セイヨウトチノキ(マロニエ)、ベニバナトチノキ、ガマズミ

 流山街道(JR武蔵野線と交差するあたりから南へ800mほどの区間)にベニバナトチノキの並木があります。昨年の記事はこちらです。
 今年も気になっていたので、15日、孫たちと清水公園に行った帰りに、車窓から様子を見ました。もうかなり咲き進んでいたので、16日、チャリを漕いで撮影に行ってきました。急いだ理由は、他にもあります。並木の中で1本だけに白い花が咲いているように見えたからなのです。
 その光景がこちらです。中央の円内に白い花柱がみえますよね。
画像

 木の幹には「べもばなとちのき」と書かれた名札がありましたが、これは、セイヨウトチノキですね(葉の周りにギザギザがあるので)。並木の北端にもう1本ありました。
画像画像

 セイヨウトチノキはトチノキ科トチノキ属の落葉高木、別名マロニエ。ベニバナトチノキの並木用に用意した本数が多かったため、セイヨウトチノキが混じってしまったのでしょうか。

 下はベニバナトチノキです。セイヨウトチノキ(マロニエ)と北米産のアカバナトチノキの交配種だそうです。
画像画像

 もう、南に面した花柱には、実が出来ています。
画像

~ * ~ * ~ ~ * ~ ~ * ~ ~ * ~ 

 トチノキを撮った帰り道、流山市内の旧家の塀の上にカマズミ(莢蒾、スイカズラ科ガマズミ属)の花がみえました。実物は初めて見ます。
画像

 ミズキと同じような咲き方です。ミズキは4弁花でしたが、ガマズミは丸っこい5弁花でした。
画像画像

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 信徳

    ベニバナトチノキの並木は素敵ですね。もう大分大きいようですがこれからもっと伸びると壮観でしょうね。一本だけ混じってしまったのでしょう。市民の皆さんも勉強になるでしょう。
    2011年05月18日 04:57
  • なおさん

     日本のトチノキやベニバナトチノキの街路樹は都内でもあちこちで見られますが、面白いですよね。花も面白いし、葉も大きくて形がいいです。
     ガマズミの花もご覧になりましたか。秋の実も楽しみなことですね。
    2011年05月18日 05:03
  • ケン坊

    ベニバナトチノキは井頭公園で見ましたが、やはり実が付き始まってました。サルスベリと同じような感じで、次々と丸い実が...
    ミズキとガマズミは似てますね。多分、同じ花と見誤っていたかも知れません。花弁が4枚と5枚ですね。
    2011年05月18日 05:40
  • あいべん

    長さんお早う御座います。
    敢えて名前は記入(多分忘れるから)しませんが
    ピンクの花を除き他は見たことが何度も
    有ります。花弁の数までは分かりませんが。
    それにしても車の運転中でも街路樹の
    花や木に眼が向くとは・・・。
    2011年05月18日 07:36
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    ベニバナトチノキ並木の大きいところを撮りました。成長に差があるようです。白花の木は注意の住民も気づいているとは思うのですが、木の名札は付け替えて欲しいです。
    2011年05月18日 07:37
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    葉が大きい落葉樹は夏、日陰を作ってくれるので、街路樹としてはピッタリです。おまけに花が咲くとなると、景観も良くなりますね。
    ガマズミの赤い実も見てみたいものです。
    2011年05月18日 07:40
  • 長さん

    ケン坊さん、コメントありがとうございます。
    井頭公園でベニバナトチノキをご覧になりましたか。栃の実は大きくて、大昔は食料にしたらしいですね。
    ミズキとガマズミは遠目でみると同じようです。ガマズミは大きくならないようなので、高木ならミズキと判断できますが、低い木の場合は近づかないとわからないいですね。
    2011年05月18日 07:44
  • 長さん

    あいべんさん、コメントありがとうございます。
    ベニバナトチノキは綺麗ですよ。
    冒頭の白い花は、丁度交差点の角にあり、左右確認の際にちらりと目に入ったのです。自転車で行ける距離(2キロほど)なので、ベニバナトチノキの撮影がてら確認しに行きました。
    2011年05月18日 07:49
  • 寿々木

    トチの実煎餅はお馴染みですが花は初めてです。意外に小さな花ですね。
    2011年05月18日 08:03
  • 行き当たりばったり

    おはようございます。セイヨウトチノキが混じってしまった、ですか。すごい発見ですね。
    それだけ似ているということですか。
    白い花に着目してそれを究明してしまう。すごい観察眼です。
    2011年05月18日 08:21
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    栃餅というのは聞いたことがありますが、トチの実煎餅もあるんですね。ベニバナトチノキの花径は2cmほどでしょうか、複雑な形です。
    2011年05月18日 09:38
  • 長さん

    行き当たりばったりさん、コメントありがとうございます。
    花が咲いていない苗木だと、葉の形が同じだけに、混合してしまったら、花が咲くまで分かりませんよね。
    昨年も、今年も、数回通りがかっているのですが、白い花に気づいたのは初めてでした。
    2011年05月18日 09:41
  • 無門

    こんにちは

    名札は是非変えておいてほしいですね
    毎日ここを歩く人には頭にこの名前が
    刷り込まれている筈
    私のように純真なものは名札が頼りで
    すぐに信じてしまいますから
    2011年05月18日 10:35
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    この白花の木は交差点の角に植えてあるものですから、名札が違っていると目立ちます。ここは県道ですから、担当は県庁なんでしょうね。
    2011年05月18日 11:43
  • shuuter

    ガマズミが咲いていましたか。
    庭に植えられているのは珍しいのではありませんか。
    古い家で庭も広いのでしょうね。

    秋の紅い実と紅葉も美しいことでしょう。
    2011年05月18日 12:24
  • たかようじ

    セイヨウトチノキ なんて 無粋な 名前は止めて
    ”マロニエ ”で 参りましょう。
    小さな白い花が 房のように集まって 咲いている
    様子は 愛らしく、美しいですね。
    その花が鈴なりに咲いている パリのシャンゼリゼ
    の ”マロニエの 並木 ”は 素敵でしょうね。
    2011年05月18日 12:30
  • SHIGE

    ベニバナトチノキの街路樹はこちらにもあり先日アップしましたが、
    白いセイヨウトチノキはこちらには無く見たことないです。
    ベニバナトチノキの花より綺麗な感じですね。
    ガマズミの花のズームアップもなかなかですね。
    2011年05月18日 17:17
  • 長さん

    shuuterさん、コメントありがとうございます。
    この辺りは江戸時代、田んぼだったところです。大きな敷地で、おそらく江戸時代から続く旧家だろうと思います。秋にはガマズミの実が赤く実ることでしょう。忘れなければ写真を撮りに行ってきます。
    2011年05月18日 18:30
  • 長さん

    たかようじさん、コメントありがとうございます。
    マロニエのほうが響きがずっと良いですね。シャンソンなんかにも出てきそうです。しべが茶色くなる前はもっと綺麗に見えるのではないかお思います。
    シャンゼリゼ通りのマロニエ並木、こんなブログで雰囲気を味わってみたらいかがでしょう。↓
    http://photoletterparis.seesaa.net/article/152069955.html
    2011年05月18日 18:37
  • 長さん

    SHIGEさん、コメントありがとうございます。
    ノースポートの前に咲いているベニバナトチノキは立派なものですよね。こちらの並木はまだまだの状態です。
    白いマロニエの花はもっと早い時期だと、しべまで白い状態だったのではないでしょうか。
    ガマズミは近くで撮影できたので、ラッキーでした。
    2011年05月18日 18:49
  • ミキ

     ベニバナトチノキは街路樹としては
    目立ってステキですね。セイヨウトチノキが
    混じっていたのですか、面白いですね。
    こうしてみて見ると日本のトチノキの花のほう
    がステキに感じます。
    もう終わりの花だったからでしようか。
    ガマズミの花はこちらでも咲きはじめました。
    2011年05月18日 22:06
  • 長さん

    ミキさん、コメントありがとうございます。
    ベニバナトチノキに白花が混じってしまったのですね。交差点の角と、もう1本は並木の北から1本目ですから、植栽業者の故意も感じられるのです。
    しべ(葯)が変色する前のマロニエの花は綺麗に見えるかもしれません。
    2011年05月18日 23:19

この記事へのトラックバック

トチノキ、マロニエ、ベニバナトチノキ (日本・南北海道と欧州)
Excerpt: 日本ではトチノキ、欧米ではマロニエ/ホース・チェスナットとして知られます。 西洋トチノキとベニバナトチノキは西欧、中欧、北欧で街路樹によく使われる。 日本の白いトチノキは花の形などが欧米の白い西洋..
Weblog: 気ままにQ太郎ノート
Tracked: 2011-07-27 13:46