長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ


zoom RSS 今日の花 & 大型客船の旅(13) 弘前城の桜(その3)

<<   作成日時 : 2018/05/19 14:08   >>

ナイス ブログ気持玉 137 / トラックバック 0 / コメント 38

< 今日の花 > ウォーキング中に見た花です。

イボタノキ(水蝋の木・疣取木)
モクセイ科イボタノキ属の落葉低木。日本各地の山野に自生
画像
画像

セイヨウイボタノキ(西洋水蝋の木)
モクセイ科イボタノキ属の半耐寒性半落葉〜常緑低木
ヨーロッパ・北西アフリカ・南西アジアに分布
別名:ヨウシュイボタノキ、プリベット(プリペットとも)
画像
画像

シルバープリベット
セイヨウイボタノキの斑入り葉園芸種
別名リグストルム“バリエガータ”
画像
画像

 5月14日撮影。


〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜


大型客船の旅(13) 4月30日(航海3日目)
   弘前城の桜(その3) 二の丸から本丸へ

 弘前城の三の丸から東内門(二の丸東門とも言い、国の重文)をくぐって、二の丸に入ります。写真は東内門手前の枝垂れ桜。
画像

 左下は東内門の表側、右下は裏側。
画像画像

 左上の写真で左手に写っているのは「正徳桜」と言われ、正徳5年(1715年)に植えられたもの(品種は不明)です。
画像
画像

 東内門を入ると、明治15(1882)年に植えられた、世界一古いソメイヨシノがありますが、既に葉桜でした。
 東内門を入って右手の八重桜。普賢象らしい。
画像
画像

 東内門を入って左手に進むと、右手に内濠を挟んで本丸が見えます。現在本丸の石垣は積み直しの工事が行われており、天守台は移動されています。
 左下は石垣修理の説明板。右下は移動された天守台。画面上には咲き残りのソメイヨシノが写っている。
画像画像

 朱に塗られた下乗橋が見えてきました。
画像

 下乗橋近くの枝垂れ桜です。
画像

 下乗橋から見た、内濠に浮かぶおびただしい花筏です。ソメイヨシノの本数の多さが窺い知れます。
画像

 咲き残りのソメイヨシノです。
画像

 下乗橋を渡って本丸に入ります。
 (つづく)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 137
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(38件)

内 容 ニックネーム/日時
イボタノキをお庭に植えてらっしゃるお宅があるのですか、この木につくカイガラムシから蝋をとって薬用に使ったとききました。当地河畔にも生えてましたが切り倒されました。
寿々木
2018/05/19 17:07
弘前城は戊辰戦争の際、藩が奥羽越列藩同盟をいち早く脱退して新政府に恭順したため取り壊しを免れました。今でも9棟の建物が現存します。天主は石垣の修復のため曳家で移動中ですね。
river
2018/05/19 18:51
近所の生け垣で西洋イボタノキを多く見かけます。
通りすがりに香りが漂ってきます。
shuuter
2018/05/19 19:13
 イボタノキは筒形の花が面白いですよね。イボタロウムシの作る蝋はまだ使われているのでしょうかね。今となっては貴重品でしょうね。

 桜の最盛期にはさぞかし、という雰囲気がうかがえますね。お濠をピンクに染めて浮かぶ花筏も見事です。やはり1度は見ておきたいところですよねえ。
なおさん
2018/05/19 19:48
例年なら満開シーズンだったからちょっと残念ですね。

もう花筏というより赤潮かなにか…(-_-;)
月奏曲
2018/05/19 20:04
イボタノキ、セイヨウイボタノキ、
シルバープリベット どれもよく似てますね!
可愛いお花です✿(◡‿◡*)❤ねぇ

この花筏を見たら・・・どれほど!
多くの桜が咲いていたのか!?
凄いです\(◎o◎)/ビックリです❢❢
♪のこ♪
2018/05/19 20:32
今日の散歩の帰途、住宅地の中でイボタノキに似た花を見ましたが、セイヨウイボタノキだったかもせれません。
弘前城内堀の花筏の多さには驚きです。
mori-sanpo
2018/05/19 20:59
寿々木さん、コメントありがとうございます。
イボタノキを植えているお宅は希ですね。これまで数軒しか発見していません。蝋を採ったくらいですから、昔はどこにでも生えていた木なのでしょう。
長さん
2018/05/19 21:13
riverさん、コメントありがとうございます。
天守台は取り壊しを免れ、東北地方で唯一現存しています。天守台曳家の様子は天守台内部を見学したときビデオが流れていました。その場面を次回に投稿します。
長さん
2018/05/19 21:19
shuuterさん、コメントありがとうございます。
セイヨウイボタノキ、中でも斑入り種が生け垣などに多く使われていますね。
長さん
2018/05/19 21:20
なおさん、コメントありがとうございます。
イボタ蝋でネット検索すると、販売されているので、まだ作られているようですよ。80gで390円ですから、それほど高価なものではないですね。
これだけの花筏が浮かぶのですから、ソメイヨシノが満開の頃は凄いでしょうね。
長さん
2018/05/19 21:26
月奏曲さん、コメントありがとうございます。
狙いは満開のソメイヨシノだったのですが、今年は何もかも早く咲いたので、仕方がないです。花筏は放っておくと茶色くなるので、引き上げるらしいですよ。
長さん
2018/05/19 21:28
♪のこ♪さん、コメントありがとうございます。
イボタノキとセイヨウイボタノキは良く似ていますが、花弁があまり開かないのがイボタノキ、反り返るのがセイヨウイボタノキです。
桜の花弁が濠に落ちても流れていかないから溜まる一方ですね。
長さん
2018/05/19 21:30
mori-sanpoさん、コメントありがとうございます。
イボタノキは花弁が開きませんから容易に区別できますね。ただ、植えてあるのは殆どプリペットです。
濠の斜面にソメイヨシノが植えられているので、散った花弁の殆どは花筏になるのですね。
長さん
2018/05/19 21:33
こんにちは

桜の弘前城
まさに爛漫ですね
心の中から
喜びがわいてくる
無門
2018/05/19 21:52
無門さん、コメントありがとうございます。
大量の花筏を見ると、やはり植えてある本数が多いソメイヨシノが満開の頃が見事だったでしょうね。
長さん
2018/05/19 21:54
こんばんは!
セイヨウイボタノキを教えてくださってありがとうございました。
早速ブログに文章を追加しました。
斑入りもあるのですね。きれいでしょうね。
弘前城といえばやはり花筏ですね。
こんなにたくさんの花びらが流れているのですか。
素晴らしいですね。
うふふ
2018/05/19 22:56
こんにちは
東内門の正徳桜(1715)樹齢が約300年とは驚きですね 桜の寿命は凡そ100年位かと思ってました
乙女ヶ丘
2018/05/20 02:38
内堀に浮かぶ花筏、すごいですね。
天守台は移動中とか。
弘前城は一度サクラの時期に訪れた事があり
思い出しています。
信徳
2018/05/20 05:56
堀の中の花びらがとても綺麗ですね。
杯にひらひら一枚の花びらが・・
これは息だね〜一気にグイ・・とのど元を通ります。
夕焼け
2018/05/20 07:52
お早うございます
シルバープリペットの花
咲いてきましたねー
花筏見事ですね〜
すーちん
2018/05/20 07:55
今年の桜は早かったので仕方ないですね。
枝垂れや八重桜が見られて良かったですね。
それにしても花筏がすごいですね。
コスモス
2018/05/20 08:44
うふふさん、コメントありがとうございます。
セイヨウイボタノキ、もう少し早くアップするつもりでしたが、イボタノキが見つからなかったので・・・。
弘前城の花筏はいくつかポイントがあるのですが、内濠は水面を埋め尽くしていました。凄いですね。
長さん
2018/05/20 09:23
乙女ヶ丘さん、コメントありがとうございます。
桜は神代桜が生き延びているように、本来、長寿になれる木ですが、ソメイヨシノが短命なので、その印象が強いのですね。
長さん
2018/05/20 09:26
信徳さん、コメントありがとうございます。
満開の頃をご覧になっていらっしゃいますか。内濠に浮かぶ花筏、半端じゃないですね。
天守台を支える石垣が膨らんできて、強度が弱くなってきたので、石垣を積み直しています。そのため天守台の移動が必要になったのです。
長さん
2018/05/20 09:30
夕焼けさん、コメントありがとうございます。
花筏はまだピンク色が残っていました。一体何枚あるのでしょうね。杯に1枚ずつ入れたら何杯分になるでしょうか(笑)。
長さん
2018/05/20 09:33
すーちんさん、コメントありがとうございます。
シルバープリベット、お近くでも咲いていますか。
この花筏は今まで見てきたものと比べものにならないくらい凄かったです。
長さん
2018/05/20 09:34
コスモスさん、コメントありがとうございます。
ソメイヨシノが終わったら、それでおしまいかと心配していたのですが、後半の八重や枝垂れが満開で良かったです。名残の花筏も見られたし・・・。
長さん
2018/05/20 09:37
凄い花筏ですね〜!
特に赤い橋のあたり絵になりますね。
イッシー
2018/05/20 11:17
イボタノキも種類がありますね。斑入りのシルバープリベットは初めて見ました。
弘前城の八重桜は見事ですね。ソメイヨシノの内濠の花筏見事というか凄いです。今年は花が早かったので少し残念でした。
eko
2018/05/20 11:31
イッシーさん、コメントありがとうございます。
凄い花筏でしょう?
下から4枚目の写真をもう少し右手から狙うと良いのですが、手前に工事中が写ってしまう。
長さん
2018/05/20 11:51
ekoさん、コメントありがとうございます。
我が家の近くには新興住宅街が多いので、斑入りプリベットを植えているお宅が多いです。
こんなに大量の花筏を見たのは初めてです。流れがないので、散った花弁が溜まる一方なんです。
長さん
2018/05/20 11:54
花筏の素晴らしい弘前城
染井吉野は残念でしたが
枝垂れ桜、八重桜ともに見事ですね
ジュン
2018/05/20 15:13
ジュンさん、コメントありがとうございます。
弘前城のソメイヨシノは出発前から間に合わないと分かっていたので、仕方がありませんが、名残の花筏は凄かったです。
八重桜や枝垂れ桜が綺麗に咲いていて良かったです。
長さん
2018/05/20 19:46
おはようございます。
散歩途中には、たくさんのお花が咲いていますね。
実にお花の好きな方が多い
花筏---すごいです。旅の醍醐味です
行き当たりばったり
2018/05/22 07:08
行き当たりばったりさん、コメントありがとうございます。
我が家から片道2〜3キロの範囲ですが、花の多そうな地域を重点に歩いています。
中濠の花筏、凄いですよね。
長さん
2018/05/22 09:47
弘前公園の花筏は本当に凄いですよ。濠の両側にソメイヨシノが植えられているので、散り始めると水面が花びらで一気に覆われてしまいます。そして不思議な模様が出来たりして、これまた神秘的だったりします。
降魔成道
2018/05/23 21:05
降魔成道さん、コメントありがとうございます。
濠なので花弁が流れていかないから花筏も凄い量になりますね。風で花弁が吹き寄せられたりしますから、それで模様が出来るのですね。
長さん
2018/05/23 22:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今日の花 & 大型客船の旅(13) 弘前城の桜(その3) 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる