔はたまに見かけたのですが、最近はイヌタデ同様、殆ど見かけません。このオオケタデはそば屋さんの庭に植えてあったものです。
    カマキリが蝶を捕まえましたか。貴重な体験ですね。
    2020年07月05日 23:07
  • 行き当たりばったり

    おはようございます。
    シマトネリコをはじめ、大型の草木がいっぱいです。
    この時期成長も早いのでしょうか。
    自然がたっぷりのようです。
    2020年07月06日 07:38
  • すーちん

    おはようございます
    シマトネリコ何本か
    あります花は咲きませんが
    葉っぱで楽しんでます^^
    2020年07月06日 08:57
  • 長さん

    行き当たりばったりさん、コメントありがとうございます。
    昔、農家だったお宅もあり、広い土地に草や木がたくさん植えられています。新築のお宅はシンボルツリーを植えていることが多いようです。
    2020年07月06日 10:42
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    お宅にシマトネリコが何本もですか?雌株でも、若木のうちは咲かないことが多いそうですよ。
    2020年07月06日 10:44
  • ロシアンブルー

    こんにちわ。
    シマトネリコの花は今頃咲くのですね、立派に成長した樹ですね。
    最近、ビルの庭に植えられていますね。
    コキアも秋になると綺麗に色づきますから楽しみですね。
    シュロカヤツリグサは大きなもので、普段見ているものとは全然違います。
    2020年07月06日 11:53
  • 信徳

    シマトネリコの木を主木にしているのですね。
    大きくなって見栄えがするでしょうね。
    良くケヤキを主木にしている所を見ますが後で
    後悔している人が100%です。
    オオケタデ、先日公園で真っ赤なのを見ました。
    2020年07月06日 11:57
  • うふふ

    シマトネリコにこのような花が咲くとは知りませんでした。
    家の近くにもビルのそばに2本立っていますが、今は蕾らしいものがあるようです。
    花が咲くと良いのですが・・。
    コキアには大中小とあるのですか。
    3つ続けて言うと早口言葉になりそうですね。
    ココキアで引っ掛かりそうです(笑)
    2020年07月06日 13:54
  • もこ

    我が家の近くにもシマトネリコを植えているお宅があります 今度写真を撮らせて頂こうかな
    セリは近くの田んぼの畔によく生えていましたが最近は田んぼが無くなってセリは無くなってしまいました
    子供の頃オイランソウを頂いて庭に植えていたのを思い出しました あの頃から花が好きだったのかな~
    2020年07月06日 16:03
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    シマトネリコのつぼみが白くなり始めたのは6月の初旬ですが、それから開花までの期間が長かったです。
    ここのコキアは実生で更新しています。勿論、秋の紅葉も楽しめます。
    シュロガヤツリは普通見かけるカヤツリグサとは別種で、大きくなりますよ。
    2020年07月06日 20:41
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    シマトネリコは結構大きくなりますから、つぼみから花の時期と翼果が出来る頃はかなり目立ちます。
    敷地の広い農家ならケヤキの木は良いでしょうが、普通の民家には不向きですね。
    2020年07月06日 20:44
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    シマトネリコ、つぼみが出来て、花が咲くまでが長いのです。つぼみが出来ていれば、やがて咲くでしょう。
    コキアに大中小はありません。ここはこぼれ種で更新しているので、遅く芽生えたものが小さいのです。皆同世代なので、親、子、孫とするのも変だから、大中小にしました。
    2020年07月06日 20:53
  • 長さん

    もこさん、コメントありがとうございます。
    シマトネリコ、つぼみがたくさんついているのも見栄えがしますが、花が咲くとより綺麗ですね。
    セリは湿ったような場所で繁殖しますね。
    花が好きになったのはオイランソウがきっかけでしたか。
    2020年07月06日 21:09