キョウチクトウ、ナツズイセン、イネ、オモダカ、カノコユリ、クコ、ナナカマドの実、パンドレア・ホワイト

 ウォーキング中に見た花です。
 我が家から西へ、江戸川近くの田園地帯に向かいました。キョウチクトウやナツズイセンはその途中で撮ったものです。
 稲穂は頭を垂れ始め、水田雑草のオモダカに花が咲いていました。その後、農家の敷地で、探していたカノコユリが見つかりました。


キョウチクトウ(夾竹桃)
キョウチクトウ科キョウチクトウ属の常緑低木。インド原産
ピンクは八重咲きが多く、一重は少ない(白は八重が少ない)
F2007_570.jpg
F2007_568.jpg

ナツズイセン(夏水仙)
ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。中国原産の帰化植物
別名:ハダカユリ(花の頃、葉がないので)
F2007_573.JPG
F2007_575.JPG

 江戸川近くの田園地帯へ行ってみると、イネが80cm位に伸び、稲穂が頭を下げ始めていました。手前の白い花はニラです。


F2007_589.JPG
F2007_588.JPG
まだ花が咲いているイネも・・・
F2007_578.JPG

オモダカ(沢瀉・澤瀉・面高)
オモダカ科オモダカ属の多年草
アジアと東ヨーロッパの温帯域から熱帯域に広く分布
別名:ハナグワイ、サンカクグサ、イモグサ、オトゲナシなど
アギナシによく似ているが、葉の先端が尖っているのが特徴
F2007_590.JPG
雌花
F2007_591.JPG
雄花
F2007_580.JPG

カノコユリ(鹿の子百合)
ユリ科ユリ属の多年草(球根植物)。四国、九州、台湾に自生
農家の納屋と生垣の間で咲いていた
F2007_593.JPG
F2007_592.JPG

クコ(枸杞)
ナス科の落葉低木。原産は東アジア(中国~日本)
食用や薬用に利用される。別名:ウルフベリー、ゴジベリー
これも、今年やっと見つかったもの。トゲがあるから要注意
F2007_594.JPG
F2007_598.JPG

ナナカマド(七竈)の実
バラ科ナナカマド属の落葉高木。別名:ヤマナンテン(山南天)
F2007_587.JPG

パンドレア・ホワイト
ノウゼンカズラ科パンドレア属の常緑蔓性低木。オーストラリア原産
花弁が白で、筒部が赤いソケイノウゼン(素馨凌霄花)の白花品種
F2007_602.jpg
F2007_601.jpg
 7月27日撮影。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 143

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 寿々木

    カノコ百合が咲きましたか、当方庭にも1株あるので、今見にいって来ましたらまだツボミが固かったです。横に生えてるホワイトジンジャーの葉にアブラゼミの抜け殻を見つけました。
    2020年07月29日 12:59
  • 慈園

    こんにちは~♪
    いよいよ夏本番ですね。
    裏山にもある夾竹桃ですが、この花を見るとギラギラの太陽
    盛夏を連想します。
    クコの花は初めて見ますが、可愛い~♡。
    どういうところに咲くのですか?
    2020年07月29日 13:01
  • もこ

    カノコユリの色とても可愛いですね
    子供の頃クコの実を食べた記憶があります
    戦中戦後食料のない時代きっとお腹がすいてたのかな~
    2020年07月29日 15:00
  • river

    ナツズイセン(リコリス・スクアミゲラ)が咲き出しましたね。以前は道端に咲いていたのですが最近は栽培品しか見たことがありません。家にもあったのですが絶えてしまいました。
    クコは小川のほとりなどでよく見ました。1時クコのブームがあり家で栽培したもいたようです。実は「クコ酒」に若芽は「おひたし」で食べられます。
    2020年07月29日 15:30
  • ジュン

    稲のお花初めてで驚いています
    カノコユリ可愛いです
    クコのお花も可愛いですね
    こちらも初見です
    2020年07月29日 15:49
  • mina

    こんにちわ
    ナツズイセン可愛いお花ですね
    カノコユリ綺麗な色ですね
    可愛いです♪
    2020年07月29日 15:59
  • 無名子

    こんにちは!
    もう、稲に花が咲いているんですね、びっくりです。
    こちらの田植えは、早いところでも6月末、花が咲くのはまだ先です。オモダカは咲き初めているんですけどね (^o^)
    昨日、クコの棘に引っ掻かれました (^_^;)
    2020年07月29日 16:01
  • nobara

    キョウチクトウが雨に濡れて綺麗ですね。
    ナツズイセンも咲き始めていますね。ご近所でも見かけました。
    こちらの稲は、順調に育ってて良かったですね~
    TV画面から水害で無残な姿をみてたのでつくづくそう思います。
    オモダカの葉っぱが面白いです。
    雌花と雄花が並ぶとはっきり違いが判りますね
    カノコユリって可愛いですよね
    パンドレアって、私の好きなインカルビレアの花によく似ています。
    好きですが?育ってくれないので気の毒でやめました。
    それは草性なんですけどね。
    2020年07月29日 16:28
  • はるる

    ナツズイセン、季節はどんどん移っていきますね。こちらでも見かけました。稲の花はおもしろいです。ずいぶん前ですが、バケツで育てたことがあります。オモダカは雌花雄花があるんですね。クコの花がきれいです。カノコユリは豪華で可愛いですね。
    田園地帯もいろいろな植物が見られておもしろいところだと思います。うちのまわりにはありませんが。
    2020年07月29日 18:14
  • イッシー

    クコの実って杏仁豆腐にのっかってるやつですね。
    ノウゼンカズラ(みたいな)白い花もあるんですか!
    稲もいつの間に・・・
    2020年07月29日 18:59
  • 信徳

    稲が早くも頭を垂れて、早いですね。
    そしてオモダカも花が咲いている。こちらはまだまだ先ですし
    オモダカの姿も見えません。
    クコの花は実から想像出来ません。目に良いとかで漢方薬膳料理には付き物でした(台湾)。
    2020年07月29日 19:48
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    カノコユリ、まだ咲きませんか。間もなく梅雨明けですから、つぼみが急速に膨らむと良いですね。
    今日は川沿いをウォーキングしたのですが、蝉の鳴き声がうるさかったです。
    2020年07月29日 20:02
  • 長さん

    慈園さん、コメントありがとうございます。
    南関東の梅雨明けは8月3日以降になりそうです。
    キョウチクトウやサルスベリはこれからが本番でしょうね。
    クコは、Wikipediaによると「日当たりのよい原野、河川堤防、土手、海岸、市街地や農耕地帯の道ばたなどのやぶに自生」とありますが、現在、街中で見られるのは植えたものではないかと思います。
    2020年07月29日 20:08
  • 長さん

    もこさん、コメントありがとうございます。
    ピンクのカノコユリ、綺麗ですね。やっと出会えました。
    クコの実がおやつ代わりでしたか。健康に良いと言うことで、自生の木が持ち去られることが多かったそうです。
    2020年07月29日 20:14
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    ナツズイセン、これもボランティアが植えたものです。ナツズイセンは長いこと植えっぱなしだと衰退することがあるようですね。
    今はクコの実というと、杏仁豆腐の上に乗っているのを食べるくらいしか思い当たりません。
    2020年07月29日 20:22
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    イネの花、田んぼが近くになりと、見る機会はあまりないでしょうね。トウモロコシもこんな花が咲きますよ。
    クコの花も見る機会が少ないです。我が家の近くではここを含め、3ヵ所でしか見られません。
    2020年07月29日 20:25
  • 長さん

    minaさん、コメントありがとうございます。
    ナツズイセン、咲き始めました。カノコユリはやっと見つかりました。いずれもピンクなのが良いですね。
    2020年07月29日 20:26
  • 長さん

    無名子さん、コメントありがとうございます。
    江戸川近くの田んぼは4月末から5月の連休中に田植えが終わる早場米の産地です。
    オモダカが見つかりましたが、アギナシも生えているハズなんです。
    クコのトゲにやられましたか。枝だけでなく、葉にもトゲがあったりしますからね。
    2020年07月29日 20:31
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    このピンクのキョウチクトウ、まだ投稿していなかったので・・・。ナツズイセンのほうは今年お初でした。
    我が家の辺りは日照こそ少ないですが、梅雨の雨量もそれほどでもなく、イネは順調に育っていました。
    オモダカの雄花と雌花は咲き始めで、別の場所で撮りました。
    インカルビレアもノウゼンカズラ科ですね。木ではなく草本なんですね。まだ実物は見たことがありません。
    2020年07月29日 20:42
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    ナツズイセン、ご覧になりましたか。ヒガンバナ科は花茎がでると花が咲くのが早いですね。
    オモダカは雄花と雌花が咲きますが、どちらか片方と言うことが多いように感じます。
    カノコユリは物陰みたいな所に咲いていて、気の毒でした。
    田んぼの畦にはもっと色々な花が咲いていたのですが、最近はめっきり種類が減りました。
    2020年07月29日 20:48
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    クコの実は杏仁豆腐の上にのっている赤いやつですよ。
    パンドレア・ホワイトはノウゼンカズラ科の植物で、底赤のソケイノウゼンの白花種です。
    2020年07月29日 20:51
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    このあたりは早場米ですから、田植えから2か月近くで、既に頭を垂れ始めていました。今年はオモダカだけが見つかって、アギナシが見つかりません。
    クコは薬膳料理に付きものですね。花がたくさん咲く割りには実の付きが良くありません。
    2020年07月29日 20:57
  • 月奏曲

    ああ、なんかツルンとしてるなぁと思ってみてましたが葉っぱがないのかぁ…
    カノコユリとオニユリは派手ですよねぇ…

    近所に田んぼないから稲の生育具合って実はよくわからないんですよねぇ…一回くらい見てみたい

    2020年07月29日 21:19
  • なおさん

     ピンクの一重のキョウチクトウも可愛らしいですよね。うちの近くでも見かけます。
     オモダカは水田雑草と言われるものですが、葉の三角の矢じりのような形が面白いもので、家紋としてデザイン化されていますね。
     クコは山手線の線路の土手でもあちこち見られるところがありますね。食べられる、ということは分かっているのですが、僕は食べたことがないのです。
    2020年07月29日 22:05
  • うふふ

    白いキョウチクトウ、そう言えば八重は見ませんね。
    ピンクの一重も・・今まで全然気が付きませんでした。
    稲穂がもうできているのですか。
    美味しいお米ができると良いですね。
    ノウゼンカズラの仲間の白い花、初めて見ました。
    ピンク色もあるそうですが、まだ一度も出会ったことがないのです。
    2020年07月29日 22:32
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    ナツズイセンは春に葉を出して枯れた後に花が咲くのです。ヒガンバナと反対ですね。
    カノコユリ、オニユリ、ヤマユリと、日本には自慢できるユリがありますね。
    我が家から西へ15分ほど歩くと田んぼが広がっているんですよ。
    2020年07月29日 22:36
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    キョウチクトウはピンクの一重が一番好きなんです。
    オモダカのデザインは奈良時代から使われていて、嘉門に使われたのは室町時代からだそうですね。
    クコの実は食べたことがないですか?杏仁豆腐の上に乗っていますが・・・。
    2020年07月29日 22:41
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    ピンクで一重のキョウチクトウ、好きなんです。10年ほど前、白の八重を一生懸命探したのですが、見つかりませんでした。黄花もあるのですが、ご存じですか?
    このあたりの水田は江戸時代初期に沼地を埋め立てて作られたもので、江戸の人口急増に対応したものです。下谷米という名で評判になりました。今はコシヒカリが多いようですが・・・。
    ノウゼンカズラの白花は珍しいでしょう。
    2020年07月29日 22:51
  • eko

    ピンクで一重のキョウチクトウは珍しいですね。見たことがありません。
    ナツズイセンはあちこちで見るようになりました。綺麗ですね。
    もう稲穂が出来ているとは早いですね。稲の品種にもよると思いますが、こちらはまだ30㎝程、穂はまだです。
    カノコユリ綺麗ですね。散歩道では見たことありません。
    クコの花見つかりましたね。
    2020年07月29日 23:01
  • すーちん

    おはようございます
    ニラの花に
    同じ種類の蝶
    よく見かかます
    2020年07月30日 06:32
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    ピンクで一重のキョウチクトウはご近所にはありませんか。白の八重は如何ですか?
    ナツズイセンもヒガンバナ同様、一斉に咲き始めるようですね。
    こちらでは田植えが早く、4月末から大型連休中に修了します。ですから、稔るのも早いです。
    カノコユリやクコがやっと見つかりましたよ。
    2020年07月30日 09:29
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    ニラの花が好きな蝶は、ヒメアカタテハ、ヤマトシジミ、ミヤマセセリ、ミドリヒョウモン、ツマグロヒョウモンなどがいるそうです。
    2020年07月30日 09:34