箱島湧水(群馬の紅葉シリーズ…5)

 11月6日、吾妻渓谷の紅葉を見てから吾妻川を下り、日本名水百選のひとつ箱島湧水を訪ねました。榛名湖から見ると北北東に当たります。
 箱島湧水は滝になる程の湧水量です。滝の傍らに立つ大きなモミジの紅葉はまだ黄色く色づき始めたところでした。
画像

 大きな杉の根元からわき出しています。早速、ペットボトルに汲んで飲んでみましたが、とても柔らかい水で美味しかったです。ペットボトル2本分を持ち帰りました。業務用として汲みに来る人もいるそうです。
画像画像

 樹齢400年と言われる不動尊の大杉です。
画像画像

 大杉の右手にある階段を登ると箱島不動尊の社殿があります。右下は湧水にまつわる言い伝えです。
画像画像

箱島湧水
 箱島不動尊のお堂脇にある、樹齢400年とも言われる町の天然記念物「箱島不動堂の大杉」。その根元からこんこんと湧き出るこの湧水は、日量約3万トンもの豊富な湧出量を誇っています。
 良質の水は鳴沢川となり町内の飲料水、農業用水、養鱒場用水として利用されています。
 下流ではホタルが生息し、6月~7月下旬ごろ見頃となります。(東吾妻町のHPより)

 滝の流れのすぐ下には、明治43年に造られた群馬県内初のロックフィルダムがあり、水力発電所があったのだそうです。
画像画像

 榛名山を越えて、最近パワースポットとしても有名になった榛名神社に向かいます。


~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~


コブトリソウ(瘤取草)

 ウォーキング中に,見慣れないマメ科の植物に出会いました。
 花は黄色で、マメ科そのもの。
画像

 茎は直立し、草丈は1m以上あります。
画像

 つぼみはこんな形です。昆虫はカメムシの仲間でしょうか。
画像

 学名:クロタラリア・スペクタビリス、和名:コブトリソウ(瘤取草)。
 マメ科キヌタマメ属の一年草、熱帯~亜熱帯地方原産。
 和名の由来は、ネコブセンチュウ(根瘤線虫=吸汁性害虫)の駆除に有効だから。
 別名(商品名):ベビーマラカス(乾燥した実を振るとからからとマスカラのような音がするから)、ネマコロリ、ネコブキラー、など。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 53

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • nobara

    湧水池は熊本には・・至る所にありました。
    しかし?滝になるほどとは、@@びっくりです。
    群馬にもあるのですね。近くに酒造などありませんでしたか? 軟水なのかしら、やわらかい水、おいしそう
    クロタラリア、最近私の黄色の花の項目に増えました。初めて目にするものでした。瘤取草ともいうんですね。
    2012年11月14日 17:00
  • あいべん

    昔は湧き水、井戸水何処でも飲めたのですが
    最近は呑めなくなりましたね。
    もっと自然を大切にしたいですね。
    食料を多く外国に頼る変な農業政策の国で
    唯一飲料水のみが自給自足なのですから
    真剣に自然保護に今から取り掛からないと
    水まで・・になれば日本もおしまいですね。
    又々今日も変なコメント御免なさい。
    2012年11月14日 17:11
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    湧水のある場所が崖地ですから、滝になっていましたが、水量では、熊本にはこれを上回るところがあると思いますよ。
    この水を使った地酒は「不動の霊水」というのがあります。
    クロレタリアは害虫対策で植えられたものだったんです。
    2012年11月14日 19:03
  • 長さん

    あいべんさん、コメントありがとうございます。
    昔はどこの水でも飲んでしましたね。両親の家は井戸だったんですが、あるとき、保健所で水質検査をして貰ったら飲用に適さないというので、水道に変えた経緯があります。しかし、ずっと飲み続けていても別の病気になった訳でも無し。
    外国でも日本人が飲んだらお腹を壊す水が飲用にされていますよね。
    2012年11月14日 19:08
  • eko

    箱島湧水、滝になるほどの湧水とはすごいですね。
    わが市でも湧水はたくさんありますが、滝になるほどの所はありません。
    紅葉は少し早いようで残念ですね。
    コブトリソウ、初めて見ます。背丈が1m以上とは大きいですね。
    2012年11月14日 20:14
  • hanasaku

    こんばんは
    感永霊謝久水ってなんだろうって思ったら感謝、永久、霊水でした!
    榛名湖は大蛇がいてもおかしくない様な湖ですね!
    コブトリソウ美しい色です。
    駆除の為に植えられているのですね。
    実が食べられたら良いのに!
    いよいよパワースポットですか。
    わくわくしてます。


    2012年11月14日 20:17
  • shuutrer

    ブログの友で飲料水から食事の支度まですべて湧水で処理している人がいます。
    4輪駆動の愛車で日本海側まで汲みに出かけるそうです。何年も続けているそうです。

    公共の水道 カルキの臭いひどい時がありますね。
    天然の水 マロやkさで美味しいのでしょうね。
    2012年11月14日 20:19
  • なおさん

     1日に3万トンもの水が湧き出でるというのは素晴らしいですね。海外では水は貴重品なところも多く、なんの処理もしないでそのまま飲める日本の水はいいですよねえ。

     小太りじいさんというと、今ではメタボじいさんというのでしょうが、鬼に贅肉をとってもらうようですねえ。
     こちらはセンチュウを駆除する効果がありますか。マリーゴールドと同じような効果があるのですね。マスカラをつけたマラカス?というのもオモシロイことでしょうね。
    2012年11月14日 21:27
  • ポン太

    私の所から一時間ほどで行ける天川村の洞川(どろがわ)というところもおいしい水がたくさん出ています。みなさんポリタンクをたくさん持って汲みに来ておられます。県内はもとより大阪ナンバーの車も多いです。おいしい水大切にしたいですね。
    コブトリソウって初めて見ました。面白い花ですね。
    2012年11月14日 21:53
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    滝に見えるくらいですから、地形で得をしている湧水ですね。
    太陽が杉木立に隠れて、紅葉が遅れているんでしょうね。
    コブトリソウ、害虫駆除のためとは面白いですね。
    2012年11月14日 22:29
  • 長さん

    hanasakuさん、コメントありがとうございます。
    お賽銭受けの文字を横から読んじゃいましたか(笑)。
    位牌が流れ着くくらいの水路があったら榛名湖の水位が下がるかも。
    コブトリソウ、残念ながら鞘の中に出来るのは種だけです。
    2012年11月14日 22:37
  • 長さん

    shuuterさん、コメントありがとうございます。
    この湧水にも毎日のように大漁に汲みに来る人がいると言いますよ。
    我が家は少々水にうるさくて、ちょっと高いイオン浄水器を使っています。
    2012年11月14日 22:41
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    海外では硬水のところが多く、先回の旅行でも腹痛になっては困るので、ピュアウォーターのペットボトルを毎日買っていました。日本はその心配がないから幸せな国です。
    害虫駆除のためなら、マリーゴールドよりコブトリソウの方が安くつくでしょうね。
    2012年11月14日 22:47
  • 長さん

    ポン太さん、コメントありがとうございます。
    近くに美味しい湧き水が出るところがあると良いですね。我が家も通っちゃうかも知れませんよ。
    コブトリソウ、遠くから見たら季節外れの菜の花かと思っちゃいました。
    2012年11月14日 22:50
  • ケン坊

    おはようございます。(URLが入りませんが失礼します...)
    箱島湧水は知りませんでした。400年の不動尊の杉の根元からこんこんと...良いですね。何だか美味しい水という以外にご利益がありそうな感じがします。
    今は、こういう湧水には業者も業として汲みにきているようですね。その場で飲む湧水は美味しく感じますが、コーヒーや料理に使っても、正直言ってケン坊には味の差は判りません...>悲<
    2012年11月15日 05:38
  • 信徳

    驚きました!「私の知らない群馬」沢山有ります。ここは正直行った事も初めて知りました。小野上温泉、美人の湯としても知られています。この近くですね。
    2012年11月15日 07:12
  • 寿々木

    コブトリソウ、初めて見ます。
    元気に撮影旅行をなさっていますね。
    2012年11月15日 07:57
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    群馬県も広いですね。今回は高崎在住の方に案内してもらったんです。
    小野上温泉は途中通過しましたよ。美人の湯なら、妻が行きたいと言い出しかねません(笑)。
    2012年11月15日 08:16
  • 長さん

    ケン坊さん、コメントありがとうございます。
    レスが前後して申し訳ありません。
    この湧水は駐車場から坂を下り、さらに細い道を上る所なので、大量に汲むのは無理なようです。
    下流でホタルが住むそうですから、「こっちの水は甘いぞ」ということでしょうね。
    コーヒーや料理の味の差は同時に比べてみないと分からない、いや、分かるかなー。
    2012年11月15日 08:23
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    コブトリソウ、珍しいですね。
    秋ですから、一度は紅葉を見に行かなくては。
    2012年11月15日 08:25
  • 無門

    こんにちは

    榛名湖の水が
    地下で浄化され
    美しい水として
    生まれ変わっているのでしょうね
    富士の湧水を彷彿とさせますね
    2012年11月15日 08:46
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    榛名山に降った雨や榛名湖の水が地中にしみこみ、それが地下水系となって湧き出たものだと思います。他にも榛名の湧水があるのでしょうが、ここだけが日本名水百選に選ばれているのは、何か秘密があるのでしょうか。
    2012年11月15日 09:33

この記事へのトラックバック