長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ


zoom RSS ベニギリソウ、オヒルギ・メヒルギ、サンタンカ、ベニギリソウ、アメリカハナグワなど

<<   作成日時 : 2018/08/28 14:00   >>

ナイス ブログ気持玉 119 / トラックバック 0 / コメント 36

新宿御苑の大温室にて(3)  8月22日撮影
 「熱帯池沼の植物」区域で見た花の続きです。この一画には「沖縄コーナー」が設けられています。

オヒルギ(雄蛭木、雄漂木)
ヒルギ科オヒルギ属の常緑高木
別名アカバナヒルギ(赤花蛭木、赤花漂木)
画像
花弁は細く裂けた萼片の内側にあるが、目立たない
画像
日本での分布(Wikipediaより)
 奄美大島笠利町を北限とし、南西諸島の河口干潟に広くマングローブ林を構成する。
 琉球諸島ではヒルギ科三種(オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ)のうちでもっとも内陸側に生育し、背が高くなる種である(樹高は10mに達する)。

メヒルギ(雌蛭木、雌漂木)はまだ若木だった
画像
 オヒルギ(雄ヒルギ)に対してメヒルギ(雌ヒルギ)と呼ばれるのは、本種の胎生種子(が親植物上で発芽した状態)が、オヒルギよりも細く女性的であることに由来する(Wikipediaより)

サンタンカ(山丹花)
アカネ科サンタンカ属(イクソラ属)の熱帯性常緑低木
原産は中国南部〜マレーシア。 別名サンダンカ(三段花)
沖縄には古くに入り、沖縄と九州の一部では野生化している
画像

イソフジ(磯藤)の実
マメ科エンジュ属の常緑低木。奄美大島以南の海岸に分布
エンジュのような黄色い花が咲く。絶滅危惧TB類(EN)
画像


 ここからは「熱帯低地の植物」区域で見た花です。

ネオレゲリア・アンプラセア
パイナップル科(ブロメリア科、アナナス科)ネオゲレリア属の多年草
初見です。正式な名札が無く、生育テスト中のようです
少数ながら、観葉植物として流通しています
画像
画像

ベニギリソウ(紅桐草)
イワタバコ科ベニギリソウ属の多年草。原産は熱帯アメリカ
日本にあるものは園芸種が殆ど。別名エピスシア
ここでは「ベニハエギリ」と表示してあった(漢字は不明)
画像
画像

シマムラサキツユクサ(縞紫露草)
ツユクサ科ムラサキツユクサ属の多年草。メキシコ原産
別名:トラデスカンティアナ・ゼブリナ、ハカタカラクサ
画像
画像

アメリカハナグワ(亜米利加花桑)
クワ科ドレステニア属の多年草(根塊植物)
熱帯アメリカ原産(カリブ海沿岸)。学名:アメリカドルステニア
画像
白い部分が小さな花の塊(右は、その裏面)
画像

 (つづく)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 119
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(36件)

内 容 ニックネーム/日時
オヒルギの花ってこんな格好でしたか、石垣島に泊まったとき高速艇で1時間ほど走って台湾が4Km 先に見える西表島へ当日ツアーに参加して、「仲間川クルーズ」でマングローブの茂る中を船がとおりました、スピーカーから流れる「オヒルギ、メヒルギ、八重山ヒルギ」という声が未だに耳に残っています。5種類ほどのマングローブがあるという説明でした。
寿々木
2018/08/28 14:13
いい企画に出逢ったようですね。
珍しい花々見せていただきました。
目黒のおじいちゃん
2018/08/28 14:17
あのマングローブ林を構成するのが、このオヒルギなんですね。
その地は環境破壊で少しずつ消滅していると聞きました。
オヒルギ、メヒルギ、サンタンカ、イソフジ…、
長さんのブログで、初めて聞く名前ばかり^^;。
このブログで紹介されたブログテーマ「花」は、なんと3268件。
うち、きょうだけでも8つの花。
これまでにご紹介した花はもう天文学的な数でしょうね(^^♪。
shizuo
URL
2018/08/28 15:30
オヒルギのお花?多肉な感じなんですね〜〜
なんだかツバキの実を割いたような質感ですね。
その中にお花が見られるんですか?
私も寿々木さんと同じで仲間川クルーズで聞き覚えがあります((((^Q^)/
ネオレゲリア・アンプラセアってムラサキゴテンを思わせます。シマムラサキツユクサも面白いですね。
お花がやはりムラサキツユクサです。
アメリカハナグワの花のグリーンハート♡は何?

nobara
2018/08/28 16:28
オヒルギやメヒルギはマングローブ林を形成する代表的な樹木ですね。面白いのはその胎生種子と言われる真っ直ぐなバナナのような種子ですね。落下して地面に刺さるとそのまま木になると言うわけです。
ネオレゲリア・アンプラセアはアナナス系のようですね。通販で苗が売られていたり栽培の様子をブログで紹介している人もいました。
river
2018/08/28 17:36
こんにちは

見たこともない花たち
そのうちに
一般的になるのかな
無門
2018/08/28 18:01
サンタンカ以外、初見の花ばかりです。
ネオレゲリア・アンプラセアは花色が素敵ですね。
シマムラサキツユクサは葉のしま模様が綺麗。
アメリカハナグワは変わっていますね。グリーンのハートマークが見えますね。
eko
2018/08/28 18:04
知らない花ばかりです。
音質は知識を広めるには役に立ちますね。
shuuter
2018/08/28 18:41
 オヒルギはイソギンチャクのような、というか、タコさんウインナーのようなというか、面白い花ですよね。
 メヒルギともどもマングローブ林を作るものですね。実際の自生の様子は見たことがなく、本やTVでしか見たことがあるありません。

 ベニギリソウやシマムラサキツユクサは観葉としても良いものですね。
なおさん
2018/08/28 19:29
ヾ(*'-'*)ノ こんばんは.:゚+。 ☆

まるで❢夢の中で出逢ったお花達みたいに
ロマンチックな💕素敵なお花を
拝見できて (「._. )(「._.)キョロ
+:。(´∀`)゚.+:。ありがとうございました💛
♪のこ♪
2018/08/28 20:01
寿々木さん、コメントありがとうございます。
オヒルギの花は厚手の萼片に囲まれた花です。
西表島ならマングローブの一種として自生していたでしょうね。でも、花が咲いていてもクルーズ船から見るのは難しいでしょう。
長さん
2018/08/28 21:17
目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
小さな温室とは言え、季節を変えていくと違う花が見られるものですね。
長さん
2018/08/28 21:18
shizuoさん、コメントありがとうございます。
沖縄にはマングローブが7種類確認されており、オヒルギやメヒルギはその仲間です。
3,268とは13年間に「花」というテーマで投稿した記事の数です。毎年同じ花が登場したりしますから、品種数にしたら3,000もないでしょう。
長さん
2018/08/28 21:23
nobaraさん、コメントありがとうございます。
オヒルギの花は厚手の額の中に隠れるように咲いています。本来、白い花ですが、写真では咲いてから日が経っているらしく、茶色に変色しています。
nobaraさんも仲間川クルーズに参加されましたか。
ネオレゲリア・アンプラセアはパイナップルの仲間です。ムラサキゴテンはシマムラサキツユクサと同じ、ツユクサ科ですね。
アメリカハナグワは葉のような花托みたいなところに花が付くのですが、それが内側にカールしてくるのです。それでハートみたいな形ができたという訳です。
長さん
2018/08/28 21:35
riverさん、コメントありがとうございます。
沖縄にはマングローブが7種類あるそうで、オヒルギはその一つです。実が落ちる前に種から根を出す胎生種子というもので、落ちたらそのまま大きくなれるそうです。
ネオレゲリア・アンプラセアはパイナップル科(=ブロメリア科。アナナス科)ですから、ANA那須の仲間と言っても良いですね。ネオレゲリア・アンプラセアで検索するとヒット数は3桁ですが、NHK趣味の園芸でも取り上げられており、ファンがいるようです。
長さん
2018/08/28 21:44
無門さん、コメントありがとうございます。
オヒルギ、メヒルギ、サンタンカなどは沖縄では知らない人はいないくらいですよ。
長さん
2018/08/28 21:47
ekoさん、コメントありがとうございます。
このうち半分は当ブログに登場していますが、サンタンカ以外は初見でしたか。
ネオレゲリア・アンプラセアの花はとても小さいのですが、青い色が魅力ですね。
アメリカハナグワの花はとても奇妙な形ですね。花が咲くとカールしてくるので、偶然ハートができたようです。
長さん
2018/08/28 21:52
shuuterさん、コメントありがとうございます。
沖縄もですが、世界には面白い花、変わった花がいろいろあるものですね。
長さん
2018/08/28 21:55
なおさん、コメントありがとうございます。
オヒルギのガクはウインナーの蛸みたいですね。ちょっと足の数が多いですが(笑)。マングローブは沖縄に行けばご覧になれますが、まだいらしていませんか。
ベニギリソウやシマムラサキツユクサ、花がない時でも鑑賞に堪える植物ですね。
長さん
2018/08/28 21:59
♪のこ♪さん、コメントありがとうございます。
温室に行くと、こんな珍しい花が咲いていますから、とても楽しいですよ。たまにはカラオケボックスじゃなく、温室にお出かけになりませんか?
長さん
2018/08/28 22:04
珍しいお花ばかりと思いましたら、サンタンカが…。
以前、我が家にありました。
最後のアメリカハナグワは面白いですね。
うふふ
2018/08/28 22:12
花弁かと思ったらこれ萼片なんだwwすげぇww

アメリカハナグワ、これ小さいお花の塊なんですよね?(´ε`;)ウーン…

なんかアメフラシの仲間みてぇ…
月奏曲
2018/08/28 22:26
うふふさん、コメントありがとうございます。
サンタンカを植えておられましたか。耐暑性はありますが、耐寒性が弱いので、冬は屋内に入れないと絶えてしまうかもね。
アメリカハナグワの花は面白いですね。こんな咲き方はこの属だけだと思います。
長さん
2018/08/28 22:33
月奏曲さん、コメントありがとうございます。
オヒルギの花、萼片の先が細く割れているんですが、なんかウインナーで作った蛸みたい。
なるほど、白いアメフラシね。それも面白い例えですね。
長さん
2018/08/28 22:41
こんばんは。
珍しい花ばかりですね。
イソフジの実はジュズ玉みたいですね。
アメリカハナグワの花って面白いですね。
ロシアンブルー
2018/08/29 00:59
サンタンカ
南の国では大きくて花も沢山ついて庭木、街路樹にも使われています。
一度に咲くと真っ赤で目立つ花ですね。
信徳
2018/08/29 06:55
御苑にはここ最近ご無沙汰してますが色々な植物ありますね。目立つ花にしかレンズを向けない自分の視点と違うのでたのしく拝見できます。
イッシー
2018/08/29 07:27
お早うございます
身近なのはシマムラサキツユクサ
でしょうか後は初めて見る花です^^
すーちん
2018/08/29 07:31
ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
夜遅くまで起きていらっしゃるのですね。
この温室は暑かったですが、初めて見る花も多く、収穫がありましたよ。イソフジの実もアメリカハナグワの花も面白いですね。
長さん
2018/08/29 10:18
信徳さん、コメントありがとうございます。
サンタンカ、沖縄では良く目にする花です。サンタンカには2種類あり、イソクラ・コッキネアが橙、イソクラ・キネンシスの方がより赤くなります。
長さん
2018/08/29 10:24
イッシーさん、コメントありがとうございます。
せっかく行ったのですから、なるべく多くの種類を記録するようにしています。見本写真が多いので、基本的にはピントが合えばそれでOKです。
長さん
2018/08/29 10:27
すーちんさん、コメントありがとうございます。
シマムラサキツユクサ、お庭にありますか。花が咲いていなくても観葉植物として楽しめますね。
長さん
2018/08/29 10:28
見た事無いお花ばかりです
ネオレゲリア・アンプラセア
凄いお花
根の傍に咲くのですね
ジュン
2018/08/29 11:15
ジュンさん、コメントありがとうございます。
ネオレゲリア・アンプラセアはパイナップルやプルメリア、アナナスの仲間です。まだ若い株なので、もっと上に伸びて来ると思います。
長さん
2018/08/29 12:59
やはり温室の花々は珍しいものばかりですね。
イソフジ、形が変わっていて、作り物のようです。
そしてアメリカハナグワ、表と裏、おもしろいですね。
はるる
2018/08/29 18:57
はるるさん、コメントありがとうございます。
植物園の温室は、家庭では見られない植物を展示するのが使命の一つですよね、
イソフジの実は面白い形をしていますね。
アメリカハナグワの花はもっと面白い。
長さん
2018/08/29 19:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ベニギリソウ、オヒルギ・メヒルギ、サンタンカ、ベニギリソウ、アメリカハナグワなど 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる