長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界らん展日本大賞2019にて(3) 個別部門奨励賞(2)&トロフィー賞(1)

<<   作成日時 : 2019/02/23 14:00   >>

ナイス ブログ気持玉 137 / トラックバック 0 / コメント 26

 2月22日まで開催された世界らん展日本大賞2019で、個別部門の奨励賞を受賞した作品の続きを紹介します。今回も出展者のお名前には敬称を省略させていただきました。

シンビジューム ゴエリンギー(春蘭) ‘紅河紅(コウカコウ)’
Cym. goeringii 'Kokako'
藤沢博恭(埼玉県)
画像
画像クリックで別画像が表示されます


シンビジューム ゴエリンギー(春蘭) ‘紫微星(シビセイ)’
Cym. goeringii 'Sibisei'
梅里園 篠原政志(愛媛県)
画像


カランセ (トミス × コオズ)(えびね) ‘星のしずく(ホシノシズク)’
Cal. (Tomisu x Kozu) 'Hoshinosizuku'
寿峰園 河野寿和(鹿児島県)
画像
画像クリックで別画像が表示されます


パフィオペディラム シュンファ ウェブ ‘ドン キングU’
Paph. Shun-Fa WEb 'Don King U'
坂本英昭(東京都)
画像
画像クリックで別画像が表示されます


カトレア コクネシア アマレロ ‘ユキズ フル ムーン’
C. coccinea fma. amarelo 'Yuki's Full Moon'
原 幸康(群馬県)
画像


パフィオペディラム ワーディー ‘スーパー クール’
Paph. wardii 'Super Cool'
中藤洋蘭園 中藤保孝(東京都)
画像
画像クリックで別画像が表示されます


 奨励賞の後半はちょっと地味な作品が並んでしまいましたので、トロフィー賞の作品紹介に移ります。

ファレノプシス ゴールデン アポロン ‘アポロン’
Phai. Golden Apollon 'Apollon'
森田洋蘭園 森田健一郎(埼玉県)
画像画像


デンドロビューム モニリフォルメ(長生蘭) ‘朱天王(シュテンノウ)’
Den. moniliforme 'Shutenno'
石井くに子(東京都)   < アメリカ蘭協会特別賞 >
画像
画像クリックで別画像が表示されます


カランセ (ヤヨイ × サツマ)(えびね) ‘大冠雪(ダイカンセツ)’
Cal. (Yayoi x Satsuma) 'Daikansetsu'
寿峰園 河野寿和(鹿児島県)
画像
画像クリックで別画像が表示されます


ブラッシア チャック ハンソン ‘ナカトウ’
Brs. Chuck Hanson 'Nakato'
中藤洋蘭店 中藤保孝(東京都)
画像
画像クリックで別画像が表示されます


リンコレリオカトレア ヤン コン ‘ドンキー’
Rlc. Young Kong 'Donkey'
間中和男(東京都)
画像


ファレノプシス モレリア ‘モレリア’
Phal. Morelia 'Morelia'
椎名洋ラン園 椎名正剛(千葉県)
画像
画像クリックで別画像が表示されます


バンダ ファルカータ(富貴蘭) ‘緑彩宝(リョクサイホウ)’
V. falcata 'Ryokusaihp'
松村哲夫(高知県)
画像


リンコレリオカトレア (ファースト クラス × サークル オブ ライフ)
‘レッド ホット パッション’

Rlc. (First Class x C. Circle of Life) 'Red Hot Passion'
須和田農園 江尻宗一(千葉県)
画像


リンコレリオカトレア ウォーム カラー ‘ビッグ フット’
Rlc. Warm Color 'Big Foot'
田辺 茂(千葉県)
画像

 2月16日撮影。
 次回は個別部門のトロフィー賞受賞作品の後半です。
 (つづく)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 137
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
デンドロビューム モニリフォルメ(長生蘭)‘朱天王(シュテンノウ)’はアメリカ蘭協会特別賞も受賞していましたね。鮮やかな洋ランはもちろん良いのですが長生蘭、えびね、富貴蘭、春蘭など日本の蘭も捨てがたいものがあります。
river
2019/02/23 14:35
 華麗な洋ランに混じって、シュンランやセッコク、エビネ交配種など日本のランも頑張っているのを見るのは嬉しいですね。
 ひと頃、コウズ系の交配種のエビネをいくつか育てたことがありましたが、ウイルスでだんだんじり貧になるのに嫌気がして、今ではすっかり止めてしまいました。やはり、見るだけにしておいた方が無難なようです。
なおさん
2019/02/23 15:28
エビネは私が小さい頃、家の前の竹やぶにいろいろな種類が自生していました。以前にもお話しましたが、あっという間に乱獲されてしまいました。そこに生えていても地元の人は獲ってくるという事は無かったのですが、ある時から乱獲者がよそから入ってきました。カゴッマは海老根の文化がありますね。
ブラッシア チャック ハンソン も蘭?
ユリ科の何かに見えますね。
シンビジューム ゴエリンギー(春蘭)
細い葉とのハーモニーがとても素敵です。好みだわ〜☆
nobara
2019/02/23 17:04
暖かい所ではシンビジュウムがもう咲くのですか、常緑耐寒性があって戸外に放置しているのですが、まだ花穂は出ていません。
寿々木
2019/02/23 17:12
こんにちは

春蘭やエビネ
もう少し後なんだけど
すでにおめかしして
エントリーですね
無門
2019/02/23 17:24
こんばんは。
春蘭や長生蘭は鉢が違いますね〜
和のラン類には鉢も見ごたえありそうですね。
ロシアンブルー
2019/02/23 19:56
riverさん、コメントありがとうございます。
長生蘭の朱天王、アメリカ蘭協会特別賞も受賞しました。書き洩れていたので、追記しました。ご指摘、ありがとうございました。
今年ほど日本の蘭が評価された年はこれまでにはないでしょうね。トロフィー賞の後半でも登場します。
長さん
2019/02/23 21:17
調べてみたら夜九時までやってたんですね!
行けばよかったかなー。
イッシー
2019/02/23 21:21
春蘭 栽培していたことあります。
付近の山に咲いていたものを採取し栽培していました。
枯らしてしまいました。
shuuter
2019/02/23 21:21
なおさん、コメントありがとうございます。
日本の蘭が多数、賞をもらいましたね。これまでにはないことだろうと思います。
エビネがウイルスにやられましたか。新宿御苑の温室バックヤードツアーでもウイルス対策の重要性が話されました。
長さん
2019/02/23 21:22
nobaraさん、コメントありがとうございます。
鹿児島はエビネが多かったのですか。蘭ブームになってからは自生地を保護しないとたちまち盗掘されますね。
ブラッシア チャック ハンソンは画像クリックで拡大画像が表示されますが、小さいながらも唇弁がはっきり認められます。
春蘭の紫微星、花が下向きでアップの写真は失敗しました。
長さん
2019/02/23 21:27
寿々木さん、コメントありがとうございます。
我が家のシンビジューム、2鉢から3本の花穂が上がり、今咲いていますよ。同じく外に出しっぱなしです。いつもは花穂が伸びると室内に取り込んでいたのですが、今年は外に置いたままにしました。その方が花茎がしっかりしています。
長さん
2019/02/23 21:32
無門さん、コメントありがとうございます。
全ての出展作品は、葉芸を除き、審査日に花が咲いていないと採点もされませんから、皆さん必死で温度調整や日照調整をされているそうです。
長さん
2019/02/23 21:34
ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
葉芸を見せる和欄や東洋蘭は鉢が高そうですね。鉢選びも審査に影響するのかも知れません。
長さん
2019/02/23 21:41
イッシーさん、コメントありがとうございます。
日月と最終日だけ17時半で、それ以外は21時までやっていました。先日ご案内したかも知れませんが、17時以降は入場料が安くなる日があります。
長さん
2019/02/23 21:47
shuuterさん、コメントありがとうございます。
春蘭が山にあったら採取したくなりますよね。自生種は環境が変わると弱りますから、そのままが望ましいのですがねー。
長さん
2019/02/23 21:49
シンビジューム ゴエリンギーが両方ともちんまりして落ち着いていていいですね。
春蘭ってちょっとゲームとかでいかにもな中国人女性ぽい名前で使いそうですねw
月奏曲
2019/02/23 22:17
月奏曲さん、コメントありがとうございます。
春蘭は日本各地に自生し、中国や朝鮮半島にも自生している蘭です。蘭ブームで乱獲され、自生のものが減少しています。春蘭という名前の中国人女性、多いかもしれません。
長さん
2019/02/23 22:27
いろいろな蘭がこの日に合わせて一番美しく咲いているのですね。
ライトアップも効果が出ています。
静かな雰囲気のシュンランやエビネも趣があります。
良いものを見せていただきました〜♪
うふふ
2019/02/23 23:04
華やかな洋ランも良いですが、春蘭、長生蘭、エビネ、富貴蘭などの日本のランも賞に輝いて嬉しいですね。
どの花もこの時期に合わせて咲かせるのは苦労なんでしょうね。
eko
2019/02/23 23:26
お早うございます
華やかなカトレアも
魅力的ですが
地味目の春蘭も良いですねー
すーちん
2019/02/24 07:47
うふふさん、コメントありがとうございます。
私たちが綺麗に咲いたランを一度にたくさん見られるのは、出展者たちがこの日に合わせて開花させる努力をしてくれたお陰です。
今回は近くから小さなLED照明がなされたのですが、撮影すると白飛びしそうで困りました。
長さん
2019/02/24 08:58
ekoさん、コメントありがとうございます。
今回の上位作品には東洋蘭が多く含まれていたのが特徴です。それだけ仕上がりが良かったと言うことでしょうね。
開花調整には皆さん苦労していると思いますよ。
長さん
2019/02/24 09:01
すーちんさん、コメントありがとうございます。
カトレア類で上位に入るのは競争率が高いだけに大変です。
洋蘭だけでなく東洋蘭が健闘したのが特徴でした。
長さん
2019/02/24 09:06
難しいことはわかりませんが、花のなかのスターといった感じですね。
ライトがあたっているばかりではないと思います。
こんなにたくさんの花があるのは、これを育てた人もいるということで、それにも驚きます。
はるる
2019/02/24 18:47
はるるさん、コメントありがとうございます。
東洋蘭も洋蘭も選び抜かれた作品ですから、まさにスターですね。
東京ドームは大きいだけに照明が見かけより暗いので、近くにLEDライトが設置されていたのは良かったです。
ランの業者も含めて、ランを育てている愛好家がかなりいると言うことですね。
長さん
2019/02/24 21:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
世界らん展日本大賞2019にて(3) 個別部門奨励賞(2)&トロフィー賞(1) 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる