長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ


zoom RSS キンミズヒキ、ミズタマソウ、ヤブマオ、メヤブマオ、ハグロソウ、キツネノカミソリ

<<   作成日時 : 2018/08/20 14:00   >>

ナイス ブログ気持玉 107 / トラックバック 0 / コメント 36

付属自然教育園にて(2) 8月15日撮影
 今回は「路傍植物園」で見た花の続きです。

キンミズヒキ(金水引)
バラ科キンミズヒキ属の多年草
2枚目は花付きがまばらだが、雄しべが10本以上あるのでキンミズヒキ
(ヒメキンミズヒキは花弁が細く、雄しべの数は5〜6本)
画像
画像
花後、萼が閉じ(左下)、実が出来る(カギ状の刺がひっつき虫になる)
画像

ミズタマソウ(水玉草)
アカバナ科ミズタマソウ属の多年草
花径は4、5mm。花弁は2枚で2裂する。雌しべ1本、雄しべ2本
細い萼筒の下に白い毛が生えた子房があり、堅果になる
白い毛が密生した小房が露に濡れている様子を水玉に見立てた
画像
画像
ミズタマソウとミズヒキ
画像

ヤブマオ(藪苧麻)
イラクサ科カラムシ属の多年草。雌雄同株
かつては茎の繊維から糸を紡いで布を織った
画像
画像

メヤブマオ(雌薮苧麻)
イラクサ科ヤブマオ属の多年草。雌雄同株
ヤブマオに似るが、鋸歯が大きく、葉の先端の切れ込みが深い
画像
画像

ハグロソウ(葉黒草)
キツネノマゴ科ハグロソウ属の多年草
画像
名の由来は葉の色が濃いから。花径は2cmほど
画像

キツネノカミソリ(狐の剃刀)
ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。有毒植物
名の由来は葉が細く、カミソリみたいだから。「狐」には諸説あり
画像
画像
花色に濃淡がある
画像
 同じヒガンバナ科の植物で、中国原産のリコリス・インカルナタには、タヌキノカミソリという別名があるそうです。花はこちらをご覧下さい。

 路傍植物園を抜けて、分岐を左へ、「水鳥の沼」に向かいます。
 (つづく)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 107
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(36件)

内 容 ニックネーム/日時
キンミズヒキは里山でふつうにみられる花です。榛名山にはやや小型で花も小さく毛が少ないヒメキンミズヒキもあります。
ヤブマオは身近で見かける草ですがメヤブマオと区別してみたことがありませんでした。同じイラクサ科カラムシ属のアカソを山ではよく見ます。茎と葉柄が紅色を帯びています。
river
2018/08/20 14:51
キンミズヒキ咲き始めましたね。上高地でも道ばたに咲いています。当方庭にも繁茂してヒッツキムシですから見つけ次第抜いているのですが、次から次へと生えて花を咲かせています。
寿々木
2018/08/20 14:55
時間をかけて取材されているようで、続報が楽しみです。
狸と狐の双方の名で呼ばれるとは幸せな花があるものですね
目黒のおじいちゃん
2018/08/20 16:04
ハグロソウは小さくてピンクが良く出ないのですが良い発色していますね。
これもスマホで撮ったのでしょうか?
 こちらのキツネノカミソリは平地では盛りが過ぎましたが山麓では今が真っ盛りです。
信徳
2018/08/20 16:30
こんにちは

狸と狐は名コンビだね
序に新種発見したら
剃刀シリーズで名前を付けたいね
無門
2018/08/20 18:52
繊細な感じのするキンミズヒキですね。
この方がミズヒキらしいですね〜
ミズタマソウ、かわいらしいです。
ハグロソウも興味を惹くお花ですね〜
御岳に向かう道で見かけたのが最初でした。
キツネノカミソリ、もう咲いてるのですね。
nobara
2018/08/20 19:04
キンミズヒキ(金水引)
ミズタマソウ(水玉草)
ヤブマオ(藪苧麻)メヤブマオ(雌薮苧麻)
ハグロソウ(葉黒草)
キツネノカミソリ(狐の剃刀)などなど
珍しい花を 見せて頂きまして
ありがとうございました♪.+゚♬✿

いつか? 生で見れる日がある事を
祈っています〜〜〜〜(´∀`*)
♪のこ♪
2018/08/20 19:45
riverさん、コメントありがとうございます。
ヒメキンミズヒキは皇居東御苑で一度だけ見たことがあります。
ヤブマオとメヤブマオ、葉の形以外にも相違点があるのですが、今回は手抜きしました。アカソまで揃っていれば良いのですが、都心では育たないのかも知れません。
長さん
2018/08/20 20:43
 キンミズヒキは花も実も面白いですね。スボンの裾についてきた実を播いて育てたことがあります。紅葉する場合もあり、なかなか綺麗ですね。
 ミズタマソウは可愛らしいものですが、大写ししないとなかなかその形の面白さが伝わりませんね。
 ハグロソウは面白い花ですね。露出補正してマイナス気味に撮りますと、花の色も飛びませんし、葉もより黒ずんで雰囲気がでますね。

 キツネノカミソリも濃淡がいろいろですね。タヌキノカミソリというのもありますか。それは知りませんでした。
 永田町に行けば、頭の黒い狐狸の化かし合い、騙し合いなど日常茶飯事??なのでしょうねえ。
なおさん
2018/08/20 20:43
寿々木さん、コメントありがとうございます。
園内ではミズヒキ、キンミズヒキ、ヌスビトハギがたくさん咲いていました。お宅ではキンミズヒキが生えるのですか。花が咲き終わったら切ってしまうという手もありますね。
長さん
2018/08/20 20:46
目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
小さな花をアップで撮ろうとすると風がやむまで待っていたりしますから時間が掛かります。
説明が分かり難かったでしょうか。タヌキノカミソリは別種の花です。
長さん
2018/08/20 20:49
信徳さん、コメントありがとうございます。
ハグロソウは葉の色が濃くて、花色とのコントラストがありすぎますね。この画像はミラーレス一眼で撮り、画像処理しています。
このキツネノカミソリも終盤でしょうね。
長さん
2018/08/20 20:58
無門さん、コメントありがとうございます。
キツネノカミソリとタヌキノカミソリを紹介しましたが、キツネノカミソリに似たムジナノカミソリという植物もあるそうです。
長さん
2018/08/20 21:04
nobaraさん、コメントありがとうございます。
路傍植物園は日当たりがあまり良くないので、花付きの悪いキンミズヒキが出てしまうのかも知れません。キツネノカミソリの3枚目も日当たりが悪いところで咲いていたもので、花色が良くないです。
ミズタマソウの毛玉に霧吹きをかけてみたい(笑)。
ハグロソウは路傍植物園の顔みたいな存在です。
長さん
2018/08/20 21:10
♪のこ♪さん、コメントありがとうございます。
植物園は身近では見られない花が咲いていますから、ぜひお近くの植物園にお出かけください。
花の名前は漢字まで書いていただかなくても良いですよ。もしかしてコピペ?
長さん
2018/08/20 21:22
タヌキノカミソリというのもあるのですか。
クリックしてお花を見てきました。
似ているような、似ていないような、
面白いですね。
うふふ
2018/08/20 21:23
キンミズヒキやミズタマソウが出てきましたね。
散策中に出くわすと いいものです。
帰化植物と違って 愛着を感じます。
shuuter
2018/08/20 21:29
なおさん、コメントありがとうございます。
キンミズヒキは紅葉することがありますか。その頃見に行ったことが無いです。
キンミズヒキもそうですが、ミズタマソウやマツカゼソウなど、風で揺れるのが困ります(笑)。
ハグロソウは日陰で咲いていることが多く、露出が難しいです。今回は画像処理ソフトを活用しました。
キツネがあるならタヌキもあるかと思って検索したら見つかりましたよ。ムジナノカミソリという植物もありました。永田町のものは腹黒いから困ります(笑)。
長さん
2018/08/20 21:31
うふふさん、コメントありがとうございます。
タヌキノカミソリ、リンク先をご覧になりましたか。花の色も花弁の様子もキツネノカミソリにあまり似ていませんね。ムジナノカミソリというのもあって、こちらの方がキツネノカミソリに良く似ています。
長さん
2018/08/20 21:34
shuuterさん、コメントありがとうございます。
今回のシリーズで紹介する植物には帰化植物も外来種はありませんからご安心を(笑)。
長さん
2018/08/20 21:40
タヌキのカミソリもあるんですか!
カミソリシリーズ、もっと続かないかな(笑)
イッシー
2018/08/20 22:08
イッシーさん、コメントありがとうございます。
タヌキもムジナもあるそうですが、どこで見られるか分かりませんから、シリーズは無理(笑)。
長さん
2018/08/20 22:12
なるほど『路傍植物園』にふさわしいというか『野の花』のオンパレードですね。

雰囲気や自然楽しむレベルだとお花の種類までわかんないなぁ…見落とすかも?

でもまぁ雰囲気味わいに出撃はすると思うんだけどwww
月奏曲
2018/08/20 22:19
月奏曲さん、コメントありがとうございます。
花の名前が分からなくてもOK。殆ど名札がついていますから。
出かける前に、植物園のHPで開花情報をチェックすると良いですよ。
長さん
2018/08/20 22:22
キンミズヒキはよく見かけるようになりました。花は可愛いけれど引っ付き虫が困ります。
ヤブマオとメヤブマオの違いよく分かりました。伊吹山では同じ仲間のアカソが大繁栄していました。
タヌキのカミソリもあるんですね。クリックして見てみました。
eko
2018/08/20 22:44
ekoさん、コメントありがとうございます。
キンミズヒキは結実率が良いようで、ひっつき虫がたくさんできて、増えますね。花は綺麗で良いのですが…。
アカソは山に分布しますね。茎が赤いから区別が容易です。葉がカブトガニみたい(笑)。
タヌキノカミソリ、花は似ていませんね。ムジナノカミソリという植物もあるので、検索してみてください。
長さん
2018/08/20 23:23
お早うございます
ヤブマオですか
シソの葉に似てるので
シソ科と思ってました
すーちん
2018/08/21 07:12
おはようございます。
小さな花はピント合わせが大変ですが---やはり素晴らしい状態に撮られています
キツネノカミソリ--あちこちで見かけるようになりました
行き当たりばったり
2018/08/21 08:13
すーちんさん、コメントありがとうございます。
ヤブマオやメヤブマオ、葉はシソに似ていますが、花の付き方は全く違います。
長さん
2018/08/21 10:55
行き当たりばったりさん、コメントありがとうございます。
小さな花にピントを合わせて写真を撮るのは時間が掛かるので大変です。
キツネノカミソリが咲いていますか。
長さん
2018/08/21 10:56
キンミズヒキは先日見かけました。
ミズタマソウは地味ですね。出会ってもわからないかもしれません。でもとっても可愛らしいです。機会があればぜひ見たいです。
はるる
2018/08/21 19:17
昨日東高根森林公園でキンミズヒキやミズタマソウ、キツネノカミソリ等を見てきました。
キンミズヒキはピント合わせに苦労しました。
コスモス
2018/08/21 20:31
はるるさん、コメントありがとうございます。
キンミズヒキ、花が咲いていましたか?
ミズタマソウもとても小さい花です。しかし、毛が生えた小房が目立つので、見逃すことはないでしょう。
長さん
2018/08/21 20:58
コスモスさん、コメントありがとうございます。
キンミズヒキやミズタマソウ、キツネノカミソリを見ましたか。市内に森林公園があるのは良いですね。
マクロレンズを持っていっても風に揺れるので使い物になりません。
長さん
2018/08/21 21:01
キンミズヒキは最近はあまり見かけませんが、故郷の埼玉県大宮市の私の自宅近くに氷川神社と言うちょっと古そうな神社がありまして、その周囲は大宮公園と言う公園となっており、キンミズヒキがたくさん咲いていました。自分の衣服にたくさんの引っ付き虫を付けて帰宅したり、友達のセーターにわざと引っ付けたりしたのを思い出しました。
降魔成道
2018/08/21 22:34
降魔成道さん、コメントありがとうございます。
大宮公園、子どもの頃行ったことがあるので知っていますよ。キンミズヒキがたくさん咲いていましたか。秋になるとひっつき虫になりますね。
長さん
2018/08/21 22:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
キンミズヒキ、ミズタマソウ、ヤブマオ、メヤブマオ、ハグロソウ、キツネノカミソリ 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる