長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ


zoom RSS ムラサキナツフジ、ショウジョウソウ、クリの実

<<   作成日時 : 2017/09/02 14:16   >>

ナイス ブログ気持玉 140 / トラックバック 0 / コメント 40

 ウォーキング中に見た花です。
 久しぶりに赤紫色のムラサキナツフジの花を見ました。フジは春に花が咲きますが、これは夏に咲くフジです。但し、フジはマメ科フジ属で、これはナツフジ属です。

ムラサキナツフジ(紫夏藤)
マメ科ナツフジ属の常緑蔓性低木。花期は7〜8月
日本の南西諸島から台湾、中国南部に分布
和名はサッコウフジ(酢甲藤)、別名:タイワンサッコウフジ
画像
蔓性だが、フジのようには蔓が伸びない
画像
花は終盤で、既に小さな実ができている
画像
葉はフジより肉厚で、奇数羽状複葉で対生する
画像
 ナツフジ属には日本固有種で、落葉蔓性のナツフジ(夏藤)があり、白い花が咲きます。別名:土用藤。


ショウジョウソウ(猩々草)
トウダイグサ科ユーフォルビア属の多年草(一年草扱い)
原産は北アメリカ南部、ブラジル
花の咲く頃、苞の付け根から赤くなり、これを猩々の赤い毛に例えた
画像
花には花弁がない
画像
 苞が白くなる同属のハツユキソウと一緒に植えると面白いかも。苞が赤くなるポインセチアは木本で、猩々木とよばれます。


 実りの秋ですね。クリの実を撮りましたが、ちょっと変です。

これは普通のクリの実
画像

二つの実がくっついたような実
画像

変なのはこの実。普通、イガを握ったら痛いですが、これは全く痛くない
画像
ネットで調べたのですが、何故こんな実ができるのか分りませんでした。

 → riverさんによると、突然異変のものを接ぎ木で増やした「とげなし栗」があるそうで、市販されているとのことです。ということは、この木にも同様な突然異変が発生したと言うことですね。
 8月31日撮影。


 夜まで外出しています。お返事が遅くなる場合がありますが、ご容赦ください。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 140
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(40件)

内 容 ニックネーム/日時
家にはムラサキナツフジはありませんが日本産のナツフジなら1鉢あります。ところが今年は管理が悪く花が付きません。
「トゲなし栗」は市販されていますよ。明治30年ごろ山形県東村山郡中山町の安藤重吉氏が発見したという記事があります。また昭和10年に秋田でも発見されたと言う記事もあります。突然変異で生まれたものらしく種を播くと普通の栗になったようです。いわゆる枝変わりの現象ですね。そこでトゲの無い栗がなった枝を接木で増やしたと言います。
いくつかの園芸店が扱っており通販で購入することが可能です。
river
2017/09/02 15:00
不思議な毬栗があるんですね。タムラソウを連想しました。
目黒のおじいちゃん
2017/09/02 15:33
 紅紫の花が艶やかで美しいムラサキナツフジですね。うちにもあるのですが、あまりかまってやれないので、今年は咲きませんでした。神代植物公園のばら園のはずれにも植えてあり、今年も花を見てきました。

 ショウジョウソウは夏のポインセチアという雰囲気で良いですね。うちの近くでも植えているところがあります。

 全然痛くないイガの栗ですか。ちょっとびっクリですよねえ。
なおさん
2017/09/02 16:25
ショウジョウソウは沖縄の民家の庭で見たことがありますが、こちらでは冬戸外ではだめなんでしょうね。
寿々木
2017/09/02 17:03
珍しいものがいっぱいですね。わたしには見たことのない植物。世の中の広さに驚いたというか・・・いや〜植物って不思議ですね。
ののはな
2017/09/02 18:24
こんばんは。
ムラサキナツフジ、鮮やかな色の藤の花ですね。
我が家にも有るのですが、今年は花が咲きませんでした。
ショウジョウソウ、ポインセチアによく似ていますね。実家にも有りますが繁殖力が強いようです。
栗の実が大きくなって秋ですね。
栗にはイガイガが有るのですが・・。
このような実も有るのですね。

2017/09/02 18:54
こんにちは
我が家の近くにも栗林があり
毎朝ウォーキング中に眺めて通ります
今度同じような実がないか探してみます
出会えたら触ってみますね
乙女ヶ丘
2017/09/02 19:20
ショウジョウソウは雑草のように偶に生えて来ます。
これの同属のポインセチア、台湾では野原に背丈以上のものが生えていました。
暖かい所では成長するんでしょう。
信徳
2017/09/02 19:28
ムラサキナツフジは初めて見た時、花色がよく似ていてクズかと思ました。散歩道の民家の庭にあります。
ショウジョウソウが花は地味ですが、オレンジ色に染まったバイオリンの形をした葉が目立ちますね。
栗も実が出来ていよいよ実りの秋ですね。イガが痛くない実も出来るのですね。
eko
2017/09/02 20:22
夏藤はよくみかけますが、紫夏藤というのがあるのですね。
夏藤と似たところ感じます。
shuuter
2017/09/02 20:36
今晩は
ユーホルビアは凄い種類有
るんですよね
ポインセチアもそうですね
すーちん
2017/09/02 20:56
サッコウフジの紫のグラデが鮮やかですね。
薩摩の藤と思ってましたが?
クリもいろいろなのがありますね。
横幅の広いのは確実に大きな実が複数入ってますね〜
情報番組で見たのですが・・・
日高ぽロン(ぽろたん) 皮がポロッと剥ける栗
1ヶ月間じっくり冷温熟成していただく?のが
超人気らしいです。笑うように剥けるの。
nobara
2017/09/02 21:03
なんか丸くなっていてマリモみたいな感じですねぇ…変ですねぇw
月奏曲
2017/09/02 21:20
riverさん、コメントありがとうございます。
とげなし栗というのがあるのですか。市販されているとはビックリ。市販されているのなら。「奇形」などをキーワードにして検索しても出てこないわけだ。
この3枚の写真は1本の栗の木で、この枝だけイガイガが痛くない実がなっていたのです。と言うことは、この木も突然異変が生じたわけですね。
長さん
2017/09/02 21:54
目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
突然異変でとげなし栗が出来ることがあるそうです。タムラソウですか?ああ、総苞片のほうですね。
長さん
2017/09/02 22:05
なおさん、コメントありがとうございます。
ムラサキナツフジをお持ちですか。かまってやらないと咲かないというのは面白いですね。
ショウジョウソウはあまり見かけないようです。以前、我が町内の空き地にあったのですが、いつの間にかなくなりました。
イガのない栗、riverさんによれば市販されているとのこと。これまたびっクリです。
長さん
2017/09/02 22:35
寿々木さん、コメントありがとうございます。
ショウジョウソウは耐寒性がないので一年草扱いですが、こぼれ種で翌年生えてくるそうですよ。
長さん
2017/09/02 22:36
ののはなさん、コメントありがとうございます。
植物の世界は奥深いですね。身近にも変わったものが生息しているし、このクリみたいに突然変異も出てくるのですからね。
長さん
2017/09/02 22:39
心さん、コメントありがとうございます。
ムラサキナツフジの花色は一度見たら忘れないほとです。花が咲かなかったとは残念ですね。
ショウジョウソウ、こぼれ種で増えるそうですね。
突然変異の枝を接ぎ木で増やしたとげなし栗というのが市販されているそうです。知りませんでしたよ。
長さん
2017/09/02 22:44
乙女ヶ丘さん、コメントありがとうございます。
この栗は突然変異で出来たらしいです。こんな栗が商品化されていると知り、二度ビックリです。
長さん
2017/09/02 22:45
信徳さん、コメントありがとうございます。
ショウジョウソウ、こぼれ種で増えたらしく、小さな群落状でした。台湾では背丈以上になりますか。凄いですね。
長さん
2017/09/02 22:47
ekoさん、コメントありがとうございます。
ムラサキナツフジとクズですか。確かに花色は似ていますね。
ショウジョウソウの葉は確かに変わった形で、バイオリンのようにも見えますね。
とげなし栗としえ市販されていると言うから驚きです。
長さん
2017/09/02 22:50
こんばんは!
もう栗の実がなっているのですね。
季節はどんどん進みますね。
それにしても棘のない栗とは…市販されているということは美味しいのでしょうか。
興味津々です。
うふふ
2017/09/02 22:51
shuuterさん、コメントありがとうございます。
ムラサキナツフジはナツフジと同属ですが、花色が違うと随分印象が異なりますね。
長さん
2017/09/02 22:52
すーちんさん、コメントありがとうございます。
ユーフォルビア属は世界で2000種もあるとのことですから、膨大な数です。冬になるとポインセチア、夏はハツユキソウですね。
長さん
2017/09/02 22:56
nobaraさん、コメントありがとうございます。
ムラサキナツフジの花色はとても綺麗ですね。鹿児島あたりではサツマサッコウフジと呼んでいるそうですよ。
2つの実が合着したようなクリの実は見たことがありますが、とげなし栗は初めて見ました。基は突然変異ですが、実際に市販されているとのことでビックリです。
日高ぽロン、イガがぼろりと向けるのかと思ったら、渋皮がぼろっと剥けるのですね。それは調理の手間が超短縮されますね。
長さん
2017/09/02 23:03
月奏曲さん、コメントありがとうございます。
マリモみたいな栗、言い得て妙ですね。突然変異ですって。
長さん
2017/09/02 23:04
うふふさん、コメントありがとうございます。
クリの実、結構大きくなっていました。既に落ち始めているのも見つかりました。
とげなし栗の苗木が売られているそうです。あのイガを剥いて実を取り出すのは結構大変ですから、素手でもつかめるとなったら、楽ですね。
長さん
2017/09/02 23:12
イガの無い栗を発見されましたか。
今まで聞いたことがありませんので、突然変異だとしても宝くじに当選した位の確率でしょうね。
無性繁殖させればトゲ無しの栗園が作れそうですね。
mori-sanpo
2017/09/02 23:22
mori-sanpoさん、コメントありがとうございます。
イガのない栗にはビックリです。突然変異だそうですが、確率的にはとても低いでしょうね。
トゲなしのクリの実(種)を育てても、融けなしは出来ないそうです。種が大きいから、無性繁殖させられますかねー。
長さん
2017/09/02 23:41
今晩は。
ムラサキナツフジ、紫のマメ科の花は素敵な色ですね。
葉が厚くしっかりしてるんですね。
イガを触っても痛くないクリは突然変異なんですか〜、珍しいものに出会えましたね。
ロシアンブルー
2017/09/02 23:42
珍しいお花ばかりです
この様な栗もあるのですね
はじめて知りました
近所の見てみます
ジュン
2017/09/03 06:33
ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
ムラサキナツフジの花色はマメ科の中で一番を争うような色だと思っているのですが・・・。
イガのない栗は明治時代に発見されているそうで、そういう突然異変の枝を接ぎ木して増やしているそうです。
長さん
2017/09/03 09:06
ジュンさん、コメントありがとうございます。
珍しい栗を発見してしまいました。過去にこういう例があって、苗木が市販されているそうです。こんなのが出来ていると直ぐ分りますから、発見できたら楽しいですね。
長さん
2017/09/03 09:10
おはようございます。
身近なところで--ということですが、珍しい花ばかり
栗だけでも、これだけ盛り上がる--いいですねぇ〜。
好奇心のなせる業で
行き当たりばったり
2017/09/03 09:22
行き当たりばったりさん、コメントありがとうございます。
人一倍好奇心が強いたちなので、ちょっと変わったものがあると、向こうから目に飛び込んでくるんですよ。
長さん
2017/09/03 10:34
ムラサキナツフジはずいぶん南方系の花なのに関東に定着しちゃってるんですか!温暖化なのかなー。色が綺麗ですね。
食べるものは普通の健全なやつがいいですね。人間で突然変異ができたら誰も喜ばない。
イッシー
2017/09/03 11:22
イッシーさん、コメントありがとうございます。
ムラサキナツフジの花色は素敵ですよね。関東南部以南なら問題なく冬越し出来るそうです。
突然変異の栗ですが、苗木を市販している位なので、食べるには問題がないのでしょう。
長さん
2017/09/03 12:33
こんにちは

海の中の栗
バフンウニも棘が短く
栗の世界でも
似たものが出てくるのでしょうね

無門
2017/09/04 10:44
無門さん、コメントありがとうございます。
海の中の栗と比べるとは思いませんでした。バフンウニもそれなりに痛いですが、この突然変異の栗は痛くないんです。
長さん
2017/09/04 11:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ムラサキナツフジ、ショウジョウソウ、クリの実 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる