ぐるっと一周、新潟県の旅…26(8/27 村上市④)

 越後村上は鮭の町でもあります。村上市のHPによると、「村上の鮭の歴史は古く、平安時代には遠く京都の王朝貴族に献上されていたことが記録に残っています。 江戸時代に入ると鮭は村上藩の貴重な財源とされ、自然ふ化増殖システムである『種川の制』を考案し増殖に努めました。また、明治時代には、日本初の人工ふ化に成功し遡上数の大幅な増加が見られました」とあります。
 そんな村上の鮭について学習できるのが、日本最初の鮭の博物館「イヨボヤ会館」です。左下はその入り口です。右下は、会館の右手に建つ「サーモンハウス」。村上では鯉のぼりではなく“鮭のぼり”なんでしょうか。
画像画像

 10月に入ると、三面川(みおもてがわ)を遡上してきた親鮭をここでも観察できますが、現在は放流する前の稚魚が観察できます。
画像画像

画像 この会館は、三面川の分流である種川(たねがわ=江戸時代に作られた人工河川=世界初の自然保護増殖のため)の際に建てられており、長さ50mの地下室に8つのガラス窓を設けています。10月以降、この窓から遡上する鮭が観察でき、運が良ければ産卵シーンも見られるとか。
 下の写真は、この地下室に至る通路に、特殊な蛍光塗料で描かれた鮭の姿です。かなり、リアル。
画像画像

 2階には村上の鮭文化や鮭漁、村上の自然や人々のくらしなどの展示がありました。村上の塩引鮭って美味しいのだそうです。鮭をよく水洗いし、塩を摺り込んで一週間ほど塩漬けし、塩を洗い流して二週間ほど寒風に晒す、これが製法だそうです。
画像画像

画像
 ところで、“イヨボヤ”ってなんでしょうか? 
 以下は、会館のHPから引用したものです。
 村上地方では古くから「鮭」を「イヨボヤ」と呼んで来ました。和名抄という本に“魚俗にイオと言う”とあるように「イオ」とは魚のことです。当地方では「イオ」から転訛して「イヨ」と言い、「ボヤ」は広く魚をいう方言ですが、この地方では「イヨボヤ」「タイボヤ」など、位の良い魚を言う方言です。鮭は「魚の中の魚」であるという意味から「イヨボヤ」即ち鮭のことをさす言葉となりました。

(続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • ぽん太

    平安の昔から今に至るまで村上の人
    たちは鮭を大切にしてきたのですね。
    鮭の町として潤うにはいろいろ大変な
    努力がなされたことがよくわかります。
    2010年09月24日 19:48
  • 長さん

    ★ぽん太さん、コメントありがとうございます。
    鮭漁と米作りは歴代の為政者が力を入れたのでしょうね。それが藩の財政を潤すことになったのでしょうね。
    2010年09月24日 22:34
  • OSAMI

    鮭こと勉強になりました、イヨボヤくらいは何とか記憶にとどめておきたいものです(笑)。
    2010年09月24日 22:59
  • 行き当たりばったり

    こんばんは。イヨボヤですか。はっきりわかりました。大昔から、地域の民の役に立っていたのですね。それが産業になり、民をも潤す。大切な資源ですね。
    楽しい旅が続いていますね。
    2010年09月24日 23:01
  • 信徳

    今晩は!三面川は「みおもてがわ」と読みます。魚の事を魚沼でも「イオ」と呼びます。だから魚釣りのことを「イオツリ」と言います。魚沼は信濃川から魚野川に繋がりここでも昔から人工で孵化させ放流を続けてきました。村上は河口の街、ここで放流された稚魚は一旦三面川を遡上し有る程度大きくなって海に戻るのでしょうね。そして海で大きくなってまた三面川に戻る。この間違うことなく戻る習性が素晴らしいです。何だか変なコメントになりましたが昔の鮭の遡上が懐かしく拝見しました。もう50年も遡上を見ていません。
    2010年09月24日 23:01
  • 長さん

    ★OSAMIさん、コメントありがとうございます。
    イヨボヤ、珍しい響きですから、私でも少しの間は忘れないでしょうね。「鮭は良いよ、坊や」とでも覚えましょうか。
    2010年09月24日 23:11
  • 長さん

    ★行き当たりばったりさん、コメントありがとうございます。
    イヨボヤ、お互いに忘れないようにしましょうね。
    村上では鮭が生活と密着していることがよく分かります。村上では100を超える鮭料理があり、頭から尾びれまで何一つ捨てることなく利用するのだそうです。
    2010年09月24日 23:18
  • 長さん

    ★信徳さん、補足説明をしていただいてありがとうございます。
    魚沼でも魚のことを「イオ」と言うんですね。越後、いやもっと広い地域でそう言われているのかも知れませんね。ところで、魚沼はも昔はイオヌマと言っていたんだそうですね。
    三面川の読み方、1枚目の写真に出ているのでいいかなと思って手抜きをしました。早速追記しておきました。
    2010年09月24日 23:26
  • 海遊

    この蛍光塗料で銭湯の壁画に
    海のシーンを描けば
    海の中にいる気分になれそう
    2010年09月25日 00:47
  • なおさん

     鮭の博物館をごらんになりましたか。いろいろな鮭の生態や情報が得られて興味深いところですね。
     100を超える鮭料理がありますか。そちらも興味深いですね。長さんも本場の鮭料理を食べられたのでしょうか。
    2010年09月25日 06:23
  • たかようじ

    テレビ放映で 塩引き鮭のつるし作業を
    見たことがあります。町屋造りの 店の
    天井から鮭をずらりと吊るしていました。
    手間がかかっている分美味しそうですね。
    日本人には 旨いご飯と 旨い鮭!
    又今日も おなかのすく記事ですこと。
    2010年09月25日 07:22
  • 寿々木

    鮭のことをイヨボヤというのですか、知りませんでした。
    2010年09月25日 07:56
  • 長さん

    ★海遊さん、コメントありがとうございます。
    蛍光塗料で銭湯の壁画ですか。それは良いかも知れません。難は暗くしないと効果が発揮できないことでしょうか。
    2010年09月25日 08:00
  • 長さん

    ★なおさん、コメントありがとうございます。
    日本最大の鮭博物館だそうですから、世界一かも知れません。
    本場の鮭料理を食べてみたかったのですが、今は昨年のものが食べつくされており、残念ながら10月以降でないと無理なようです。
    2010年09月25日 08:03
  • 長さん

    ★たかようじさん、コメントありがとうございます。
    このイヨボヤ会館でも、10月に入ると鮭の塩引きの実演があるそうです。
    村上の人に言わせると、塩引鮭は新巻鮭なんかよりずっと美味しいのだとか。
    2010年09月25日 08:05
  • 長さん

    ★寿々木さん、コメントありがとうございます。
    方言も表日本と裏日本はかなりの違いがあるようですね。イオという古語が方言として残されているのが面白いです。
    2010年09月25日 08:07
  • ケン坊

    イヨボヤの語源が判りました。単なる方言くらいにしか思わないで見学してましたね。写真の場所も見覚えが...10数年前ですが、いま、改めて写真を見ると当時が蘇ってきますね。
    でも魔女は覚えてないと思います。この辺を見学するころは体調を崩してましたから...これは表向きの言い訳ですかね?
    2010年09月25日 10:42
  • shuuter

    鮭にはいつもお世話になっています。
    妻がいないときの昼食は塩サケに決まっています。
    古くから人工ふ化がなされていたのですね。私もその恩恵を被っているよです。
    2010年09月25日 11:49
  • tomi

    長さん; まだまだ越後の旅は続きますか?
    何日行かれたのでしょう、 村上が鮭の遡上川を有しているとは知りませんでした が 母の里が鮭や筋子など送って呉れたところを見ますと鮭捕獲地だったんですね。
    この様に時間を掛けて同じところを廻ると沢山の知識が得られて大急ぎで廻る観光とは一味違った旅行になりませんか。

    さて私達この28日から メープル街道の旅を10日掛けてレンタカーで廻ります、モントリオール は今は毎日雨でどうなるやら、トロントの友人は今日は30度といってきましたこの4.5日この様な暑い日が続くとの事。
    飛行機代はLAーモントリオール=800ドルです、何処も競争相手が無いそうで、同じ頃友達が故郷のワイキキに帰りますが たったの300ドルです、余り安いから用が無いけれど帰るんだと言って居ました、モントリオールとは同じデスタンスなのに。
    2010年09月25日 14:37
  • 花ちゃん

    こんばんは。
    鮭のことをイヨボヨと言うのですか?始めて知りました。
    いつも鮭にはお世話になっていますが、何も知らずに食べていましたお勉強になりました。
    2010年09月25日 20:59
  • 長さん

    ★ケン坊さん、コメントありがとうございます。
    10数年前の記憶が蘇りましたか。魔女さんが体調を崩されていたのでは、気になって仕方がなかったでしょうね。
    2010年09月25日 22:53
  • 長さん

    ★shuuterさん、コメントありがとうございます。
    昼食は鮭の機会が多いんですか。美味しいですが、塩分の摂り過ぎにご注意くださいね。
    2010年09月25日 22:55
  • 長さん

    ★tomiさん、コメントありがとうございます。
    新潟県を6泊7日で一周し、この記事の翌日に帰宅しました。旅行前にも計画を作るのに、ネット情報を調べましたが、やはり実際に見たり感じたりすることは多いですね。
    メープル街道を10日間ですか、それは良いですね。紅葉にはちょっと早いかも知れませんが、楽しい旅になりそうですね。
    航空運賃の決め方って、需給の関係もあるのですが、競争がなければ高くなりますよね。
    2010年09月25日 23:00
  • 長さん

    ★花ちゃんさん、コメントありがとうございます。
    イヨボヤというのは越後だけらしいので、知らなくて当然ではないでしょうか。私も今回の旅行を計画しなければ知りませんでした。
    2010年09月25日 23:02

この記事へのトラックバック