長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 床暖房の不凍液循環用パイプの設置

<<   作成日時 : 2006/02/04 18:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 昨日(2月3日)に設置した保温板(断熱材)上の配筋を支持にして、太陽熱コレクターから循環させる不凍液用のパイプ(三菱樹脂の「ヒシパイプ」、内径13mm)が敷設された。パイプは蓄熱コンクリートの中に埋もれるため、耐久性・耐熱性の高いポリブデン樹脂が使用されるという。職人さんから端材を頂戴したが、乳白色でかなり硬いもの。
画像

 敷設が済むと、中に不凍液をポンプで注入し、しばらく圧力をかける。漏れがないかどうかチェックするためだ。写真はポンプと不凍液(手前)。この不凍液は濃い赤色のため、乳白色のパイプがピンク色に変わっている。チェックの結果、漏れはないとのこと。
画像

 最後に、LDの中央付近に達するコルゲートチュープ(フレキシブルな蛇腹のようなパイプ、上の写真の橙色のもの)を敷設した。これは、土台外側から温度センサーを挿入するためのもの。温度センサーは、勿論、蓄熱コンクリートの温度を測るため。センサーはハイブリッドソーラーシステムを監視するコンピューターにつなげ、蓄熱コンクリートの温度をコントロールする。
 不凍液の流れを調節する弁(橙色)が二つ着けられた。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
sanyoの床暖房
床暖房って暖かいっていうのは、聞いていたし市の施設などでも導入されているから床の暖かさは知ってはいたけどさすがに、床の工事をしてまで床暖房は入れることはちょっと金銭的に無理でした。というか、うちに来たsanyoの販売店の営業の人はかに簡易床暖房しかす... ...続きを見る
太陽光発電
2008/02/19 18:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
床暖房の不凍液循環用パイプの設置 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる