長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ


zoom RSS 熱川バナナワニ園にて(10) ノランティア・ギアネンシス、ルエリアの仲間、オオハマオモトなど

<<   作成日時 : 2017/10/07 14:26   >>

ナイス ブログ気持玉 115 / トラックバック 0 / コメント 32

2017年秋・富士・箱根・伊豆の旅(その20)
 9月6日に訪れた熱川バナナワニ園の植物園(本園)の紹介を続けます。今回は熱帯スイレン温室、観葉植物温室で見た花です。

ノランティア・ギアネンシス
マルクグラフィア科ノランテア属の常緑蔓性低木。ギアナ原産
画像
赤い花のように見えるのは苞(袋状になって蜜を貯める)
画像

タチハナアナナス(チランジア・キアネア)
パイナップル科チランジア属の多年草。 中南米原産
画像

ルエリア・ヌディフロラ *
キツネノマゴ科ルイラソウ属の多年草。熱帯アメリカ原産
画像
これは、上と品種が異なるかもしれない
画像

ルエリア・グラエキザンス
キツネノマゴ科ルイラソウ属の多年草。南アメリカ原産
画像

プセウデランテマム・バリアビレ *
キツネノマゴ科プセウデランテマム属の多年草。オーストラリア原産
画像
画像

ベニギリソウ ‘アカジョウ’(紅桐草)
イワタバコ科ベニギリソウ属の多年草。原産はメキシコ〜ブラジル
アカジョウは葉が美しい園芸種
画像

オオハマオモト(大浜万年青)
ヒガンバナ科クリナム属の多年草。原産は小笠原諸島、沖縄
ハマオモトの変種。ハマオモトより葉も大きく、茎も長く伸びる
別名:タイワンハマオモト
画像

 9月6日撮影。
 *は学芸員の清水さんにメールで名前を教えて頂きました。
 このあと、熱海のMOA美術館に行く予定でしたが、時間が足りなくなったので、城ヶ崎海岸で散策(報告済み)して帰路につきました。
 (シリーズ終了)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 115
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
 エキゾチックな花がいろいろで面白いですね。ベニギリソウは花がなくとも十分観葉種としても楽しめますね。面白い模様です。

 オオハマユウは改築前の新宿御苑の温室で見たことがあります。ずいぶん大ぶりなものですよね。
なおさん
2017/10/07 15:07
こんにちは

南の国の花は
鮮やかで
葉も大きなものが多く
コントラストが美しい
無門
2017/10/07 15:42
色々珍しい花を紹介していただきありがとうございました。ただ素人が簡単に挑戦して栽培できるようなものではないようですね。エアープランツとして有名なチランジアは私も挑戦したことがあります。見事に失敗してしまいましたがイオナンタ(Tillandsia ionantha)だけは20年ほど生き延びています。水も肥料も土もありませんが年々大きくなって花を咲かせる不思議な植物です。
river
2017/10/07 16:14
今万年青に興味があり
育てています
もう少しでお花が咲きそうです
大浜万年青
葉も大きく茎も長く伸び
種類がいっぱいあるのですね
ジュン
2017/10/07 16:28
当地植物園で馴染みの深い花が沢山出てきました。ノランティア・ギアネンシスの画像を拡大して拝見しますと茎の上に褐色の花が沢山みえますね。
寿々木
2017/10/07 17:02
我が家のベランダの花「ホワイトラビット」の正式名称が七枚目と八枚目に出てきました、流石植物園で珍しい花が一杯で楽しいです。
bunko
2017/10/07 17:51
タチハナアナナスは、花から花が咲いているみたいで面白いし、綺麗ですね。
イッシー
2017/10/07 17:52
今晩は!
タチハナアナナス、タイワンハマオモトは良く見ました。
ベニギリソウの葉はイワギリソウの葉に似ていますね。同じイワタバコ科です。
信徳
2017/10/07 19:33
タチハナアナナスというのもあるんですね。
どの部分が立ってるのかしら?
ここにもパステルフラワーが見られましたね。
可愛いから大好きです。
咲くやこの花館で初めてみて気になりました。
ルエリアも種類が多いお花ですね。
nobara
2017/10/07 20:14
なおさん、コメントありがとうございます。
ベニギリソウの葉は赤みを帯びた灰緑色ですが、その中の赤みを帯びた部分を外側に引き寄せたらこんな葉の色になるのではないか、そんな想像をしました。
オオハマユウ、花も大きいですが、それにも増して葉の大きさが目立ちますね。
長さん
2017/10/07 21:12
無門さん、コメントありがとうございます。
南国の花の色は、よく「原色」に例えられますよね。
長さん
2017/10/07 21:14
riverさん、コメントありがとうございます。
こうした珍しい植物が展示されているのが植物園の存在意義の一つだと思います。
チランジアは適度な湿度を保つ必要がある植物ですが、耐寒性に問題がある品種が多いような気がします。
長さん
2017/10/07 21:20
こんにちは
「タチハナアナナス」
とてもユニークな花ですね
他にも珍しい花がいっぱいで
是非一度訪れてみます
乙女ヶ丘
2017/10/07 21:29
こんばんは
植物も生きていくため
いろいろ工夫してるんですねー
すーちん
2017/10/07 21:30
ジュンさん、コメントありがとうございます。
万年青を育てていらっしゃいますか。これから花ですか?ユリ科のオモトではなく、ハマユウとも呼ばれるハマオモトの方ですね。
長さん
2017/10/07 21:30
寿々木さん、コメントありがとうございます。
ノランティア・ギアネンシスは東山植物園にもあるそうですね。花は赤茶色の小さいものだそうですが、東山植物園のオフィシャルブログに掲載された写真と比べると、まだつぼみのような感じを受けました。
長さん
2017/10/07 21:35
bunkoさん、コメントありがとうございます。
プセウデランテマム・バリアビレは、園芸種のホワイトラビットの名で流通しているようですね。赤紫の斑点が綺麗です。
長さん
2017/10/07 21:45
イッシーさん、コメントありがとうございます。
ハナアナナスは苞の間から紫色の花が咲きますが、ピンクの苞も綺麗ですよね。
長さん
2017/10/07 21:47
信徳さん、コメントありがとうございます。
オオイワギリソウは見たことがあるのですが、イワギリソウは見たことがありません。ネットで写真を見るとイワギリソウにも葉の表面に毛が生えていますね。
長さん
2017/10/07 21:53
nobaraさん、コメントありがとうございます。
タチハナアナナスとハナアナナスは同じものらしいです。苞も花も同じですものね。
パステルフラワーって、ルエリアのことですか。ヌディフロラとグラエキザンスは同じ属とは思えない咲き方ですね。
長さん
2017/10/07 21:57
乙女ヶ丘さん、コメントありがとうございます。
タチハナアナナス(花アナナス)はピンクの苞の間から花が咲くのですが、変わっているので、植物園の定番展示になっています。
温室の展示はいつ行っても外れがないから良いですよ。
長さん
2017/10/07 22:00
すーちんさん、コメントありがとうございます。
苞に蜜を貯めて昆虫をおびき寄せるなんて面白いですね。花が目立たない故の工夫でしょう。
長さん
2017/10/07 22:01
見ている花もあるとおもうのですが、カタカナの花
覚える気がないのです。というより覚えられないのです。

オオハマオモト おもしろい形の花咲かせますね。
shuuter
2017/10/07 22:44
あれ?日帰りでこれだけ回ったのですか?すげーwww
私じゃ無理wwのんびりしすぎるから(;´∀`)
月奏曲
2017/10/07 22:47
 ベニギリソウとオオハマオモトはよく見かけますが、それ以外の花は新宿御苑の温室でも記憶に残っていません。
 また伊豆に行く機会があれば、機会があれば訪ねてみたいと思います。
mori-sanpo
2017/10/07 22:48
shuuterさん、コメントありがとうございます。
学名はカタカナ表記ですから馴染みがないですね。ラテン語表記ではなお覚えられない。
オオハマオモトは、一般にハマユウと呼ばれているハマオモトの大型変種です。
長さん
2017/10/07 23:07
月奏曲さん、コメントありがとうございます。
前日、箱根に泊って、見に行ってきました。一品種につき多くて5枚、少ないときは2枚くらいの撮影です。そうしないと時間ばかり掛かってしまう。
長さん
2017/10/07 23:09
mori-sanpoさん、コメントありがとうございます。
新宿御苑の温室は昔と比べて、展示数が大幅に減ったようですね。
ここは珍しい植物が多いので、季節を変えて、また行ってみたいところです。
長さん
2017/10/07 23:11
タチハナアナナスは花から花が咲いているようで綺麗ですね。この花以外は初見です。
温室の花は珍しい花が見られますね。ベニギリソウ ‘アカジョウ’は見たことがあるような気もしますが、観葉植物としても楽しめますね。
オオハマオモトはハマユウの大型種なんですね。葉が太くて立派ですね。
eko
2017/10/07 23:34
こんばんは。
ノランティア・ギアネンシスは面白いですね。
赤い花かと思いました、たくさんの苞がついてますね。
タチアナナスの花はあまり見かけませんね、温室で見かけますが花の咲いている時期に見ていません。
ロシアンブルー
2017/10/07 23:53
ekoさん、コメントありがとうございます。
花アナナスは苞がピンクでこれだけでも楽しめますね。
ベニギリソウ‘アカジョウ’は当ブログで何度かアップしたことがあるので、それがご記憶に残っているのかも。
オオハマオモト、葉が巨大でした。
長さん
2017/10/08 09:31
ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
ノランティア・ギアネンシスは変わっていますね。花が目立たないので赤い苞に蜜を貯めて昆虫をおびき寄せる作戦なのです。
花アナナスが咲いているときに出会えませんか。それは残念。
長さん
2017/10/08 09:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
熱川バナナワニ園にて(10) ノランティア・ギアネンシス、ルエリアの仲間、オオハマオモトなど 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる