夏のつくば植物園にて(2) キリンソウ、スカシユリ、カワラナデシコ、カワラサイコ、カワラマツバ、タケニグサ、ノコギリソウ、エゾミソハギ、チダケサシ、ヤマユリ、カライトソウ、マツムシソウ、コムラサキ

 7月12日に行ったつくば植物園で見た花を記録しています。
 今回は、植物園の中央にある池(下の写真)の北側から更に奥に行って見た花です。


IMG_8303.JPG

キリンソウ (麒麟草)
ベンケイソウ科キリンソウ属の多年草。日本では九州以北に自生
和名は黄輪草と書いたものだったが、いつの間にか麒麟草になったという
IMG_8306.JPG

スカシユリ(透百合)
ユリ科ユリ属の多年草。中部地方以北の海岸の砂礫地や崖、岩場に分布
太平洋岸の個体群をイワトユリ、日本海岸の個体群をイワユリと呼ぶ場合と、
栽培品種をスカシユリ、野生種全般をイワトユリと呼ぶ場合がある
IMG_8310.JPG

カワラナデシコ(河原撫子)
ナデシコ科ナデシコ属の多年草。日本では本州以西と四国、九州に分布
秋の七草のナデシコは本種のこと。別名:ナデシコ、ヤマトナデシコ
IMG_8314.JPG

カワラサイコ(河原紫胡)
バラ科キジムシロ属の多年草
本州・四国・九州の日当たりの良い河原や海岸の砂礫地に分布
ここではかなり増え広がっており、「みごろの植物・今週のベスト3」に
IMG_8319.JPG

カワラマツバ(河原松葉)
アカネ科ヤエムグラ属の多年草。北海道・本州・四国・九州・朝鮮に分布
名のように、葉は松葉のように細く、花径は2、3mm。4弁で、稀に5弁
IMG_8323.JPG

タケニグサ(竹似草)
ケシ科タケニグサ属の多年草。日本および東アジア一帯に分布
名の由来は、茎が中空で竹に似るとの説と、竹と一緒に煮ると竹が柔らかく
なるからとの説がある。別名チャンバギク(占城菊)、ウジゴロシ
IMG_8330.JPG
隠し画像あり、クリックで表示されます)花には花弁がなく、2枚の萼は
開花と同時に脱落し、毛のようなしべばかりが目立つ。橙色のものは実

ノコギリソウ(鋸草)
キク科ノコギリソウ属の多年草。本州・北海道、朝鮮半島、中国、ロシア
極東の、標高1000メートル以上の高地に分布
別名:ノコギリバナ、ハゴロモソウ、ゴコウソウ、ユウエンソウなど
IMG_8336.JPG

エゾミソハギ(蝦夷禊萩)
ミソハギ科ミソハギ属の多年草。蝦夷とつくが、九州以北の各地に分布
ミソハギとの相違点は、分枝する、萼の付属体が直立する、葉や
花序に短毛がある、葉の基部は茎を抱く、葉が波打ちやすい、など
世界の侵略的外来種ワースト100選定種の一つに指定されている
IMG_8343.JPG

チダケサシ(乳茸刺)
ユキノシタ科チダケサシ属の多年草。本州・四国・九州に分布
和名の由来は、長い花茎に乳茸と呼ばれるキノコを刺して持ち帰ったから
IMG_8432.JPG

ヤマユリ(山百合)
ユリ科ユリ属の多年草。日本固有の種で、青森県より南、近畿地方まで分布
花被片は6枚で、うち3枚(細い方)は萼片が変化したもの
鱗茎は食用のユリ根になり、別名リョウリユリとも呼ばれる
IMG_8350.JPG

カライトソウ(唐糸草)
バラ科ワレモコウ属の耐寒性多年草。本州中西部の日本海側の山に自生
和名は、美しい雄蕊を中国(唐)渡来の絹糸に見立てたことに由来
IMG_8355.JPG

トモエソウ(巴草)
オトギリソウ科オトギリソウ属。 日本各地の山地の草原に生える
花弁が巴状に開くのでこの名がある
IMG_8358.JPG

マツムシソウ(松虫草)
スイカズラ科マツムシソウ属の越年草。日本固有種(北海道・本州・四国・九州)
名の由来は、松虫の鳴く頃に咲き始めるから
(丸い実が巡礼の持つ鉦「松虫」ににるとの説も)
IMG_8367_1.jpg

コムラサキ(小紫)
シソ科ムラサキシキブ属の落葉低木
日本(本州・四国・九州)、台湾、朝鮮半島、中国に分布
別名:コシキブ
IMG_8372.JPG
 7月12日撮影。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 124

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 信徳

    ヤマユリ、マツムシソウなども咲くのですね。
    標高は50mにも満たないと思いますが良く咲きますね。
    日陰など工夫をされているのかな?
    2020年07月17日 13:19
  • 寿々木

    筑波植物園ですか、御地からは近いのでしょうか。コムラサキは7月2日に当地でも咲いていました。タケニグサは竹のように高く伸びますね。駒ヶ根高原で出合ったかとがあります。
    2020年07月17日 14:45
  • mina

    こんにちわ
    カワラサイコ、可愛いお花ですね
    色が綺麗!!
    ヤマユリ、好きなユリの一つです
    2020年07月17日 15:47
  • nobara

    キリンソウは麒麟草って表示になりましたか?
    麒麟ってほどに草丈が出なさそうですけどね(*^-゚)⌒☆
    花だけ見るとメキシコマンネングサ、ツルマンネングサと同じですね。
    カワラナデシコ、いいですよね。白花が好きです(^o^)丿
    カワラサイコ、カワラマツバ、河原繋がりですね。
    エゾミソハギ、分岐するんがミソハギとの区別点ですか?
    ヤマユリ、やっぱりいいですね
    大昔、北上の山中を車で通った事が有りました。
    全山、ヤマユリが咲き誇り、むせ返るような匂いでした。
    仙台の七夕祭りに行った時だったにかも。
    そのときのインパクトをいつも思い出します
    2020年07月17日 16:26
  • river

    キリンソウ、カワラナデシコ、カワラマツバ、タケニグサ、ノコギリソウ、チダケサシ、ヤマユリ、マツムシソウは赤城山、榛名山で見ることが出します。山野草は山で見るのが一番ですが雨ばかりで山歩きが出来ません。
    2020年07月17日 17:26
  • eko

    今回は見たことのある花が多くてなるほどと拝見しました。
    キリンソウの漢字が黄輪草から麒麟草に変わったのですか。麒麟ほど大きくはないと思いますが…。
    カワラナデシコは可愛いですね。先日、木曽三川公園で群生を見てきました。
    カワラマツバは小さな花、良く撮れてわかります。
    タケニグサは道端で時々見かけます。もう毛のようなシベと実が見られるんですね。
    ヤマユリは何度見ても美しいですね。
    トモエソウも見られて良いですね。
    2020年07月17日 18:29
  • なおさん

     いろいろな山野草が見られるのが嬉しいですね。園芸種のスカシユリは茎が伸びて咲くものが多いですが、磯に生えるものは茎が短く矮性で良いですね。
     カワラサイコは神代植物公園の植物多様性センターで見たことがあります。川原さ行こ、ということで、カワラナデシコやらカワラサイコが咲くような川原があるなら良いですよねえ。

     マツムシソウも下界では早くに咲き出しますね。今年は山の草原に見に行けそうもないですねえ。
    2020年07月17日 18:37
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    つくば植物園の標高は20~30m位だと思います。ヤマユリは林の中に植えられているので、気温の考慮はされているようです。一方、マツムシソウは日当たりが良い場所でした。
    2020年07月17日 19:05
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    この植物園は高速道路利用で、我が家から1時間程度で行けます。
    コムラサキは我が家の辺りでもかなり咲いてきています。
    タケニグサは草丈が高くなるので、風で倒れるものも出てきますね。
    2020年07月17日 19:07
  • 長さん

    minaさん、コメントありがとうございます。
    カワラサイコ、バラ科の特徴が良く出ている花ですね。かなりの群落になっていました。
    ヤマユリは日本が誇るユリですね。香りも良いし。
    2020年07月17日 19:09
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    キリンソウの漢字表記について、牧野富太郎博士は黄輪草では湯桶読みになるから不自然だと指摘しており、植物和名の語源探究を著わした深津正は、茎葉の多肉性を、肉に包まれた麒麟(動物のキリンではなく、想像上の動物)の角に見立てたとしています。出版物では牧野図鑑などが発行された頃より麒麟草と表記されているそうです。
    カワラナデシコとカワラサイコは同じ場所に混在して植えられていました。
    エゾミソハギは分枝することと、草丈が大きくなることがミソハギとの相違でしょう。
    北上山地にはヤマユリがたくさん咲いているところがありましたか。
    2020年07月17日 19:21
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    勿論、山野草は自生を見る事が一番ですが、植物園では労せずに色々見られるのが良いです。
    今年の梅雨明けは何時になるのでしょうね。
    2020年07月17日 19:22
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    見慣れた花が多かったですか。
    キリンソウの麒麟は動物のキリンではなく、想像上の動物です。キリンビールのラベルに描かれていますよ。
    カワラマツバはとても小さい花なので、アップは風に揺れて撮れませんでした。このくらいなら花弁数も分りますよね。
    タケニグサは実が出来はじめていました。トモエソウは花がちょっと萎れ気味ですね。
    2020年07月17日 19:28
  • イッシー

    池なんかもあって大きいんですね~。
    今の時期でもいろんな花が綺麗に咲いていますね。
    やっぱり花好きな人が来ると花もうれしいんだろうな~。
    2020年07月17日 19:29
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    ここのスカシユリはまさに本物ですね。園芸種が植えてあるはずがないか(笑)。
    カワラサイコとカワラナデシコは、ハーブ類に続いて見頃2位になっていました。カワラサイコはかなり増え広がっていましたよ。
    マツムシソウは種が飛ぶのか、名札から離れた場所でも咲いていましたよ。
    2020年07月17日 19:33
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    つくば植物園の広さは14ヘクタール、東京ドーム3つ分だそうです。温室の花は少ないですが、野外ではまだ多くの花が咲いています。花が嬉しがっているかどうかは不明ですが(笑)。
    2020年07月17日 19:36
  • うふふ

    最近、花壇などでキリンソウはよく見ますね。
    なんで麒麟草なのかなと思っていました。
    黄輪草なら納得です(笑)
    2020年07月18日 07:47
  • すーちん

    おはようございます
    山野草でヤマユリほど
    豪華、ダイナミックな
    花は無いですね
    2020年07月18日 08:28
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    キリンソウは動物のキリンではなく、想像上の動物の麒麟と書くのですね。黄輪は普通に読めばおうりんですが、湯桶読み(上が訓読みで下が音読み。その反対は重箱読み)なので不自然だと言うことらしいです。
    2020年07月18日 09:33
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    ヤマユリは多くのユリの交配親になるほどで、日本の誇るユリですね。
    2020年07月18日 09:34
  • 目黒のおじいちゃん

    長さん
    沢山の出逢いがありましたね。
    マツムシソウがもう咲いているんですね。
    このあたりで去年ソナレマツムシソウを見掛けました。
    2020年07月18日 09:44
  • ジュン

    ノコギリソウはなかなか出会いが悪く
    お花が見られなかったのです
    可愛いですね
    マツムシソウ
    初めてです由来がいいです
    2020年07月18日 10:24
  • ロシアンブルー

    おはようございます。
    つくば植物園には一度行きましたが広いですよね。
    7月の花類は、夏の地方へ里帰りした感覚です。
    どの花も草むらにそっと咲いている感じ、懐かしさを覚えます。
    カライトソウが目立ちますね。
    2020年07月18日 11:33
  • 長さん

    目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
    マツムシソウは咲いていましたが、ソナレマツムシソウはまだでした。何時も8月に見ています。
    2020年07月18日 11:48
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    ノコギリソウ、今年は出会いがありませんでしたか。
    セイヨウマツムシソウはウォーキング中に出会いますが、マツムシソウより早く咲きます。
    2020年07月18日 11:52
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    つくば植物園にいらしたことがおありでしたね。植えたものですが、ここの風景に馴染んできているようです。
    カライトソウは綺麗ですね。支柱を立ててやらないと風で倒れそうです。
    2020年07月18日 11:55