キリ(桐)の花、ニセアカシア、我が家の花

 13日、流山の運転免許センター近くでキリ(桐)の花を見ました。15日、孫たちを野田の清水公園に連れて行く前に、ちょっと寄り道して写真を撮ってきました。
画像

画像画像

 想像していたより大きな花でした。
画像

 左下は葉の形。右下の写真には、妻とさーちゃんが写っています。
画像画像

 16日、小梨さんのブログでも取り上げられていました(こちら)。記事によると、ゴマノハグサ科(あるいはノウゼンカズラ科)とされてきたが、DNA解析の結果、最近はキリ科として独立させたほうが良いとのことです。

 公園からの帰り道、流山市桐ヶ谷あたりで、斜面の上にハリエンジュ(針槐)が数本まとまって生えている光景に出会いました。マメ科ハリエンジュ属、別名ニセアカシア。
 車を止めて撮影に行きましたが、近くには寄れず、望遠のMAXでも右下程度。
画像画像

 消化不良なので、江戸川の流山橋手前で見たことを思い出し、16日に撮ってきました。もう、かなり散っていましたが、なんとかきれいどころを。
画像画像

~ * ~ * ~ ~ * ~ ~ * ~ ~ * ~ 

 16日の我が家の花です。
 朝、ヒメカンゾウ(姫萱草、ユリ科 ワスレグサ属)が咲きました。今年はつぼみが30以上確認できました。
画像画像

 上段、ミヤコワスレ(都忘れ、キク科)。色が濃い品種。クチベニシラン(口紅紫蘭、ラン科)。朝、開花。
 下段、シラン(紫蘭、ラン科)。マーガレット(キク科)。
画像

 上段、キルタンサス( ヒガンバナ科)。最後の一輪。セイヨウマツムシソウ(西洋松虫草、マツムシソウ科)。花の中からつぼみが出てきた。
 下段、プリムラ(サクラソウ科)。キンセンカ(キク科)。
画像

 ヒメカンゾウ、シラン、クチベニシランは妹宅から、キルタンサスは源じいちゃん宅から。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 小梨

    キリの花、綺麗に撮れましたね。 さすがです。ニセアカシアもこうして見ると綺麗な花ですね。
    2011年05月16日 23:37
  • 長さん

    小梨さん、早々とコメントありがとうございます。
    かなり上の方に咲いているのですが、長玉の望遠ズームを持っていった甲斐がありました。
    ニセアカシアも人気の木ですね。
    2011年05月16日 23:41
  • なおさん

     このキリの木はなかなか花つきが良いですね。ニセアカシアは花房をフジ同様に天ぷらにしても美味しいですね。砂防などのために植えられてあちこち殖えていますね。
     ヒメカンゾウはうちでも咲きだしています。お庭の花もいろいろで楽しいですね。
    2011年05月17日 05:01
  • ケン坊

    長さんの庭にも多くの花が咲き乱れていますね。
    ヒメカンゾウも? 手入れが行き届いていると見えて、どの花もイキイキとしています。
    桐の花が見頃になってきましたね。ただ樹高があるので、ケン坊のカメラでは全体像しか撮れません。
    薄紫の花が綺麗です。
    2011年05月17日 06:15
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    この桐の木は花付きが良い方ですか。葉も多いように感じました、
    ニセアカシアの天ぷらですか。美味しいですか。まめの味がしたりして…。
    姫萱草は今朝一気に15輪も咲きました。一日花なのが残念です。
    2011年05月17日 07:37
  • 寿々木

    ニセアカシアが満開ですね。当地でも咲き出しまして、家の窓から河原一面に咲くのが見えます。辺り一面に芳香が漂っているんですよ。花に惹かれて河原を歩きますと、柳の花粉で酷い目にあいます(^o^;;
    2011年05月17日 07:39
  • 長さん

    ケン坊さん、コメントありがとうございます。
    咲き乱れるほどあれば良いのですがね~。今朝一番花数が多いのは紫蘭と姫萱草です。日当たりが良くないので、どれも開花が遅れ気味です。
    桐は高木ですから、コンデジで花の撮影は難しいですね。望遠ズームレンズ(Max270mm=35mm換算で430mm)のお陰です。
    2011年05月17日 07:41
  • 目黒のおじいちゃん

    キリの花、見事に撮れましたね。高所の花は皆さん中々キャッチできないと申しております。家紋に使われる桐ですがこの花から導くとは巧みなデザイン力ですよね。
    クサフジは外来種の「ナヨクサフジ」と教わりました。
    2011年05月17日 07:56
  • 菜の花

     キリの実は小さい頃のおもちゃでした。振るとガラガラ鳴るのですよね。季節にはくつか音を楽しんだものでした。花も風景の一部ってところだったかな。
     ハリエンジュは見る分には良いですね。蜂蜜の蜜源でもあるようですし、でも密かに困ったちゃんなのですよね。切っても切っても生えて来ます。私の親は燃料にしておりました。

     お庭は色とりどりですね。ヒメカンゾウが15輪ですか。私もうちのを見なければ・・・・・庭が一杯になってしまったので畑の隅に植えてしまいました~。 
    2011年05月17日 08:16
  • 無門

    おはようございます

    山歩きしていて
    桐の花を初めて見た時
    大きな花だなーと感激しました
    ジャカランダの花と
    勘違いしたほどでした
    勘違いする方が可笑しかったのかな
    2011年05月17日 08:41
  • 信徳

    キリの木もニセアカシアの木も大きくなるので枝が垂れていないと写真を撮るのが大変でしょう。キリの花は子供の頃花の元を取って蜜を吸ったりした事など想い出します。庭の花が綺麗に咲いている事。口紅シランの薄いピンクが素敵です。
    2011年05月17日 08:49
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    当地ではニセアカシアの最盛期を過ぎたようで、地上に大量の花が落ちていました。こんな時期になると匂いも少ないようです。
    花粉の多い時期は散歩も、写真撮影も大変ですね。
    2011年05月17日 08:59
  • nobara

    この時期、里山を走っていると紫の桐の花と
    ヤマフジが木を駆け上って咲いてるのが見られます。
    ヤマフジと流してたら桐だったり・・・
    ノウゼンカズラの花のそっくりですが。
    そうですかキリ科に独立ですか・・
    ニセアカシアも原チャ通勤の時、お花のシャワーを浴びながら走った日々が懐かしいです(井の頭通り)
    2011年05月17日 09:00
  • shuuter

    ニセアカシアは私も昨日取りました。
    青空に高くそびえて白い房を垂れ美しいのですが。

    きずきの森にニセアカシアが増えすぎ 連日その刈取りに追われております。根を抜いているわけでないので一時しのぎです。根本対策がないのか 頭を痛めております。
    2011年05月17日 09:18
  • 長さん

    目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
    高木の花は撮影が大変ですね。今回は430mm相当の望遠レンズで低い枝の花を撮りました。よく晴れていたので、手ぶれしないシャッタースピードになりました。
    2枚目の写真はキリの家紋を意識して撮ったものですが、昔の人はデザイン力に優れたいたんですね。
    2011年05月17日 09:39
  • 長さん

    菜の花さん、コメントありがとうございます。
    桐の実は見たことがありませんが、中の種が収縮して、ガラガラ鳴るようになるんですね。住宅街ではなかなか桐の花を見ることが出来ませんね。
    ハリエンジュはマメ科なので伸びが早いのでしょうね。剪定して燃料にね、なるほど無駄がありません。
    つぼみが30数個のヒメカンゾウ、2日で過半数が咲きましたから、あと数日で終わってしまいます。あっけないです。
    2011年05月17日 09:44
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    キリの花はジャカランダの花に似ていますよね。ジャカランダの別名がキリモドキですから、キリのほうが本家ということでしょうね。
    2011年05月17日 09:47
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    キリの花は大きいので望遠ズームでなんとか撮れましたが、ニセアカシアは花が小さいだけに無理でした。アップで撮ったものは、斜面の下から生えている木を真横から撮れる歩道があったので、助かりました。
    キリの花の蜜を吸ったんですか。それはいい思い出ですね。
    口紅シランは日の当る時間帯に撮影してみます。シロシランも咲くはずなんですが…。
    2011年05月17日 09:53
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    昔は桐の花や山藤なんかがどこでも咲き誇っていたんでしょうね。山藤もほかの木に絡んだりしたものを遠くから見ると、桐の花のように見えるのでしょうね。
    最近はDNA鑑定で植物を分類する時代になったんですね。これからも区分け変更が出てくるのでしょうか。
    ニセアカシアの並木道も花の時期は楽しそうですね。
    2011年05月17日 09:59
  • 長さん

    shuuterさん、コメントありがとうございます。
    ニセアカシアの花は白い房が垂れて、美しい姿です。しかし、花が散ると大量の花殻が落ちて掃除が大変そうです。マメ科なので伸びが早く、蔓延ると大変なことになりますね。
    2011年05月17日 10:09
  • Tatehiko

    そちらでも桐の花が咲き始めているのですね。
    京都・我が家の近くの中学校の敷地のなかにも咲いているのを見つけました。
    この花を見て思うのですが・・・今、麦が実って黄金色に映えつつあるでしょう。
    この黄金色の背景の中に浮き立たせてみたいなぁ~と、そんな場面に出会うチャンスを期待しているのですよ(大笑い)
    2011年05月17日 12:48
  • 長さん

    Tatehikoさん、コメントありがとうございます。
    そうか、小麦が実る頃なんですね。こちらは水田ばかりで、麦を作っているところがありませんで、気づきませんでした。黄金色をバックに薄紫の桐の花、想像するとわくわくしちゃいますね(笑)。
    2011年05月17日 16:14
  • あいべん

    今日は少し得意な気分です。
    桐の花、此れはすぐ分かりました。
    田舎では子供が生まれると桐の木を
    植える習慣が有り我が家の裏に6本も
    桐の木がありました。
    古くからの言い伝えで桐の木で花嫁
    道具を造るとかでした。
    桐に花、以外は今日も綺麗な花で
    終わらせて下さい。(笑)
    2011年05月17日 16:28
  • SHIGE

    キリの花は余り見栄えのいい木が少ないように思ってますが、
    これは見事な花付きですね。
    ハリエンジュは近くの公園に大木があり、終わり近くになってますがまだまだ見られます。
    クチベニシラン、キルタンサス、プリムラはお初です。
    2011年05月17日 17:25
  • 長さん

    あいべんさん、コメントありがとうございます。
    昔の家が皆、桐の木を植えているのはそういう事だったのですか。桐の木で箪笥を作るとなると樹齢は何年位必要なんですかね。20数年では作れないような気もしますが…。
    2011年05月17日 18:26
  • 長さん

    SHIGEさん、コメントありがとうございます。
    桐の木を何本も見ていないので分かりませんが、丁度最盛期に写真を撮りに行ったようです。ハリエンジュも最盛期には見事ですね。
    我が家の庭は狭いので、お見せできる花が少ないのです。ですから、他所様の花を見て回っているわけです。
    2011年05月17日 18:30
  • eiji

    桐の木は大きな木が多く高い所で写真も撮りにくいですね。花も 想像を超える大きな花ですね。やはり藤色が好いですね。華やかな色のヒメカンゾウは我が家も沢山咲いていましたがもう直ぐ咲き終わります。
    2011年05月18日 07:03
  • 長さん

    eijiさん、コメントありがとうございます。
    キリの花の色はeijiさんの好みの色でしょう。こういう高い木は長玉の望遠ズームでないと無理ですね。
    お宅にもヒメカンゾウが咲いていましたか。一日花なので、あっという間に終わってしまいますね。
    2011年05月18日 09:35

この記事へのトラックバック