ペーパーデージー

インナチュラルの店頭で…その4
 5月13日、インナチュラル・イオンレイクタウン店(HPはこちら)の店頭で初めて見た花を中心に投稿しています。

 ペーパーデージーです。キク科ヘリクリサム属の一年草で、原産はオーストラリア。花径は3cm弱。売り物なので花弁には触りませんでしたが、ムギワラギクのようにカサカサしているそうです。花弁と書きましたが、これは総苞なんだそうです。
画像
画像

 背後のピンクの花はカッコウセンノウ(郭公仙翁)のようです。前回投稿したリクニス・ホワイトロビン(白花カッコウセンノウ)の本種ですね。

 黄色い小さな花はメカルドニアです。ゴマノハグサ科メカルドニア属の多年草で、原産は北米~南米。日本に紹介されたのは2004年とのことです。グランドカバーやハンギング向き。花径は1cmほど。花弁の内側に毛が生えています。
画像画像

画像 葱坊主みたいな花はクラスペディアです。キク科クラスペディア属の多年草。原産はオーストラリア。ボールの大きさは3cm弱。小さな筒状花が開く寸前の姿です。別名ディア・グロボーサ、ゴールドスティック 、ドラムスティック。

 バスケットに寄植えされている薄紫の筒状4弁花はタマクルマバソウ(玉車葉草)。アカネ科クルマバソウ属の一年草で、原産は小アジアからコーカサス地方。学名はアスペルラ・オリエンタリス。アカネ科とは想像しがたいですね。
画像画像

~ * ~ * ~ ~ * ~ ~ * ~ ~ * ~ 

シリーズ・ウツギ(その4)

 ハコネウツギ(箱根空木)。スイカズラ科タニウツギ属の落葉低木。白い花が次第に赤へと変化するので、別名ベニウツギ。しかし、タニウツギの栽培種にもベニウツギがあり、紛らわしい。名前に箱根が付くが、箱根にはわずかしか自生していない。5月14日、近所で。
画像画像

         (茎が中空になっている植物を一般に〇〇ウツギといいます。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • なおさん

     目新しいものが続々登場しますね。その辺のホームセンターなどとは品揃えが全然違い、珍しいもの好きなひとにはタマラナイことでしょうね。
     ハコネウツギはうちでも咲いています。紅白で咲いているさまがおめでたくて良いですよね。ウツギと名のつくものはいろいろな科にまたがり沢山あるので面白いです。
    2011年05月24日 04:46
  • ケン坊

    ウツギの種類が多いのに驚いています。
    アチコチで見かけますが、花と名前が一致しません。
    纏めて”ウツギ”で誤魔化してます>笑<
    長さんの花図鑑ですが、利用させていただいてますが、時々、名前から検索できると良いな~と思うことが...ケン坊が知らないだけかも?
    2011年05月24日 06:09
  • あいべん

    園芸屋さんで花の苗を買ってる人を見て。
    何処に植えるのだろう、出来ればプランタン
    より地植えのほうが好い・・。
    などと勝手な想像をします。
    散歩途中で地植えの花が、花壇から空き地に
    飛んで咲いているのが好きだから。
    2011年05月24日 07:07
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    店頭シリーズはこれで終わりですが、初めて見る花が多く、とても得した気分です。
    ハコネウツギは白から赤へと劇的に色が変わるのが面白いです。
    2011年05月24日 07:39
  • 長さん

    ケン坊さん、コメントありがとうございます。
    ウツギと名の付く植物は意外に多いのですね。多分10種類以上あるでしょう。
    名前から植物を検索するHPはありますよ。私が常用にしている群馬大学の青木先生のHPのURLを記しておきます。↓
    http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/BotanicalGarden-F.html
    私のHPでサイト内検索のパーツを試作したのですが、実は、うまく行かなかったのです。
    2011年05月24日 07:49
  • 寿々木

    綺麗な花沢山拝見しました。箱根空木は花色が変化するのですか、知りませんでした。
    2011年05月24日 07:49
  • 長さん

    あいべんさん、コメントありがとうございます。
    耐寒性のあるものは、ビニール鉢のものを買ってきて、庭に地植えをする人が多いのではないでしょうか。こぼれ種で増えるものは世話が要らないので、良いですよね。
    耐寒性がないと、冬は家の中に非難させなければなりませんから、我が家でも鉢植えにしています。
    2011年05月24日 07:53
  • 菜の花

     長さん、お店は花に名前が付いていていいですね。珍しい物好きにはやはり珍しい物が見つかりますね。
     私も14日に国際バラとガーデニングショウで珍しい花を沢山見て沢山写真を撮ったのですが、名前の分からない物がまだまだあって、毎晩画像を前に奮闘?しております。
     長さんの写された花と比較して参考にさせていただきますね。

     ハコネウツギは亡き母が“珍しいあじさい”と申し、枝を持たせてくれた植物です。もう少しで30年、私の側で毎年咲いてくれる植物です。ウツギの仲間の中では花も大きくて綺麗ですね。
    2011年05月24日 08:24
  • 長さん

    菜の花さん、コメントありがとうございます。
    園芸店では珍しいものにも必ず名札が付いているので良いのですが、昨日のリクニスのようなことがありますからね~。あれには参りました。現在は日光植物園で見た花の名前調べに奮闘中です。名札はあっても、季節違いだったり、花があるところに名札がなかったりで、管理する人手がないのでしょうね。
    ハコネウツギは母上の思い出の花でしたか。
    2011年05月24日 09:06
  • 信徳

    今日見せて頂いた4種の花も全て初見です。如何に花を知らないか、見ていないか少々ショックです(笑)。○○ウツギも沢山ありますね。
    2011年05月24日 09:13
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。レスが前後してしまい、申し訳ありません。
    箱根空木は色が白から紅に変化し、タニウツギやベニウツギは最初から紅や赤い色ですね。
    2011年05月24日 09:25
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    これらの花は園芸店でもめったにお目にかからないと思いますから、それほどショックに感じなくても良いでしょう(笑)。
    ウツギシリーズ、まだ続きますよ。
    2011年05月24日 09:27
  • たかようじ

    ペーパーデージー  ハナカンザシとよく似た花
    ですね。 光沢のある紙のように 見えますもの。
    クラスペディア  ピンポン玉くらいの 球形の
    可愛い花ですね。最近フラワーアレンジメントで
    人気者です。 但し、 脇役ですが。 (笑)
    2011年05月24日 12:23
  • 長さん

    たかようじさん、コメントありがとうございます。
    ペーパーデージーは、ハナカンザシを大きくして黄色くしたらそっくりになるかもしれません。花弁の感じは共にカサカサのようですし…。
    クラスぺディアは、フラワーアレンジメントの脇役としてはピッタリですね。
    2011年05月24日 13:57
  • shuuter

    ハコネウツギは箱根には僅かしか自生していないのに箱根とついたのでしょうかね。
    最初に箱根で発見されたと考えるのは無理があるようですね。
    2011年05月24日 15:32
  • 長さん

    shuuterさん、コメントありがとうございます。
    ハコネウツギの名前の由来ははっきりしないようです。当時、箱根では発見されておらず、命名者が誤診したのでは…とのことです。
    2011年05月24日 18:09
  • SHIGE

    確かに珍しい花ばかりですね。
    葱坊主のようなクラスペディア、面白いですね。
    ハコネウツギはよく見かけますよ。
    2011年05月24日 19:10
  • 長さん

    SHIGEさん、コメントありがとうございます。
    珍しい花が多いです。こういう花屋さんが近所にあると嬉しいのですが…。
    ハコネウツギは庭木として人気がありますね。
    2011年05月24日 19:37

この記事へのトラックバック