長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ


zoom RSS 栂池自然園にて(1) ミズバショウ湿原で見た花たち

<<   作成日時 : 2018/07/13 14:00   >>

ナイス ブログ気持玉 136 / トラックバック 0 / コメント 36

画像 7月2日、10時半頃、まず栂池自然園のミズバショウ湿原(標高1880m)を見て回ります。ここは木道が整備され、車いすの方も一周することが出来ます。
栂池自然園とは
 栂池自然園は、中部山岳国立公園(第一種特別保護地域)で、標高1,900mに位置する日本有数の高層湿原です(高層湿原=ミズコケ類が数千年から数万年増積して出来た)。
 総面積は100ヘクタール、一周約5.5km(所要時間は約3時間30分)の遊歩道が設けられ、気軽に楽しめるトレッキングコースです。
 下図は、トレッキングコースの案内です。4年前は浮島湿原まで行ったのですが、今回は妻の足の調子が思わしくなく、ワタスゲ湿原で折り返しました。
画像

 4年前も同じ頃だったのですが、今年のミズバショウは早くも咲き終わったようで、白いものが見えません。
画像

 以下、ミズバショウ湿原で見た花です。

ベニバナイチゴ(紅花苺、バラ科)
花径2〜3cm。俯いて咲くので、右下は茎を持ち上げて撮ったもの
画像画像

リュウキンカ(立金花)
キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草
水辺や湿地などに生育し、ミズバショウの群生地で一緒に見られる
画像
画像

左下、ミヤマキンポウゲ(キンポウゲ科)       
  右下、ヒロハユキザサ(キジカクシ科) 咲き始め
画像画像

サンカヨウ(山荷葉)
メギ科サンカヨウ属の多年草
深山のやや湿った場所に生える
画像
画像

キヌガサソウ(衣笠草)
メランチウム科(またはシュロソウ科)キヌガサソウ属の多年草
赤みを帯びた花が咲いていた
画像画像

コバイケイソウ(小梅尅吹j
メランチウム科(←ユリ科)シュロソウ属の多年草
初夏の山を代表する花の一つ。今年は当たり年だそうだ
画像
花茎の先端部は両性花、横に伸びる花は雄花
画像

残念ながら、ミズバショウはわずかに咲き残っている程度
画像画像

ミズバショウ湿原を半周くらいしたところ
赤い屋根は旧栂池ヒュッテ記念館。その奥がビジターセンター
画像

ミツバオウレンとイワカガミ
画像
ミツバオウレン(キンポウゲ科)  イワカガミ(イワウメ科)  
画像画像

イワイチョウ(岩銀杏)
ミツガシワ科イワイチョウ属の多年草(1属1種)。別名:ミズイチョウ
画像画像

チングルマ(珍車、稚児車)
バラ科ダイコンソウ属(またはチングルマ属)の落葉小低木
画像
画像

 ワタスゲ湿原に向かいます。
 (つづく)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 136
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(36件)

内 容 ニックネーム/日時
水芭蕉も例外ではなかったようですね。
やはり早かったのですね。
とはいえ、サンカヨウなどまだまだ綺麗です。
チングルマのお花もまだお髭になってないなんて
標高があるから?
麦草苑地とさほど差がないようなのに
半月遅くても、まだいろいろの花がありますね。
ミツバオウレン、かなり小さなお花ですよね。
咲き残りでも水芭蕉が見られてよかったです。
nobara
2018/07/13 14:11
みずばしょう湿原はバリアフリーになっているのですね。今年はどこも開花が早くミズバショウはもう終盤ですか。同じ時期に咲くリュウキンカはまだたくさん咲いていますね。今年は過去のデータが当てに出来ずに尾瀬行きを躊躇しています。
river
2018/07/13 14:24
こんにちは

花暦が
いずれも半月以上早く
シーズンを見逃すことが多い
今年ですね
無門
2018/07/13 17:26
やはり・・・・・水芭蕉も今年は
早かったのですね(◞‸◟ㆀ)

ここでも 珍しいお花を 色々と
見せて頂きまして 感✿・⋄・✿謝
ありがとうございました♪.+゚♬✿
♪のこ♪
2018/07/13 17:43
高山でも草花が早く咲いているようですね。
コバイケイソウの群落が綺麗な時期にあたって素敵ですね。
秋のヒガンバナが何時咲くのか興味津々になってきました。
信徳
2018/07/13 18:03
今年はミズバショウも例外ではなく早かったようですね。残り花が少し見られて良かったですね。
沢山の山野草が生き生きと咲いて素敵です。
コバイケイソウの群生が見事ですね。チングルマも綺麗ですね。
eko
2018/07/13 18:08
nobaraさん、コメントありがとうございます。
今年は亜高山帯も例外ではなく、ミズバショウも早く咲いたようです。サンカヨウは最盛期を過ぎた感じでしたが、綺麗なものを選んで撮りました。でおチングルマは元気に咲いていましたよ。
ミツバオウレンは花径1cmくらいですね。
長さん
2018/07/13 18:43
riverさん、コメントありがとうございます。
ミズバショウ湿原だけは殆ど高低差がない木道が整備されていますから車いすでもOKなんですが、ゴンドラを下りて10分ほど登らなくてはならないので、補助の方は大変でしょう。
ミズバショウはわずかに咲いている程度、リュウキンカも2ヵ所ほどで咲いているくらいでした。
長さん
2018/07/13 18:46
無門さん、コメントありがとうございます。
今年はどこでも早く花が咲いてしまい、スケジュールが狂った方も多いでしょうね。
長さん
2018/07/13 18:47
♪のこ♪さん、コメントありがとうございます。
ミズバショウは6月から咲き始めますから、今年は残っていただけでもラッキーとしなければ・・・。
長さん
2018/07/13 18:49
信徳さん、コメントありがとうございます。
ミズバショウはほんのわずかでしたが、4年前は見られなかったコバイケイソウがたくさん咲いていました。
ヒガンバナの開花予想ですか。難しいですね。
長さん
2018/07/13 18:53
栂池の名は50年前、学生時代にクラブの先輩から聞いたことがございます。素晴らしいですね。高山帯の植物と亜高山帯の植物が共存しているようです。出会ったことの無い花が沢山ございます。
寿々木
2018/07/13 18:54
ekoさん、コメントありがとうございます。
ミズバショウ、今年は咲いているだけでもラッキーとしなければ。
その代わり、コバイケイソウがたくさん咲いていましたよ。
チングルマも人気の花ですね。
長さん
2018/07/13 18:54
寿々木さん、コメントありがとうございます。
ここはそれほど健脚ではなくても最奥部まで回れますので、おすすめのスポットです。
全部自生なのですが、名札が無いので見損なった花もありました。
長さん
2018/07/13 19:02
 栂池自然園の木道は車いすの方でも見て回れるほどバリアフリー化がなされているのですか。それは良いですねえ。晴れの日は良いですが、雨の日の木道は滑りやすいです。止金具の上に乗るのが特にキケンですね。
 ミズバショウやリュウキンカの咲き残りが見られましたか。コバイケイソウも当たり年とハズレ年の咲き分けがあるのですね。毒な草ですから、シカもそれほど食べないのでしょう。

 キヌガサソウやイワカガミやミツバオウレン、チングルマなど見られたのは嬉しいですね。
なおさん
2018/07/13 19:39
栂池は素晴らしいところです。
お花畑が広がりますね。
また訪ねてみたいところです。
shuuter
2018/07/13 21:02
なおさん、コメントありがとうございます。
バリアフリーとはいえ、雨の日に車いすで見学する人はいないでしょうね。
コバイケイソウは4年前、全く咲いていなかったので、ミズバショウが殆ど見られなかった代わりとしましょう。
サンカヨウが咲いていたのも嬉しかったですよ。
長さん
2018/07/13 21:27
shuuterさん、コメントありがとうございます。
自生種が大好きなshuuterさんには打ってつけの場所ですよ。
長さん
2018/07/13 21:28
ミズバショウはもう終わっていましたか。
栂池自然園にはまだ行ったことがありませんが、高層湿原の植生は尾瀬や吾妻山などとも共通している花たちが多いような感じを受けました。
mori-sanpo
2018/07/13 21:34
こんばんは。
水芭蕉も既に咲いてしまって、今年はいつもより季節が前倒し
のようですね。
高山植物が咲いて、雪渓も見られ栂池の景色良いですね。
栂池は白馬登山の帰り大きな岩の道をひたすら下った記憶、小雨の中を走り下りた記憶、若い時は無茶しました。
ロシアンブルー
2018/07/13 21:50
今年はなんでも早く咲いてしまいますが、水芭蕉まで早かったのですね。
残念でしたね。
リュウキンカは間に合いましたか。
高山植物はどれも可愛らしくてすっかり見入ってしまいました。
うふふ
2018/07/13 22:12
水辺のリュウキンカが綺麗w

青空とコバイケイソウのコントラストも素敵です。
月奏曲
2018/07/13 22:21
水芭蕉は残念でしたが、他にも綺麗な花が咲いてますね。
素晴らしい環境ですね。水辺の遊歩道、青い空に雪渓の残るる山並み、ワンダーランドですね。
イッシー
2018/07/13 22:44
mori-sanpoさん、コメントありがとうございます。
今年のミズバショウは早く咲き終わりました。日本の高層湿原の自生種は共通する種が多いようですね。
長さん
2018/07/13 22:55
ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
我が家の辺りでもそうですが、今年は例年になく花が早く咲いていますね。
標高1800m以上の場所へ労せずして登れて、景色も花もですからね。
へー、若い頃は山ガールだったんですね。素晴らしい。
長さん
2018/07/13 22:58
うふふさん、コメントありがとうございます。
ミズバショウまで早く咲き終わるとは思いませんでしたが、コバイケイソウが咲いていて良かったです。リュウキンカは咲き残りですが、2ヵ所で見られました。
長さん
2018/07/13 23:00
月奏曲さん、コメントありがとうございます。
リュウキンカやコバイケイソウ、咲いている場所の雰囲気を写し取れたのが良かったです。
長さん
2018/07/13 23:02
イッシーさん、コメントありがとうございます。
ミズバショウは駄目でしたが、その分、前倒しで4年前に見られなかった花が撮れたのは収穫でした。
ますます、行きたくなったでしょう?
長さん
2018/07/13 23:03
遅い春といった感じも残っているようですね。びっくりしました。
目黒のおじいちゃん
2018/07/14 05:22
目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
亜高山帯から高山帯にかけては、春が遅く秋が早いのですが、今年の花は少々前倒しで咲いており、ミズバショウが殆ど終わっていました。
長さん
2018/07/14 10:06
今日は。
図鑑でおなじみのお花がたくさんです
ミズバショウは残念でしたが、これから葉がわさわさと大きくなるようですね。
チングルマも素敵です
行き当たりばったり
2018/07/14 16:30
行き当たりばったりさん、コメントありがとうございます。
今回は有名な花が多かったですね。
ミズバショウの葉は、ご存じのように大きくなりますね。次々回にそんな写真をアップします。
長さん
2018/07/14 18:17
高原はすてきな景色ですね。
いろいろな花も見られて、以前高原を歩いたことを思い出しています。涼しかったでしょう。
こういう所の花々は興味深いです。きれいですね。
はるる
2018/07/14 18:50
はるるさん、コメントありがとうございます。
標高が高いと通常は平地と比べて気温が低いのですが、良い天気過ぎて体感気温は高かったです。案の定、紫外線負けが口の辺りに出来ました。
長さん
2018/07/14 21:38
湿原の植物も魅力的ですよね。
そう言えば、ある日の山歩きでリュウキンカを食べて下痢してしまったことがあります。食用になるのは若い芽の時だけのようでした。
降魔成道
2018/07/16 22:18
降魔成道さん、コメントありがとうございます。
リュウキンカは、若芽以外は基本的に有毒だそうです。下痢程度で良かったですね。
長さん
2018/07/16 22:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
栂池自然園にて(1) ミズバショウ湿原で見た花たち 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる