長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ


長さんの「花色々トップ」はこちらです

Subscribe with livedoor Reader

zoom RSS 胡蝶蘭、成屋蘭など 沖縄国際洋蘭博覧会にて(2)・・・沖縄本部観光(3)

<<   作成日時 : 2017/03/07 16:23   >>

ナイス ブログ気持玉 118 / トラックバック 0 / コメント 28

2017沖縄旅行記(18) 2月7日(火) その3
 海洋博公園の熱帯ドリームセンターで開催されていた「沖縄国際洋蘭博覧会」(2/04〜2/12)に出展されたランの花です。ファレノプシス温室の途中からは鉢物展示の会場になっています。

 「ファレノプシスの交配種(花径7cm未満)」の展示です。
画像

Phal. Unimax Moon Light
画像

左上、Phal. Champion Fairy 'Michiko'  右上、Phal. Galaxy 'Okinawa'
左下、Phal Carmeka's Brother x Spots Mirage
右下、Phal. OX Yellow Lip
画像

 
 「アングレカムとその近縁の原種・交配種」の展示です。
画像

左下、Angrecum sesquipedale 'Mion'  右下、Acanpe papillosa
画像画像
 右上の、アカンペ・パピロサは初めて知りました
ヒマラヤ地方の600〜1,600mの落葉樹林に分布する着生種です


 「バンダとその近縁の原種(草丈14cm以上)」の展示です。
画像
画像

Vanda lamellata 'Nene' IOS/GCC
画像画像


 「その他の原種、交配種(21の出展分類に属さないもの)」の展示です。
画像

左下、Cycnoches Taiwan Gold 'Orchis' (スワンオーキッド)
右下、Masd. CopperAngel 'Yun'
画像画像

ナリヤラン(成屋蘭) 常緑性の地生ランのひとつ
熱帯アジアに広く分布。日本では八重山諸島(石垣島・西表島)に自生
画像

 次回は、バンダ温室で見た展示を紹介します。
 (つづく)


〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜


 ウォーキング中に見た花です。
 ヒマラヤユキノシタが咲き始めました。よく見ると、綺麗な花ですね。
画像
ユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属の常緑多年草
原産は、ヒマラヤ山脈周辺(アフガニスタンから中国にかけて)

 プリムラ・フィルクネラエ(雲南サクラソウ)です。nobaraさんのご指摘により、訂正しました。
画像

 こちらはプリムラ・マラコイデス、めんこいでしょう。
画像画像
画像
サクラソウ科サクラソウ属(プリムラ属)の一年草。原産は、中国雲南省

 3月5日撮影。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 118
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
蘭展の様子楽しく拝見しました。今年は入賞ではなくてもランに沢山名札がついたのですね。過去、こんなことは無かったように思いますが・・
 西洋サクラソウ、花穂が伸びて沢山花が着いていますね。3種類程有るそうですが、ジュリアン系では無いですね。
寿々木
2017/03/07 17:25
ムーンライトがやさしい色ですね。
ナリヤラン(成屋蘭)も素朴でいて華やか?です。
ヒマラヤユキノシタってべっぴんさんですよね。
プリムラ・マラコイデスのtopのは
ウンナンサクラソウ(雲南桜草)ですね。
様子が違いますでしょ?
花びらが大きいですね。葉も切れ込みが深い? 
nobara
2017/03/07 18:33
寿々木さん、コメントありがとうございます。
作品には出展者が書いたと思われる名札が全てについていました。それに、リボン賞や審査部門ごとのラベルなどがつけられていました。寿々木さんの過去記事(2013年、2014年)を拝見しましたが、同じスタイルのようです。
プリムラ属はこのマラコイデスやジュリアン、ポリアンサ、オプコニカが流通していますね。マラコイデスは他の三種より花が小さく、花穂が上に伸びます。
長さん
2017/03/07 18:39
こんにちは

プリムラの仲間は
キャピキャピした少女のような
明るさがありますね
無門
2017/03/07 18:54
nobaraさん、コメントありがとうございます。
胡蝶蘭のムーンライト、優しい色合いで良いですね。黄色は珍しい部類でしょう。ナリヤランは草丈が50cmにもなるものがあり、切花に向いています。
ヒマラヤユキノシタはこれまでよく観察しなかったのですが、意外に可愛いですね。
プリムラのご指摘、ありがとうございました。早速訂正しました。
長さん
2017/03/07 18:54
無門さん、コメントありがとうございます。
プリムラの中では、マラコイデスが好きなんですよ。でも、毎年種を蒔かなきゃならないので、育てていませんが・・・。
長さん
2017/03/07 18:56
ウォーキングしていても、花を見つける目が素早いですね。
もう次々咲いてきて楽しめます。
ランは本当に美しい花ですね。たくさんランをご覧になっていても、初めてというランがあるんですね。
種類が多いこと、よくわかります。
はるる
2017/03/07 19:39
以前はファレノプシスと言うと大きな花径のものが多いように見られたようですが最近は小型のものが多いように感じるように思うのですが如何でしょうか?
プリムラ・マラコイデス、プリムラ・シネンシスは一つの茎でも花数が多くて賑やかに見えますね。
信徳
2017/03/07 19:41
サクラソウ 好きな花です。
道端の鉢植えでもよく見かけます。
新春早々に咲き出しますね。
shuuter
2017/03/07 20:30
はるるさん、コメントありがとうございます。
どこに行っても、花は自然に目に入ってきます。春は、花の種類が多くなりますから、ウォーキングも楽しいです。
ランは種類が膨大ですから、いまだに初めてのものに出合います。それもラン展の楽しみのひとつです。
長さん
2017/03/07 21:37
信徳さん、コメントありがとうございます。
胡蝶蘭は大型のものは扱いにくいのではないでしょうか。ミニとかミディといわれる品種がはやりのようですよ。
ウォーキングしているとプリムラ・マラコイデスや雲南サクラソウが目に付きます。こんもりとした花姿が好まれるのでしょうか。
長さん
2017/03/07 21:43
shuuterさん、コメントありがとうございます。
西洋サクラソウは耐寒性があるし、発芽率が良いようで、一般家庭でも早春の庭を飾る花として好まれているのですね。
長さん
2017/03/07 21:45
良いですねえ。ランがいろいろです。種類が膨大ですので、初めて見るものがその都度ある、というのも飽きない理由なのでしょう。

 ヒマラヤユキノシタはうちの庭でも咲いていますが、花茎がまだこんなに伸びていません。
 プリムラ・メンコイデス??も雲南サクラソウも、なまらめんこいんでないかい、という可愛らしさですねえ。
なおさん
2017/03/07 22:29
蘭は、種類が多いですので驚きます。
胡蝶蘭は、淡い色から濃い色まで美しいです。
寒い中で花を咲かせるヒマラヤユキノシタ、ピンク花を沢山付けていますね。
プリムラ、この花たちが咲き始めると甘い香りが漂って春を感じます。
ウォーキング中に、様々な植物などをご覧になり教えて頂く事が多いです。

2017/03/07 22:32
ランの花々、どの花も素晴らしいですね。ムーンライトの淡い黄色の花が特に目を引きました。
雲南サクラソウ、淡い花色でやさしい感じがします。こんもりした花が可愛らしくて良いですね。
eko
2017/03/07 22:34
さすがの沖縄のらん展、展示方法が違い迫力がありますね。
 中国産のサクラソウの呼称には混乱があります。プリムラ・フィルクネラエは雲南サクラソウと呼ばれそのまま流通しています。この花の中国名は陝西羽葉報春で和名は陝西切葉桜草ですがこの名前では誰も理解しません。よく似たプリムラ・プラエニテンス(旧名はプリムラ・シネンシス)は中国名が蔵報春、和名は中華小桜ですが流通名はプリムラ・シネンシスのままです。最近はこの2種を交配させた品種が売られています。
river
2017/03/07 22:56
なおさん、コメントありがとうございます。
今回も、初見のランが何種類かありましたよ。ラン育成家はとても多いようですから、人とは変った種類のランを育てる人もおられるのですね。
ヒマラヤユキノシタ、日当たりが良いお宅でした。
ウォーキングしていてもプリムラの仲間をあちこちで目にします。
長さん
2017/03/07 22:56
心さん、コメントありがとうございます。
コチョウランはカトレアと共に人気の品種で、ラン展には多くの品種が出展されます。
ヒマラヤユキノシタは、まだあまり見かけませんが、このお宅は綺麗に咲いていました。
プリムラの方は多いので、歩いていてもよく目に飛び込んできます。好奇心が強いので、変った花が咲いていないかと気にしています。
長さん
2017/03/07 23:00
ekoさん、コメントありがとうございます。
まだ上位作品ではないのですが、見過ごせないランがあるので、各展示区分で少しずつ紹介しています。ムーンライトもその中のひとつで、この色合いが気に入りました。
長さん
2017/03/07 23:08
riverさん、コメントありがとうございます。
通常展示されているランに加えて出展作品が並べられているので、見応えがあります。
西洋サクラソウと中国サクラソウ、雲南サクラソウ、私も混同しています。流通名は業者がつけるものですが、それが本来の名前を凌駕してしまうことは良くあることですね。
長さん
2017/03/07 23:13
こんばんは!
蘭はどのお花も魅力がありますね。
パンダは温室がないと育てられないと聞きましたが、沖縄でも温室育ちなのですか?
家の近所にもヒマラヤユキノシタが咲いていますが、まだほんの少しでした。
ご覧になったのは、たくさん花をつけていますね。
うふふ
2017/03/07 23:18
こんばんわ〜、
たくさんのランの鉢が並んで素晴らしいですね。
原種が多いんですね〜
地生ラン成屋ランもいいですね。
ロシアンブルー
2017/03/08 00:10
うふふさん、コメントありがとうございます。
沖縄でも冬は5℃くらいまで下がるそうですから、温室は必要と思いますが、夏は逆に暑すぎて困るでしょうね。
ヒマラヤユキノシタの花期は3月〜5月だそうで、このお宅は早いほうでしょう。
長さん
2017/03/08 09:00
うふふさん、コメントありがとうございます。
出展数が多いので、所せましてと鉢が並べてありました。原種の出店もありますが、全体としては少数派です。
ナリヤラン、日本時も自生のランがあるのは嬉しいことです。
長さん
2017/03/08 09:06
やはり種類は豊富なのでしょうね!
無造作に置かれている鉢が、普段着の感じでいいですね。
ユキノシタにさくらそう、いい色ですねー。
こういうの見ると春も近いんだなーって実感します。
イッシー
2017/03/08 12:28
種類が多く
拝読しながら頷いています
ナリヤラン綺麗ですね
本当にお花がお好きなんですね
ウォーキングでも
目に入られるくらいですもの
ジュン
2017/03/08 14:40
イッシーさん、コメントありがとうございます。
ランは原種だけで2万とも3万とも言われていますから、種類が極めて多いです。出展数も多いですから、並べるのは大変でしょうね。
早春の花は黄色が多いですが、次第に色が豊富になりますね。
長さん
2017/03/08 15:19
ジュンさん、コメントありがとうございます。
八重山諸島は亜熱帯気候ですから、ランの自生もあるんですね。
花好きになったのは定年後2,3年してからです。それまでは全く無関心だったのですよ。
長さん
2017/03/08 15:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
胡蝶蘭、成屋蘭など 沖縄国際洋蘭博覧会にて(2)・・・沖縄本部観光(3) 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる