長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ


zoom RSS ムラサキシキブ・シラタマコシキブ・ハナイカダ(実)、ホトトギス(花)など

<<   作成日時 : 2017/11/05 12:31   >>

ナイス ブログ気持玉 115 / トラックバック 0 / コメント 34

秋の皇居東御苑にて(9)
 今回も、皇居東御苑の本丸(野草の島やその付近)で見た花や実を紹介します。
ムラサキシキブ(紫式部)
画像
画像
シソ科ムラサキシキブ属の落葉低木

シロミノコムラサキ(白実の小紫)
ムラサキシキブとは別種であるコムラサキの白実種
和名はシラタマコシキブ(白玉小式部)、別名コシロシキブ
ムラサキシキブの白実種はシロシキブ(白式部)という
画像
画像
シソ科ムラサキシキブ属の落葉小低木

ハナイカダ(花筏)
葉の上に花が咲く植物です(雌雄異株)
画像
小さな実が黒く熟します
画像
ハナイカダ科(←ミズキ科)ハナイカダ属の落葉低木

ヤブレガサ(破れ傘)
画像
花後の姿はちょっと汚い
画像
こんな花が咲きます(2012年6月筑波植物園で)
画像
キク科ヤブレガサ属の多年草

ホトトギス(杜鵑)
ここのホトトギスは茎がしっかり立ち上がっていました
画像
画像
ユリ科ホトトギス属の多年草

 10月26日撮影。
 (つづく)


〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜


 ウォーキング中に見かけた八重の白いサザンカです。
 品種は‘朝倉’だそうです(riverさん、感謝)。
画像
画像
一番外側の花弁はピンク     コガタスズメバチ(多分)
画像画像

 11月3日撮影。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 115
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(34件)

内 容 ニックネーム/日時
 ムラサキシキブはシソ科になってしまいましたか。なんだかピンときませんよねえ。3日に行った武蔵丘陵森林公園の雑木林でも見かけました。コムラサキはうちでも実っています。清楚なシロシキブも良いですね。

 ハナイカダは新芽は山菜になりますね。黒くなった実を食べられると聞いて味見したことがありますが、そう美味しいものではありませんでした。

 ホトトギスは大株になると横に伸びて育つこともありますね。冬に種子を播いて育てると、翌年秋には咲くものも出るほどで、育てやすいものですね。
なおさん
2017/11/05 15:12
シラタマコシキブ、いい感じですね色の変化も面白いです。
ハナイカダ秋はこんな芸を持っているんですね
目黒のおじいちゃん
2017/11/05 15:58
ムラサキシキブがありましたか。コムサザキと葉の鋸歯がが違いますね。このところであえるのはコムラサキばかりです。ハナイカダに実が出来ていましたか、当地植物園にもあるのですが気がつきませんでした。
寿々木
2017/11/05 15:58
このホトトギスは茎が太くてしっかり立っていますね。
タイワンホトトギスなども丈夫で増え過ぎて困るのですが
キイジョウロウホトトギスなど難しくて何度かやりましたが
失敗しました。最強健種と言われているのですが・・・
コツが有るのでしょう。
信徳
2017/11/05 16:24
サザンカも綺麗ですね。
ムラサキシキブは田舎で植えたこともないのに秋に実をつけていました。
名前が分かりませんでしたが後で聞いて、そのままにしていましたが、息子がいつの間にか抜いて処分したようです。
夕焼け
2017/11/05 17:20
ムラサキシキブもややこしいですね。コムラサキがムラサキシキブで市販されています。もう一つややこしいのがヤブシキブ(ヤブムラサキ)です。山で見かけるのがムラサキシキブと思っていたらそれはヤブシキブだと言われたことがあります。
ハナイカダの雌雄の株を持っていたのですが枯らしてしまいました。長野の奈良井宿にハナイカダという名の店がありハナイカダが置いてあるのを思い出しました。
最後のサザンカは’朝倉’だと思います。家のものにそっくりです。
river
2017/11/05 17:24
なおさん、コメントありがとうございます。
ムラサキシキブはクマツズラ科からシソ科に変わっていました。遺伝子解析でかなり分かってきたようです。
ハナイカダの新芽が山菜になりますか。この実を食べる人はいないでしょうね。
若い株のホトトギスは茎もしっかりして勢いがあるのでしょうね。
長さん
2017/11/05 18:28
目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
ここのシラタマコシキブはいかにも野性的な姿をしていました。
ハナイカダの実は1〜3個つくのですが、これはほとんど1つでした。
長さん
2017/11/05 18:31
寿々木さん、コメントありがとうございます。
ムラサキシキブの葉は虫に食われていて、野性的な感じがします。町中でムラサキシキブを見かけることは殆どないですね。我が家の近くでは公園に2本植えてある物くらいです。
ハナイカダの実、かなり萎んでいました。
長さん
2017/11/05 18:36
葉っぱの上にお花や実がなるのかぁ…珍しいな

東京は雲出てたんですねぇ、アクセントあって羨ましいw
月奏曲
2017/11/05 18:40
信徳さん、コメントありがとうございます。
このホトトギス、若い株のようで、勢いがありました。タイワンホトトギスも丈夫だそうですね。
キイジョウロウホトトギスはジョウロウホトトギスの中でも育てやすいと園芸書に書いてありますが、実際に育ててみないと分からない物ですね。
長さん
2017/11/05 18:40
夕焼けさん、コメントありがとうございます。
サザンカがあちこちで咲き出しました。帯広ではいかがですか。
ムラサキシキブの実を鳥が食べて、糞と一緒に排泄された物が芽生えたのでしょう。天からの恵み物なのに、抜かれちゃいましたか。
長さん
2017/11/05 18:44
riverさん、コメントありがとうございます。
園芸業者でもムラサキシキブとコムラサキを混同しているようですね。ヤブムラサキは見たことがありませんが、図鑑を見ると毛が多いようですね。
ハナイカダ、枯れてしまいましたか。耐寒性は歩きなのに残念でしたね。
このサザンカは朝倉ですか。ありがとうございます。
長さん
2017/11/05 18:49
月奏曲さん、コメントありがとうございます。
ハナイカダは葉の中央に花が咲く、とても珍しい木なんです。
千葉北西部ですが、文化の日は午前中快晴だったのですが、午後から雲が出てきました。
長さん
2017/11/05 18:52
こんにちは

ムラサキシキブ
最近すご反応します
見の方ではなく
古典ですが
無門
2017/11/05 19:01
こんにちは
「紫式部」誰が名付けたか控えめな上品さが・・・良い名前ですね。
乙女ヶ丘
2017/11/05 19:23
無門さん、コメントありがとうございます。
紫式部の源氏物語を読まれているのですか。
長さん
2017/11/05 19:44
乙女ヶ丘さん、コメントありがとうございます。
ムラサキシキブという名前を誰がつけたのは分かりませんが、ネットによると、名の由来は、気品のある紫色の実を源氏物語の作者である「紫式部」に例えたという説と、紫色の実が重なるようにたくさん成ることから「ムラサキシキミ(紫重実・紫敷き実)」と呼ばれるようになり、それがムラサキシキブになったという説があります。
長さん
2017/11/05 19:51
ムラサキシキブ 実がたくさんつきましたね鳥たちが狙っているでしょうね。
ご馳走だと思います。
shuuter
2017/11/05 19:54
ムラサキシキブも種類が多いですよね。シソ科ムラサキシキブ属の植物が多いからなのかも知れませんが。
鈴生りになったムラサキシキブは見事ですよね。
降魔成道
2017/11/05 20:48
こんばんは!
コムラサキの仲間はよく見ますが、ムラサキシキブはあまり見ませんね。
園芸店で「ムラサキシキブ」として売っているのも大体はコムラサキだったりします。
ヤブレガサの花はまだ見たことがありません。
葉は傘のようでもあるし、そうでもないようでもあるし…(笑)
うふふ
2017/11/05 21:04
shuuterさん、コメントありがとうございます。
ムラサキシキブは実がまばらにつく樹種ですが、これは比較的多い方でしょう。実があちこちでなっていますから、鳥たちにとって東御苑は天国ですね。
長さん
2017/11/05 21:13
降魔成道さん、コメントありがとうございます。
ムラサキシキブ属は外来種を除くと、小笠原消灯を含む日本には7,8種類が存在します。
ムラサキシキブはコムラサキほど実がつきませんが、このように鈴なりになることもあります。
長さん
2017/11/05 21:21
うふふさん、コメントありがとうございます。
コムラサキはあまり大きくなりませんが、ムラサキシキブは大きくなるから家庭ではもてあますからかもしれません。
ヤブレガサは芽出しの頃の葉姿を破れ傘に見立てたそうです。花の写真を追加しておきました。
長さん
2017/11/05 21:32
ムラサキシキブは小紫より野生味がありますね。
シロミノコムラサキも清楚で良いですね。
ハナイカダの実は初見です。葉の上にちょこんと乗っているのが可愛いです。
白のサザンカ綺麗ですね。
eko
2017/11/05 23:24
ekoさん、コメントありがとうございます。
ここのムラサキシキブは枝振りもバラバラでいかにも野性的な感じを受けます。シロミの方も、実が固まってついていました。
ハナイカダの雌株です。艶がある実ですが、これはもう萎んでいました。
八重の白いサザンカ、生け垣になっています。
長さん
2017/11/05 23:33
お早うございます
美味しかったかどうか
忘れましたが
花筏の天婦羅ご馳走に
なったこと有ります^^
すーちん
2017/11/06 07:20
白い実の紫式部も有るんですねー。
ホトトギスにも色々な種類が。。。
白花の山茶花が綺麗だなー!
イッシー
2017/11/06 07:29
ムラサキシキブってコムラサキに比べると素朴な感じですね。私も見かけました。実もちっちゃいし少ないですね。
立ち上がったホトトギス、珍しいです。
白花はそういう咲き方しますよね。
私もサザンカの白花、フジノミネをパチリ。
外側もすべて白で、花弁がひらひら落ちて綺麗です。
外側がピンクで中心が白い愛くるしいヤマトフジというのもありますね。
nobara
2017/11/06 08:32
すーちんさん、コメントありがとうございます。
ハナイカダの天ぷらですか。若芽は山菜になるそうですから、葉も天ぷらで食べられるのですね。
長さん
2017/11/06 09:41
イッシーさん、コメントありがとうございます。
ムラサキシキブにも、コムラサキにも、白い実が出来る品種がありますよ。
サザンカは開花仕立てが綺麗ですね。
長さん
2017/11/06 09:43
nobaraさん、コメントありがとうございます。
ムラサキシキブはコムラサキと比べ、素朴というか、野性的というかそんな感じですよね。
ホトトギスも株が若い頃は茎もしっかりして立ち上がるようです。
今、サザンカがあちこちで見られますね。富士の峰も大和富士も八重咲きみたいですね。
長さん
2017/11/06 09:50
シロミノコムラサキ
白もあるのですね見たいです
ホトトギスも種類が多いのですね
山茶花の白良いですね
ジュン
2017/11/06 10:30
ジュンさん、コメントありがとうございます。
ムラサキシキブにもコムラサキにも、白い実のなる品種があります。
ホトトギスは国内で7種類ほどが知られていますが、良く目にするのはホトトギスとタイワンホトトギスですね。
サザンカもいろいろな種類があるので、名前が分からないものばかりです。
長さん
2017/11/06 10:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ムラサキシキブ・シラタマコシキブ・ハナイカダ(実)、ホトトギス(花)など 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる