長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ


zoom RSS ハマシャジン、ハマナス、オオバイボタ、オニドコロ、カマツカ、シモツケなど

<<   作成日時 : 2018/07/30 14:00   >>

ナイス ブログ気持玉 126 / トラックバック 0 / コメント 34

つくば植物園にて(2)
 7月27日に訪れたつくば植物園で撮った花などです。
 W8(砂礫地植物区画:海岸性)でハマシャジンがたくさん咲いていました。
ハマシャジン(浜沙参)
キキョウ科ツリガネニンジン属の多年草。
ツリガネニンジンの漢名が沙参で、その海岸型変種だから
画像
ツリガネニンジンに比べ、葉が厚く、光沢がある
画像

 ハマナス(浜茄子、浜梨)がちらほらと咲いており、赤く熟した実も見られました。
画像
バラ科バラ属の落葉低木

 この区画には小さな流れが作られていますが、その近くで小さな花も咲いていました。
 左下:キツネノマゴ(狐の孫、キツネノマゴ科キツネノマゴ属の一年草。花弁の長さは7mmくらい)。 右下:ツユクサ(露草、ツユクサ科ツユクサ属の一年草)。
画像画像


 W6(低木林区画:低地性)区画に移動しました。

オオバイボタ(大葉水蝋樹)
モクセイ科イボタノキ属の半落葉低木
初めて認識した木で、実が出来でおり、花殻も残っていました
画像

オニドコロ(鬼野老)の雄花序
ヤマノイモ科ヤマノイモ属のつる性多年草
画像
画像
白馬コルチナ・イングリッシュガーデンで見た雌花序
画像画像


 W7(砂礫地植物山地性)区画でみた実と花です。

 左下:コバノガマズミ(小葉蒲染、レンプクソウ科ガマズミ属の落葉低木)。 右下:カワラナデシコ(河原撫子、ナデシコ科ナデシコ属の多年草)
画像画像


 W5(低木林・高地性)区画で見た実などです。

カマツカ(鎌柄)の実
バラ科カマツカ属の落葉小高木
画像

コゴメウツギ(小米空木)の袋果
バラ科コゴメウツギ属の落葉低木
画像画像

カナウツギ(金空木)の袋果
バラ科コゴメウツギ属の落葉低木。日本固有種
名札が見えなかったが、葉の形から検索出来た
画像画像

シモツケ(下野)
バラ科シモツケ属の落葉低木
咲き始めがピンクの白花を撮ってみた
画像
八が飛び込んできた
画像

 (つづく)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 126
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(34件)

内 容 ニックネーム/日時
ハマシャジンは見たことないですが、その名の通り海岸で咲く花なんですね。
咲き始めがピンクでだんだん白くなっていくシモツケもあるんですか。
ハマナシは花期が長いのかしら。
ずいぶん前に近所で花を見かけ、今は実ができていました。
コスモス
2018/07/30 15:31
びっくりです。ハマシャジン、あるんですね。
昨日ハマカンゾウと出逢いました。
目黒のおじいちゃん
2018/07/30 16:15
こんにちは

ツリガネニンジンは
よく見かけますが
ハマシャジは見たとこがない
浜に近いのにね
無門
2018/07/30 16:25
ハマシャジンはツリガネニンジンの海岸型ですね。潮風と強い光線に耐えるために葉が厚く照りがあるように変化しています。山ではツリガネニンジンやイワシャジンはよく見ます。長野では葉の細いホウオウシャジンと言うのも見ました。
カナウツギも出てきましたね。
家にはピンクと白のシモツケがあり紹介したことがありますがもう1種、ピンクと白が一緒に咲くゲンペイシモツケがあります。
river
2018/07/30 16:49
ハマシャジン、初めてです。綺麗ですね。ハマナスの実は食べられるそうです、食べたことありませんが。
寿々木
2018/07/30 19:25
 さすがはつくばの植物園、面白いものがいろいろありますね。ハクサンシャジンなら見たことがあるのですが、海浜型のハマシャジンは見たことがありません。花付きが見事で花色も濃いですね。
 ハマユウも紅白で見られて良いものです。
なおさん
2018/07/30 20:53
ヾ(*'-'*)ノ こんばんは.:゚+。 ☆

暑い暑いと言いながらも・・・
7月の月も 明日を 残すのみと
なりましたね(◎o◎)
ハマシャジン(浜沙参)の爽やかな色が
涼を 運んでくれる感じです❢
今日も 色んな珍しいお花を
見せて頂きまして💛💛
ありがとうございました♪.+゚♬✿
♪のこ♪
2018/07/30 21:26
コスモスさん、コメントありがとうございます。
植物園の良いところは一ヵ所で異なる植生の植物を見られることですね。
シモツケは白と赤が交雑しやすいようです。1本に木に赤と白が咲き分ける品種もあります。
ハマナスの花は我が家の近くでもまだ咲いているので、花期が長そうです。
長さん
2018/07/30 21:36
目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
ハマシャジンは海岸性の変種ですね。
ハマカンゾウに出会いましたか。珍しいですね。
長さん
2018/07/30 21:38
ツリガネニンジン たくさんはながついていますね。
栽培すると栄養がいいのでたくさん花が付くのでしょうね。

コゴメウツギ 今頃さいているのですか、武田尾では勿論春です。
shuuter
2018/07/30 21:40
無門さん、コメントありがとうございます。
ハマシャジンは神奈川県・千葉県・ 伊豆諸島の海岸に分布していますが、神奈川県では絶滅が危惧されています。焼津辺りでは見つけるのは無理かも知れません。
長さん
2018/07/30 21:41
riverさん、コメントありがとうございます。
ハマシャジンは自生の個体数が減少しているようです。イワシャジンやツリガネニンジンもよく似た花が咲きますね。
カナウツギ、始めて知った植物名です。葉の形に特徴があるので、ここにあることは知っていたのですが・・・。
源平シモツケは同じ花序に白と赤が咲いていることがありますね。
長さん
2018/07/30 21:47
寿々木さん、コメントありがとうございます。
ハマシャジン、株が大きくなって花がたくさん咲いていました。
ハマナスの実はトマトみたいで、美味しいらしいですよ。
長さん
2018/07/30 21:49
なおさん、コメントありがとうございます。
ハマシャジンをここで初めて見たのは5年前ですが、株が大きくなってきて、花がたくさん咲いていました。
ハマナスの白花は1輪だけ咲いていました。
長さん
2018/07/30 21:52
♪のこ♪さん、コメントありがとうございます。
台風が通り過ぎて湿気は残っていますが、一頃よりかなりしのぎやすくなりました。
この植物園は植物の植生ごとに区画を分けて育てているのです。
長さん
2018/07/30 21:55
むむむ…
昨日からちょっと難しい(;´Д`)
月奏曲
2018/07/30 21:58
shuuterさん、コメントありがとうございます。
ハマシャジンはツリガネニンジンの海岸性の変種です。ここでは5年以上育っていて、株が大きくなりました。分布域が狭く、保護して欲しい植物です。
コゴメウツギは花が終わり、袋果が出来ています。
長さん
2018/07/30 21:59
月奏曲さん、コメントありがとうございます。
難しいとは面白い表現です。この植物園には珍しいものもあり、年に何度も出かけます。
長さん
2018/07/30 22:01
こんばんは。
ハマシャジンの花、たくさん咲いていますね。
浜に咲くのでハマシャジン、イワシャジン?も似たような紫色
の花をしていたような記憶です。
ハマナスの実がたくさんついてますが花も見ごろで品のある
花もまださいていますね。
ロシアンブルー
2018/07/30 23:02
ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
ツリガネニンジンの海岸性変種がハマシャジン、山や岩場に対応したものがイワシャジンということなのでしょうね。
ハマナスの実があがくなって、いかにも柔らかそうな質感でした。この実はトマトみたいで美味しいらしいです。
長さん
2018/07/30 23:25
ハマシャジンが沢山咲いていますね。ツリガネニンジンの仲間なんですね。
ハマナスの花と実が両方見られましたね。
秋が近くなって木々の実が見られますね。
ピンク〜白色になるシモツケも素敵ですね。
eko
2018/07/30 23:43
ハマジシャンのお花がたっぷりと咲いていますね。
ツリガネニンジンは見ましたが、こちらはお初です。
ハマナスは花も実もきれい〜♪
白い花はまだ見たことがありません。
紅白並んでいるとますます魅力的ですね。
うふふ
2018/07/31 06:39
お早うございます
ツリガネニンジンは近くの土手で
見かけますが、ハマシャジンに
似てますね
すーちん
2018/07/31 07:30
ハマシャジンは ソバナのような花の広がり?
八島でカワラナデシコの花の中央部に班が入ってるのを見ました。タカネナデシコ?かなと思ったり・・
エゾカワラナデシコは花弁がふっくらなんですってね。
草本もですが木のモノも色々面白いですね。
nobara
2018/07/31 08:51
ekoさん、コメントありがとうございます。
ハマシャジンはツリガネニンジンの海岸性変種です。ソバナにも似ていますね。
ハマナスは残り花が咲いていたので、実と呂ほうを見ることが出来ました。
シモツケって、もともと赤の色素が隠れているようですね。
長さん
2018/07/31 09:19
うふふさん、コメントありがとうございます。
ハマシャジンはツリガネニンジンの海岸性変種です。咲いている地域が限られるので、珍しい部類でしょう。
ハマナスの白い花は本場の北海道でも少ないようですよ。ハマナスの実を食べてみたいものです。
長さん
2018/07/31 09:24
すーちんさん、コメントありがとうございます。
ハマシャジンはツリガネニンジンの変種ですから、花だけでは区別できないほどです。
長さん
2018/07/31 09:26
nobaraさん、コメントありがとうございます。
ハマシャジンの株が大きくなり、花茎も長く伸びました。
カワラナデシコは本来の場所ではなく、1本だけ伸びていました。種が飛んできたのでしょうか。
エゾカワラナデシコは北海道で良く目にしましたが、カワラナデシコより少し花が大きいかなーという感じです。学術的には相違点があるようですが、変異も大きく見分けは難しいかも知れません。
長さん
2018/07/31 09:39
ツリガネニンジンはよく見かけますが浜にも固有種が有るんですね。オニドコロは小さいお花なのですね。良く見るとかわいい!
イッシー
2018/07/31 10:42
ハマシャジンはツリガネニンジンの海岸性変種で神奈川県では絶滅が危惧されています。
オニドコロの雄花は径5mmほど。雄花序は立ち上がり、雌花序は垂れ下がるのが面白い。
長さん
2018/07/31 11:49
こんなに植物が目の前にあるのは楽しいですね。
この植物園は名札がついているんですか。
ついていなかったら、私など何もわかりませんが、それでも楽しいところです。
はるる
2018/07/31 19:31
はるるさん、コメントありがとうございます。
ここは国立科学博物館の下部組織である研究機関の植物園です。
多くの植物に名札がありますが、付いていないものもあるのです。名札がないと調べるのが大変です。
長さん
2018/07/31 21:06
ハマシャジンは見たことありませんが、ハマナスは秋田でも普通に見かけます。
降魔成道
2018/08/01 21:42
降魔成道さん、コメントありがとうございます。
ハマナスは寒い北海道でも花が咲くくらいですから、耐寒性は十分ですね。
長さん
2018/08/01 21:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハマシャジン、ハマナス、オオバイボタ、オニドコロ、カマツカ、シモツケなど 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる