長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ


zoom RSS 箱根湿性花園にて(3) タチフウロ、ゲンノショウコ、タムラソウ、ホツツジなど

<<   作成日時 : 2017/09/11 14:27   >>

ナイス ブログ気持玉 122 / トラックバック 0 / コメント 36

2017年秋・富士・箱根・伊豆の旅(その3)
 9月5日に訪れた箱根湿性花園で見た花などの投稿を続けます。
 「落葉広葉樹林の植物区」を抜けて、開放感がある「ススキ草原の植物区」に入りました。

タチフウロ(立風露、フウロソウ科 フウロソウ属)
画像

キセワタ(着せ綿、シソ科メハジキ属) 絶滅危惧II類(VU)
画像画像

ノハラアザミ(野原薊)とキチョウ(黄蝶)       
画像

ゲンノショウコ(現の証拠)の三態
画像

ナンテンハギ(南天萩、マメ科ソラマメ属)
画像画像

タムラソウ(田村草、キク科タムラソウ属)
右上はボランティアガイドの説明を聞く人たち
画像

ミソハギ(禊萩、ミソハギ科ミソハギ属)
画像

ツリガネニンジン(釣鐘人参、キキョウ科ツリガネニンジン属)
画像画像

ツリガネニンジン(白花)       カワラナデシコ
画像画像

サワヒヨドリ(沢鵯、キク科ヒヨドリバナ属)
画像画像

オミナエシ(女郎花、オミナエシ科オミナエシ属)
画像画像

ホツツジ(穂躑躅、ツツジ科ホツツジ属)
画像
この花、可愛らしくて好きなんです
画像

 9月5日撮影。
 次回は「低層湿原の植物区」に入ります。
 (つづく)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 122
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(36件)

内 容 ニックネーム/日時
ホツツジは珍しい花のようすね。手元の本を見たら富士山の4〜5合目に自生しているそうです。スバルラインで登れば
みられのでしょうね。
目黒のおじいちゃん
2017/09/11 15:29
こんにちは

日本は瑞穂の国
湿地帯を復活させて
生物の世界を
蘇らせたいね
無門
2017/09/11 15:32
キセワタを除く花はこちらでもおなじみの花ばかりです。ツリガネニンジンの白花は赤城山でが少ないですが榛名山ではよく見ます。ホツツジもこちらの山では普通に見られます。
river
2017/09/11 15:52
タムラソウの群棲、素晴らしい。ホツツジの花変わってますね。木曾駒千畳敷カールでミヤマホツツジに出会ったことがあります。
寿々木
2017/09/11 17:19
ノハラアザミを探しこの夏まだますがであえません。
総苞が粘る野薊ばかりです。
時期的には今頃からですので探してみたいです。
shuuter
2017/09/11 18:07
目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
ホツツジは面白い咲き方ですが、北海道〜九州に分布があるようです。高山型にミヤマホツツジがあります。
長さん
2017/09/11 18:27
無門さん、コメントありがとうございます。
限られた国土ですから、湿地帯をどこまで復元できるか、難しい問題がありそうですね。
長さん
2017/09/11 18:28
riverさん、コメントありがとうございます。
キセワタは赤城自然園で初めて見ました。絶滅危惧種ですから、山で見つかったらラッキーですね。
ツリガネニンジンのシロバナは花の付き方が基本種とは違うような気がします。
長さん
2017/09/11 18:32
寿々木さん、コメントありがとうございます。
タムラソウは丁度良い頃に出会えました。
ホツツジは雌しべが長く飛び出して、面白い花ですよね。ミヤマホツツジはこのしべが上に強くカールしていますね。
長さん
2017/09/11 18:34
shuuterさん、コメントありがとうございます。
ノハラアザミにまだ出会えませんか。花期は8月から10月で、どこにでも咲いていそうですがねー。
長さん
2017/09/11 18:37
ホツツジはやはり見たことないのですがこれも素敵ですね。
ところで、昨日天空のダリア祭りへ行ってきましたよ。セット販売の富士花めぐりの里とともに。お天気だったけれど富士山に雲がかかりっぱなしだったことを差し引いても、誇大広告ですねあれは。花の状態も良くなかったですし、正直に言うとボッタクラレた感じです。裾野市がやってる無料のコスモス畑は、これはなかなか良かった。あと、山中湖の花の都公園は駐車料と入場料合わせて1000円行かないのに、花の状態もいいし内容やサービスも充実してます。それにしても帰りの渋滞はしんどかった。。すみません情報まででした。
イッシー
2017/09/11 19:46
 タチフウロとタムラソウ、ミソハギは僕も先日見てきましたので、後日記事にします。可愛らしい花ですよね。

 先日の重陽の節句には菊のきせわたをして長寿を祈るということですが、その名にあやかったキセワタですね。赤城自然園や武蔵丘陵森林公園のボーダー花壇で見たことがあります。
 
 ノハラアザミなどアザミ類は蜜が良く出るのか、チョウやハチが良く集まりますね。キチョウな写真も撮れてなによりです。
 ツリガネニンジンも秋草の風情で良いものですし、サワヒヨドリも細身の草で趣があります。

 ホツツジは小さい花ですが可愛らしいもので良いですねえ。
なおさん
2017/09/11 19:59
もうこの時期だとあまり咲いてないと思ってたのですが結構まだ咲いてるんですねぇ…

旬は8月までだと思ってました(;´・ω・)
月奏曲
2017/09/11 20:47
イッシーさん、コメントありがとうございます。
天空のダリア祭りへいらっしゃいましたか。私たちもこの日の午後に行きましたが、仰るとおり、酷いところですね。全くの期待外れでしたよ。湿性花園の報告が終わったら、厳しく批判した記事を作ります。花の都公園は2回行きましたが、ぐりんぱと比べるとずっと良心的です。
長さん
2017/09/11 20:56
なおさん、コメントありがとうございます。
タチフウロは3年前に上三依水生植物園で初めて見て、今回で2回目です。上に文字が付くタムラソウは色々見ているのですが、じっくりタムラソウを見たのは初めてかもしれません。
重陽の節句は旧暦で菊が見頃の頃が本来の節句なので、新暦にすると早すぎますよね。
アザミは色々あって素人には見分けが難しいです。ここでは名札以外の場所で咲いていることが多いのです。タムラソウにも名札がなかったし。
長さん
2017/09/11 21:05
月奏曲さん、コメントありがとうございます。
9月前半ならまだまだ花は咲いています。10月、色々な実がなる頃も良いですよ。
長さん
2017/09/11 21:16
今晩は。
どれもこれも、秋のお花のようですね。
ホツツジも、初見です
行き当たりばったり
2017/09/11 22:08
こんばんは。
アザミもいろんな種類があってノハラアザミは草丈が短いのでしょうか。
ミソハギ、向島百花園でも咲いていました。
やはり、ガイドさんありがたいですね。
ロシアンブルー
2017/09/11 22:21
ゲンノショウコの三態揃っていますね。
キセワタとホツツジは初見です。
ツリガネニンジンの白花も見られましたね。
沢山の山野草が見られて素敵ですね。
eko
2017/09/11 23:07
ススキ草原の植物区の植物たちは、自生の山野草などのようですね。
ホツツジはまだ見たことがありませんが、この植物はやや毒性があり、この花蜜から採れた蜂蜜により、中毒するおそれがあると書かれた本がありました。
mori-sanpo
2017/09/11 23:13
こんばんは。
箱根湿性花園にお出掛けだったのですね。
キセワタ、絶滅危惧種なのですね。
小さな花を眺めていると微笑ましいです♪
ツリガネニンジン、白花から淡い紫色の花まで楽しめますね。
ホツツジ、淡い花びらをカールさせて・・。
長い蕊がチャームポイントでしょうか、可愛いですね。
沢山の植物をご覧になりましたね。

2017/09/11 23:43
行き当たりばったりさん、コメントありがとうございます。
箱根湿性花園も秋の気配が感じられました。
浄土平湿原から酸ヶ平湿原経由で鎌沼に登ったことがあるのですが、ミヤマホツツジ(ホツツジの高山型)に出合ったことがありますよ。
長さん
2017/09/11 23:44
ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
アザミも種類が多いですね。地域変種もあるそうだし。
ノハラアザミはせいぜい1m位ではないかと思います。
今回はガイドツアーに参加しませんでしたが、時々ガイドの声が聞こえてきました。
長さん
2017/09/11 23:47
ekoさん、コメントありがとうございます。
ゲンノショウコ、たまたま花と実が一緒に撮れました。これなら未御仕草と言われる所以が一目で分りますよね。
キセワタはシソ科らしい顔をしていますが、ホツツジはツツジらしくないですよね。
長さん
2017/09/11 23:50
mori-sanpoさん、コメントありがとうございます。
ススキ草原の植物区としてありますが、箱根自生種だけではなく、ススキ草原やシバ草地に生える植物を集めたのだそうです。
ホツツジの毒性についてはWikipediaにも記述がありましたよ。
長さん
2017/09/11 23:54
心さん、コメントありがとうございます。
箱根湿性花園、今年2回目です。
キセワタは自生地が少なくなっているようです。
ツリガネニンジンの白花は初めて見たような記憶です。
ホツツジは雌しべだけが長く伸びて、面白い花ですよね。これの高山型は象が花を持ち上げたみたいにもっと強くカールしているのです。
長さん
2017/09/12 00:01
こんにちは!
タチフーロ、ゲンノショウコ、ハクサンフーロ、アサマフーロ、フーロソウ科の花、似ていますね。
今回アサマフーロ、ハクサンフーロを良く見てきました。
箱根湿生園は色々なゾーンに分かれてガイドさんも沢山いるのですね。
信徳
2017/09/12 06:33
八島ヶ原とほぼ、おなじようなラインナップです。
タチフウロとアサマフウロがいっぱい咲いてました。
並べると〜違いがよくわかりますね。
ホツツジはかわいらしい咲き方ですね。
タムラソウも今真っ盛りでしたよね。
これにもたくさんのお友達が集ってました。
ここはいろいろ植えてあるようなので
歩いていて楽しいですね。
藪漕ぎと違って(*^-゚)⌒☆
nobara
2017/09/12 08:22
信徳さん、コメントありがとうございます。
フウロソウ科の花は似たものが多いですね。軽井沢町植物園でも咲いていましたか。幸い、ここには写真や立て札があるので迷いませんが・・・。
登録ボランティアが何人もおられるようで、ガイドウォークは毎日、午前と午後に行われています。
長さん
2017/09/12 09:10
nobaraさん、コメントありがとうございます。
箱根は標高が高いので、八島ヶ原湿原と開花時期が重なるのですね。
ホツツジはその色合いと、長く伸びた雌しべが可愛いですね。
タムラソウ、こんなに咲いていたのは初めてでした。昆虫が色々飛んできますが、それを写していると時間が足りない。
外国の山草と園芸種国は枕木が入れられ、歩きやすくなりました。
長さん
2017/09/12 09:14
こんにちは!
キセワタというお花があるのを初めて知りました。
源氏物語の中で重陽の節句に前夜から菊の花の上に綿を置いて、翌朝露のついた綿で体を拭って長寿を願う行事が載っていますが、この綿も「着せ綿」といいますね。
そう思ってみるせいか、床しい花に見えます〜☆
うふふ
2017/09/12 11:34
うふふさん、コメントありがとうございます。
キセワタの写真、ピンぼけではっきりとは分りませんが、花弁の外側を白い短毛が覆っています。この様子を「花に着せた綿」に見立てたのが名の由来です。ですから、キク科ではありませんが。ある意味、重陽の節句に相応しい花なのですね。
長さん
2017/09/12 11:52
ホツツジ、なんとも可愛い変わった花ですね。
珍しいものを見せていただきました。
はるる
2017/09/12 19:12
はるるさん、コメントありがとうございます。
ホツツジ、可愛いでしょう。花色と言い、形と言い、好きなんですよ。
長さん
2017/09/12 19:30
山野草、一気に秋の草花になりました。
こちらでは、元の証拠紅色、白い花も同じ様な
場所で咲いていますが、白花が多いようですね。
花咲か爺
2017/09/19 17:37
花咲か爺さん、コメントありがとうございます。
ゲンノショウコ、関西では赤花が多いと聞いていますが、白花が多いですか。
長さん
2017/09/19 19:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
箱根湿性花園にて(3) タチフウロ、ゲンノショウコ、タムラソウ、ホツツジなど 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる