長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ


zoom RSS 大崎雪割草の里にて(3) 雪割草以外の花たち

<<   作成日時 : 2018/04/01 13:50   >>

ナイス ブログ気持玉 124 / トラックバック 0 / コメント 32

越後雪割草街道の旅B 
 今回は、柏崎市にある大崎雪割草の里で見た、雪割草以外の早春の花を紹介します。

キクザキイチゲ(菊咲一華)
キクザキイチリンソウ(菊咲一輪草)とも呼ばれる
画像
画像
画像
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草


キクバオウレン(菊葉黄連)
早春に咲くオウレンには、他にセリバオウレン、バイカオウレン
があるが、キクバオウレンは葉が菊に似ている故の命名
画像
花弁に見えるのは萼片。花弁はその内側で小さい
画像
雄花              雌花
画像画像
キンポウゲ科オウレン属の多年草
北海道から四国の山地に分布


コシノカンアオイ(越の寒葵)
画像
画像ウマノスズクサ科カンアオイ属の常緑多年草
本州の日本海側(山形県〜福井県)の多雪地帯に分布


カンスゲ(寒菅)の一種
葉の断面がM字型になっていればオクノカンスゲなのだが
画像
画像
カヤツリグサ科スゲ属の常緑多年草


ショウジョウバカマ(猩々袴)
画像
画像
メランチウム科(←ユリ科)ショウジョウバカマ属の多年草


ユキバタツバキ(雪端椿)
大崎雪割草の里の隣はユキバタツバキの群生地になっている
画像
画像
ツバキ科ツバキ属の常緑低木
ヤブツバキとユキツバキとの中間雑種と言われ、学術的にも希少価値あり
日本海側の一部でしか見ることができない
おしべの基部が短く、筒状になっていることが特徴

 3月25日撮影。

 シリーズCでは、越後丘陵公園の雪割草まつりを紹介します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 124
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
今回も良いものを見せて頂きました。
現地に行かないと見られないものも多いようですね。
続報が楽しみです。
目黒のおじいちゃん
2018/04/01 14:16
キクザキイチゲ、キクバオウレン、ショウジョウバカマ、ユキバタツバキなど私も撮ったのですが雪国植物園の所で重複すると思い省略してしまいました。国際雪割草協会甲信越支部の展示は私も明日載せる予定です。
river
2018/04/01 14:46
キクザキイチゲ、キクバオウレンなど早春の花が見られて良いですね。
コシノカンアオイやユキバタツバキなど現地でしか見られない花も興味深いです。
eko
2018/04/01 16:07
 キクザキイチゲが雪割草と仲良く咲いているさまというのは良いですね。まさに春の妖精という趣です。
 金平糖のようなキクバオウレンの花も可愛らしいです。コシノカンアオイの花は地味ですので、この時期に咲くということを知っていないと素通りしてしまいそうですよね。
 ショウジョウバカマも雪に埋もれて越冬するので、葉が紅葉せずに青々としているのが雪国ならではですね。

 ユキバタツバキも紅の燃えるような色合いが春を告げますね。
なおさん
2018/04/01 17:04
色々咲いていて興奮しそうです。
群馬・中之条などは全くお花はなかった?
昨年、谷川岳近くの諏訪峡に行ったときは
土手に自然にイチリンソウなどが見られたのですが。
やはり保護してないとこんなには見られない?
カンスゲ、似たのが我が家にも咲いてます(笑)
nobara
2018/04/01 17:22
こんにちは。
キクバオーレンの雌雄花、見られて嬉しいです。
早春に咲く野草の姿、寒さを乗り越え可憐な花をつけ、けなげなすがたですね。
ロシアンブルー
2018/04/01 17:40
キクザキイチゲは小さくてかわいい花です。北海道のカラマツ林で見たことがあります。カン菅はは上高地でみかけました。雄花と雌花が離れて咲くので見分けやすいですね。
寿々木
2018/04/01 17:44
新潟方面って縁がなくってなかなか行けませんが、
山野草の宝庫なんですってね。一度は行きたいなー。
イッシー
2018/04/01 19:06
目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
これらの草花は日本海側の里山で雪解けからまもなくして雪割草と共に咲き出す花たちです。ユキバタツバキの群生地は貴重らしいです。
長さん
2018/04/01 19:07
riverさん、コメントありがとうございます。
雪国植物園で咲いている花と、確かに重複しますね。
越後丘陵公園のHPによると、国際雪割草協会甲信越支部の展示・即売会は3月24日・25日と出ていましたが、28日も開催されていましたか。
長さん
2018/04/01 19:13
ekoさん、コメントありがとうございます。
これらの花は雪割草と同じ環境で同じ時期に咲くのですね。この後、エンレイソウやトキワイカリソウが咲き始めるとのことです。
長さん
2018/04/01 19:15
なおさん、コメントありがとうございます。
雪割草が一緒に写っている写真を選んで投稿しました。
キクバオウレンの花は小さいのですが、何とかマクロレンズを使わずに写せました。勿論トリミングですが・・・。
ショウジョウバカマは葉の先に子どもが出来て、それが地面に落ちて、寒い中でも生長するという生命力の強い草ですね。
長さん
2018/04/01 19:21
nobaraさん、コメントありがとうございます。
ここは里山なので、雪割草以外の早春の花も一緒に見られるのが良いのです。
今回のご旅行では群馬県の雪が多かった所に要らしたようですね。雪解けが遅くて草花の生長が後れていましたか。
長さん
2018/04/01 19:24
ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
キクバオウレンの雄花・雌花は色が違うのですぐ識別できます。ただ、花が小さいのルーペなんかがあると良いですね。
長さん
2018/04/01 19:26
寿々木さん、コメントありがとうございます。
キクザキイチゲは遊歩道の近くにもたくさん咲いているので、写真が撮りやすかったです。
カンスゲの雌花は小さくて色が目立ちませんね。
長さん
2018/04/01 19:31
イッシーさん、コメントありがとうございます。
新潟県はこの後、雪国植物園を紹介しますが、外来種や園芸種は植えられていないのでお勧めです。近くなら、湯沢高原なんかもお勧めだそうです。
長さん
2018/04/01 19:35
うみゅ〜…
こうやって並べてもらえればわかるんだけど実際見に行ったら私まったく区別とかつかなそう(゚Д゚;)
月奏曲
2018/04/01 19:38
月奏曲さん、コメントありがとうございます。
そんなに多くの種類が咲いているわけではないし、花の写真が載ったパンフレットもいただけるので、問題ないですよ。
長さん
2018/04/01 19:41
こんにちは

越の○○
それこそ本場ですね
きっと分水嶺が
そうさせたのかもしれないね
無門
2018/04/01 20:07
一枚目のムラサキの花はキクザキイチゲの紫花ですか?
それともユキワリソウかな?
丁度中間の大きさでどちらか迷っています。
昨日の赤城山麓に咲いていた大木で白い花はコブシでした。
質問に答えず失礼しました。
信徳
2018/04/01 20:28
無門さん、コメントありがとうございます。
植物も大雪が降る山を越えるのは困難なんなので、裏日本では特異な進化を遂げたのですね。
長さん
2018/04/01 20:44
信徳さん、コメントありがとうございます。
1枚目の中央に写っている青い花は雪割草です。キクザキイチゲにしては花弁が少ないでしょう?
やはりコブシでしたか。大きくなる樹種なんですね。
長さん
2018/04/01 20:47
一般的な野草類に先立って咲く、キクザキイチゲやキクバオウレンなどまさに春の妖精ですね。
ショウジョウバカマは、吾妻山の湿原地帯で見たことがありましたが、このような新鮮な花びらではありませんでした。
mori-sanpo
2018/04/01 20:56
ユキワリソウ以外にも、こんなにいろいろ見られて楽しまれましたね。オウレンというのも種類がありそうですね。カンスゲもおもしろいと思います。
はるる
2018/04/01 21:03
mori-sanpoさん、コメントありがとうございます。
雪割草と共に、まさに早春の花の共演でした。
ショウジョウバカマは咲き出したばかりという感じで、赤紫のしべの先端部が新鮮でした。
長さん
2018/04/01 21:24
はるるさん、コメントありがとうございます。
オウレンの名前の由来は、根茎を掘り出してみると、黄色い玉が筋状に連なっている用に見えることからだそうです。カンスゲの雄花の部分なのですが、面白い形ですね。
長さん
2018/04/01 21:34
キクザキイチゲ 優しい素敵な花です。明日から篠山のスプリンエフェメラルの花など貼りつけます。

また明日「エドヒガンを観るウオーキング」に出かけます。
少々桜な開花時期が狂ったようです。
shuuter
2018/04/01 22:36
shuuterさん、コメントありがとうございます。
キクザキイチゲは北海道と本州の近畿地方以北に分布しているそうですから、そちらでもご覧になれるでしょうね。篠山でも咲いていましたか?
明日からエドヒガンを観るウォーキングですか。体調はいかがですか?
長さん
2018/04/01 22:41
色々な 珍しい可憐なお花を
沢山 見せて頂きまして
ありがとうございました♪.+゚♬✿

最後の 希少価値ある
ユキバタツバキ(雪端椿)も
とても印象的でした❕❕
♪のこ♪
2018/04/02 09:06
キクザキ・・・とか、キクバ・・・とか、花や葉が菊に似ていますね。
命名する人は、よくよく考えているんでなあと感心します。
3月に公民館祭りがあったとき、草木展にショウジョウバカマが出品されていました。
イベントの時季に合わせるように咲かせるのは大変だなと思ったところです。
りりい
2018/04/02 09:13
♪のこ♪ さん、コメントありがとうございます。
これらの草花は雪解けと共に動き出し、雪割草と共に早春の花として知られています。
ユキバタツバキの群落は珍しいです。
長さん
2018/04/02 09:24
りりいさん、コメントありがとうございます。
イチゲの仲間は似たようなものが多いですね。少しの違いに着目して、品種分けをしたのでしょう。
ショウジョウバカマは、早春、気温の上昇と共に咲き始めるようなので、展示会に合わせて咲くよう、温度や日照調整などをするのでしょう。
長さん
2018/04/02 09:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大崎雪割草の里にて(3) 雪割草以外の花たち 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる