長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ


zoom RSS シュウメイギク、ハナミズキ、ビデンス‘エンジェルチーク’ & 大型の雑草

<<   作成日時 : 2017/10/13 14:22   >>

ナイス ブログ気持玉 122 / トラックバック 0 / コメント 30

 ウォーキング中に見た花です。
 やっと<シュウメイギク(秋明菊)のピンクが見つかりました。しかし、手前にフェンスがあって、花の角度がちょっと悪い。
画像

 隣で咲いていた白いシュウメイギクを前ボケに使ってみた。
画像

 ハナミズキ(花水木)の赤い実が目立つ季節になりましたが、来年に咲く花芽もしっかり立ち上がっています。
画像
画像

 今までに見たことがないような配色の花が咲いていました。名前がわからないので、お尋ねサイトに投稿して、教えていただきました。

ビデンス ‘エンジェルチーク’
キク科センダングサ属(タクコギ属)の耐寒性多年草
ウインターコスモスを改良したものらしい
開花期:3〜6月、9月〜11月
配色が逆(内側がオレンジで外側がイエロー)もある
画像
画像
画像
 以上、10月8日撮影。


 江戸川近くの田園地帯でセイタカアワダチソウ(背高泡立草)の花がたくさん咲いています。最近、ススキが少なくなったと思ったら、セイタカアワダチソウがススキを駆逐するんですって。
画像
画像
画像

 アメリカセンダングサ(亜米利加栴檀草)がセイタカアワダチソウと草丈を競っています。
画像
画像
 以上、10月9日撮影。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 122
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
シュウメイギクも最近は品種改良が進んで一重咲き、八重咲き、花色は白、濃〜淡ピンク、紅などがありますね。矮性種もあります。正面は白、裏はガクが青い’ワイルドスワン’という品種もあります。家の実生は今年あまり咲きませんでしたが来年は咲いてくれると思います。
river
2017/10/13 14:48
こんにちは

セイタカアワダチソウ
その力強さのゆえに
嫌われる
可愛そうな花だね
無門
2017/10/13 15:06
長さん、外来種、嫌われ者ですね。不思議に人の生活圏を離れると見当たらないのも事実でしょうか。
目黒のおじいちゃん
2017/10/13 15:43
ハナミズキ、出て来ましたね。ビデンスとイエローコスモス、マリーゴールドの葉はよく似てますね、よく分からない花があって来週半ばにビデンスとして載せますので教えて下さい。
寿々木
2017/10/13 15:54
シュウメイギクは群がっていると白もピンクも綺麗ですね。セイダカアワダチソウ、最近背の低いものが見られます。
背が高く無くて低いのが出て来たのでしょうか?
低いものは何となく群がって咲いていると綺麗で拍手を送りたくなります。
信徳
2017/10/13 16:01
riverさん、コメントありがとうございます。
ウォーキングしながら近所のシュウメイギクを見て歩いているのですが、白の一重が圧倒的です。'ワイルドスワン’という品種、見てみたいです。
長さん
2017/10/13 19:01
無門さん、コメントありがとうございます。
セイタカアワダチソウは繁殖力が強いが故に自滅するしてしまうこともあるそうです。
長さん
2017/10/13 19:05
目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
外来種は日本の生態系を脅かすものが問題になっています。嫌われてきたセイタカアワダチソウも蜂蜜源やハーブとして見直されているのだとか。
長さん
2017/10/13 19:08
寿々木さん、コメントありがとうございます。
ハナミズキの花芽がたくさんできていました。
ビデンス‘エンジェルチーク’はセンダングサ属ではないかと思ったらやはりそうでした。でも、園芸種ではお手上げです。
長さん
2017/10/13 19:11
信徳さん、コメントありがとうございます。
シュウメイギクは良く分枝してたくさんの花をつけますよね。
セイタカアワダチソウは他の植物の成長を阻害する成分を分泌するのだそうですが、増えすぎると自分の成長も抑制することになるのだそうです。
長さん
2017/10/13 19:14
ビデンス ‘エンジェルチーク’ですか。
初めて見る花です。まあ長さんのブログで初めて知った花は少なくないのですが、独特の配色でビックリです。

ハナミズキは外来種ですよね。でも一般化しましたよね。
降魔成道
2017/10/13 20:14
 ハナミズキの赤い実はよく目につきますが、花芽はうっかり見落としていました。もう花芽が出ているんですね。
 数年前に江戸川の土手に接続して、護岸のため川に向かって土砂の広場が出来ましたが、昨年あたりから猛烈な勢いでセイタカアワダチソウが繁茂してきました。
mori-sanpo
2017/10/13 20:33
 ハナミズキはうちにもありますが、手をかけてやれないのでぼさぼさになっていますので、この冬は少し大がかりな剪定をしないとダメだろうなあと思います。

 他感作用で他の植物の生育を阻害し、蔓延るセイタカアワダチソウですが、自家中毒にもなるようで自滅することもあるようですね。
 蜜源植物でもあり、草木染にも利用でき、茎はすだれなどクラフトにも利用できるもので、悪い面ばかりでなく有効利用もできるものですから、以前はアメリカの外圧の象徴のようにも見えましたが、なかなか見どころもあるようです。
なおさん
2017/10/13 20:38
ビデンス ‘エンジェルチーク’
可愛い花ですね〜
まるでハルシャギクを思わせますね。
色の出方が面白いです。
ウインターコスモスのお仲間ですか?
セイタカアワダチソウとアメリカセンダングサ、
競い合っていますね〜〜これだと
相当の引っ付き虫になるでしょうね。
nobara
2017/10/13 20:46
振魔成道さん、コメントありがとうございます。
ビデンス ‘エンジェルチーク’は花弁の半分が色違いという面白い園芸種ですよね。
日本からアメリカに桜の木を寄贈して、ワシントンのポトマック川沿いに植えられた話はご存じかと思います。ハナミズキはその返礼としてアメリカから贈られたものです。全部ではないものの、その子孫が今のハナミズキなんですよ。
長さん
2017/10/13 21:22
mori-sanpoさん、コメントありがとうございます。
ハナミズキの花芽は実と同じ頃できます。これから冬越しですから厚い皮をまとっていますね。
セイタカアワダチソウの種が飛んでいったのでしょうか。新しい土地では爆発的に増えるようです。
長さん
2017/10/13 21:25
なおさん、コメントありがとうございます。
ハナミズキの枝が混んできましたか。花芽を残しながら剪定できると良いですね。
セイタカアワダチソウは他の植物の生長を阻害する物質を持っているそうで、最初のうちはのさばることができるものの、ある程度増えると自分自身にその効果が及ぶそうですね。でも、最近ではいろいろな利用方法ができているのですね。
北アメリカでは、逆にススキがセイタカアワダチソウの分布域を侵略しているとか。
長さん
2017/10/13 21:33
nobaraさん、コメントありがとうございます。
ビデンス‘エンジェルチーク’は色の濃淡が、ハルシャギク同様、はっきりしていますね。ハルシャギクと違うのは、この逆の配色を持つ品種があるということで、それも面白い。
今年はオオオナモミとアメリカセンダングサのひっつき虫がたくさん出来そうです。
長さん
2017/10/13 21:43
ど派手なお花wwwww

ススキが少ないのはセイタカアワダチソウのせいですか…
どちらかというと月に似合い秋らしさを感じるのでススキのが好きなんですが…
月奏曲
2017/10/13 22:12
庭にシュウメイギクが 花盛りです。妻の好きな花で部屋の花瓶にも行けています。

花があると部屋が明るいです。
shuuter
2017/10/13 22:33
月奏曲さん、コメントありがとうございます。
セイタカアワダチソウはススキを駆逐しますが、やがて自滅して、またススキが生えてくるそうですよ。
長さん
2017/10/13 22:50
shuuterさん、コメントありがとうございます。
奥様がシュウメイギクをお好みですか。良く分枝して、たくさん花をつけますね。
長さん
2017/10/13 22:52
こんばんは!
セイタカアワダチソウはススキも駆逐する強さですか。すごいですね!
アメリカセンダン草って 臭くないですか?
細い針状のタネが出来る草でしょうか?
もし合っていたら こちらもすごく性質の悪い草ですよね。
草むらで猛威をふるってますね。
しおん
2017/10/13 23:16
しおんさん、コメントありがとうございます。
セイタカアワダチソウ、他の草の成長を抑える物質を出して自身を増やすのですが、増えすぎると自滅する物質でもあるのです。ですから、そのうちススキが復活するかも。
アメリカセンダングサも増えますね。ひっつき虫は細い針状ですね。草は臭いと感じたことはないです。
長さん
2017/10/13 23:24
ピンクのシュウメイギクが見つかりましたか。
フェンスがあって撮りにくいことはよくありますね
セイタカアワダチソウは本当にすごい繁殖力ですね。
伊豆でもよく見ましたが、桜並木の下にたくさん咲いていました。ススキも駆逐されてしまうんですか。
コスモス
2017/10/14 09:26
ススキが少なくなってきたと思ったら、セイタカアワダチソウが駆逐しているとは!
びっくりしました。
お隣の畑の端にセイタカアワダチソウが茂り始めたので、刈ってもらいました。
こちらに花粉が飛んできたら困りますので。
アメリカセンダングサの実は、くっつき虫になるので、子どもたちの遊びには、もてはやされますが。
シュウメイギクの花は、可憐で、大好きです。
りりい
2017/10/14 15:24
面白い花見つけましたね!
色合いが実にいいですね。
外来植物はどれも困ったものですが、
植物の世界のしのぎ合い、なかなかシビアですね。
イッシー
2017/10/14 19:30
コスモスさん、コメントありがとうございます。
我が家のあたりは白のシュウメイギクに人気があるようで、やっとピンクが見つかりました。でも、フェンスが邪魔でこんな角度からです。
セイタカアワダチソウははびこる年が続きますが、やがて自身の出す成分のため自滅するようです。そうなるとススキが復活し始めるでしょう。
長さん
2017/10/14 20:57
りりいさん、コメントありがとうございます。
セイタカアワダチソウが分泌する成分の被害に遭うのはススキが多いそうです。一時、花粉症の原因とされたのですが、アレルギー源はないそうです。
アメリカセンダングサのひっつき虫、ちくちくと痛いですね。
長さん
2017/10/14 21:01
イッシーさん、コメントありがとうございます。
花弁の半分が直線的に色違いになるなんて、面白いですよね。配色が逆になる品種も見てみたいものです。
異国の地で大繁殖する植物を侵略的外来種といいますが、北アメリカではススキがそれに指定されているんです。
長さん
2017/10/14 21:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シュウメイギク、ハナミズキ、ビデンス‘エンジェルチーク’ & 大型の雑草 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる