世界らん展日本大賞2020(6) フラワーデザイン部門とハンギングバスケット部門の作品から & 近所の花

 東京ドームで開催中の世界らん展日本大賞2020で見た展示物を紹介しています。
 今回は、フラワーデザイン部門とハンギングバスケット部門の作品のうち、優秀な物を紹介します。


フラワーデザイン部門の展示風景
IMG_1171.JPG

< 最優秀賞 >
アレンジメント 「ANNIVERSARY」 稲葉 達
IMG_1198.JPG
IMG_1198_1.jpg

< 優秀賞 >
ウェディングブーケ 「光の春」 長谷喜佳
IMG_1179_1.jpg

< 優良賞 >
アレンジメント 「春を奏でる」 橋本春美
IMG_1189.JPG

< 奨励賞 >
ウェディングブーケ 「Harmony~調和~」 高野容子
IMG_1176_1.jpg

< 奨励賞 >
ウェディングブーケ 「慶」 末永有紀
IMG_1182_1.jpg

< 奨励賞 >
アレンジメント 「再生」 大石すみ子
IMG_1195.JPG

ハンギングバスケット部門の展示風景
IMG_1384.JPG

< 最優秀賞 >
「春風 ~旅立ちの日~」
都立農産高等学校 定時制 園芸部&創作造形部
IMG_1402.JPG

< 優秀賞 >
「輝 ~かがやき~」
 小野寺純子
IMG_1390.JPG

< 優良賞 >
「向春」 武島由美子
IMG_1396.JPG
 2月15日撮影。
 次回は「オーキッドパーク」の展示から紹介します。
(つづく)


~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 近所でミツマタやジンチョウゲが咲き出しました。

アカバナミツマタ(赤花三叉、赤花三椏)
ジンチョウゲ科ミツマタ属の落葉低木。原産は中国中南部・ヒマラヤ地方
ミツマタの園芸種で、別名ベニバナミツマタ
F2002_04.jpg
F2002_02.jpg

ジンチョウゲ(沈丁花)
ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木。原産は中国南部
葉に黄色い縁取りが入る覆輪ジンチョウゲです
「前島」という園芸種だそうです(nobaraさん、感謝)
F2002_05.jpg
F2002_06.jpg
 2月18日、19日撮影。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 106

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • river

    フラワーデザイン部門はウェディングブーケ、アレンジメント、ビクトリーブーケの3カテゴリーがありますね。ビクトリブーケには奨励賞以上がなかったようです。個別部門のように日本大賞がありませんので最優秀賞がありますね。
    ハンギングバスケットは盛りだくさんなものが多いです。
    2020年02月21日 16:34
  • 寿々木

    フラワーデザイン、ハンギングバスケットどちらも綺麗ですが、切り花なのでしょうね。当地隣家の沈丁花はまだ咲いていません。
    2020年02月21日 17:18
  • nobara

    ハンギングバスケットは馴染みがあるからすんなり入ってきます
    武島由美子さんの「向春」は好きな花材なので惹かれました。
    アカバナミツマタ☆、咲いてきましたね。
    ジンチョウゲ、開き始めましたね。私も発見!しました(^o^)丿
    覆輪葉のジンチョウゲは "前島" という品種だそうですね。
    花友さんが教えてくれました。
    2020年02月21日 17:42
  • 信徳

    フラワーデザイン、ハンギングともセンスの良さが光ります。
    高校生も健闘していますね。
    将来が楽しみです。
    2020年02月21日 18:05
  • eko

    フラワーデザイン部門のアレンジメントにウェディングブーケどれも綺麗ですね。
    ハンギングバスケット部門も高校生が頑張っていますね。
    アカバナミツマタとジンチョウゲの花が咲き始めましたね。いよいよ春本番も近いですね。
    2020年02月21日 18:47
  • 無門

    こんにちは

    美術と音楽が重なって
    すばらしいハーモニーが
    聞こえてきそうです

    2020年02月21日 19:15
  • 月奏曲

    お~どれも素晴らしいですね。

    ハンギングも高校生が最優秀ですか、高校生の活躍が凄いですね。
    将来が楽しみでいいなぁw
    2020年02月21日 19:29
  • はるる

    豪華で見事なものですね。
    楽しめます。
    沈丁花が咲いてきたのですか。
    よほど暖かい陽を浴びているようですね。
    ミツマタも花が咲いて、赤い色がとても可愛くきれいです。
    2020年02月21日 20:18
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    フラワーデザイン部門でトロフィー賞以上の12作品は全て写真を撮ってきましたが、仰る通り、ビクトリーブーケではトロフィー賞2つが最高でした。
    ハンギングバスケット部門の作品はこれでもかというくらいポットが詰め込まれているようですね。
    2020年02月21日 20:55
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    フラワーデザイン部門の中で、切花はアレンジメントやブーケです。ハンギングバスケットは半球形の篭みたいな物にボット植えの植物を配置します。ですから、切花より遙かに長持ちします。
    2020年02月21日 21:00
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    「向春」は蘭を上手く使って、額縁代わりの木の枝も作品にマッチしていますね。
    黄色のミツマタはまだなんですが、赤い方が先に咲きました。
    覆輪のジンチョウゲは「前島」という園芸種ですか。早速付け加えておきます。ありがとうございました。
    2020年02月21日 21:07
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    フラワーデザインやハンギングバスケットは作り手のセンスで差が出る物ですよね。高校生たち、定時制の部活で大変だったでしょうね。
    2020年02月21日 21:18
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    この部門もレベルが高かったですが、ビクトリーブーケはトロフィー賞が最高でした。
    アカバナミツマタやジンチョウゲ、数日前から目を付けておいたんですよ。
    2020年02月21日 21:22
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    フラワーデザインは作る人のセンスが生かせる分野ですから、優秀な作品は何か光る物を感じます。
    2020年02月21日 21:24
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    高校生は夜学で園芸やデザインを学んでいるんですよ。センスが生かせるところで働かせてやりたいです。
    2020年02月21日 21:26
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    アカバナミツマタは南道路の良く日が当る場所ですが、ジンチョウゲは路地の奥で日照時間は少ないのです。この覆輪種は早咲きなのかも知れません。
    2020年02月21日 21:28
  • ろこ

    ため息が出るほど素晴らしいです。
    お写真が綺麗だからなおさらです。
    びっくりしたのは
    高校生が最優秀と・・・スポーツもそうですが、
    ここでも高校生の活躍が凄いですね。
    2020年02月22日 00:12
  • トトパパ

    こんばんは

    展示の装飾も凝ってますね。
    綺麗ですね。
    2020年02月22日 01:28
  • なおさん

     こういうのはセンスの問題ですから、花が美しいのはもちろんのこと、何をどう組み合わせるのか、という構成力が問われるのでしょうねえ。長さんの奥様もこういうアレンジやデザインにも関心がおありだそうですね。

     ミツマタもジンチョウゲほどではないですが、甘い香りがありますね。香りで春を実感できる花は嬉しいですね。
    2020年02月22日 07:30
  • 長さん

    ろこさん、コメントありがとうございます。
    高校生が、フラワーデザインのプロと互角に勝負して勝ってしまったのですから、素晴らしいですね。
    2020年02月22日 09:47
  • 長さん

    トトパパさん、コメントありがとうございます。
    フラワーデザインやハンギングバスケットは作る人のセンスがでます。
    2020年02月22日 09:48
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    妻はお遊びのアレンジメントですが、出展者は殆どが教える立場の人たちだと思います。それに伍して高校生が頑張りました。
    ミツマタも香りますか。鼻を近づけたことがないのです。
    2020年02月22日 09:51
  • 秋月夕香

    こんにちは。斬新、とかいえませんね。お花も斬新、デザインも斬新です。お花はやはり少しでも自分がきれいになれるような戦略でしょう。
    2020年02月22日 13:31
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    フラワーデザイン部門とハンギングバスケット部門はセンスと独自性が評価されます。どれもランを上手く生かしていますね。
    2020年02月22日 21:07
  • コスモス

    フラワーデザイン部門が特に斬新な感じですね。
    アカバナミツマタは蕾が白から黄色、そして赤くなるんですね。
    一瞬アカバナと普通の両方のミツマタが
    咲いているのかと思いました。
    アップの花がとても可愛いです。
    2020年02月22日 21:22
  • 長さん

    コスモスさん、コメントありがとうございます。
    フラワーデザイン部門はセンスとアイディアが勝負所でしょう。
    アカバナミツマタは花弁ではなく萼片ですが、外側は細毛に覆われて白く、内側は濃橙色なので、開いてみて始めて赤花と気付くのです。写真はスマホです。
    2020年02月22日 21:40