夏のつくば植物園にて(3)シキンカラマツ、ウツボグサ、ミズヒキ、ヤマホタルブクロ、ノアザミ、コマツナギ、オニドコロ、クサノオウ、フチナシガクアジサイ、ナミキソウなど

 7月12日に訪れた、つくば植物園の屋外展示の花などです。
 シキンカラマツがちょうど見ごろで、きれいでした。


シキンカラマツ(紫錦唐松)
キンポウゲ科カラマツソウ属の多年草。長野、群馬、福島の三県に分布
山地の湿った木陰などに自生する。花期は7~9月
IMG_8392.JPG
↑ ヒラタアブが2匹写っていました
IMG_8390.JPG

ハギに飛来したツバメシジミ(雌)
IMG_8389.JPG

ウツボグサ(空穂草、靫草)
シソ科ウツボグサ属の多年草。北海道〜九州の山野の草地に自生
IMG_8393.JPG

シロバナウツボグサ(白花靫草)
ウツボグサの白花種
IMG_8377.JPG

ミズヒキ(水引)
タデ科ミズヒキ属の多年草。北海道〜琉球の山地や低地などに自生
ミズヒキの葉は右端で、目立つ葉はヤマノイモ
IMG_8381.JPG
IMG_8411.JPG

ヤマホタルブクロ(山蛍袋)
キキョウ科ホタルブクロ属の多年
日本の山地から亜高山帯(まれに海岸近く)に広く分布
IMG_8374.JPG

ノアザミ(野薊)
キク科アザミ属の多年草。本州〜九州の山野に生える
IMG_8400.JPG
これは咲き初め
IMG_8397.JPG

コマツナギ(駒繋)
マメ科コマツナギ属の落葉小低木。本州〜九州の草地や川の土手などに生える
IMG_8402.JPG

オニドコロ(鬼野老)の雄花序
ヤマノイモ科ヤマノイモ属のつる性多年草。北海道〜九州の山野に生える
雌雄異株。花径は5㎜。ヒュウガミズキを覆い隠すように蔓延っていた
IMG_8407_1.jpg

クサノオウ(瘡の王)
ケシ科クサノオウ属の越年草。北海道〜九州の道ばたや草地などに生える
花期は4〜7月と、意外に長い
IMG_8415.JPG

フチナシガクアジサイ(縁無し額紫陽花)
アジサイ科アジサイ属の落葉低木。関東以西の海岸付近に分布
ガクアジサイ の原種で、コアジサイと同様、両性花だけで、装飾花がない
IMG_8424.JPG
しかし、この木には装飾花があるものも咲いていた。何故?
IMG_8425.JPG

ナミキソウ(波来草)
シソ科タツナミソウ属の多年草。日本、朝鮮、中国(東北部)などに分布
名の由来は、海岸の波打ちぎわに近い砂浜に生育することから
白い膨らみがあるところはハマウツボ科のママコナ(こちら)に似ている
IMG_8431.JPG
 7月12日撮影。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 103

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    シキンカラマツが綺麗ですね~。
    装飾花がないアジサイもあるんですね。
    いろんな種類がありますね。
    2020年07月19日 12:38
  • river

    シキンカラマツは家でも見頃です。山野草としてはやや大型です。
    フチナシガクアジサイは本来装飾花があったものが退化したものと思われます。したがって先祖返りで装飾花が出ることがあります。「三河千鳥」は中性花のみのテマリ咲き(ピンクッション咲き)です。コガクウツギの仲間では装飾花があるのとないのが混在することは良くあることです。なおテマリ咲きのガクアジサイをホンアジサイということがありますが本来は装飾花のある額ブチ咲きが元の姿です。やはり先祖返りでテマリ咲きが額ブチ咲きになることがあります。
    2020年07月19日 12:58
  • 寿々木

    シキンカラマツですか綺麗ですね。初めてです。白いウツボグサも出合ったことありません。ミズヒキが咲き出ししましたか、葉が大きく濃淡の模様がありますね。当方庭に金ミズヒキと一緒に繁茂して困っています。通り道だけ刈り取ったのですが、どちらも実がヒッツキ虫で爆発的に増えます。刈っても根から又発芽しますから困ったもんです。除草剤を使いと樹木に影響しますし・・。ジネンジョも生えてます、これは昔私が別の土地から1個移したのですが、葉の脇にむかご?がつきますね。塩ゆででたべられますが面倒です。
    2020年07月19日 13:05
  • nobara

    シキンカラマツ、いいですね~
    いい時に見られましたね。一個一個はちっちゃくて~
    雰囲気ある花で、大好きです。
    八ヶ岳・いこいの里で必ず見ていましたが。
    今年は絶望的な状況になってきました
    ウツボグサ、白花も見られましたね(*^-゚)⌒☆
    華奢なノアザミに出逢えましたね。
    クサノオウ、長く咲きますがだんだんに小さくなりますね。
    フチナシガクアジサイというのがあるんですね。初見です。
    2020年07月19日 13:21
  • eko

    シキンカラマツがちょうど見頃で綺麗ですね。
    ウツボグサが紅白で見られましたね。
    ミズヒキももう見られるんですね。
    ノアザミの咲きはじめは初めて見ましたが、可愛いですね。
    フチナシガクアジサイですか、アジサイも色々ありますね。
    2020年07月19日 15:18
  • なおさん

     シキンカラマツを至近?距離で見られるというのは、裏山しいですねえ。ぼくは実物はまだ見たことないのです。今日は、国営武蔵丘陵森林公園でアキカラマツだのミズヒキだのウツボグサだのも見てきました。
     ミズヒキは小さすぎて、撮ろうという気にならないのですが、ばっちり撮れていますねえ。

     装飾花のない、フチナシガクアジサイなるものもあるのですか。装飾花があってこそのガクアジサイ、という感じですが、変わり者も、ひとの世だけでなく花の世界にもあるのですね。装飾花があったら、フチアリガクアジサイに改名しないといけませんねえ。
    2020年07月19日 15:56
  • はるる

    さすが植物園、興味ある植物満載です。
    シキンカラマツ、こんなにきれいなんですか。驚いています。
    オニドコロ、私が見たのも、こんなふうでした。名前教えていただいて、いつもありがとうございます。
    アブやツバメシジミ、いいですね。ノアザミの咲き始めもおもしろいです。
    2020年07月19日 19:40
  • 月奏曲

    ε=(ノ゚д゚)ノ タダイマー
    ノアザミの咲き始めが星みたいで綺麗

    原種はやっぱり地味ですねぇ…お花ちみっこいですからねぇ…といいつつ装飾花咲いてますね…あれ?

    一枚目の写真、アブ三匹いると思うの…二匹並んでる茶色いアブの左側のほうの下にちょっと黒くうつってますが…たぶんこれもクロヒラタアブじゃないかな?


    2020年07月19日 20:50
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    シキンカラマツ、綺麗でしょう?ピンクの花弁に黄色いしべの取り合わせが良いです。
    装飾花がないアジサイや、逆に装飾花だけのアジサイもありますよ。
    2020年07月19日 21:02
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    シキンカラマツは草丈が高くなりますね。
    フチナシガクアジサイの装飾花は先祖返りと考えるのが妥当でしょうね。ウズアジサイも普通の装飾花を咲かせることがありますが、これも同様でしょうね。
    2020年07月19日 21:04
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    シキンカラマツは長野にも自生があるそうですが、駒ヶ根高原にはありませんか。
    ミズヒキはタデ科ですから、葉にタデ科特有の斑が入りますね。
    宿根草は地上部だけ刈り取っても、根が残っていれば生えてきます。スコップで掘って、それこそ根こそぎにしないと退治は出来ません。
    2020年07月19日 21:09
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    シキンカラマツは満開状態でしたよ。昨年9月に八ヶ岳自然園に行ったのですが、まだシキンカラマツが咲いていました。
    ウツボグサの白は珍しい部類でしょう。
    ノアザミは園内のあちこちで見られました。
    クサノオウ、確かに花は小さくなっていました。
    フチナシガクアジサイ、変種なのかも知れませんが、先祖返りらしき花も咲いていました。
    2020年07月19日 21:14
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    シキンカラマツ、丁度満開でした。
    ウツボグサの紅白が揃って咲いているなんて、植物園ならではでしょう。
    ノアザミの咲き始め、初めて写真を撮りました。
    縁なしならガクアジサイではなくなりますよね。でも、先祖返りらしき花も咲いていました。
    2020年07月19日 21:17
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    今日は武蔵丘陵森林公園でしたか。良く晴れて良かったのではないでしょうか。
    シキンカラマツ、ご覧になったことがないとは意外でした。
    ミズヒキは揺れるので、広い範囲で撮ってピントが合った部分をトリミングします。
    フチナシガクアジサイなんて、確かに変わり者ですね。変わり者を続けられなくて、正常に戻ってしまう枝も出てくるようです。
    2020年07月19日 21:21
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    植物園は簡単に色々な植物を見る事が出来るので良いです。しかも、65歳以上は無料ですから。
    シキンカラマツが満開状態で良かったです。
    オニドコロ、雌株も近くにあれば良かったのですが。
    ノアザミは一斉に開くのではなく、一番外側の筒状花から開き始めるのですね。
    2020年07月19日 21:26
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    有給休暇を消化してきましたか。旅の報告が始まりましたね。
    ノアザミの咲き始め、初めて写真に撮りましたよ。遠目には貧弱なのが咲いているなと思いました。
    ヒラタアブ、3匹写っていますね。中央のは見落としました。
    2020年07月19日 21:38
  • うふふ

    シキンカラマツ、初めて見ました。
    花弁の淡い色と密度のある蕊が魅力的ですね。
    ヒラタアブ?
    良く見えないので大きくしたら、居ました、居ました。
    フチナシガクアジサイもいろいろなのですね。
    先祖返りでしょうか。  
    興味津々です。
    2020年07月19日 22:54
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    シキンカラマツ、綺麗な花ですよね。ヒラタアブ、本当は3匹います。
    フチナシガクアジサイ、変な名前を付けましたね。正確にはガクブチナシでしょうか。
    2020年07月19日 23:31
  • すーちん

    おはようございます
    コマツナギ、土手に一杯
    ありましたがこの頃余る
    見掛けないですー
    2020年07月20日 08:50
  • 目黒のおじいちゃん

    長さん
    ウツボグサの白花は見たことがありません。
    ミズヒキのアップ、素敵です。
    最近見掛けるのはシンミズヒキばかりです。
    2020年07月20日 09:00
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    コマツナギを見かけなくなりましたか。川の土手だと、定期的に草刈りが行われますから、そのせいかもね。
    2020年07月20日 13:13
  • 長さん

    目黒のおじいちゃん。コメントありがとうございます。
    ウツボグサの白花は自然教育園にもないようですね。
    ミズヒキのようなピントが合いにくいものは、少し引いて撮って、ピントが合っているところをトリミングします。
    2020年07月20日 13:16
  • 信徳

    シキンカラマツは~10年前に長野県で入手して来たのですが
    鉢植えで2年でダメにしてしまいました。その後ウンナンシキンカラマツも3年で無くなって以降は育てていません。植木鉢が間違いの元だったような気がします。
    2020年07月20日 19:35
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    シキンカラマツやウンナンシキンカラマツは鉢植えでは駄目でしたか。山野草というのは難しいものですね。
    2020年07月20日 22:00