ヒメイワダレソウ、テッポウユリ、ツルバキア & ゆいの花公園にて(2) ハナチダケサシ、アジサイ、アカンサス、タイサンボクなど

 ウォーキング中に見た花です。
 鉢植えのヒメイワダレソウを見ました。これまでに見た、道路脇で蔓延っていたのはもっと白っぽい花でしたが、これはピンクです。


ヒメイワダレソウ(姫岩垂草)
クマツヅラ科イワダレソウ属の多年草。南米原産。別名:リッピア
F2006_278.jpg
F2006_279.jpg
 ヒメイワダレソウと日本の在来種イワダレソウのハイブリット種で「クラピア」という繁殖力が旺盛な品種が作られており、芝生代わりになると評判だそうです。
テッポウユリ(鉄砲百合)
ユリ科ユリ属の多年草(球根)
F2006_133.JPG
F2006_135.JPG

ツルバキア・ビオラセア
ネギ科ツルバキア属の多年草。南アフリカ原産
別名:ルリフタモジ(瑠璃二文字)、ツルバギア
F2006_136.JPG
F2006_138.JPG
 6月5日撮影。

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

ゆいの花公園にて(2)
 思いがけずも、信州にある高原の植物園でしか見たことが無かったハナチダケサシが咲いていました。


ハナチダケサシ(花乳茸刺)
ユキノシタ科チダケサシ属。アカショウマの変種
本州中部の高原の草地や林縁に分布
草丈は50~80cmになるそうだが、若い株らしく、まだ30~40cmだった
IMG_7649.JPG
IMG_7648.JPG
⇓ こちらは少し赤みを帯びている
IMG_7650.JPG

アジサイ ‘ダンスパーティー’
IMG_7629.JPG

アカンサス・モリス
キツネノマゴ科アカンサス属の常緑多年草。地中海沿岸地方原産
別名:ハアザミ(葉薊)
IMG_7658.JPG
管理棟の地下(敷地外から見ると1階)の植栽で咲いている
IMG_7659.JPG
 アカンサス属は30種ほどあり、古代ギリシア文化のころから、アカンサス・スピノザ種の葉の形をモチーフにしたデザインが多く見られる。

タイサンボク(泰山木、大山木)
モクレン科モクレン属の常緑高木。北米中南部原産
別名:ハクレンボク。樹高は20m以上になる
IMG_7661.JPG
樹高があるので、花はしたから見上げるしか無い
IMG_7662.JPG

タイサンボク ‘リトル・ジェム’
四季咲きの矮性品種。と言っても、3~5mになる
IMG_7664.JPG
IMG_7665.JPG

ガウラ
アカバナ科ヤマモモソウ属の多年草。北アメリカ原産
和名:ヤマモモソウ(山桃草)。別名:ハクチョウソウ(白蝶草)
IMG_7671_1.jpg
 6月4日撮影。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 122

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    芝生のように踏まれてもまた伸びるんですね。
    背丈が大きくならなければびっしり生えてもらって
    他の植物が入らないほうが楽ですよね。
    ハイブリッドなんですね。
    2020年06月11日 12:57
  • 慈園

    長さんこんにちわ♪
    いつも珍しい花UPして頂き大変勉強になります。
    最近は品種改良花が沢山出荷されているので名前が覚えられません(笑)
    ハナチダケサシは別名『アスチルベ』ではないですか?
    アカンサスモリーはとても背が高くなりますね。
    裏山に植えたのですがこちらは中々大きくなってくれません(涙)土壌改良が必要かも、、、。
    2020年06月11日 13:05
  • 寿々木

    このヒメイワダレソウ伸び上がって花色がピンクでイメージが変わりそうです。当地東山植物園の北東丘陵草地に芝生のようにビッシリ咲いているのに出合ったことがあります。花は白色でした。ガウラが咲く季節になりましたね、風に揺れるので撮りにくいです。
    2020年06月11日 13:44
  • river

    テッポウユリがこちらでも開花しました。スカシユリは何種類か咲いていますが鉄砲ユリは今日が初咲です。他のユリはまだつぼみで少し先になりそうです。
    アジサイの「ダンスパーティー」は私も今日載せたのですが何故か画像が表示されていませんね。
    2020年06月11日 15:56
  • ロシアンブルー

    こんにちわ。
    ヒメイワダレソウ、可愛い花ですね~、芝生のように一面咲いていたら素敵な風景でしょうね。
    テッポウユリの白さが清らかさです。
    タイサンボクの花を上から見る事がないですね~、葉に殆ど隠れて見えにくい花ですね。
    2020年06月11日 16:02
  • 目黒のおじいちゃん

    長さん
    アカンサスが軒天井まで届いていて、びっくりしました。
    見事に大きくなるものですね。
    2020年06月11日 17:00
  • なおさん

     ヒメイワダレソウは、こちらでもあちこちで見るのですが、白っぽい花ばかりで、こんなにピンクの濃いのは見たことがないですねえ。地被植物としても優秀なものですね。

     ハナチダケサシはもうだいぶ前、霧ヶ峰の草原で見たことがあります。清楚な白い花は良いですねえ。山まで行かずともお近くの公園で見られるのは良いですね。
    2020年06月11日 19:56
  • 無門

    こんにちは

    アジサイ ‘ダンスパーティー’
    ちょっと違った自己主張ですね
    華やかさも加わって
    2020年06月11日 20:03
  • はるる

    ヒメイワダレソウ、芝生の代わりですか。見てみたいです。
    信州でご覧になったハナチダケサシ、見られてよかったですね。
    タイサンボクは大きな花で迫力あります。
    花の上から見たいと思いますね。
    2020年06月11日 20:38
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    芝生よりよく増え広がるので、植える株数が少なくて良いし、芝生より手入れが簡単と言うことを「売り」にしているそうです。
    2020年06月11日 20:50
  • 長さん

    慈園さん、コメントありがとうございます。
    チダケザシ属=アスチルベ属ですから、広義の意味ではハナチダケサシもアスチルベですが、普通、アスチルベというと園芸種を指すようです。そのアスチルベの和名はアワモリソウ、別名はショウマ、アケボノショウマなどになっています。
    アカンサス・モリスは草丈が高くなりますから、この写真のような場所はあまり相応しくありません。日向でも日陰でも育ちますが、木漏れ日くらいは通らないと、大きくはならないようです。
    2020年06月11日 20:59
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    写真のようなヒメイワダレソウの花色は初めて見ました。恐らくハイブリッド種だと思います。
    ガウラは長い茎の先に花を付けるので、風があると困りますよね。
    2020年06月11日 21:01
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    お宅でもテッポウユリが咲きましたか。これから色々なユリが咲き出しますね。今日は、オリエンタルユリやコオニユリを目にしました。
    アジサイのダンスパーティ、他の画像に入れ替えました。お知らせ、感謝。
    2020年06月11日 21:11
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    ヒメイワダレソウは小さなプランターで咲いていましたが、芝生のように広がったら壮観でしょうね。
    このような形のユリで一番早く咲くのがテッポウユリです。
    タイサンボク、梢が高くて、写真向きじゃないですよね(笑)。
    2020年06月11日 21:13
  • 長さん

    目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
    アカンサス・モリスの草丈はこんなものではありません。ここは植える場所がまずいですね。
    2020年06月11日 21:14
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    ヒメイワダレソウのこの花色は初めて見ました。恐らく、今売り出し中のハイブリッド種でしょう。
    ハナチダケサシ、この公園では初めて見ました。まだ株が若く、草丈が低いです。
    2020年06月11日 21:17
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    ‘ダンスパーティー’は人気の品種らしく、ウォーキング中にも見かけます。
    2020年06月11日 21:18
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    この花色のヒメイワダレソウが芝生代わりにしてあったら踏みつけるのが気の毒ですよね。
    ハナチダケサシ、ここで見られるとは思いませんでした。
    タイサンボクは2階あたりから見ないと、花の中が見えませんよね。その下の ‘リトル・ジェム’は矮性種なので、上から見る事が出来ますが、今回はつぼみか、開花途中でした。
    2020年06月11日 21:21
  • 月奏曲

    芝生替わりはヤバいなw生命力半端無さそうw

    矮性で5mってwwwもとが大きいからならでわですねw
    2020年06月11日 22:23
  • mori-sanpo

     テッポウユリの白い花は涼やかな感じがして良いですね。
     散歩の途中でアジサイの写真を撮っている時、通りかかりのお婆さんが、ダンスパーティという名前がそのものずばりで可愛いと言っていました。
    2020年06月11日 22:24
  • nobara

    ヒメイワダレソウ、高速の法面などに植えられていますよね。
    ご近所ではヒメツルソバに代わって植えてある所も。
    思った以上にコンパクトなお花ですよね。
    テッポウユリ、美しいですね~
    みな、同じ方向を見ていますよね。
    私はタカサゴユリを見ましたよ!
    梅雨入りのまさにこの日、雨に打たれていました。
    ツルバキア・ビオラセア、好きなお花です。
    我が家にもある筈?なんですが、どっかに潜んでいます(笑)
    ダンスパーティ 可愛いですね。色も。
    アカンサス・モリス、頭がぶつかっていませんか?
    ちょっと窮屈そうですね。ダイナミックなお花ですもんね。
    ガウラ、私は赤いのをヤマモモソウ。
    白いのをハクチョウソウと使い分けています(^o^)丿
    2020年06月11日 22:39
  • eko

    ヒメイワダレソウは芝生代わりに植えてある所もあります。ピンクの花もあるんですね。
    テッポウユリも咲いて真っ白なユリは清楚で美しいですね。
    ハナチダケサシがご覧になれて良かったですね。実際に見たことはありません。
    アカンサス・モリスが立派ですね。大きいので花の先がひさしにつかえてしまいましたね。
    タイサンボクは大木なので下から花を見上げるしかないですね。目の高さに花が咲いていると嬉しいのですが…。
    2020年06月11日 22:40
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    ヒメイワダレソウ、花径が3~4mmしかありません。繁殖力旺盛とは言え、踏みつけるには躊躇しますね。
    20mの高木から見れば、5mでも矮性なんですね。
    2020年06月11日 22:55
  • 長さん

    mori-sanpoさん、コメントありがとうございます。
    テッポウユリは、このタイプのユリとしては早咲きの方ですね。
    アジサイ‘ダンスパーティ’は装飾花が踊っているように見えるのですね。
    2020年06月11日 22:57
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    ヒメイワダレソウの花径は3~4mmで、写真で見るよりずっと小さな花です。このハイブリッド種はヒメツルソバより繁殖力がありそうな感じです。
    もうタカサゴユリが咲いていましたか。それはビックリ。
    ツルバキア・ビオラセア、何故か空き地で咲いていました。
    ダンスパーティーなんて、しゃれた名前をもらったアジサイですね。
    アカンサス・モリス、完全に上に当っています。こんな低い空間に植えるような植物ではないんですけどねー。
    ヤマモモソウとハクチョウソウの使い分けですか、なるほど、色が分りますね。
    2020年06月11日 23:03
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    ヒメイワダレソウを芝生代わりにしているところがありますか。分でも良いと言われても躊躇しますよね。
    テッポウユリ、前日くらいに咲いたような雰囲気でした。
    ハナチダケサシ、もっと大きくなりそうなので、来年が楽しみです。
    アカンサス・モリス、もっと広いところがあるのに、植えてある場所が可哀想です。
    矮性種のタイサンボクの方は目線より下にも花があったのですが、まだ開花途中でした。
    2020年06月11日 23:08
  • 信徳

    テッポウユリが咲きましたか、純白で美しいですね。
    タカサゴユリの変化したシンテッポウユリもまた美しい
    姿を遅れて現れて来るでしょう。
    葉を見れば分かりますが花だけでは間違いそうです。
    大きなタイサンボクの花、横から、上から見れないのが
    難点ですが公園などでは何日か通えばチャンスはあります。
    2020年06月12日 06:59
  • すーちん

    おはようございます
    アカンサス、日当たりも
    あまりよくなく頭もつかえて^^
    でも元気良さそう^^
    2020年06月12日 08:26
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    タカサゴユリは花弁に筋がありますが、テッポウユリとシンテッポウユリは咲き始めの時期の他、花や葉の細さで区別出来ますね。
    矮性のタイサンボクにも花が咲いていたのですが、低いところの花は開花が始まったばかりで、残念でした。
    2020年06月12日 09:23
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    アカンサスは日陰でも良く育つそうですが、ここは上がつかえて気の毒な場所ですよね。
    2020年06月12日 09:24
  • ROKO

    こんばんは
    アジサイ・ダンスパーティーですか、思わず読み上げてしまいました。なんてハイカラなネーミングでしょう。確かにそういう感じがします、輪になって踊っているようです。
    色々品種改良が進んでいるんですね~。
    2020年06月14日 20:46
  • 長さん

    ROKOさん、コメントありがとうございます。
    アジサイ・ダンスパーティーは装飾花が踊っているように見えるからなんでしょうね。人気の品種らしく、よく見かけます。
    2020年06月14日 21:55