ヘメロカリス、ノカンゾウ、サフランモドキ、トキワツユクサ、金魚葉、スカエボラ、アジサイ

 ウォーキング中に見た花です。
 ヘメロカリスの仲間を集めてみました。
 梅雨入りしてから数日で、レインリリーの別名を持つサフランモドキが一斉に咲き出しました。


ヘメロカリス
ワスレグサ科ワスレグサ(ヘメロカリス)属の耐寒性多年草
F2006_506.jpg
F2006_505.jpg
F2006_504.jpg

矮性タイプで、ヒメキスゲとして売られているものと思われる
F2006_496.jpg
F2006_497.jpg

やや上向きに咲き、上の品種より花が大きく、葉が少し太い
F2006_723.JPG
F2006_724.JPG

これはノカンゾウ(野萱草)でしょうね
F2006_733.JPG
F2006_735.JPG
 6月16日、18日撮影。


サフランモドキ(サフラン擬き)
ヒガンバナ科タマスダレ属の多年草(球根)。原産は中・南米、西インド諸島
別名:ゼフィランサス・カリナタ、レインリリー
日本には1845年頃に渡来したとされ、当初はサフランと間違われていた
F2006_664.JPG
F2006_665.JPG

トキワツユクサ(常盤露草)
ツユクサ科ムラサキツユクサ属の多年草。南アメリカ原産
明治初期に渡来。要注意外来生物に指定されている
別名:ノハカタカラクサ
F2006_508.jpg
F2006_515.jpg

先端が裂けたような葉
生垣で面白い形の葉を見つけました。多分、金魚葉椿だろうと思います
F2006_524.jpg
F2006_522.jpg
昨年、寿々木さんが金魚葉椿を投稿されています(こちら

スカエボラ
クサトベラ科クサトベラ属の多年草。原産はオーストラリア
和名はスエヒロソウ(末広草)、別名:ブルーファンフラワー
F2006_540_1.jpg

ピンクのウズアジサイ
花色は、酸度により紫~淡青~ピンクに変化しますが、中性土でピンク
色に咲かせたものを梅花咲き・オカメ咲きとも言われているそうです
F2006_543.jpg
両性花は紫ですね
F2006_544.jpg

ちょっと変わった花色のアジサイ
F2006_560.jpg
 6月16日撮影。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 111

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • river

    ヘメロカリスは中国や日本に自生するノカンゾウ、ヤブカンゾウ、ゼンテイカ、エゾキスゲなどなどをもとに品種改良が進められたので丈夫でよく増えます。家には9種類のヘメロカリスがあります。
    伊勢崎にヘメロカリスの専門店があり1500種5万株が植えられていました。
    2020年06月21日 13:52
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    今の時期はウォーキングしていてもヘメロカリスやユリをよく見かけます。ヤブカンゾウを鉢植えで育てていたお宅があったのですが、1年で駄目にしてしまったようです。
    伊勢崎の専門店、相当敷地が広そうですね。
    2020年06月21日 14:35
  • 寿々木

    サフランモドキ、当方庭でも咲いています。球根買ったときの名札はゼフィランサス・ロブスターでしたが。
    2020年06月21日 15:40
  • なおさん

     今、いろいろなヘメロカリスが咲いていますね。紅、オレンジ、黄色、朱色、ピンクがかった紫系とさまざまです。
     こちらの野では、圧倒的にヤブカンゾウを見る機会が多く、ノカンゾウにはなかなか出くわしません。このノカンゾウは紅が濃いですね、こういうタイプはベニカンゾウとも呼ぶらしいですね。

     サフランモドキはうちでも少し咲いています。
    2020年06月21日 16:03
  • イッシー

    ヘメロカリスの日本名はワスレグサなんですね!
    最後のアジサイ綺麗な色だな~。
    あれ~。金魚が葉っぱになっちゃった。。
    2020年06月21日 16:15
  • eko

    ヘメロカリス、オレンジ色と赤色両方咲いていますね。こちらではまだ見かけません。木曽三川公園へ行かないと見られないかもしれません。
    サフランモドキは可愛い花ですね。沢山咲いているととても綺麗だと思います。
    トキワツユクサ、花は可愛いですが、あまり蔓延られても困りますね。
    金魚葉は本当に金魚の尾びれみたいで面白いですね。
    スカエボラが三色みられましたね。ファンフラワーの名前そのままの花姿ですね。
    最後のアジサイ、珍しい花色、綺麗です。
    2020年06月21日 16:36
  • 降魔成道

    不勉強なものでヘメロカリスという花を知りませんでした。
    見た目はニッコウキスゲに似てますね。
    2020年06月21日 19:24
  • 信徳

    ヒメキスゲ、我が家のヒメカンゾウに花も葉もそっくりさん。
    おまけに矮性と来たらもう・・・
    サフランモドキ、鉢植えでビッシリ咲かせていますね。
    金魚葉椿、高尾山のロープウエー上り口の駅前に有ります。
    2020年06月21日 20:26
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    サフランモドキは強い花で、世話無しでも毎年咲いてくれるようですね。学名はZephyranthes carinataですから、ゼフィランサス・ロブスターはその仲間ですね。ネットにはハブランサス・ロブスターも存在します。いずれもレインリリーと呼ばれているそうです。
    2020年06月21日 21:13
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    紅萱草というのがあるのですね。ネットの画像を検索したら、この写真に似た色から真っ赤まで幅広いですね。なお、写真は実物より少し赤っぽく写っています。
    この付近にヤブカンゾウもあった筈なんですが、今年はまだ見ていません。
    サフランモドキはかなり丈夫そうですね。
    2020年06月21日 21:17
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    ワスレグサは属名で、単にワスレグサというとヤブカンゾウを指すらしいです。
    最後のアジサイ、不思議な色です。
    金魚の尻尾みたいなので、金魚葉というそうです。
    2020年06月21日 21:21
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    ヘメロカリス、まだ咲きませんか。
    サフランモドキは丈夫でよく増えるそうです。
    トキワツユクサ、ここは鉢植えだから良いですが、地植えにしたら増え広がるでしょうね。
    スカエボラ、青や黄色は見つかりませんでした。
    このアジサイ、不思議な色合いですね。
    2020年06月21日 21:27
  • 無門

    こんにちは

    紫陽花がどこまで
    変わってゆくか
    毎年の発表が
    と楽しい楽しみですね
    2020年06月21日 21:28
  • 長さん

    降魔成道さん、コメントありがとうございます。
    日本にはニッコウキスゲやノカンゾウ、ヤブカンゾウが自生していますが、広義にはこれらもヘメロカリスです。
    2020年06月21日 21:30
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    ヒメキスゲはお宅のヒメカンゾウにそっくりですか。ネットで画像検索してみると分りますが、色の濃い薄い、花弁の幅の違い、など色々出てきます。
    サフランモドキは丈夫でよく増えるそうですね。
    金魚葉椿は高尾山にもありましたか。
    2020年06月21日 21:41
  • nobara

    ヘメロカリスの仲間も咲いてきていますね。
    八島湿原にも咲いていた濃色のノカンゾウみたいなの。
    居合わせた説明員さんが ムラサキニッコウキスゲ と
    呼んでいますとおっしゃっていました。
    ニッコウキスゲというよりノカンゾウだと思ったのですが。
    ムラサキノカンゾウ??の方が納得がいきそう。
    サフランモドキ、仲良く並んで咲いていますね。
    トキワツユクサは茎の色が茶色のタイプなんですってね。
    我が家のは茎も緑のばかりです。
    ミドリハカタカラクサというようです。

    2020年06月21日 21:41
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    アジサイは毎年のように新品種が作られているらしいです。
    父の日プレゼントのアジサイは秋色アジサイといって、7月には様々な色に変化するそうです。
    2020年06月21日 21:43
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    ネット情報によると、ニッコウキスゲの亜種で、花弁の根元や裏側が赤紫色をしているものをムラサキキスゲと呼んでいるそうです。霧ヶ峰の車山でも1株あるそうですよ。
    ミドリハカタカラクサについては、シロフハカタカラクサの斑が消えたものと説明されていました。
    2020年06月21日 21:58
  • 月奏曲

    確かに葉っぱが金魚っぽいw
    これ葉っぱが観賞用なんですかねぇ?

    最後のアジサイ、秋色紫陽花の青色バージョンみたい
    2020年06月21日 22:05
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    金魚葉椿は主たる鑑賞対象は花ですが、花期以外も楽しめると言うことなんでしょう。
    秋色アジサイというのは、7月に装飾花がアンティークカラーに変わるもので、これは違うみたいですよ。
    2020年06月21日 22:17
  • mina

    こんにちわ
    サフランモドキは近所の家の庭に
    咲いているのを見ました
    可愛いお花ですよね
    先端が裂けたような葉。
    珍しいですね
    変わった花色のアジサイも初めて見ました
    2020年06月22日 08:19
  • すーちん

    おはようございます
    サフランモドキは
    可愛らしく良いですねー
    毎年1本咲きます^^
    2020年06月22日 09:10
  • ジュン

    お花を見てすぐ名前が出る
    散策が楽しいでしょうね
    金魚葉椿
    葉っぱが金魚ですね面白い
    ウズアジサイ
    我が家はピンクー淡青ー紫に変化します
    土で違うのは知っていますが難しいです
    2020年06月22日 09:20
  • 長さん

    minaさん、コメントありがとうございます。
    サフランモドキ、ご近所でも咲き出しましたか。花色が良いですよね。
    金魚葉、面白いですね。一種の奇形が遺伝で伝わるようになったらしいです。
    アジサイも様々な品種がありますね。
    2020年06月22日 10:03
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    サフランモドキは梅雨入りすると一斉に咲き出しますね。お宅のもやがて増えるでしょう。
    2020年06月22日 10:04
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    もう歳ですから、花の名前がすぐ出てこないのですよ。帰宅してから名前を探すのも楽しみのうちです。
    金魚葉、どうして椿だけに現れたのでしょうね。
    お宅のウズアジサイは色が変化しますか。紫の遺伝子が遅れて性質を発揮したのかな。
    2020年06月22日 10:07
  • うふふ

    こんにちは!
    こちらでも街を歩いているとヘメロカリスやサフランモドキの花を見かけます。
    雨はいろいろなお花を元気にさせてくれますね。
    金魚葉椿の葉、どうしてこうなるのか面白いです。
    普通の形の葉も見えますので、全部切れ込みが入るわけでもないのでしょうか。
    創造の神様は気まぐれ?(笑)

    2020年06月22日 10:51
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    ヘメロカリスやサフランモドキ、一斉に咲き出しましたね。アガパンサスも咲いているのをご覧になったことでしょう。
    金魚葉、面白いですね。一説には帯化現象の一つだとか。ネットには葉の先から、また葉が出ている写真が紹介されていました。
    2020年06月22日 12:10
  • コスモス

    へメロカリスの仲間が集まりましたね。
    私は今朝ヤブカンゾウを見ました。
    我が家にもサフランモドキが咲いたんです。
    昨年源じいちゃんにいただいたのをすっかり忘れていました。
    スカエボラは花弁が半分ないみたいですね。
    和名スエヒロソウは覚えられそうです。
    2020年06月23日 11:00
  • 長さん

    コスモスさん、コメントありがとうございます。
    今の時期はユリやヘメロカリスが開花時期なので、よく見かけるようになりました。ヤブカンゾウが咲いていましたか。こちらではなかなか見つかりません。
    サフランモドキも球根なので、よく増えると思いますよ。
    スカエボラは扇のように、花弁が半分しか出ない様子を例えてブルーファンフラワーという別名がつきました。スエヒロソウも同様ですね。在来種で似た姿の花というとミゾカクシがあります。
    2020年06月23日 21:03