ノリウツギ、ハツユキソウ、タバコソウ、ヨモギギク、コンフリー、コヒルガオ、ヤマノイモ、イヌホオズキ?アメリカイヌホオズキ?

 ウォーキング中に見た花です。
 ノリウツギやハツユキソウがやっと咲き出しました。
 タバコソウを植物園以外で初めて見ました。地植えで越冬できたのですね


ノリウツギ(糊空木)
アジサイ科アジサイ属の落葉低木。北海道、本州、四国、九州に分布
アジサイより遅咲きです。 南側に生垣があるせいか、葉の色が薄い
F2007_398.JPG
F2007_400.JPG

ハツユキソウ(初雪草)
トウダイグサ科トウダイグサ属の非耐寒性一年草。北アメリカ原産
和名は葉が白く縁取られた姿を雪をかぶった様子に例えたもの
F2007_418.jpg
雌花一個に雄花数個が集合して、総苞に包まれた杯状花序となる
F2007_419.jpg
茎や葉から出る白い乳液には毒性があるので注意を要する

タバコソウ(煙草草)
ミソハギ科タバコソウ属の常緑小低木。原産はメキシコ、ジャマイカ
別名:クフェア・イグネア
F2007_424.jpg
F2007_422.jpg

ヨモギギク(蓬菊)
キク科ヨモギギク属の多年草。ヨーロッパからアジアにかけて分布
全体に毒性を持つ成分があり、乾燥させた後、虫除けかハーブ等に利用
和名は葉がヨモギに似たキクだから。 別名:タンジー
F2007_425.jpg
F2007_427.jpg

コンフリー
ムラサキ科ヒレハリソウ属の多年草。ヨーロッパ・西アジア原産
和名はヒレハリソウ(鰭玻璃草)。花色は紫色、淡紅色、白色がある
F2007_435.jpg
F2007_434.jpg
 日本で現在見られるものは純粋なヒレハリソウではなく、茎に翼がないオオハリソウとの雑種起源のものばかりだという(写真の茎にも翼がないようだ)

コヒルガオ(小昼顔)
ヒルガオ科ヒルガオ属のつる性多年草。本州〜九州に普通に生える
花径は3~4cm。葉の付け根が横に張り出す(ヒルガオは張り出さない)
F2007_411.jpg
F2007_410.jpg
ヒルガオの写真はこちらです

ヤマノイモ(山の芋)の雄花
ヤマノイモ科ヤマノイモ属のつる性多年草。雌雄異株。北海道~沖縄に分布
F2007_405.jpg
F2007_408.jpg
雌花はやや小さく、花序は垂れ下がる(こちら

イヌホオズキ?それともアメリカイヌホオズキ?
ナス科ナス属の一年草。両者は良く似ていて、見分けは難しい
イヌホオズキは、ホオズキやナスに似るが役に立たないが故の命名
F2007_412.JPG
花1
F2007_414.JPG
花2
F2007_413.JPG

F2007_415_1.jpg
 アメリカイヌホオズキとイヌホオズキの違いについてはこちらのブログなどを参考にさせていただきましたが、上の写真には両者が混在しているように思えます

 7月16日撮影。

 次回は、つくば植物園出見た花の続きです。
 待ち時間の長い病院に行っていますので、訪問が遅れることがあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 127

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 無名子

    こんにちは! & はじめまして
    いつも楽しく拝見させていただいてます。
    イヌホオズキ?アメリカイヌホオズキ?についてですが、
    時期的、花の付き方、実の艶から
    アメリカイヌホオズキだろうと思います。
    下記を参考にしての判断です
    『イヌホオズキ』
    https://matsue-hana.com/hana/inuhozuki.html
    『アメリカイヌホオズキ』
    https://matsue-hana.com/hana/amerikainuhoozuki.html
    2020年07月20日 12:21
  • 寿々木

    ノリウツギ咲き出しましたね。当地植物園では大木がございます。タバコソウ、温室で見かけますが露地でも育つのですか。コンフリー、今から、50年ほど前健康食品で流行りましたね。青汁飲んで、胃に詰まって、切開手術する事件も起きました。ヤマノイモの花初めてです。
    2020年07月20日 13:06
  • はるる

    ノリウツギ今日見かけました。まだ咲いているんですね。
    ハツユキソウは葉がきれいで目立ちます。毒があるんですか。
    コヒルガオ、ヒルガオ、難しいです。
    ヤマノイモ、見せていただきました。
    2020年07月20日 18:33
  • イッシー

    私も植物園にはよく行くので見たことありそうななさそうな、
    そんなには撮らなそうな花がありますね。
    名前の違いとかは私は、完全に零点です。
    2020年07月20日 18:43
  • river

    家のノリウツギはダルマノリウツギ、ミナヅキ、ライムライトの3種類ですが以前はピンクファンタジーというのもありました。円錐花序の花が多いですが山で見られるのはアジサイのような額ブチ咲きもあります。
    2020年07月20日 19:23
  • なおさん

     近所の複合施設の植え込みで、装飾花だけの園芸種のミナヅキかなあ、というのが咲いています。清楚な白い色は良いですよね。今でもまだ、紙漉きの糊に利用しているところがあるのですかねえ。

     コンフリーも一時は健康食品などと言われていた時期もありましたが、食べるのは良くない、ということになり今は見るだけのようですね。

     コヒルガオやヤマノイモなど蔓草の繁茂する季節ですよねえ。
    2020年07月20日 20:14
  • 信徳

    ハツユキソウが咲きましたか。
    花壇でもハツユキソウは全体が目立ちますよね。
    梅雨明けが遅れるようですが梅雨が明けたらお盆
    直ぐに秋になりますね。
    2020年07月20日 20:43
  • うふふ

    ハツユキソウはあちこちで見かけますね。
    白い液に毒性があるとは知りませんでした。
    タバコソウも見たような気がします。
    コンフリーはずいぶん前に健康食品として流行りましたね。
    このようなお花が咲くのですか。
    家の近くで見るイヌホオズキは、野草図鑑で見て多分アメリカがつく方だと思います。
    見分けるのはなかなか難しいですね。
    2020年07月20日 21:00
  • 長さん

    無名子さん、はじめまして。コメント、ありがとうございます。
    ブログ、拝見していますよ。毎日精力的に更新していらっしゃいますね。今日はアメリカイヌホオズキを取り上げていらっしゃいましたね。
    私も、多分アメリカイヌホオズキだろうと思うのですが、花弁が根元まで切れ込みがあったり、無かったり、一ヵ所から7~8個も実をつけたものがあったり、光沢のある実があったりと、イヌホオズキの特徴があるものやそうでないものがあり、断定しきれない部分があるのです。
    松江の花図鑑は何時も参考にさせてもらっています。
    2020年07月20日 21:39
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    ノリウツギの樹高は3m位になるようですが、大木というとそれ以上ですか?
    タバコソウは冬越しが難しいのですが、ここは雑草の生え方から、空き家のように思えます。ということは、ここで越冬できたと言うことですよね。
    コンフリー、昔は食品扱いされていたようですね。
    2020年07月20日 21:43
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    ノリウツギの開花期はアジサイより遅く、7月~9月中旬ですから、これから盛りになります。
    ハツユキソウ、夏になると目立ちますよね。綺麗なものには毒がある(笑)。
    ヤマノイモ、雌株が見つからなかったので、古い写真をリンク付しておきました。
    2020年07月20日 21:46
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    タバコソウのことですか?それとも、アメリカイヌホオズキのこと?
    アメリカイヌホオズキはその辺の雑草ですから、植物園にはないかも知れません。
    2020年07月20日 21:51
  • nobara

    高草原ではノリウツギの季節でしょうね~
    車で走りながら見る姿が好きなんですよ。
    ハツユキソウも色花の中にあっては目立ちますね。
    花というより葉の美しさですよね。
    タバコソウも先が焦げていますね。
    常緑小低木なんですね。草のイメージがありますが。
    ベニチョウジともいうらしいですね。
    この頃、コヒルガオを生垣にわざわざ植えてるお宅があります。
    多花性だし、なかなかいいアイデアだと思いました。
    アメリカイヌホオズキなのかしら。
    花の反りで見分けていましたが・・・
    実が黒くなると艶でも見分けてました。

    2020年07月20日 21:55
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    ノリウツギのピンクを育てたことがおありですか。ファンタジーとダイヤモンドという品種があるそうですが、実物は見たことがありません。
    額縁咲きのノリウツギは富士花鳥園や八千穂高原自然園で見たことがあります。
    2020年07月20日 21:59
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    ノリウツギのミナヅキは花付きが良い園芸種ですよね。今頃から秋口まで咲くようですね。和紙作りのつなぎは本格的にはガンピだそうですが、今はトロロアオイが使われているとか。オクラでも良いそうですよ。
    コンフリー、食べられていると言うことは10数年前に知りました。
    2020年07月20日 22:09
  • 月奏曲

    タバコソウ、はじめて…いや大船フラワーセンターでみた気がしたような?
    これ見た目がタバコぽいってだけでタバコと関係ないんですよね?

    ヤマノイモって自然薯と同じなのかしらん?トロロは作れそう
    2020年07月20日 22:10
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    ハツユキソウは白と緑の対比が綺麗ですよね。
    今日は夏近しを思わせるような気温でしたが、まだ一週間くらい曇りや雨が続きそうですね。
    2020年07月20日 22:12
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    ハツユキソウのようなトウダイグサ科の植物は乳液に毒があるものが多いようです。これも綺麗なものには毒があるの例でしょうか。
    タバコソウ、路地植えをご覧になりましたか。
    コンフリーが食用になるというのはこの花を初めて見たときに知りました。花色は紫色が多いです。
    イヌホオズキとアメリカイヌホオズキ、見分けは難しいですが、いくつかポイントがあるようです。
    2020年07月20日 22:18
  • eko

    ノリウツギが咲きだしましたね。ハツユキソウも咲いていますね。花より葉の方が目立って綺麗ですね。
    ヨモギギク綺麗です。私が見た花はもう終わりがけのようでした。
    コーンフリーは今では摂食しないようになりましたね。
    コヒルガオ沢山咲いて綺麗ですね。まだ見ていません。
    イヌホオズキとアメリカイヌホウズキがあるんですね。見分けることは難しいです。
    2020年07月20日 22:28
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    ノリウツギ、高原ではこれからが最盛期でしょうね。山で見るのは額縁咲きが多いですよね。
    ハツユキソウ、色々見ると葉の白い部分が広いものと狭いものがありますよね。
    タバコソウは草のように見えますが、木本なんだそうです。ベニチョウジという別名もありますが、ナス科にもあるので、書きませんでした。
    コヒルガオを生垣にですか?成長は早いし、多花性だし、ものは考えようですね。
    多分、アメリカイヌホオズキだろうと思うのですが、イヌホオズキ?と思わせる部分もあって・・・。オオイヌホオズキとか、テリミノイヌホオズキ、カンザシイヌホオズキなんて言うものもあって、困ります。
    2020年07月20日 22:29
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    タバコソウの名は勿論花の形からです。花の先端が黒っぽくなって、更にその先が白くなるという姿が紙巻き煙草のようだということなんです。
    ヤマノイモの根茎はジネンジョとかトロロ芋と言われるもので、スーパーでも売っています。
    2020年07月20日 22:34
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    ノリウツギはこれからがシーズンですね。
    このハツユキソウは鉢植えですが、地植えだとこんもりと大きくなって、目立ちますね。
    ヨモギギクはこれ以上開かないみたいですね。
    コヒルガオ、ウォーキング中、あちこちで蔓延っています。
    イヌホオズキの仲間、もっとよく観察しないと違いがつかめません。
    2020年07月20日 22:39
  • ノリウツギ、綺麗な花ですね。
    此方でもご近所のノリウツギの花が咲き始めてます。
    小さな木ですが、重たげに沢山の蕾が有ります。
    咲き始めは、緑の花ですが徐々に白くなって綺麗ですね。
    ハツユキソウ、縁取られた白い葉が花が咲いてるよう。
    遠くからも白い花のようで綺麗です。
    鮮やかな色のタバコソウ、ユニークな花ですね♪
    以前、出会った時に名前が解りませんでした。
    ヨモギギク、黄色い丸い花は初めてです。
    コヒルガオの淡い花は、可愛いですね。
    いつも立ち止まって眺めしまいます(笑)
    2020年07月21日 00:33
  • すーちん

    おはようございます
    イヌとついているので
    ホオズキにはならないな
    と思い見てますが^^
    2020年07月21日 08:27
  • 長さん

    心さん、コメントありがとうございます。
    ノリウツギの咲き始めはアナベルのような黄緑色ですね。このように、装飾花が多いものは、園芸種でしょうね。
    ハツユキソウは遠くからでも良く目出しますよね。
    タバコソウは面白い花ですね。ご覧になったのは、屋外でしたか。
    ヨモギギク、これで満開ですから、変わったキクですね。
    コヒルガオはあちこちで野生化していますね。
    2020年07月21日 09:31
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    イヌホオズキはナス科ですから、ホオズキのような袋果ではなく、丸い実が出来ます。
    イヌは役立たずということなのですが、イナ(否)の訛ったものとする説もあるそうです。
    2020年07月21日 09:37
  • サヤ侍

    待ち時間の長い病院がよいご苦労様です。昔ならいざ知らず競争が進んだ今どき、患者をまたして平気でいる神経が分かりません。と言いながら関城中央病院で3時間ちかく待った(^^;; 腕がいいので皆が行きます、でも改善してほしいなあ。
    2020年07月21日 09:43
  • 長さん

    サヤ侍さん、コメントありがとうございます。
    民間病院だと、大ブーイングでしょうね。ここは市立の総合医療センターで、膵腫瘍摘出手術を受けたときの担当医だったので、仕方がありません。
    この日も待ち時間にしっかりウォーキングして、花の取材もしてきました。
    2020年07月21日 09:56
  • ろこ

    ハツユキソウは大好きで何年も咲かせていたんですが、
    いつの間にかなくなってしまいました。
    菜園の入り口でも咲かせていたので持ち帰ればよかったなと後悔しています。

    イヌホオズキとアメリカイヌホオズキの区別
    私には理解できない世界です(笑)
    2020年07月22日 00:35
  • 長さん

    ろこさん、コメントありがとうございます。
    ハツユキソウが消えましたか。残念でしたね。ご近所にあるのでしたら、実が出来た頃、種を採取してくると良いでしょう。
    イヌホオズキとアメリカイヌホオズキ、色々なHPに「見分けは難しい」と書いてあります。
    2020年07月22日 09:28