エビネ、キケマン、オドリコソウ、ヤマブキソウ、カナダオダマキ、ヒメヒオウギ、バラ、アヤメ、エニシダなど

 ウォーキング中に見た花です。
 エビネやキケマン、オドリコソウ、ヤマブキソウ、オダマキが綺麗に咲いているお宅がありました。撮影していたら、ご主人が出てこられて、話をさせていただきました。以前は鉢植えで栽培していたものの、腰が痛くなってからは地植えに変更しておられるのだとか。名刺をお渡しして、お友達にならせていただきました。


エビネ(海老根)
ラン科エビネ属の多年草。日本、朝鮮、中国、台湾に分布
キエビネとジエビネの雑種のタカネエビネと思われる
F2005_302.JPG
F2005_304.JPG

キケマン(黄華鬘)
ケシ科キケマン属の越年草。関東地方以西〜沖縄に分布
F2005_578.JPG
袋掛けしてあるのは、こぼれ種が無くならないようにとのこと
F2005_316.JPG

オドリコソウ(踊子草)
シソ科オドリコソウ属の多年草。北海道〜九州の山野などの半日陰に群生
F2005_309.JPG
F2005_311.JPG
しべが花弁に沿ってカールしている
F2005_312.JPG

ヤマブキソウ(山吹草)
ケシ科ヤマブキソウ属の多年草。本州、四国、九州に分布
別名:クサヤマブキ
F2005_593.JPG
F2005_591.JPG
こちらは別の場所で咲いていたクサノオウ(瘡の王、ケシ科)
上のヤマブキソウに良く似ているので、比較のため(5月10日撮影)
F2005_623_1.jpg

カナダオダマキ
キンポウゲ科オダマキ属の多年草。カナダ原産
別名:アキレギア・カナデンシス
F2005_305.JPG
F2005_306.JPG

以下は、転居前の我が家があったあたりで見かけた花などです

ヒメヒオウギ(姫檜扇)
アヤメ科フリージア属の多年草(球根)。南アフリカ原産
別名:アノマテカ、ラペイロージア
キクの間から顔を出しています
F2005_284.jpg

バラ(紅白絞り)
このような紅白絞りで、半八重タイプのバラは珍しいと思う
F2005_296.jpg
F2005_295.jpg
 以上、5月7日(一部は10日)撮影。

アヤメ(菖蒲、文目、綾目)
アヤメ科アヤメ属の多年草。北海道から九州まで分布する
外花被片に網目模様があるのが特徴で、これが和名の由来
F2005_229.JPG
F2005_228.JPG

エニシダ(金雀枝)
マメ科エニシダ属の落葉低木。地中海地方原産原産
F2005_277.JPG
樹高は2m以上、ありそう
F2005_280.JPG

コバノタツナミ(小葉の立浪)
シソ科タツナミソウ属の多年草。関東地方以西〜九州に分布
花も小さいが葉も小さい。葉の鋸歯は6対くらいまで
F2005_300.jpg
 以上、5月5日撮影。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 123

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 寿々木

    黄エビネがもう咲く時期になりましたか、例年当地植物園で撮るのですが、今年は閉園です。自宅の植木鉢にも室生寺門前で買い求めた株があったのですが、今は赤カタバミに乗っ取られて咲きません。お店のおばさんが半日陰で育てて下さいと言われたのを憶えています。
    2020年05月13日 15:16
  • river

    キエビネは我が家でもたくさん咲きました。ただ花弁は濁りのない黄色ですのでこれはキエビネではないかもしれません。
    オドリコソウはまだ咲いていますがそろそろ終盤です。
    紅白絞りのバラは家には’センチメンタル’が咲いていますがこちらは完全八重です。
    2020年05月13日 17:24
  • eko

    山野草を栽培されている方とお友達になられたとはこれからも楽しみですね。
    キエビネ綺麗ですね。キケマン、オドリコソウ、ヤマブキソウなどウォーキング中のお庭で見られるとは良いですね。カナダオダマキも可愛い花ですね。
    紅白の絞りのバラは珍しくて沢山咲いていますね。
    アヤメの季節ですね。とても綺麗です。
    大きなエニシダには驚きます。花付きも見事でこんなに大きくなるんですね。
    2020年05月13日 17:39
  • 秋月夕香

    こんばんは。めずらしいおはなばかり、というか、見るのは初めてのお花ばかりです。
    勿論名前も初めて聞く名前ばかりです。
    エニシダにアヤメ、などは存じています。バラも紅白絞り~!
    すごいですね。
    2020年05月13日 17:53
  • nobara

    エビネやキケマン、オドリコソウ、ヤマブキソウ、オダマキなど
    山野草を上手に育ててらっしゃるんですね。凄いです
    長さんは名刺を携帯なさってるんですか?
    なるほど、こういう時に重宝しますね~
    キエビネ、たてもの園の林で見られるはずですが・・
    今年はみられないかも
    カナダオダマキ、小ぶりで可愛らしいですね~
    斑入りのミニバラ・ジジというのを育てた事がありました。
    いつの間にか?消えてしまいました
    2020年05月13日 20:03
  • はるる

    私は朝歩くためか、よそさまの花の持ち主に会うことは全然ありません。
    またお友達が増えましたね。
    エニシダ、すごいですね。
    薔薇の色がおもしろくきれいです。
    2020年05月13日 20:41
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    キエビネじゃなくてエビネでしたが、2週間ほど前、別の場所で咲いているのを確認しました。そこは盗難に遭ったとかで、写真を撮らせてくれなかったのです。ランはやはり、他の植物と一緒はまずいですね。
    2020年05月13日 20:45
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    キエビネじゃなくエビネですね。数年前、ここで見たような記憶があったので、確認もせずにキエビネとしてしまいました。エビネにしては少し色が薄いので、エビネとキエビネの交配種かも知れません。
    ここおオドリコソウも花が全て咲ききっていたので、終盤と言って良いでしょう。
    半八重の紅白絞り、ネットで画像検索したのですが、見つかりませんでした。
    2020年05月13日 20:48
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    この方、庭で色々な鉢植えを楽しんでおられたようです。この花たちは、エビネとオダマキは鉢植えでしたが、他は家屋の北側の植栽に移植されたものです。
    紅白絞りの半八重バラは珍しいと思います。
    アヤメ科の花を何枚か撮りましたので、また後日に投稿します。
    このエニシダ、大きいですね。
    2020年05月13日 20:52
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    山野草を育てている方は少ないので、こうして道路際に置いたり、植えたりして下さると嬉しいです。
    エニシダもこれ程大きいのはあまり見ないと思いますが。
    2020年05月13日 20:54
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    この方、かなり栽培を長いことやっておられるのではないかと思います。お歳なので(と言っても私より1年先輩でした)、植物の種類を縮小されているようです。
    手製の名刺にブログ名とURL、e-Mailを印刷して持ち歩いています。これをご覧下さいと言えば、URLをメもする必要も無いので・・・。
    ミニバラのジジも紅白絞りですが、八重ですね。消えちゃいましたか。
    2020年05月13日 21:00
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    はるるさんの散歩は早朝型ですか。私の場合は、夕食までに血糖値を下げようと、午後3時頃から歩きます。
    エニシダはこんなに大きな木になるのですね。
    このバラ、品種名を知りたいです。
    2020年05月13日 21:02
  • コスモス

    山野草を大切に育てているんですね。
    いい方に会えましたね。
    オドリコソウ等普通のお宅ではあまり見かけないですね。
    カナダオダマキは初めて見ますが可愛いですね。
    先日見たばかりの紅白の絞りのバラは、センチメンタルでしたが、これは半八重なんですね。


    2020年05月13日 21:24
  • なおさん

     エビネもひと頃ブームが過熱して、あちこちの自生地が壊滅的と言えるほど乱獲されたものですね。僕も人工交配種のエビネにずいぶん凝りましたが、ウイルスに嫌気がして今では諦めてしまいました。画像のはタカネ(キエビネ×ジエビネ)かなあと思います。
     ケマンやエンゴサク、ヤマブキソウやクサノオウは種子にエライオソーム(種枕)という蟻さんの好む物質があるので、スミレやカタクリ同様に蟻さんにヨコドリされないようにしているのですねえ。
    2020年05月13日 21:47
  • うふふ

    お花がご縁でお友達が増えましたね。
    お花を見ていると、見知らぬ方が声をかけてくる経験は何度かしました。
    お友達になるまではいかなくても、楽しくお話ができました。
    真っ白なオドリコソウ、きれいに咲きましたね。
    板橋区の赤塚植物園で見ましたが人気のあるお花で、何人かと並んで交代で写真を撮りました。
    コロナのために今年は見られません。
    2020年05月13日 21:59
  • 月奏曲

    地植えのほうが腰にはいいのかな?なんでだろ?

    これバラなんですか?珍しい…というかバラだと思わなかったwww
    2020年05月13日 22:05
  • ロシアンブルー

    こんばんわ。
    エビネは黄色でしょうか、珍しいですね。
    紅白の絞りのバラは珍しいですね、始めて見ました。
    アヤメが咲きましたね、好きな花です。
    2020年05月13日 22:18
  • 長さん

    コスモスさん、コメントありがとうございます。
    山野草に関してはかなりのベテランとお見受けしました。
    オドリコソウが住宅街で咲いているなんて、普通は考えられませんよね。
    カナダオダマキはこの色と、距が真っ直ぐなのが特徴です。
    バラの紅白絞りは八重が多いようですね。
    2020年05月13日 22:29
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    なおさんもエビネの交配をされたのですか。このエビネ、ちょっと色が薄いので、私もタカネではないかと思っています。
    キケマンの種は小さいので、蟻が運んで行ってしまうのだと仰っていました。
    2020年05月13日 22:33
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    花を撮らせていただくお宅に家人がいらっしゃると、良く声をかけさせていただいています。話し好きな方だと、色々な情報を戴いたりします。
    オドリコソウが住宅街で見られるとは思いませんよねー。
    赤塚植物園も休園が5月末まで延長されてしまいましたね。
    2020年05月13日 22:38
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    地上にすると鉢より水遣りが少なくて良いし、鉢のように季節ごとに移動させなくても良いですからね。
    2020年05月13日 22:41
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    エビネは黄色だけに限りません。ニオイエビネみたいに紫が入るものもあれば、桐島エビネのように白いものもあります。更に、園芸種も作り出されています。
    アヤメがお好きですか。ショウブのように湿地でなくても咲きますからね。
    2020年05月13日 22:45
  • mori-sanpo

     オドリコソウやヤマブキソウなどの山野草の花は良いですね。
     以前は、国府台の入口にある木内ギャラリーの庭園で、毎年のように楽しめましたが、昨年あたりから消滅してしまいました。
     紅白絞りのバラの花は珍しいですね。初めて拝見しました。
    2020年05月13日 22:48
  • 長さん

    mori-sanpoさん、コメントありがとうございます。
    山野草は育てるのにコツがいるようですね。このご主人はかなり経験が長そうです。
    紅白絞りのバラって意外感がありますね。
    2020年05月13日 23:09
  • 無門

    こんにちは

    エビネブームの時は
    鉢植えで盛んでした
    本来日本の野生蘭
    地に植えても
    丈夫でしたね
    2020年05月14日 07:01
  • イッシー

    山野草展のようなお庭が見事ですね~。
    キケマンも見事に撮られているじゃないですか。
    紅白絞りのバラって初めて見ました。
    2020年05月14日 07:49
  • mina

    こんにちわ
    >袋掛けしてあるのは、こぼれ種が無くならないようにとのこと
    キケマン、こぼれ種で増やしているのかしら?
    バラの花珍しいですね。可愛いです♪
    アヤメ、もう咲いているんですね
    2020年05月14日 08:07
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    エビネブームが何時だったのかは知りませんが、町で見かけるのは大体鉢植えです。でも、本来は地植えにした方が丈夫に育つでしょうね。
    2020年05月14日 09:18
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    ここは庭ではなく、北向きの植栽なのです。キケマンは撮影に失敗したので、撮り直しに行きました。
    紅白絞りのバラはあまり見かけませんね。
    2020年05月14日 09:21
  • 長さん

    minaさん、コメントありがとうございます。
    この方、栽培にはかなりの経験がおありのようです。植物は種から育てると、その地の環境に慣れやすく、丈夫に育つのです。
    紅白絞りのバラはあまり見かけませんが、アヤメやアイリス類は沢山咲いていますよ。
    2020年05月14日 09:24
  • すーちん

    おはようございます
    クサノオウとクサヤマブキ
    花弁も4枚、葉っぱが違うん
    ですかねー
    エニシダも大きくなるんですねー
    2020年05月14日 09:28
  • ジュン

    微笑ましく素敵なお話
    お花って綺麗でお友達まで出来てしまいますね
    男性が育てると凄く立派なお花になり
    なかなか真似が出来ません
    紅白絞りのバラ初めてです
    バラだとわかりません
    2020年05月14日 10:48
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    クサノオウもヤマブキソウもケシ科なので、良く似ていますが、クサノオウは花柱がくねっと曲がっています。
    このエニシダ、随分大きいですよね。
    2020年05月14日 11:36
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    この方とは、お会いした後、メール交換もさせていただきました。
    男性に限らず、女性でも立派に育てているお宅はたくさんありますよ。
    紅白絞りのバラ、珍しいですね。
    2020年05月14日 11:39
  • 小枝


    半八重タイプで紅白絞りのバラ
    すばらしいですね。異彩を放っていて とても魅力的です。
    2020年05月14日 18:54
  • 長さん

    小枝さん、コメントありがとうございます。
    半八重の紅白絞りのバラ、初めて見ました。花は終盤でしたが、目立っていました。
    2020年05月14日 21:39