長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓄熱コンクリートの流し込み

<<   作成日時 : 2006/02/08 12:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 朝から良い天気なので、絶好のコンクリート打ち込み日和(なんて言葉はないか)。
 一昨日の積雪は、昨日には解けてしまい、ブルーシートの上に溜まっていた。それが今朝の寒さで凍ってしまい、排出作業にはかえって好都合。
 不凍液循環パイプがセットされた配筋を、高さ5cmほどのコンクリート製コマで浮かせ、生コンが土台の天端と同じ高さまで流し込まれた。今日は、基礎やさんの社長も現場監督に見えた(下の写真の右端の方)。
画像

 今日の生コン打ちはとても丁寧。金コテやトンボでよくなじませて、オートレベラーで打設面の高さを確認する。最後はベテランの職人さんが大きなトンボできれいに均した。ちなみに、最近のトンボはアルミ製。
画像

 生コンは、玄関ポーチや内玄関も打ち込まれた。打ち込まない場所は不凍液循環パイプの点検口となる押入れ下と浴室、パイプシャフト部分のみ。
 美しく仕上がった。生コンが固まれば、いよいよ躯体工事に入ることになる。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蓄熱コンクリートの流し込み 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる