最新式墓地でとんでもないハプニング発生

画像
 都心のお寺は用地難で新規のお墓が作れない。そこで出現したのが団地スタイルの墓である。団地スタイルと言っても、高層にするわけには行かない。床すれすれでは気分が悪いし、背が届かないのでは不便で仕方がない。従って、せいぜい3、4段が限度であろう。
 昨日、叔父の3回忌で東京ドーム近くのあるお寺に出かけた。このお寺の場合は、団地スタイルより更に進んでおり、コンピューター制御のオートマチック式なのである。近代的な物流倉庫を思い浮かべていただければ良い。
 写真左手前のピンクの部分のやや上にカード挿入口があり、持参の磁気カードを入れると、骨壷を収めた箱が祭壇の下部に運ばれてくる。お参りの準備が出来ると、右奥の回転式スライドドアが開き、祭壇が現れる仕掛けだ。お参りが済むと、祭壇の右手前にあるスイッチを押す。これで骨壷が所定の位置に戻される。
 僧侶のお経とお焼香が済んで、この近代墓地に行くと、今日はお参りが出来ないという。何と、電気系統の故障により、骨壷が運ばれてこないというハプニング。係員は「初めてのトラブルで」と平謝り。遠くから墓参に来たにもかかわらず、機械が相手では怒るに怒れず。
 故人は冗談好きで陽気な人だったから、冥途の世界で「いたずら成功」と喜んでいるかもしれない。

この記事へのコメント

  • moo_san

    今日は山手線が長い間戸待っておりましたね。これも電気ですよネー。お寺の場合、停電の時はローソクの出番でしょうに、大変な時代です。正に笑うしかないですか。ところでこう言う場合お布施は割引になりませんか?
    2005年11月07日 17:29
  • moo_san

    「戸待って」はおりません。止まっておりました。本人のそそっかしさがPCに感染したようで簡単な文字でも変に変換されます。失礼
    2005年11月07日 17:34
  • 長さん

    祭壇のドア(戸)が開くのを待っていたのに、開かない・・・従って、「戸待って」でもいいのかな。
    お布施の割引交渉をしたのかどうか、施主さんに聞いてみましょうかね。
    2005年11月07日 18:51
  • moo_san

     写真カードスロットの下に四角なものが見えますが、暗証番号なんかもインプットするのでしょね?暗証番号には私参っております。アチコチで皆暗証番号の設定を求められ、セキュリティーから分かりやすいのは駄目とか、同じ物にすれば芋づる式になりそうで。色々作っては自分で分からなくなったりして。
    2005年11月07日 22:13
  • 長さん

    ピンクの部分は説明書きで、暗証番号の入力は求められていません。お骨を盗む人もいませんから、それほどセキュリティにこだわる必要もないのでしょう。尤も、カードを拾っても何のためのカードなのか分かりませんから。
    2005年11月07日 23:00

この記事へのトラックバック