長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ


zoom RSS 白馬コルチナ・イングリッシュガーデンにて(3)

<<   作成日時 : 2018/07/19 14:00   >>

ナイス ブログ気持玉 141 / トラックバック 0 / コメント 32

 7月2日夕方と翌日の朝、白馬コルチナ・イングリッシュガーデンで見た花を記録しています。

 「ウッドランドウォークガーデン」から「スプリングシュラブガーデン」へ下ってきたところです。中央やや右の木は黄金アカシア。
画像

 「グラスガーデン」でみたホルデューム・ジュバタム(左下、イネ科オオムギ属、北米原産、別名:リスの尻尾など)とキンウラハグサ(右下、金裏葉草、イネ科ウラハグサ属。ウチソウの園芸品種)
画像画像

 以下は、ガーデン名を省略しています。

画像

ベルサイユのバラ
画像

ジプシーボーイズ       ルイーズオディール
画像画像

アイスバーグ
画像

ピエールドウロンサール     トンボエダシャク(珍しい)
画像画像

 左下、アスチルベ(ユキノシタ科)。 右下、エノテラ・フルティコサ(アカバナ科)
画像画像

 左下、ペルシカリア・シルバードラゴン(タデ科)。 右下、シモツケ(バラ科)とゲラニウム・サンギネウム‘アルバ’(フウロソウ科)
画像画像

 バーバスカム・ウェディングキャンドルス(ゴマノハグサ科)
画像画像

 左下、カンパニュラ・ラクティフローラ(キキョウ科)。 右下、ゲラニウム‘ジョンソンズブルー’(フウロソウ科)
画像画像
 左下、サルビア・ネモローサ‘スノーヒル’(シソ科)。右下、不明@ → ゲウム‘ブレイジングサンセット’(バラ科、種間交雑の園芸種)
画像画像

 左下、不明A → 西洋ニワトコ(サンブカス)‘ブラックレース’(スイカズラ科)。 右下、ニッコウキスゲ(ススキノキ科)
画像画像

 左下、ベロニカ‘ファーストラブ’(ゴマノハグサ科)、右下、不明B → ティアレラ(ユキノシタ科)の一種
画像画像

ベロニカ・ロンギフォリア‘アルバ’(ゴマノハグサ科)
画像

 アスクレピアス・インカルナタ‘アイスバレー’(キョウチクトウ科)
これは珍しい。ヤナギトウワタの園芸種らしい(売店にて)
画像
 7月2日、3日撮影。

 10時頃、ホテルを出発し、大糸線に沿って南下。大町市にある素敵なガーデンを目指しました。
 (つづく)
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 141
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
蓼科のガーデンはスケールが小さいですがここは広大なようですね。見応えがありますね。
目黒のおじいちゃん
2018/07/19 16:31
沢山の種類の薔薇の花🌹🌹🌹🌹
ベルサイユのバラは 名前からして
高貴な感じですね✨✨✨
今回!アスクレピアス・インカルナタ
‘アイスバレー’の様な
とっても長い名前の花が多くて
舌を噛みそうです ( ノД`)シクシク…
♪のこ♪
2018/07/19 16:39
ベルサイユのバラの深い赤が素敵ですね。
ここは広いガーデンでほとんど初めて見る花ばかり、見応えがります。
最後のアスクレピアス・インカルナタ‘アイスバレー’が魅力的ですね。
eko
2018/07/19 18:15
イングリッシュガーデンはやはり洋種の植物が大半ですね。普段馴染みのない花でほとんど覚えられません。やはり実物を見て強い印象を受けたものでないと駄目なようです。
家のピエール・ドゥ・ロンサールの花は終わって今はお休みです。
river
2018/07/19 18:27
珍しい花がずいぶん出てきました。ベロニカに紅花があるとは知りませんでした。青い花だと思っていました。水分広大な土地のようですね。
寿々木
2018/07/19 18:45
 キンフウチと呼ばれるフウチソウの品種は、比較的園芸店で目にするものですね。野生種の緑葉のものはなかなか見かけませんが、うちでは緑葉のものをもう20年以上育てています。

 ガーデンでは薔薇やさまざまな宿根草が咲き乱れて、見て回るのが楽しそうですねえ。

 大町あたりは山好きなひとには良いでしょうね。
なおさん
2018/07/19 18:58
広大な庭園ですね。
ゆっくりお花を見て回る 素敵な時が過ごせそうです。
ベルサイユのバラ 美しいです。
shuuter
2018/07/19 19:05
こんにちは

ベルサイユのばら
深い情熱の色をしています
亡国の血の色にも
無門
2018/07/19 19:08
薔薇が美しく咲いていましたか。
さすが涼しい高原ならではですね。
ニッコウキスゲ、久しぶりで見ました。
夏の尾瀬ヶ原で湿原にたくさん咲いていたのを思い出します。
うふふ
2018/07/19 20:59
目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
蓼科のガーデンってパラグライングリッシュガーデンのことですか。あそこは1万坪くらいあるんじゃなかったでしたっけ。だったら、ここのほうがずっと狭いです。
長さん
2018/07/19 21:43
♪のこ♪さん、コメントありがとうございます。
ベルサイユのバラはフランスのメイアン社という有名な会社が作り出したものです。
アスクレピアス・インカルナタ‘アイスバレー’は私も初めて見ました。
長さん
2018/07/19 21:47
ekoさん、コメントありがとうございます。
ベルサイユのバラは2012年の作出ですから、まだ新しいバラですね。
ヤナギトウワタに白花種があるなんてビックリです。
長さん
2018/07/19 21:50
riverさん、コメントありがとうございます。
デザイナーが英国人だけに、横文字の植物が多いのはやむを得ないでしょうね。
ピエール・ドゥ・ロンサールは一季咲きでしたね。
長さん
2018/07/19 21:54
寿々木さん、コメントありがとうございます。
ネットで「ベロニカ 花 ピンク」で画像検索するとたくさん出てくるので、日本でも流通しているようです。
広さは1,740坪ですからそう広いとは言えませんが、広く見せるのがデザイナーの腕でしょうか。
長さん
2018/07/19 22:02
なおさん、コメントありがとうございます。
普通のフウチソウは我が家の近くのお宅でも鉢植えがありますが、キンフウチはあまり見かけません。
園芸種が多いので、名前を調べるのに手こずりました。
大町市では化粧品会社が自社の敷地に作ったガーデンを見学します。
長さん
2018/07/19 22:05
ホテルがおもちゃみたいで可愛くて木立の中にガーデンあるからこれは滞在してじっくり楽しめるお庭ですねぇ…機会あれば行ってみたいです。

ベルサイユのばらwww漫画じゃないんだww
月奏曲
2018/07/19 22:06
shuuterさん、コメントありがとうございます。
このガーデンは一周しても1時間程度でしょうが、花をじっくり見て回ると種類が多いだけに時間が掛かります。
ベルサイユのバラはあの漫画にヒントを得た?そんな訳無いか(笑)。
長さん
2018/07/19 22:08
無門さん、コメントありがとうございます。
2005年にベルサイユ宮殿へ行ったのですが、ツアーバスの運転手が交通違反を犯し、警官に1時間近く止められてしまう、庭園見学は出来ませんでした。従って、どんなバラが咲いていたのか分からずじまいでした。
長さん
2018/07/19 22:19
うふふさん、コメントありがとうございます。
イングリッシュガーデンにバラは欠かせませんね。もっとたくさんの種類が咲いていたのですが、名札が付いていたものの一部を投稿しています。
尾瀬ヶ原のニッコウキスゲ、鹿の食害で減ってしまったとか。
長さん
2018/07/19 22:21
月奏曲さん、コメントありがとうございます。
ホテルの外観とイングリッシュガーデンはステキです。でも、スキー宿で夕食、朝食ともビュッフェスタイル。宿泊料金は割安ですが、ガーデンの入園料が割引で800円というのはちょっと高め。でも、当日と翌日の2回は入れるから写真を撮るなら良いと思いますよ。
長さん
2018/07/19 22:27
お早うございます
こちらでは終わってしまった花が
今花盛りですね
丁度良い時季にいらっしゃいましたね〜
すーちん
2018/07/20 07:30
東京のこのところの気温からすると、違う国に行ったかのようですね。バラも綺麗だし、空気感がまず違うような写真です。
イッシー
2018/07/20 07:32
設計者のセンスの見せ所なんでしょうか
素晴らしいラインナップのようですね。
?@ ゲウム は?
?A ユーパトリウム・チョコレートとは葉が違う?
?B ティアラレラ(ヒューケラの仲間?)
などと、思いました。
TOPの黄金アカシア、目立っていますね。
nobara
2018/07/20 08:07
 生き生きとした花々、地に植わった植物はいいですね。
沢山の花々、沢山の紀行文を見せて頂きありがとうございます。

 不明@はゲウム・ブレイジングサンセット
 不明Aは西洋ニワトコ(銅葉)サンブカス ブラックレース
かと思います。双方とも今年の国際バラとガーデニングショーで使われておりました。Aはマーク・チャップマン氏の庭の中にもありました。

 花は次々新しい物が出現しとっても覚えられませんね。名札の有るものは名札を写すようにして、画像に名前を付けておきますが、私の手元には??の画像が沢山溜まっています。名前を付けて置いても忘れてしまって、必要に応じて古い画像をカンニングしております。
 「あそこで見た。」という記憶が頼りです。
菜の花
2018/07/20 08:14
ご無沙汰しています。
冬季オリンピック、コルチナ・ダンペッツオを思い出します。
早く八方に行きたいのですが色々用事が有り、友人と何時でも花はあるとタイミングを見ています。
信徳
2018/07/20 08:19
すーちんさん、コメントありがとうございます。
やはり標高が高いので、平地で咲き終わった花も咲いていましたよ。
ここは6月後半から7月前半が見頃で、入園料が一番高い時期です。
長さん
2018/07/20 09:32
イッシーさん、コメントありがとうございます。
デザイナーが英国人なので、植えてある草花は見慣れないものも多かったです。写真は失敗したものが多く、何とかマシなものを掲載しました。
長さん
2018/07/20 09:35
nobaraさん、コメントありがとうございます。
いつも不明のものを調べていただいて、感謝です。
菜の花さんも調べていただいたので、@はやはりゲウムで、ブレイジングサンセットという品種、Aは西洋ニワトコ・ブラックレースと判明しました。Bはヒューケラの仲間ですね。葉を撮り忘れて苦戦しています。
1枚目は黄金アカシアですか。木までは頭が回りません。
長さん
2018/07/20 09:51
菜の花さん、コメントありがとうございます。
忘れずに見ていただいて、感謝です。また、花の名前を教えていただき重ねて御礼申し上げます。
マーク・チャップマン氏のお庭もご覧になっていらっしゃるのですね。
ゲウム・ブレイジングサンセットと知って、6,7年前に武蔵丘陵森林公園で見たことを思い出しました。
このガーデンには名札があることはあるのですが、ごく一部ですから、素人泣かせです。
長さん
2018/07/20 09:58
信徳さん、コメントありがとうございます。
コルチナ・ダンペッツオには2回行きましたが、このホテルのようなデザインの民家は少なかったような記憶です。
八方にはお友達と一緒に行かれますか。HPで開花情報をウオッチしておくと良いですね。
長さん
2018/07/20 10:02
見応え満載のガーデン、こうしてひとつひとつ見せていただいても、美しいものばかり。楽しいです。こういう場所でみるからこそ、美しさもアップするのかもしれません。
はるる
2018/07/20 19:39
はるるさん、コメントありがとうございます。
下界に比べれば涼しいところですし、プロに世話してもらっている植物なので、綺麗に咲いていました。ただ、名前がその場では分からなかったので、苦労しました。
長さん
2018/07/20 20:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
白馬コルチナ・イングリッシュガーデンにて(3) 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる